何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年09月26日

【作品紹介】mazta-k様の259系/683系4000番代 改良版


 魅惑のツーショット!

  
http://maztak.blog.fc2.com/blog-entry-10.html
 先方の記事(683系4000番代「サンダーバード」)

  
http://maztak.blog.fc2.com/blog-entry-9.html
 先方の記事(259系現行「成田エクスプレス」)

 それぞれ編成の延長と、一部の小改良がされてきました。
 まだ完全完成ではないようなのでコメントは控えますが、259系は窓が入って確実に雰囲気が良くなりましたし(ビビッドなインテリアもあれば最高!)、689系4000代は前面が実物の印象に近くなっています。やはり帯とライトの修正が効いていますね。カーブスロープ屋根の車体断面もスマート、そして優雅! パネル側面を駆使した細かい窓割りの再現も印象的。

 両者とも、完成が楽しみです。JR形特急電車の行き交う運転会は、新鮮なものになりそう。
 
posted by 関山 at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベント:JAM】雑誌掲載のこと(「とれいん」10月号 #424/「RM MODELS」11月号 #207)

  

 発売日が両誌とも9月21日ゆえ少し前の事になってしまいますが、JAMへの「Legoゲージ」の出展のことが2鉄道模型雑誌で記事にしていただけました。

◆「とれいん」10月号 #424
http://www.eriei.co.jp/
 125ページ。下1/3。
 モノクロページ。但し「JAM記事の一番め」という扱い……それだけのインパクト与えられたのでしょうか? 余りある扱いともうしますかなんやら。
 写真も3枚。「ブース全景」と「キハ82(AWAZO氏)とEF58(AP氏)の並び」と「ケース展示(拙作のオリエント急行とエフ氏ショーティモデル群)」。あるべき個性を抑えた、なかなかのチョイスです。
 ……ブロックで構築された車輛たちは、ドットの荒い一昔前のコンピュータグラフィックを思わせる独特の世界観を見せていた。
 このコメントはなかなかユニークですが、よくよく考えてみると、「LEGO-LOGO」「RCX」「LDD」にインターネットでの「brickshelf」「bricklink」「Eurobricks」などと、レゴとコンピュータ文化の結び付きって伝統的に強いのですよね。外部からの評価として納得です。

 「とれいん」誌は創刊号も持っていますが、昔から鉄道模型を非常に柔軟に広く、そしてマニアックに観る視点があったと思うのです。その柔軟さ故のトップ掲載と思う由です。


◆「RM MODELS」11月号 #207
http://www.rm-models.jp/rmm/new/
 45ページ。下2/5。
 こちらはカラーです。RMMのJAM記事ではカテゴリ分けがされているのですが、Lゲージは「分かち合う楽しさ」と。また「ピースの使い方はそれぞれ」とタイトルがついています。
 写真は「AWAZO氏とAP氏のEF58の並び」。
 代表の関山さんいわく「例えばEF58ひとつとっても、人によってピースの使い方、表現方法が違うんです。でもどの方法が正しいとか、似てるとかではなくメンバーの間ではお互いに認め合うのがスタンスです。自分自身気に入らなければいくらでもバラして組みなおせば良い。それがブロックでできた模型の良さだと思います」
 気恥ずかしいですが、確かに上のように取材にお答えしました。言いたいことが伝わってなによりです。まぁ幅の広さを許容するのはファンの少ないマイナー規格ゆえの必然でもありますけれど。でもそれが個性につながるなら良し!ですね。

 「RMM」誌の創刊号は持っていませんが、そのベースとなった「Rail Magazine」誌は創刊当時のことを覚えています。鉄道と鉄道模型をカジュアルに、そして広く一般向けに捉える姿勢に当時は驚かされたものでした。
 今のRMMはカジュアルさを忘れずに、而してマニアックな掘り下げも両立。今回の記事も「気軽に楽しんでください(でもマニアックだけど)」という同誌らしいニュアンスを感じました。

◆◇◆◇◆◇◆   ◆◇◆◇◆◇◆


 両編集部の方、取材お疲れ様でした。また、掲載ありがとうございます。上記記事の順は「献本が届いた順」です。他意はございません。
 
 さて。
 レゴトレインという「鉄道模型」を行う上で、意外と「鉄道模型の雑誌」が役立つことに今更ながら気が付かされました。「鉄道の雑誌」……実物誌とは鉄道への観点がかなり違いますし、鉄道模型の製品は意外とビルドのヒントになることも多いのですね。
 宜しければ、書店で手にとって御覧ください。無論、各1/3ページ程度の掲載記事のために購入される必要はないと思います。
 但し、他の記事や広告を見て気になるようなら、一冊求めてみる価値はあるんじゃないでしょうか? 
 
posted by 関山 at 22:12| Comment(3) | TrackBack(0) | イベント(JAM) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【クリブリ情報】#10228「幽霊屋敷」がクリブリ先行発売。9/28(金)16980円

 このカテゴリ記すのも久々です。
 日常でクリックブリックを観察する機会が少なくなってしまったことと、最近は価格・品揃え面で「余りメリット無いかな」と思うことが多かったのもあります。

 が。久々にクリブリもやってくれました!

 既に似非英国紳士様の書き込みがありましたが、#10228「幽霊屋敷」がクリックブリック「先行発売」。
 今週末の9/28(金)で、価格は16980円とのこと(東京駅名店街で確認)。正直「安!」というのが第一印象。

 この品、US実売は180ドル+消費税(都市部概ね10%)。EU価格も180ユーロ(但し税込?)。
 それ思うと内外価格差の微少さに驚かされます。レゴジャパン、「やればできる子」なんですね。

 問題は……クリックブリックが行動圏にない方は入手が難しいこと位?
 ただし飽く迄「先行発売」とのことなので「他の流通では年明けになる」とのこと。「他の流通」といってまず思いつくamazon.co.jp辺りはもう少し「お安い」可能性だってあります。
 待ちも、得策?

 でも、クリブリが行動圏にあるのなら、価格面での躊躇も不要な気もします。
 何より「季節モノ」(ハロウィン♪)に併せてというのが嬉しい。旬の価値はプライスレス?
 
posted by 関山 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOお店情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする