何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年09月16日

【レゴ製品】クリスマスミニセット #40034「Christmas Train」と#40035「Rocking Horse」

 情報源EUROBRICKSより。
http://toysnbricks.com/lego-christmas-2012-mini-sets/





 どちらも「部品とりに云々」とか云うセットではないですが、この種のシーズナルアイテムの充実はなにかホッとするものを感じさせられるのは管理人だけではありますまい。

 こんなミニセットがさりげなく、ちょこっと置かれてるささやかなクリスマスってちょっと憧れたり。
 こう言えるのも、「素朴かつ精細」なセンスの良さが光ってるからなんでしょう。

 日本だとクリブリに入荷しそうですね。
 
posted by 関山 at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】「Lone Ranger」製品化らしい? 久々のウエスタンテーマ

 「Lone Ranger」についてはこちら参照(wikipedia 日本語)。
 1933年にラジオドラマが放送されて以来、アメリカン・コミックス化、テレビドラマ化(1949年-1958年、全221話)、映画化(1956年・1958年・1981年)もされた。

2009年現在、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズによる映画が製作予定である。

日本ではテレビドラマ版が1958年からテレビ放映され、黒い仮面をつけた主人公が白馬にまたがった姿が、アメリカ版『鞍馬天狗』として親しまれた。ネット系列はKRT→TBS系列→フジテレビ系列(ただし関西地区では当番組は関西テレビ放送にてネットされた)。カバヤ食品の一社提供[1]。

主人公ローン・レンジャーが愛馬シルバーを発進させる時の掛け声「ハイヨー、シルバー!(Hi-yo Silver)」や、相棒であるステレオタイプなインディアンの青年・トントの台詞「白人嘘つき。インディアン嘘つかない」(これは白人がインディアンに対し欺瞞で収奪を繰り返して来たことへの批判である)、トントが主人公を呼ぶ言葉の「キモサベ」などの流行語を生んだ。ローンレンジャーとトントは、オーロラ社からプラモデルが発売されるほどの人気を得た。
(後略。ちなみにこのwikipedia記事執筆者はこの作品が嫌いなんでしょうか? 後略部分はどちらかというとネガティヴな印象しか受けない内容なんですが……苦笑)

 古い西部劇コンテンツですが、何度か映画化されている模様。で、現在ディズニーが製作中と。
 そして、最近の大型映画のお約束通りレゴ社が玩具化という流れです。

 ディズニーの映画に関してはこちらも参照。
http://www.imdb.com/title/tt1210819/

 製作中の映画の、イメージ写真は上の一枚しか見つかりませんでした。色彩は渋めな感じでそこは今風?

 情報源はEUROBRICKSのここより。
http://www.eurobricks.com/forum/index.php?showtopic=74142&st=0
 こちらでは久々のウエスタン復活!(※)にえらく前向きに盛り上がってる模様です。
 
 さて。
 ちょっと気になるのは、この作品が西部劇としてもどのへんの時代を扱ってるかということ。いや、鉄道が存在する世界なのか否かはトレインファン的には凄く気になるじゃないですか! また#7597が戻ってくるなら悪い話ではありません。まぁアメリカ形はお腹いっぱいって声もありそうですけど。

※:近年では同じくディズニー版権の「ToyStory3」もウエスタン要素ありましたが、メインのテーマではなかったですし、ミニフィグも特殊でしたし。
posted by 関山 at 15:45| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする