何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年09月09日

【価格情報】9月19日、#7938「超特急列車」amazon.co.jpに再入荷。10363円/他追記あり

 


 1ヶ月ほどamazon.co.jp扱い品が欠品であった、「#7838 超特急列車」が久々の再入荷です。現在、9月19日入荷分が過去最安値同様の10363円にて予約受付中。
 8月半ばの分は予約瞬殺でしたので、今回はお見逃しありませんように。

 読者の皆様で、レゴトレインデビウ考えている方は是非とも最初にお買い求めいただきたいセットです。また、セットの造形・出来自体でもトレインセット入門用として1990年代以来の傑作でもありますから既にお持ちの方の「買い増し」だってありえると思うのです。また、PowerFunction用の動力・ユニット・リモコンなどを捻出して列車自体を9V化するという、PowerFunctionと9V共存的な楽しみだってありえます。
 
 ストレートに楽しむも良し、コレクションとして温存する価値もあり、部品取り(ユニット取り)としても格安、あとは各種組み換えで遊び倒す……。

 この名セットが激安価格というのは幸いでしょう……。
 
◆◇◆◇◆◇◆  追記  ◆◇◆◇◆◇◆



 つい先日の発売開始→完売、が早かった「#21014 サヴォア邸」が9月12日再入荷分の予約受付中。価格は前回同様の6011円。28%offにして世界最安値水準だったりします。

 「#3315 ラブリーハウス」は最安値の38%offで6480円。もともと内外価格差少ないので、かなりのお得さ。ピンク屋根の使い道が思いつくなら? 或いはインテリア部品取りに?

 これも長く品切れだった「#10220 フォルクスワーゲンT1キャンパーヴァン」も9月12日再入荷分が予約受付中。ただ割引率渋くて12%off……。12460円というのはどうにも。様子見でしょうか? 発売目品ではないので最低価格保証ないのも困りもの。やはり、様子見?

 「#10197 ファイアーブリゲード」がまた15000円台です。39%offで15980円。
 
posted by 関山 at 23:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【実物鉄道】飯田線ショートトリップの勧め

 夏の青春18きっぷの使い切りに、古い友人(非レゴ。但し「鉄」)と、新宿から中央本線、上諏訪から飯田線乗りとおしで豊橋まで、豊橋から東海道線で東京へ……という一回り旅行をしてきました。5時出で22時帰着。『手頃』な日帰りコースです。

 改めて語るのもなんですが、飯田線、濃いです。

・買収線区なので、微妙な私鉄臭さが残ってて味がある。
・対して、JR東海の妙な「国鉄臭さ」が残ってる。矛盾するようですがこの辺かなりミックスです。
・辰野から飯田までの里や町を走るのも良し。「山と、生活感のある郷が一体化してる」光景は飯田線固有だと思うのですね(同じ山の鉄道でも上越線や篠ノ井線は山と里の部分が孤立しちゃってますから)。
 勿論、圧巻の天竜峡から先の純粋山岳区間も良し。
 その山岳区間終わってまた里に戻ってきても悪くない。
・そんなのを、たっぷりン十駅、そして通しで6時間半楽しめる(笑)。

 でも、通しの6時間は全然苦痛じゃありませんでした。
 旧国時代ならサハ75(元1等車格下げ)相当の設備といえる? 313系電車の転換クロスがえらく快適だったのもありますが、やはり里あり山あり渓谷ありの変化に富んだ車窓。そして全線通しのまったり感が時間を忘れさせるのです。まさか豊橋着地点で、「ああ、もう着いちゃうの」と思うとは!

 現在の近代化された飯田線でここまで楽しめるのですから、旧国時代はさぞや……。まぁここで悔やんでも仕方ないですから(読者の皆様には生まれる前の方も多いでしょうね)、あとは現地のイメージを元に模型などで蘇らす方向を考えましょう(笑)。いや、活躍してた舞台を知るだけで、かつての名優が写真で知る以上に身近に思えてくるのです。
 あぁ、AWAZO氏のクモハ52他の印象が変わって見えてきそう(笑)。
 

 先のJAMより。AWAZO氏の飯田線シリーズ。 

 蛇足。
 つい最近まで主力だった119系電車ですが、1982年デビウで2011年引退。早い引退だったような気がしますが何と29年も使われ続けたんですね。旧国置き換えた頃は随分と嫌われた車でしたが消えるときはあっさししたもんです……。
 ちなみに写真とか模型とかで飯田線のイメージとされがちな20m級旧型国電の時代は1954年頃−1983年なので、これも29年(※)なのです。意外……。今の313系・213系も29年ほど使い倒すのでしょうか(笑)。

※:ましてやスカ色で20mばかりの時代は1970年頃−1983年の10余年です。

 もう一つ、蛇足。
 帰り、豊橋から熱海へのロングシート地獄はキツイです。体感時間長い長い……。これがこのコース最大の問題かも。あの区間にライナーあれば問答無用で料金払いますって!
 対して、熱海から東京まで普通グリーン奢ったら体感時間がやたら短いこと。ゆったり座席での体力回復効果含めると、普通グリーン料金は特急料金的価値があるのかもしれません。
 
 
posted by 関山 at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 実物鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする