何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年09月07日

【作品紹介】mazta-k様のJR九州キハ125と、CADでデザイン中の車両たち

 無事NZより帰国されたmazta-k様の過去作と、今後の作品のCADが発表されています。


 先方の記事
http://maztak.blog.fc2.com/blog-entry-6.html
 先ずは過去作、JR九州キハ125。
 「JR九州=赤」というイメージを改めて覆された黄色の近代型気動車。

 8幅の迫力あるモデルです。細やかな前面造形は8幅ならでは!という感じがしますね。箱型車体で単色ですが全体の印象把握が良いせいか(下手な8幅ではありえる)大味な感じは全くありません。これって凄いことだと思うのは私だけでしょうか? ごまかしが効かないん題材なんですから。
 あと、この車両に関してはレタリング類はシールでも許されるかも? いやシール以外の表現があればベストですが。
 なお、今後テクニック(PowerFunction)方面の実験作的な役割も果たしていく……とのことです。楽しみですね。
(それにしても「黄色いトレイン」はインパクト大です。エフ氏の西武もありましたが)


http://maztak.blog.fc2.com/blog-entry-5.html

 少し前ですが、E259系新N'EXの6両フル編成のCADです。
 ショートスケールは「フル編成再現」にも向いていることがわかりましょう。中間車たくさんの長大編成は、JAMのように長大編成行ける場所では見栄えすると思います。



http://maztak.blog.fc2.com/blog-entry-7.html

 そして新作。683系4000番代。
 4000番代は前後とも貫通型の顔なのですね。これはこれですっきりしたプロトタイプかもしれません。9両固定編成を6両にアレンジ。中間車が多い分、それぞれの車の個性が出されているように感じます。窓割りとかパンタ位置とか。
 改修ポイントである屋根のカーブブロック化、また前面のライト拡大は成功していますね。


 それから中間車の試作構体はなかなか良い雰囲気です。編成全体の実制作が楽しみ。

 それにしても。
 長いこと日本形レゴトレインの世界は「国鉄」が幅を利かせていました(苦笑)。最近やっとJR形の良さが出てきたのは面白い流れだと思います。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする