何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年08月20日

【入門篇】「最初に購入するもの」PFトレイン基本セットについて

 JAMでの配布チラシ/会場のQRなどからアクセスして下さった方々、ありがとうございます。
 当面はJAMのレポートの他、なるべく【入門篇】増やして対応したいと思っております。
 また、なにか質問ございましたら、どんどんコメントを下さいませ。

 さて、レゴトレインの基本セットには定番・最廉価の「#7938 超特急列車」以外もありますので、こちらで価格など紹介します。

 「#7939 新カーゴトレイン」。amazon.co.jpでは40%offで16365円。
 欧州系の電気機関車と、コンテナ車・タンク車・長物車のセット。レールはオーバルの他ポイント左右1つづつが入ります。アクセサリとしてガントリークレーン。
 また、トレーラートラックと積荷の乗用車2台がアクセサリとして。レゴいっぱい、ではありますので新規にレゴ環境導入される方にお勧めできるかもしれません。
 「#3677 レッドカーゴトレイン」。amazon.co.jpでは38%offの14980円。
 欧州系の電気式ディーゼル機関車と保線用貨車・有蓋車・チッパー貨車(土運車)のセット。アクセサリとして積み込みホッパー。
 機関車の造形はこのクラスの実物が「万国共通」なこともありますが、JR貨物の新鋭HD300ハイブリッド機関車にも似ていましょうか? 日本形に見立ても効くスタイルです。

 「#7938 超特急列車」と以上の2セットには全てリモコン他必要な物は全て含まれています。
 他に必要なのは単四電池9本(列車に6、リモコン3本)のみ。たまの運転なら100均のノンブランドアルカリ電池(4本100円)でも大丈夫です。運転頻度高いならニッケル水素電池もありかもしれませんが。

 レゴトレインの製品には、製品型番が#10000台のマニア対象のものもあります。価格は高めですがリアルさでは通常製品を大きく上回ります。いくらか「鉄道模型」を意識したシリーズです。

 ただ、現行品として入手できる#10000台は現在「#10219 マースクトレイン」のみです。レゴジャパンの正規扱いはなく、amazonではマケプレが比較的安全・手軽・割安な入手手段となります。
(他の入手方法は輸入品ショップ[割高]か、ヤフオク[比較的、割安]、或いは自力個人輸入[一番安いのですが……]となります。ちなみに過去実績的に15000円程度は「割安な相場」です)

 内容はSD40-2ディーゼル機関車(アメリカ形です)と、コンテナ車2両のセット。SD40-2は実物にも存在するMAERSKカラー。アメリカ形がお好きならお勧め。というより、現行唯一のアメリカ形ですし。
 なお、レールやモーター、赤外線受光部、リモコンなどは全て別売です。「#7938 超特急列車」を購入してしまうのが一番の早道でしょう。レゴはじめてとか久々なら、先に#7938で慣れてしまうのもありだと思います。
(一応、「カンザンブリック」では6300円にて「モーター+赤外線受光部+電池BOX」の動力化セットも扱っております)


 そんなわけで、部品取りにも有効な「#7938 超特急列車」は現在45%offの10363円。
 レールや電気系、車輪や連結器以外もタイルや窓パネル、普通のブロックなど基本部品多数なので、再利用価値は極めて高いのです。

 さて。
 レゴトレインの基本セットにレールは含まれるとはいえ、量的にはちょっと物足りないと思われます。最初にレールも揃えておきましょう。「#7499 フレキシブルレール」は直線8・フレキシブル16個(直線4本分)のセットです。35%offで1699円。

 「#7895 ポイントレール」は手動ポイントが左右1対のセットで2625円。勿論、あったほうが楽しいです。なお、amazon.co.jpでは何故か割引率が0%なので、店頭※の方が安い場合もあります。
(※レゴのブランドストア クリックブリックなど)

 また、曲線レールは単品販売が正式にはありません。外部のパーツ業者などからの入手となります。
(「カンザンブリック」でも扱えます)

 アクセサリの定番 旅客駅「#7938 シティの駅」は37%offで3934円。
 駅舎と言うよりは簡素な待合室のみの駅ですが、プラットフォームや照明、割とりっぱな跨線橋などの駅に必要なアクセサリ全般が詰まっています。駅のセットではなく、駅アクセサリのセットと割りきっては如何でしょうか? 駅舎部分はクリエイターのハウス系が転用できましょう。


 クリエイターのハウス系はこのあたりがお勧めです。特に#5891マイホームはパーツ分量に対して価格が低めでコストパフォーマンス高め。
 なお、#10222は「郵便局」ですが小さめの駅舎という割り切りもできましょう。クリスマス合わせのシーズンセットですが、雪の表現を取り払うのも容易な構成です。

================================================

 そんなわけで、レゴの第一歩は「現行品のセット」からはじめるのが無難です。
 一番安いのはやはり現行品ですし、現状のラインナップは「決して、悪くはない」のですから。
 それに、飽きたら「部品」と割り切れるのもレゴならでは。殆どの場合、無駄にはならないのです。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 入門篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベント:JAM】レポート1日目(8/17 金)欧州形の日

<追記:brickshelfにも投稿しました>
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=510607
 以下の記事で使用していない画像も多々あります。是非ご覧を。
----------------------------------------------

 会場全体の風景。
 奥に見えるのは本物の蒸気機関車。鉄道連隊のコッペル。
 会場のほぼ中央という好立地に恵まれました。そのうえブース自体もとにかく、広い!
 好待遇にはJAMサイドの「期待」もかかっているのです。

 ただ、その辺りの「自信」というか「手応え」は設営終了した当日朝4時地点で感じておりました。
 きっと、上手くいく、と(徹夜明けのハイな脳加減でしたが)。


 レイアウトの全景。5400mm×3000mm、すなわち12畳分なので、いつもの運転会(六畳和室)のほぼ倍の面積。
 外側の本線と、内側の本線。独立の高架線・支線・路面線と5線構成。
 欧米のイベントには未だ追いつけないものの、国内の過去最大規模であるのは云うまでもありません。

 運転は毎時30分に全5線運転。他の時間はパート運転の予定でしたが、結局パート運転中も3-4線を運転しっぱなしでした。
 お客様居ると、列車は停めにくいのですね(笑)。いや、それだけ何時も人だかりができてた由です。
 
 なお、平坦な路盤上に設営したため列車の走行は極めて安定したもの。普段の畳上設置で起こる脱線等のトラブルは極めて少なく、意外とスピードレギュレータやPFリモコンは固定(放置)でも何とか運行しきれたのです。あとクラッシュも予想外に少なかったです。
(元来はフローリングというか板の間前提にしたシステムですものね。レゴトレインって)


 お馴染みの「中央駅」。BFT2008年での製作なのでもう4年前の作。
 2年ぶりにして、2度めの公衆お披露目です。
 今回は手前に「高架駅」部分を追加。駅規模を拡大したような感じになりました。

 電車はドイツ国鉄のET89という旧型電車と、高架線走行の低床LRT……ヨーロピアンということで広島電鉄のグリーンムーバーに出演してもらいました(予想通り違和感なし)。

 背後に広がるのは市街地中央。ここでは片岡氏・PeechTree氏・Mugen氏のモジュールビルが並びます。幸いにも市販品での穴埋めはなく、全て自作建築で埋められたのでした。大きなストラクチャー群は遠方からも目立ち、インパクト充分と。


 「中央駅」構内。フランス・ドイツのTEEが並ぶ。その手前にはワゴンリ寝台車。というわけで、初日は敢えてレゴの王道的欧州型で<<続きを読む>>
posted by 関山 at 22:11| Comment(5) | TrackBack(0) | イベント(JAM) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする