何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年08月09日

【鉄道作品[欧州型]】CC40100の9V化。9Vでの三軸動力台車と、異種モーター混載のこと。


 JAM展示用の「安全牌」動力車として、フランス国鉄CC40100をこれまでのPowerFunctionから、思い切って9V化してしまいました。
 PowerFunctionはRCほどでないにしても、多少ハイスピードよりの印象。どうもピーキーかつ重量編成の牽引が難しい印象がありましたので。9Vモーターのほうがまだ落ち着いていると判断。


 車軸配置の「C-C」が9Vでは厄介なところなのですが、ここはイギリス国鉄class08シャンター(これはPF)で行った、ダミー中間軸をモーターの中穴につける方法で解消しました。
 以前の中間軸の取り付けは9Vモーターではモーター中間穴の形状上できませんし、車軸をアームで結んでしまうと走行抵抗がそれなりに発生する問題もありました。

 なお、台車枠はTバーで取り付け。かなりシンプルなものに割り切っています。というかゴテゴテ装飾つけるとこの種の近代機には似合わない気がします。


 さて。
 台車の前後の形を揃えることと、やはり「安全牌」にはパワーもあるに越したことはありませんので、この機関車は前後ともモーター台車にしてしまいました。理想は2ケとも9Vトレインモーターなのですが、流石に絶版品ゆえ湯水のようには使えません。

 ここは手許に用途もなく余ってたRCトレイン時代の「ピーキーな」トレインモーターを使って2M化することに。配線は9VモーターとRCトレインモーターを通電ポッチケーブルで直結するだけ(PFトレインモーターだと変換ケーブルが必要でやや面倒)。

 ちなみに。
 同一編成内に出力や性能の違う動力車が含まれる……というのは実物ではよくある話です。機関車の重連は典型ですし、電車や気動車に補助機関車つけるとか。で、もっとも顕著なのは新型電車と旧型電車の混成でしょう。昔の東海道線で113系や153系に旧型国電ベースのクモニ・クモユニをくっつけた編成ありましたが、この編成だと低速域では低速向けの荷物電車が編成全体を引っ張り上げる形になり、高速域では高速向けの近郊型・急行型電車が荷電を引っ張る形になるのだとか。それでも(いや、それ故か)、この種の編成は無理なく20余年の使命を全うしたのでした。

 で、この混成モーター機関車の運転もそんな感じ?
 飽く迄試運転(+重量級客車4両)の印象ですが、低速域では9Vモーターが引っ張り上げる感じで力強く動きだす。そして高速域だとRCモーターがぐんぐん怖いように加速していく。この感覚は不思議なもので、9Vモーターだけの動力車で飛ばしている時の、どこか空転しているような不安な感じがありません。速いけど、きっちり粘着してるのが体感できると。
 特性の違うモーター同士が「協調」していると言えばいいのでしょうか。或いは低速域と高速域で得意なモーター同士が助けあってるとも。
 なんであれ、これなら安心してJAMの「常用機」として使えそうです。何より錘などの補重なしで牽引力に余裕あるのは嬉しいこと。補重してあげればその辺さらにポテンシャル引き出せそうですし。


 そんなわけで、異種モーターの混成、すべての方に勧められる方法ではないですが、9V環境お持ちでしたらちょっと検討して見る価値はあると思います。9Vモーターで2ケより安上がり?でパワーアップできるのですし。
 あと9Vモーターの三軸化。これはこれで使える題材も多そうです。中間車輪が事実上ダミーなので好みは分かれそうですが……。


posted by 関山 at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道作品(欧州形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【国内作品紹介】ひだか式モノレール、BF2012で「Best Train Car」を受賞

 ひだか様が8月4-5日に米バージニア州で催された「Brickfair 2012」に、「ひだか式モノレール」一式持って参加されました。


 なんと、「Best Train Car」を受賞されたとのこと。他の入賞作も眺めましたが、AFOLの本場?だけあってかなかなかハイレベルです。
http://www.flickr.com/photos/ryoohki/7718341386/in/photostream/
 受賞作品の一覧。

 まずは、おめでとうございます。

 なお「Brickfair 2012」のレポートは<<続きを読む>>
posted by 関山 at 18:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする