何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年08月02日

【国内作品紹介】yonenaga様の#7777「パシフィック」の再現作

 1981年のトレインアイディアブック#7777にインスト掲載されていた2C1車軸配置の蒸気機関車……パシフィックは伝説のモデル。市販モデルでこそありませんが、あの時代の12Vモデルとしてベクトルは全く同じ! 問題は#7750にしか採用されなかった(当時の)大車輪部品を使ってしまうこと。

 brickshelfをみても、意外と再現作が少ないのに驚かされるのです。



 そんなモデルですが、yonenaga様が4.5Vバージョンとして実現されてきました。

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=509206
(未だ、検閲中のようです)

 そんなに動輪直径大きいわけでもないのに、急客機としての品とか格が顕れていましょう。
 お金かかった部分ですがキャブ窓は旧タイプ窓がやはり効果的。キャブが開放型なのもこの機関車では正解ですね。前に目を向ければレゴではお馴染みのビィッテデフはやっぱり格好良い。フロントエプロンの斜めスロープも効果的に使われています。

 モデルが01か03か、或いは18かちょっと判断には困る造形ですが、独逸急客機の最大公約数的デザインは汲み取り、ミニマムなサイズ・造形で再生していることがわかります。

 それだけに、4.5Vにしても12Vにしてもこのモデルが市販されなかったのが残念でなりません。1983年頃に#7750の後継?#7770としてでも、或いは12Vの#7750に対する4.5V版#7770としてでもリリースされていればと思わされるのです。4.5Vならきっと#182急行列車の良き後継製品になれたでしょうに……。まぁ時代はすでに蒸気機関車じゃなくなっていたのでしょうが。


 #7750との並び。重貨物用と旅客用の並びといった趣。


 #7740のインターシティ客車を牽いて。まさしく急行列車……IC-zug客車の間合い運用のD-zugが蒸機牽引で……という想像が広がります。

 ちなみにヘッドライトは3灯とも点灯。内部に4.5Vライトブロック2個使用しているとか。
 なお、下部ライトのライトプリズムの使い方が巧く、ライトの後ろに何もない状態になっています。12V用ライトケース+プリズムはいろいろ使い道が現代でもあるのかもしれませんね(そんなに高価な部品でも無いです。9Vでも多分使えます)

 取り敢えず間近なJAMの先ではありますけど、いつか運転会(4.5V+12V大会)で、BUCHI氏のDテンダやら、拙作の18.4や#182辺りとの並びとかを実現したいものです。
 
posted by 関山 at 19:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。