何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年07月27日

【リンク】リンク追加:新しいトレインブログ mazta-k様の「レゴ鉄のBLOG」

(コメント追記しました)

  

 http://maztak.blog.fc2.com/
 mazta-k様の「レゴ鉄のBLOG」

 本格的な「レゴトレインブログ」。
 既に上げられている作品は「#7938増結用ハイデッカー車」「JR西日本 683系電車3連」「JR東日本 E259系電車(新N'EX)3連」とどれも気合の入った、かつまとまりの良いモデルです。
 全長28ポッチ程度のレゴトレインスケールというのも、個人的には仲間が増えたみたいでちょっと嬉しいですね。ryokuchakuma氏もそうなのですが、JRの新型という管理人の苦手分野を抑えてくれているのもやはり嬉しいです。

 個々作品については【作品紹介】としてゆっくりコメントさせていただくつもりです。少々お待ちをば。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【国内作品紹介】エフ様の東急7700系電車PF動力化/ryokuchakuma様の「走る看板」/かう゛ぇ様の嵐電御室駅

 コメント追記しました。

◆エフ様の東急7700系電車PF動力化

 先方の記事
http://blogs.yahoo.co.jp/f1963/13714026.html

 ショーティのディスプレイモデルであった東急7700系電車が、PowerFunction動力化、また全長24ポッチのモデルとして「更新」されてきました。
 側面総横組という大胆なアイディアの作品ですが、これが「走る」となるとインパクトも一段増しますね。
窓はドア部分は1段、窓部分は2段と分けられています。3個づつ並んだ窓が凄く7700(7000)系らしい。高価な?1×1ブロックを奢った価値を感じます。

 さて、デザインでちょっと気になったことです。
・前面はバッファに違和感が。先頭車同士連結の機会は少なそうなのでダミーカプラーで大丈夫じゃないでしょうか。
・クーラーは大きくするか、個数1個増やされるか。
・中間ドアまわりで、前よりの1プレートを詰めて、後部ドアの後ろに回したほうが落ち着きそうです。あと、前ドアの前部1プレート分も後端に回せますかも。

 何はともあれ、相方の完成も期待したいです。

◆ryokuchakuma様の「走るレゴ看板」

 先方の記事
http://blogs.yahoo.co.jp/ryokuchakuma/5921614.html

 JAMでの広告用に制作された「走る看板」。
 アイディアとしての面白さは突き抜けています。この発想は正直ありませんでした。

 但し……資材的に難しいのかもしれませんが、この看板のために「クハ112」を潰されたのはちょっと勿体無いような気がします。16010形は3両編成での完成度がありましたので。
 電車は2両だと如何にも田舎電車になってしまいますが、中間車含む3両というのはそれなりに貫禄も出てきます。西武時代(4/6両)を偲ぶこともできましょう。

 看板としては以下が気になります。
 ・「ゲ」は1幅狭いほうが良く、「L」のとなりに1幅白い部分を入れる。
 ・反対側の「LEGO」は、「L」を1幅狭くして「O」のとなりに1幅入れると落ち着く。

 ただし、JAM出展用としてはクハ112の復元のほうが望ましいのですが…………「本物」もアルプスエクスプレスとして3両編成復活しておりますし。


◆かう゛ぇ様の嵐電御室駅


 先方の記事
http://legohouse.seesaa.net/article/283402627.html

 未だ製作途中とのことですが、あまりにインパクトありましたので。いや、ほんとに完成してるように見える写真ですし(笑)。
 プレートによる瓦屋根は「正解」ですね。手間と費用で難しいのですが、説得力はあります。
 茶色い柱とタン色の壁もとても落ち着いて、品よく。なにより建物自体の「切り取り方」も巧い、と。

 完成、期待しております。
posted by 関山 at 23:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする