何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年07月18日

【価格情報】フレキシブルレール最安値/スーパーヒーローズの多くが41%に


 定番中の定番「#7499 フレキシブルレール」(直線8本、フレキシ16個[直線4本分])が初の36%offで1686円に。この機会に複数買いは如何でしょうか?
 運転時にセット内のレールだけでは短すぎます。また、棚などに列車飾るときもレールがあったほうが断然見栄えが良くなります。

 また、フレキシは嫌われがちですが、アルミテープ貼れば9Vの1/4レールという転用もできます。
 それから、自由に曲げられるというのは撮影用・展示用レールとして意外と便利でもあります。同じ列車を撮るときに直線とカーブ曲がってるところ撮りたい時、載せ替えたりレール準備したりの手間がなくなりますから撮影効率が上がる! ルックスも急カーブでの護輪軌条と思えば納得できますし。


 最近の#10000台。割引率高め。入手は今のうちに?
 「#10225 R2-D2」(未)は37%offで17089円。
 「#10226 ソプウィズ・キャメル」(未)は33%offで9116円。
 「#10223 馬上試合大会」(未)は40%off! 11272円。

 あと、7月上旬に発売されたばかりの「#7346 シーサイドハウス」(未)も33%offが復活。現在4631円です。


 昨年夏のCity「#4644 ヨットハーバー」(未)が50%offの4200円に(+送料480円)。
 この手はあっさり市場からなくなったりします。


 スーパーヒーローズは日本だと動きにくいのか、大物・新作が割とあっさり41%offになっています。ミニフィグの単独購入は意外と高くつくので、セットでの購入のほうが割安かもしれません。
 「#6868 ハルクのヘリキャリア突破」(未)は41%off 4994円
 「#6864 バットモービルとトゥーフェイス・チェイス」(未)も41%off。4994円。
 「#6869 クインジェットでの空中バトル」(未)も41%off。8115円。
 「#6860 バッドケーブ」(未)も41%off。8115円です。

 思えば、かつてのスパイダーマンやバッドマンは「安売り・ワゴン行き」の挙句、今はプレ値というコースを辿っています(部品とりに結構買ってたものの、殆ど散逸させちゃいました嗚呼勿体ない……)。
 今度のシリーズはどうなってしまうんでしょうか。

※:管理人未購入品は「(未)」を表示しています。
posted by 関山 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【鉄道作品(欧州形)】2軸の小型ホッパ車

[制作 2008年春]


 2008年春に制作したものの、長いこと発表機会もなく、また足回りももがれた幽閉状態。
 #130チッパー貨車を再現するに当たって、なんとなく車輪や連結器を復活。サルベージしてみました。

 さて。
 当時の製作動機は、当時持ってた#4512のホッパ車の出来に不満を感じたことと、#4564のホッパ車への妙な羨望を感じたため。


 参考 #4512(2003)。わかりにくいですがコンテナ車の後ろに小さく写ってます。


 同じく参考#4564(1994)。機関車の後ろの貨車。

 #4512のホッパ車はこの種の貨車としてはあまりに重心が低すぎて違和感があったんですね。対して#4564のはそれなりの車高というか嵩があってそれっぽい。

http://koedaka.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/2041-ebc0.html
<参考 北陸鉄道 ホム1>
 日本の例ですが、欧州でも形状はほぼ変わりません。
 この種の貨車は日本だと石炭車か、保線用のバラストホッパー車のいずれかになります。


 そんなわけで車高を1ブロック分ほど嵩上げしてしまいました。少し#4564に近づいたかしら?

 ディテールはあれこれ説得力とか考えながら付けました。ホッパの開閉にハンドルがいるだろうとか、連結時に隣車に渡るための歩み板がいるだろ、とか。黄色い潜水艦は私有貨車設定で社紋板のつもり。


 1両は操作室付きに。一斉開閉用のレバーやシリンダーを装備。


 作業中のイメージ。
 中は山型になってますので、実際にホッパとして機能します。
 #130と混成ですが、保線用車で新型旧型が混用されてる感じで。



 その他画像はこちら(検閲済)。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=508034
 先の#130再現作より、こっちのほうがカウントは上がってますね。
 
posted by 関山 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道作品(欧州形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする