何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年07月11日

【イベント(JAM)】「Lゲージ ブロック玩具で作る鉄道模型」の出展概要


 ブース寸法は9m×6m。
 小さな機関車なら本物が置けてしまう寸法です。
(実のところ、JAMの出展のなかでも大きな部類に入ってしまうようです。初出展なのに)

 レイアウト寸法は3m×5m。
 7.5帖間が余裕で収まります。余談ですが新幹線電車の平面寸法は3m×25m……。

 レイアウトは75cm高のテーブル上に設営。これは日本のレゴトレインイベントでは画期的なこと!
 普段見下ろしている列車を「同じ目線」で楽しめる。ミリオフなどで小規模には実現してきましたが、代位規模レイアウトでは初めての事です。
 そして、テーブル高さがあるがゆえの「趣向」も準備中。

 この5m×3mという大きな大きなテーブルに、「運転会」のレギュラーは全て持ち込みます。
 BFT2008以来の大型ターミナル「中央駅」。扇形庫+ターンテーブル。複線+高架線。たくさんの車両! 盛りだくさんのようで、而してゆったり。ここを最大3列車までの9V・PowerFunctionトレインが走り回る!
 
 車両のテーマは限定し、日替わりで交代の予定です。
 世界観やスケールがごちゃまぜだと、悪い意味で玩具になってしまいますから。
 8月17日[金]欧州形レゴスケール※
 8月18日[土]日本形レゴスケール
 8月19日[日]その他(日本形フルスケールetc)……を予定
 ※全長28−32ポッチの「製品」並みの寸法の車両


 また、今回はレイアウトの他、ケース展示も行います。

 テーマの入れ替え制故にレイアウトに載せられない車両は勿論、青レール・灰レールの4.5V・12vといった過去の製品も模型店ディスプレイか博物館のように「展示」します。
 ここには皆様ゲストの作品を展示する余裕もありますので、作品をご用意いただければ幸いです。
(近日中に、募集要項を出させて頂きます)
 
 それから。
 実はこの企画のメイン「レゴトレイン組み立て体験会」もあります。対象年齢は6−12歳ですが、「#7938 超特急列車」セットの組立と運転ができます。5セットを用意していますが、足りればいいな、と。
 実際問題、レゴのトレインセットが普及しないのは店頭での動的展示や体験が不足しているかだらと思うんですよね。
「自分で組み立てた、大きな電車が風を切って、地を響かせて走る」
 動かしてみなければ、面白さはわからないのです。

 盛りだくさんの企画で、皆様のお越し、そして「ご参加」をお待ちしております。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント(JAM) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【国内作品紹介】mugen様のアイスクリームバン/シトロエンDS(ショック!)

 久々のMugen様の4幅車作品です。



 アイスクリームバン。
 赤・クリーム・青の配色が如何にも! という感じですね。赤い屋根は「丹頂鶴」(1970年代以前の電話BOX)のようでレトロに愛らしい。
 側面では新型の、上に跳ね上げできる窓を使っているのが、この種の営業車に似あってます。

 後部の曲面ガラスと、そこに置かれたソフトクリームマシンがとてもよい雰囲気。思わず食欲そそります(笑)。また、窓位置の合わせも芸の細かいところですね。
 余談ですが、ミニフィグが全員ニッコリ顔なのも高ポイント。椰子の木だって似合ってます。


 「女神」とか「宇宙船」とか言われる名車、シトロエンDS(1957-1975)。
 自分も多々作り続けてきた題材だけに、この作品の衝撃は大きい。正直、ショックでした……。

 先ず、フォルムがスマートでかつ正確。フロントのフェンダーには新型部品を使用していますが、ここまで似合いますとは。また、タイヤもCars仕様なのがレトロフィット。
 芸が細かいのはフロントノーズの逆組で、バンパー下の逆スロープも再現されているのですね。
(逆組を成立させているのは前輪下の穴あきプレート。この辺隙がない!)

 キャビンは堂々2シーター。この題材の作品では1シーターへの割り切りが少なくないのですが、2Lの大型乗用車ゆえ2シーター(言うまでもなく4シーターのイメージ)は必然だと思うのです。
 それを無理なく実現と。屋根の斜めもそれらしい。実際後半に向けて傾いた形ですから。

 そして度肝を抜かれたのは後輪スカート(スパッツ)の処理。なんと車体とツライチになっています。
 当然後輪の処理が問題になるのですが、後輪をスカート側に固定し、かつ車輪間を長3のバーでつなぎますとは。この発想はありませんでした! 強度もある程度はありそうです。

 「Cars」以降、4幅車のビルドの変容・進化が進んでいる印象あるのですが、この作品はその流れを「加速」させる力がありそうです。

 部品の都合でカラバリ展開がしにくいのが現状唯一の問題かもしれません。それでも現状で「赤」「白」が作れそうです。あと、改善は時間の問題でしょうね。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【価格情報】市場が凪いでしまってますが/7月13日発売品

 最近、amazon.co.jpの価格状況に、記事にするほどの派手な動きがありません。
 ただし、「高止まり」ではなく、人気商品が高割引率でも動かないような状況です。
 或る意味お買い物のチャンスではあります。


 左から。
 「#10220 フォルクスワーゲンT1キャンパーヴァン」は7月25日の出荷分が37%offで9526円。瞬殺ではないですが、出荷日までにはなくなるかもしれません。
 絶版品「#4842 ホグワーツ城(4代目)」(未)は39%offの12750円。この価格はいつまで続きますやら?
 「#5771 ヒルサイド・ハウス」(未)は42%offで6100円。最安値のはず。
 定番「#7938 超特急列車」46%offで10000円ちょっとという「祭り」継続中。複数セット買っても後悔しない部品構成です。
 電動でリモコン入ってこの価格ですので、「レゴは高い」への反論になるものですよね。

 さて、7月13日発売の「#3677 レッドカーゴトレイン」も間近です。33%offで16131円。
 赤いディーゼル機関車に有蓋車と作業用車という編成は……まるで#183の今様?? まぁディーゼル機関車と貨車のセットと云うのは定番の一つですけれど。


 7月13日発売というとNinjaGOの新作も。このシリーズは31%〜33%off。
 #9448サムライロボはこれまで未チェックでしたが、452ピースかつダークレッドの飛行機窓というレアパーツ入りだとか。ちょっと、気になる?
(黒いカウキャッチャーはモンスターファイターでも入ってきますけど)




 あと7月13日というと「ロード・オブ・ザ・リング」も。こちらは全品33%offです。

※:発売済の品で管理人未購入の品は「(未)」を表示しています。
posted by 関山 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする