何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年06月01日

【価格情報】テクニック夏製品登場 リモコンカーも!

 いずれも8月10日発売予定で、現在は28%off設定。勿論「予約商品の価格保証」対象ですので今予約して割引率が上がっても大丈夫です。


 「#9393 トラクター」28%offで3757円。テクニックでこのテーマも随分久々です。
 アタッチメントへの動力伝達がキモですよね。
 組み換えインストは4輪のバギーです(昔のタミヤのラジコンのような形で懐かしい……)。


 「#9396 ヘリコプター」28%offで10519円。モーター入の大きなヘリ。ローター回転と車輪格納が電動ギミックの模様。この大きさでのローター回転は大変危険迫力あるかも知れません。
 →修正。電動ではありませんでした。ちょっとウリな部分が見えにくい製品です。


 「#9398 4WDクローラー」。28%offで18782円。
 既に動画なども発表されていますが、テクニックでは珍しい? 走行ギミックのリモコンカーです(2チャンネルで1ch前進後進・1chステアリング)。仕様的にインドア用だとは思いますが、それでも大きなタイヤで障害物乗り越えて走らせるのはなかなか楽しそう。上の写真ではPowerFunctionリモコンが「煙草の箱」の役割果たしており、製品完成サイズが知れましょう。
 外形は最近のテクニックの中でも特にパネル仕上げの部分が多く、良い意味でテクニック臭さが消えてもいるのですね。ここが進化か退化なのかは難しいところですが。
(まぁ4WD+4WSの足回りは十分すぎるほどに「テクニカル」です)


http://youtu.be/dNt6StYqe3c
 参考動画

  

 その他の値引き情報です。
 「#10214 タワーブリッジ」(未)はまた24000円を割り込みました。23878円は最安値レンジ。
 「#7066 地球防衛本部」(未)は最安値で10100円(箱傷み中古扱い。送料340円)。

 あとは概ね、前回記事のとおりです。

※:発売済の商品で、個人的に未購入の品は「(未)」を表示しています。
posted by 関山 at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【国内作品紹介】Mugen様の、JR東日本251系(SVO)風の、二階建て特急電車。インテリア完備!

  

  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=481552

 Mugen様の、とっても楽しくとっても賑やかな作品が登場です。

 以前の#7938組み換えの2階建て電車2両編成を更に拡張・改良した特急電車の3両編成。モデルはJR東日本の251系電車(「スーパービュー踊り子」)ですが、赤にアレンジしても様になるものですね。

 先ず、先頭車の造形はきっちり251系です。あの丸みとかボリューム感を無理なくレゴのパーツで表現。階段上の窓もリズミカルですし、積分表現?として違和感もありません。前面窓下の逆テーパーもこの電車の特徴ですし。
 ちょっと惜しいのはスカートが省略されていることでしょうか。連結器をダミーにしてスカートを優先したほうがこの種の電車らしいような気がしますが、如何でしょう?

 片先頭車は2階普通席。1階はキッズルームでしょうか? 向かい合わせの座席。

 中間車は大胆な側面の天窓。2階がリクライニングシート(レザー張り?)のグリーン席で、1階が個室。平屋部分に売店カウンター(商品とか細かい!)。

 もう反対側の先頭車は2階普通席。1階はビュフェカウンターになっています。

 細かいところですが、座席と階段部分の仕切りも芸が細かい。

 そんなわけでインテリア完備。これが大きな窓越しに見えるのは堪りません。たくさんのミニフィグたちもこの列車の雰囲気を盛り上げていましょう。
 こうした装備が「レゴトレインらしい」魅力を引き出しきってもいるのですね。インテリアが作りこめ、そこに人形が載せられる鉄道模型はそうそうないのですから。

 こんなリゾート列車で、海でも山でも「夏」を楽しみたいものです!
(まぁ、お台場の国際展示場も海といえば海ですけど……)
 
posted by 関山 at 23:31| Comment(2) | TrackBack(0) | セット内組換作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする