何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年05月23日

【brickshelfより】溶銑車とか、レールバスとか

 去年の8月くらいの分です。しばらく記してなかったらまた引き離されてしまいました。
 今回は派手目な作品はないですが、貨車やレールバスなどに仕込まれたアイディアに驚かされる感じ。肩肘張らずに参考にできそうな感じですね。


◆AFOLEGODT様の「溶銑車」(トーピードカー)/他
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=481834
 溶けた銑鉄を輸送する貨車。原則として製鉄所の構内で使われる車ですが、ごく稀に一般鉄道上での輸送もあるとか。特殊な車両ゆえ、洋の東西で形状が変わらないのも特徴でしょうか。タンク車のような形状ですが、積荷も耐熱容器も非常に重いため、大物車のような重量感のある足回りを持ちます。

 この作品では、内部にライトを仕込み、積荷が真っ赤に溶けている様子を再現しています。名アイディア!
 なお、引っ張っているディーゼル機関車はPowerFunctionなりに小型化を追求した興味深いモデルです。

  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=474108
 12Vの青いディーゼル機関車#7760を意識しつつ、イギリス国鉄のクラス08
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/search.cgi?q=class08&stype=fi
 のような雰囲気もあります。PowerFunctionの可能性を広げた傑作と言えましょう。

  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=474158
 同じく、AFOLEGODT様の冷蔵車。高さ5幅3というドア部品(%58381/%58380)が入手しやすくなったがゆえ、この手の貨車ビルドの可能性は広がったといえます。スマートな屋根も美しい。車端部のハシゴは欧州流儀。


◆Brickup様の ポルトガル国鉄の1931形電気機関車
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=474696
 フランス製の「ゲンコツ形」機関車。世界各国に仲間がいますよね。
 このモデルでは、前面の警戒色(斜めの白線ゼブラ)や側面の「cp」表記を全てプレートやタイルで表現していることでしょう。ゲンコツ型の表現もちょっと個性的です。
 動力はPowerFunctionですが、C-Cの車軸配置を「A-B-B-A」と解釈されています。


◆elalfreddo様の、家畜・家禽小屋
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=375747
 配色が綺麗ですね。1990年代のレゴ的といえばいいのか。植物の表現もユニークです。


◆Brik-el 様のカナダ太平洋鉄道のディーゼル機関車
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=481259
 運転台付きのAユニットと。運転台なしのBユニットの組み合わせ。
 どの時代のカラースキームかわかりませんが、グレーとマルーンのツートンに黄帯というのはとってもシックです。


◆同じくBrik-el 様のカナダ国鉄のディーゼル機関車
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=482481
 先のカナディアンパシフックのシックさに対して、カナディアンナショナルはビビットなカラースキーム。このモデルも前面の表現がユニークです。丸みが強調されているんですね。


◆frogstudio様の #7990「駅」を2セット+α使った組み換え例
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=482120
 現行から1世代前の駅セット、#7990は1セットだけだと正直物足りないセットだったのですが、2セット使ってかつ部品追加すると御覧の通り。とても雰囲気の良い駅に大化けします。


◆Bambi様の、西ドイツ国鉄のレールバス VT95形
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=482390
 1950年代に普及しまくった西ドイツ国鉄のレールバスは大成功。日本も真似してキハ01・02・03とか作りましたがこっちは大失敗。

 という余談はともかく、大変に出来の良いレールバスのモデルです。前面は横組・側面窓部が横組なのは普通としても、側面下半部の組み方がユニーク。車輪のために肉厚薄くするためなのでしょうか?
 前面は普通に6幅車用のキャノピー、側面はパネルの横倒しですかどちらもベストフィット。車高の低さもまこと持ってレールバスっぽいです。

 動力系はPowerFunction仕様。車内にMサイズモーターを仕込みギア駆動。しかも二軸駆動。小型車によくぞ押し込んだものです。


◆dutch様の、テクニックビーム使った曲弦トラス橋
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=482012
 古風な鉄橋と、テクニックビームのごついさの相性は抜群! より大規模なものも考えたくなります。
 

posted by 関山 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Brickshelfより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。