何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年05月08日

【鉄道作品[日本形]】元「南海の勇者(11001形)」京福電鉄モハ3001形(上)


 もともと好きな電車の一つで製作予定にありましたが、先日の湘南顔の大改修で予定繰り上げ。
その上に、連休中に福井から或る来客ありましたので、急ぎ完成させたものです。

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=503103
 brickshelf(検閲済)


●実物について
 京福電鉄福井支社 モハ3001形は元南海電気鉄道の11001形。1954−1956年頃に製造された南海初の新性能車でした。初期車は前面貫通型。後期車は前面2枚窓の「湘南スタイル」に。車内は転換クロスシートで料金無料のサービスをしていた由です。無論「特急」「急行」用。
 1973年、南海の架線電圧昇圧(600→1500V)によって約半数が引退、残りは1001形として冷房化・再起。
 引退した中には湘南スタイルの先頭車が6両ありましたが、その全車6両。また貫通型先頭車の2両が京福電鉄に払い下げられ、3001形3001−3008となりました。2連が4編成です。大きな改造はなく、塗色がクリーム地にエンジ色帯に改められました。
 南海時代の薄緑に緑帯も美しいのですが、この京福での塗色も趣味の良いものでした。

 京福では1980年頃に姿はそのままで外板張替えの大改修を行い、1989年にワンマン化(先頭車のドア移設)。しかし2003年のえちぜん鉄道への移行では移籍は行われたものの使用されずに廃車されてしまいました。車齢を考えれば致し方ないことでしょうか。
 なお、南海に残留した1001形は1987年までに引退しています。

 余談ですが、11001形の全長を縮め、更に山岳線用の特殊装備備えたのが高野線用の21001系列です。こちらは南海でも長生きし、また今も大井川鉄道・一畑電鉄で健在。大井川のはクロスシートを維持しています。

 個人的には何度かに及ぶ福井の私鉄訪問(京福と福井鉄道をセット)で乗車・撮影しています。ワンマン化後のちょっと姿が崩れたあとでしたが。それでも1950年代生まれの品の良さに感激してたもの。好きな電車の一つでした。
 撮影したファンも多く、実物写真は多々見つかりますが、こちらがお勧めです。
http://rre.ninja-web.net/prvrc/keifukuf/kfrf1.htm
 「京福電鉄(福井)(1)−想い出のカラー」
http://satoyama.in/auto/sharyo/auto522.html
 京福電鉄福井支社4 旧南海3000(里山工房)


●レゴ化にあたって
 南海時代の再現も考えました。が、灰緑で電車作るのはあまりに制限多すぎです(笑)。対して京福なら白に濃赤の帯で済みますので難度が大きく下がります。いやまぁ京福時代の印象も強いので不本意でもなんでもないですが。




 側面は「飛行機窓」を使用。小さめの下降窓が並ぶ側面の再現はこれがベターであると。しかし、飛行機窓の使える鉄道車両って新幹線以外だと少ないですよね? なお窓と帯の位置関係から車体は完全に上下逆転で組んでいます。腰板と幕板の寸法比はちょっと苦労した部分。裾のエンジ色は実物より広めにアレンジして辻褄合わせたりしてます。
 全長は実物が20mありますので32ポッチ。この種の地方私鉄の電車としては大柄です。

 微妙な表現ではありますが、窓は実物で開閉可能な部分はガラスを裏返しで付けて彫りを深くしました。戸袋窓部は公式どおりにつけ、側面とツライチです。

 
 前面はキハユニ16、EF58、東急5000に次ぐ湘南顔表現。例によってヒンジで曲げてクリップで止めているだけです。前面帯の塗り分け表現は妥協の産物(苦笑)。前面窓は旧規格窓2×2を使って、実物のHゴムとか妙な彫りの深さの再現としました。
 前面屋根は「見せ場」の一つ。斜めの塗り分けをコーナースロープの組み合わせで再現してみました(suu氏の銀河鉄道「777」の表現を応用)。


 妻面は片幌にして、連結面間を詰めています。実物は両幌のはずですが。


 車内は上下逆転の上、赤いクロスシートを再現。床面はダークグリーンだった記憶あるのですがコスト面で断念し濃灰に。


 ドアはプラグドア開閉式、微妙な凹みを出せるメリットがあります。


 車体裏面より。台車の取り付け方。割と苦戦しました。上下逆転は出来れば避けたい組み方です……。

 台車は割と目立つボルスタアンカを再現。床下機器は例によって適当ですが、1×1ブロックの裏面を見せる抵抗器の表現は気に入った部分です。



 Mugen様のえちぜん鉄道Mc6000形とのツーショット。このために頑張りました(笑)。
 実物は活躍時期微妙にずれてますけど(3001の完全引退にMc6000は入線している由)。まぁそこは気にしないことで。
 それにしても、こうして見ると拙作のパンタは手抜きですね。そろそろ改めませんと。


 中央駅構内にて。


<続く>
 
posted by 関山 at 21:31| Comment(5) | TrackBack(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カンブリ情報】#10230 ミニモジュール輸入します。10500円/他

 欧州での供給状態が非常に良くなってきたため(註:ドイツは国際郵便送料がバカ安です。小口は高いけど)、反してamazonマケプレの相場がやたら強気なため、「#10230 ミニモジュール」をカンザンブリック扱いで輸入致します。


 価格は「10500円」(手数料なし。ただし国内送料別途)。1箱から可能。
 なお、国際送料節約のため箱は未保証となります(簡易梱包。多分、輸送中に箱は潰れます)。また、国内送料も節約されたい向きは
 「中身だけ送る」
 「手渡し(渋谷・目黒・大井町などが可。電車賃300円別途請求)」
 というオプションも承ります。

 さて。先日この製品の現物を触り倒す機会に恵まれました。
 とんでもない密度感と重量感です。ミニサイズとか、所詮はネタ……という「我慢してきた理由」が幾つか緩むというもの。このセットが再現してるモジュールは一応全て現物を持っていますが(消防署はまだ組んでないですが)、ミニサイズはミニサイズで別腹という感じなのです。サイズ小さいので飾るのも保存するのも邪魔にならないのも却ってメリットと。

 御購入、お問い合せはこちらへお願いします。

◆◇◆◇◆◇◆  ◆◇◆◇◆◇◆



 もう一つ処分品情報です。
 誤発注により「Series 6 Minifigures(ガチャフィグ 第6弾)」の「Bandit(西部の悪党)」が12体も余計に届いてしまいました。こちら、赤字承知で処分致します……。
 
 価格:1体200円
 送料:120円(定形外)。1体から12体揃いまで同額です。他に発注品がある方は同梱も可能です。

 ※このフィグには「黒い拳銃パーツ2個」「ダークレッドのバンダナ」というやや希少な部品が含まれます。部品取り目的でも使えます。

 こちらも御購入はこちらへ。

◆◇◆◇◆◇◆  ◆◇◆◇◆◇◆


 「Series 7 Minifigures(ガチャフィグ 第7弾)」60個入りリテールボックスシングルの扱いはまだまだ受付中です(コンプセットは応相談)。
 バグパイプ吹きの帽子・バグパイプのプリントの精細さに驚き、赤ずきんちゃんは思ってたよりも更に可愛い。ヴァルキリー(Viking Womanとか云ってますけど)は良い意味で素朴さが。
 お薦めのシリーズです。
 
 詳細こちらへ。

 
posted by 関山 at 01:53| Comment(2) | TrackBack(0) | カンブリ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする