何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年05月07日

【国内作品紹介】AP様の国鉄 スロ54形客車。憧れのグリーン車。

  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=502895

 先方の記事(Yakko通信より)
http://blogs.yahoo.co.jp/yakko35_21/53172308.html

 AP様のフルスケール・リアルシルヘッダ客車シリーズに待望のグリーン車、スロ54が加わりました。
 スロ54形式は1952〜55年に製造された特別二等車がルーツで、その後等級制度の見直しで一等車、グリーン車と名を変え1982年まで活躍しました。なお、1967年頃冷房化改造され、試作の2両(床下に冷房機)を除き、屋根を下げてユニットクーラー搭載という大改造を受けている由です。

 青い車体に薄緑帯、そして低屋根にクーラーという姿は急行列車編成の中で目立つものでした。

 この作品は、その魅力を余すことなく再現されています。
 凝ったシルヘッダ(窓の上下帯)の表現はこの形式でも効果をあげていましょう。ドア周りも同様。窓・窓柱のバランスや、幕板や腰板のバランスも適切です。
 そしてぺたんこの屋根に目立つAU12形クーラー。ここはコストかけて?凝った組み方されているのがわかります。グリルもアクセントになってますし。あとクーラーの印象が大きいので意識しないポイントですが、ベンチレータも省略されていないのですね。
 グリーン車等級帯は「緑灰」ではなく「ライム」でしょうか? 確かにこっちの方がより「らしい」。

 
 そして、EF58牽引で荷物車−グリーン車−普通車……と続く急行列車編成。適度な混色・凸凹もまた編成美と言えましょう。こんな急行列車には乗ってみたかった……。自分は「間に合わなかった」世代ゆえ、憧憬を感じてやみません。

 ……いや、憧れてるばかりじゃなくて自分も国鉄型客車そろそろ増備しませんと(苦笑)。
 
posted by 関山 at 19:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

【価格情報】6月8日発売の「City(鉱山)」「SW」の割引率33%offに。#10218ペットショップ15000円?

 新製品の予約開始が一段落ついたところで、久々に?割引品中心での価格情報です。

 amazon.co.jp扱いでの#10218ペットショップは「祭り」も遂に終わり、35%offの16980円に上がってしまいましたが、マケプレには「箱潰れ故に中古品扱の事実上新品」として15000円(送料込!)の商品が出ています。一品モノと思われますので早い者勝ち?


 なかなか下がらなかったPOC「#4193 ロンドンからの脱出」(未)は38%off。5200円より。POCはシリーズ収束ですが、今後相場どうなっていくのかしら?
 カーズ「#8639 ビッグ・ベントレーの脱出」(未)は48%offの7683円。実質半額です。まぁ元が少々高いですが。
 絶版どころか歴史的製品、既に何度か貼ってきたWorldcity(2003年製品!)「#7035 警察本部」ですが、「19点在庫あり」表示がされており、入手にそろそろ黄信号です。40%offで5292円(送料 関東500円)。
 対する最新製品の「#6860 バットケーブ」(未)は少し安くなっていましたが、更に割引率上がって42%off。8000円を切ってamazon.co.jp扱で7983円です。ミニフィグ1体1000円で考えると……背景とか乗り物が3000円相当という割り切り?できましょうか。


 さて、先日予約開始の記事を書いたばかりの6月8日発売の新製品(CITY・SW)の割引率が予想通り?33%offまで上がって来ました。予約見送っていた方もこの機会に最検討されては如何でしょう。

 「#4204 ゴールドマイナーベース」は9116円。実質9000円なら?


 この辺も全て33%offに。


 「#4429 ドクターヘリポート」も33%offで5260円です。5000円というのはひとつの山ですよね。


 SW系は小物(ミニモデル)は28%OFFのままですが、他が一律33%offになりました。目立つところでは、グンガンサブが8000円切りです。


 割高感があった大型商品になると、「5%の恩恵」が結構大きい。ジャバの宮殿はこの価格ならという向きもありますかも。28%offだと15000円超えてて流石に高いと思いましたので。

 なお、7月新製品(LOTR・Friends・クリエイター・レッドカーゴトレイン)は今のところは28%のままです。こちらも期待しましょう。

※:既発売品で個人的に未購入の品は「(未)」を表示しています。
posted by 関山 at 04:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】ちょっと気になる非売品「40025 New York Taxi Cab」

 情報源はToysNbricksより
http://toysnbricks.com/lego-40025-new-york-taxi-cab/



 フィグ乗りではないものの大変に魅力的な4幅車のモデル!
 残念ながら非売品です。ロックフェラーセンターに出来るレゴストアでの配布品とか。

 とはいえ、パーツ自体特殊なものは少ないので、自力での再現も不可能じゃないと思います。ボンネットのアーチがとてもよい雰囲気ですよね。
 このままだとミニフィグとステアリングの両立ができませんが、1ポッチのホイルベース延長で何とかなりそうでも。
 しかし、タクシーとしてフィグ乗り化を考えるとちょっと厄介かもしれません。いや2シーターじゃないといろいろマズイですから(笑)、ホイルベースを更に延長……うわ、スタイルが酷く壊れそう。タクシーじゃなくて小型クーペとしてのフィグ乗り化が無難なところでしょうね。

 それにしても、こんな出来の良いモデル、来年のクリエイターで一般製品にならんのかしら?
 クリエイターやCityにこの雰囲気を熱烈に求めてるファンは少ないないと思うのですが。
posted by 関山 at 03:59| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】cuusoo 今度は「ゼルダの伝説」が10000票突破。任天堂とレゴの歴史的和解なるか?


http://lego.cuusoo.com/ideas/view/6809
 5月4日金曜日の夕方くらいのタイミングですが、cuusooに提案されていた「ゼルダの伝説」の企画が予想通りに10000票を突破。製品化検討の段階に進みました。

 さて。
 「ショーン・オブ・ザ・デッド」とは異なり年齢や企画面での問題は考えにくいのですが、こちらはレゴ社と付き合いのない「日本のゲーム会社」という先が版権交渉先となります。版権交渉は行なってくれる雰囲気(上記コメント欄参照)ですが、ハリウッドやアメコミ版元のように進むかどうかは気になるところです。
(任天堂自体はまともな企業相手なら版権の出し惜しみはしてない印象ありますけれど)

 あと、レゴ社的に「ロード・オブ・ザ・リングと被るから」みたいな理由で流される可能性も否定しきれません。いや、全然別物だろ! と思いますけどねぇ。

 個人的には「日本初コンテンツ」でのレゴ化は大変に嬉しいことであり実現を願っています。
 ファンタジーは正直洋モノより和モノ(日本風という意味ではなく、日本で解釈された西洋風ファンタジーという意味)の方が好みですし。そして何より、かつてレゴ互換品を勝手に作ってしまった任天堂が、レゴ社に版権提供を行うという歴史的和解も感慨深い(まぁ、今更蟠りは両者ともにないと思いますが)。
 それから、家庭用ゲーム機のファンをレゴに引っ張り込むという新市場開拓というレゴ社的に美味しい面もありましょう(そのメリットに気がついてくれ、頼むから!)。

 なんであれ、この企画が実現すれば、何かが変わりだすような気がします。
 世界一の家庭用ゲーム機メーカーと、世界一のブロック玩具メーカーの英断に期待しましょう。この2つが手をくみゃ面白いことは起こるはず……。
 

 プロダクツのイメージ。製品規模として割と現実的な提案です。
 
posted by 関山 at 03:38| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(cuusoo) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

【歴史】レゴトレイン製品史21 1985年 灰レールの第二期へ(2)。

 青レール時代に一部例外のアメリカ形こそ有りましたが、「レゴトレイン=ドイツ形」という流れは1960年代から一貫していました。鉄道模型でもドイツ形は一番ポピュラー(※)でもあったわけで、その市場を狙うレゴトレインもまた然り、と。

※:フランスやイタリアにも主要メーカーは多々あり、その多くは早くから輸入もされてましたので、「欧州型鉄道模型=メルクリン」は間違いなのですけども。

 そんなわけで、灰レール時代には「欧州各国の国鉄マーク入ステッカー」が入っていましたが、カタログ写真のたぐいは原則として「DB」(西ドイツ国鉄)表示であり、またそれが似あっていました。

 その例外が、12Vの末期に現れました。

●#7745 「High-Speed City Express Passenger Train 」

http://www.bricklink.com/search.asp?itemID=5527
 見ての通り、モデルはフランス国鉄のTGV。当時のレゴにはオレンジ色はまだありませんので、車体色は赤です。当時のパーツでのTGVの造形としては非の付け所のないものでしょう。
 但し、賛否は分かれるセットです。
 身の回りの12Vコレクター&ユーザー(お二人共 #7740所持)に聞いてみると「これはこれでいいんじゃないの」「これはこれでいつか欲しい」という意見でしたが……。

 フランス形モデルではありますが、箱写真にカタログ写真は「DB」表示でした。もちろん「SNCF」のシールも付属していますので、このへんはお好みで?

 セット構成はレール円周分に、直線レール12本(6対)。プラットフォーム。動力車と中間車、制御車(食堂車)。ミニフィグは10体入りです(うち乗務員×2 コック×1)。

 このセットで面白いのは前後ともヘッドライト、テールライトが点灯すること。どうやってるのかというと、動力車から制御車まで引き通し線を渡すという力技。この編成を分割する際は、磁石連結器の他、12Vのソケットも抜き差ししなければなりません。なお、運転台横のボックスは予備のライトレンズ(Φ1丸プレート)を格納するためのものです。

 パンタグラフはこれまでのプレート積み重ねた表現からヒンジを使ったものになっています。

 組み換えインストは箱写真の左下の右にある「駅舎と蒸気機関車」。蒸機は大型のタンク機ですが、後年のハリポタの歴代「ホグワーツ特急」的なデザインです。
 駅舎はライトユニット2本を使ってホーム照明にしています。


●#7817 Crane Wagon

http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?S=7817-1
 単品貨車。ユニック付トラックのような、ユニークな形状の貨車です。
 ただし、現実の鉄道では操重車(クレーン車)と長物車やコンテナ車を兼用したものはありません。とはいえ、保線用車両にはクレーン付の長物車や無蓋車で幾つか該当するものはあります。
 そんなわけで、面白い車ではあるのですが、飽く迄玩具的ファンタジーの範疇でしょう。

 サブインスト作例は健在で、高所作業車への組換例が掲載です。
 4.5Vですが、日本での発売が行われたか否かは定かではありません。


●#7835 Manual Road Crossing

http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?S=7835-1
 アクセサリ。定番の踏切。モダンな形状の警手小屋付。

 1983年の踏切#7866は「電動(リモコン)」「複線対応」「12V専用」という非常に大掛かりなものでしたが、この#7835はそれに呼応するかのような「手動」「単線専用」「4.5V専用※」というおとなしく現実的な製品となっています。

※:12Vでも理論上は使えるはずですが、インストに12Vで使うための記述はありません。

 遮断竿の操作がハンドル風になっているのは良いデザインです。警手小屋の形も好ましい。サイプレスツリーと遮断竿を除けば現行の部品でも再現できそうな形状ゆえ、今様の復元も面白いかもしれませんね。

 4.5V専用ですが、日本での扱いは不明です。
 
posted by 関山 at 19:22| Comment(9) | TrackBack(0) | レゴトレイン製品史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

【レゴ以外のブロック玩具】ダイヤトレインシステムのミッシングリング?「原人きかんしゃ」

 1980年代末の「リニアカー」「スーパー新幹線」「走れ機関車!」と、21世紀入ってからの「トーマスシリーズ」のミッシングリングとも言える「原人王国」シリーズの「原人きかんしゃ」の情報が遂に入って来ました。



 モボ様のブログ、Freemodeより。
http://mobomode.blog135.fc2.com/?no=433
 原人きかんしゃ ダイヤブロック
(気合の入ったレビュウで写真も多数です。是非こちらも御覧ください!)
 総論としては「思ってたより、まともなデザイン」。もっとゲテモノ・キワモノかと思ってましたので。
 何より、茶色で統一されているのは色彩として凄くまとまりがあります。

 システムは「走れ機関車!」系と同じものなのですが、あちらがパーツを組み上げて作る「機関車+ユーレイ動力車+客車(貨車?)」のデザインが悪い意味で玩具的でした。当時の「みんなのまち」シリーズがリアル路線であったため浮いてる印象もあったんですよ。色彩もカラフル過ぎでしたし。

 でも、こちらは色彩は茶色のみでお巫山戯デザインのくせにやたら渋い。ユーレイ動力車の造形も凝ってて説得力?がある。機関車の造形も整って?います。コンセプトとかまじめに考えちゃダメな製品なのはわかります。そこを踏まえると良質なデザインですし、デザイナーが楽しんで作られたのかなぁという感触が伝わってくるのです。


 アクセサリ。吊り橋。
 新幹線にあったものの転用なのですが、成型色が変わるだけで素朴な木製の吊り橋に見えるところが面白いです。夢想吊橋も瀬戸大橋も吊り橋には変わりないですものね。

 フィグは特殊フィグ。漫画的ディフォルメはあの時代らしいもの。あんまりリアルじゃないほうがこの世界観には似つかわしいのでしょうね。


 世界観もシリーズ全体で整っていると思います。「フリントストーン」なんて寧ろ古典的テーマですし(余談ですが、昔のアニメでは「原始時代回」という冗談ネタがお約束のようにぶち込まれてたような)。
 あと、恐竜がまじめにブロックによる造形なのが、デンマークの某社との違いだと思います(笑)。確かに「骨」とか特殊パーツに頼ってはいますけど、ミニフィグ?周りのアクセサリパーツに限っているので大味さとか手抜きとかには見えないのですね。
 ここは河田さんの妙な真面目さというかバランス感覚の賜物だと思います。
 といっても、当時はみんなのまちシリーズ縮小期ですから、ダイヤ全体のラインナップでは不満感じる向きもあったとは思われますが。

 そんなわけで、当時を知らないと正当な評価は難しいのですが、思っていたよりも良質なシリーズという印象を受けました(モボ様の紹介の仕方が良いせいもありますけれど)。少なくとも恐竜の扱いに関しちゃ造形・ビルド・世界観ともにデンマークの某世界企業よりはずっと好感が持てますよね(苦笑)。「ダイノアタック」「ダイノ」共に、あいつら倒すことして考えてねぇからなぁ(笑)。
 「原人王国」の共生してる世界観を見るとなにかほっとするんですよ。

 最後になりますが、モボ様、面白い商品のレビュウ有難うございました。
 それにしても、モボ様のところに集まる玩具って、とても幸せそうです……。
 

2012年05月03日

【作品紹介】ryokuchakuma様の富山の路面電車4題

 紹介遅れて申し訳ございません。

 http://blogs.yahoo.co.jp/ryokuchakuma/4536707.html
 こちら、先方の記事になります。


 なんと富山地方鉄道市内線の車両4種の揃い踏み。
 左から、T100形・デ9000形・デ8000形・デ7000形。
 左2種が21世紀入ってからの低床LRT。一番右は1960年代路面電車低迷期の車であり、歴史を感じてしまう並びですね。

 レゴ的にはT100とデ9000が動力入。8000と7000はダミーのトレーラーとのこと。


 T100形3車体連接車。プロトタイプはアルナ車両製で純国産の筈。
 この大きさにPowerFunction機器内蔵は凄い。前面の斜め表現が綺麗ですね。それに前から見ると顔のようで可愛い。あとライムや黄色がアクセントになった塗り分けも良い感じです。床も極限まで下げられてますし。

 勾配での脱線があるとのことですが、構造上根本的な問題は無さそうですね。微調整でなんとかなりそう?
 ちょっと惜しいのはパンタグラフなど集電装置が省略されていることでしょうか。簡素なものでもあるとインパクトが変わってきます。


 こちらはデ9000形2車体連接車。プロトタイプは新潟トランシス製でドイツ系。同じ形の電車が富山周辺では多々見られますよね(万葉線・富山ライトレール)。
 
 富山地方鉄道のは「黒」「白」「銀」という一色塗りのインパクトが凄いのですが、一番印象に残る「黒」をモデル化されてきました。1色だからこそ、運転台脇の斜めラインとかディテールが生きている感じです。前面も精悍な感じがよく出ています。
 ただ、難しいかもしれませんが、貫通幌の表現ありますと化けてきますかも?


 デ7000とデ8000。
 デ7000は窓を横組されているんですね。あと前面の折妻表現がとても良い感じです。片方しか無いテールライトもポイント。50年くらいも前の電車という雰囲気がよく伝わってきます。
 デ9000は窓が大きく明るい感じ。低床LRTが普及する前の過渡期の電車という感じでしょうか。前面は方向幕のインパクトが大きいです。
 
 さて、現役の4車種が揃い踏みしたからには、南富山のジオラマ風の写真とかあると嬉しいです。
 
posted by 関山 at 22:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【価格情報】2012夏製品追加。Friendsリゾート/クリエイター/#10226ソプウィズ・キャメル

 ちょっと記事に【価格情報】続き過ぎですいません。それだけ5月1日追加の新製品情報の物量が凄まじい勢いなのです。

 もっと小分けに出してくれたほうがそれぞれのアイテムも注目されて予約だって伸びるだろうにと思うのですが、そうも出来ない事情があるんでしょうか。発売日も6−7月に集中していますが、共喰いと思うのは杞憂かしら……。
 そりゃFriendsと#10225や#10226の客層は違いそうですけど、「LOTR」と「SW」はファン層・客層は或る程度かぶっていそうですし。

 さて。
 先ほど記事にしたばかりのFriends「リゾート計画」が夏のリゾートシーズンに合わせた?7月6日の発売予定で予約開始されています。全種投入の模様。あと1種冬の忘れ物が。


 #3185の日本での商品名は「カントリークラブハウス」と無難かつ適切なところに落ち着きました。写真加工による地面効果なしの画像がamazonにあったのでリンクしましたが、意外と違和感がないものです。
 価格はFriendsでは最高価格となってしまいましたが、28%offでさえも9767円と1万円切る水準に抑え、そのボリューム感からえらく割安感?を感じます。あちらの価格がまだ不明ですが内外価格差は少ないものと推測。99ドル税別とか89ユーロ税別とかしそうな雰囲気ですよね?
 Friendsでは割と大事な建物の内部が不明なのは残念。追加情報に期待しましょう。


 左から。
 「#3189 ハートレイクホースクラブ」は28%offで5259円。
 「#3184 サマーキャンプ」は28%offで3757円。Cityのキャンピングカーより割高感が……。
 「#3186 ホーストレーラー」は28%offで2405円。Cityにあった似た様な製品と近い価格です(小物の分、得?)。
 「#3063 ハートレイクスカイクラブ」も28%offで2405円。


 画像がありませんが同じく7月5日発売「#3937 サンシャインビーチ」は28%offで1128円。
 「#3938 バニーガーデン」は28%off 1128円。
 「#3939 ルームデコセット」。商品名が工夫してきました。同じく1128円。

 夏新製品ではありませんが、冬に日本未発売だった「#3942 ハートレイクのドックショー」が追加されています。28%offで2254円。


 クリエイターと新#10000代の予約も始まっています。これも7月6日発売。

 今年のクリエイターでは唯一の建物系「#7346 シーサイドハウス」は28%offで4959円。415ピース。
 やや高い? でもUS価格も49.99ドルと伝えられていますので内外価格差は少ないのですね。33%offは期待できそうなので4643円。これなら納得?

 組み換え作例(この解像度では初公開写真!)もなかなか趣味がいいのです。



 オレンジが鮮やかな大型輸送ヘリ「#7345 トランスポートヘリコプター」は28%offで3757円。383ピース。
 「#7347 ハイウェイピックアップ」も28%offで7514円。805ピース。窓ガラスの入るようになった大型車クリエイターはちょっと新鮮です。組み換えのキャブオーバーもかっこいい。
 

 先の「#10225[UCS]R2-D2」(33%offで18241円)もそうですが、最近の#10000番代の時差の殆ど無い投入には、正直、驚かされます。
 先日(4月16日)発表されたばかりの「#10226 ソプウィズ・キャメル」がいきなり7月6日予定で登場、予約開始。
 価格は28%offで9767円(815ピース)ですが、これってアメリカ/欧州の、99.99ドル/89.99ユーロと殆ど差がありません(あっちは外税表記)。これもまた凄い。

 第一次大戦の英国機というのは好み分かれる渋いテーマですが、その分入荷数も少なめかもしれません。気になる方はお早めに?
 
posted by 関山 at 03:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

【レゴ製品】Friendsの「リゾート計画」。夏製品情報

 Friendsの夏製品の画像。公式公開は初めてのはず? さり気なく初出のものも混じっています。

 情報源はいつもの?ToysNBricksより。
http://toysnbricks.com/lego-friends-summer-2012-sets/


「LEGO Friends Riding Camp 3185」
 このセットのこの解像度の画像は初出です。
 とっても大規模。どんな価格帯に納まりますやら。夏Friends共通ですが、建物の色の趣味が随分渋く、普通のレゴに近いといえば近いのですね。6幅のワーゲンバス!もよくわかります。ところで、軽井沢とか上高地って言葉がふっと浮かんできました。


「Heartlake Stables 3189」
 乗馬シリーズはどれ位、新お馬さんのお目目キラキラに耐えられるかが大事なポイント。<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】製作開始! エフ様の西武2000系電車に101系電車

 先日遊びにいらして下さったエフ様が早くも「刺激」を受けられたようで、早速かつ久々の新作に掛かっておられます。それにしても、記事を書こうとしたら現在進行形で追いつかない……というのも久々ですね。

 先方の記事です。
http://blogs.yahoo.co.jp/f1963/13153348.html
 2000系その1-2
http://blogs.yahoo.co.jp/f1963/13159663.html
 2000系その3
http://blogs.yahoo.co.jp/f1963/13162336.html
 2000系その4

 まずは月曜日に作られたという「その1-2」より。この地点で結構な完成度。
 黄色い車体に銀ドア銀帯の西武電車がここまでレゴで映える題材とはこれまで誰も気が付かなかったという感じ。
 屋根上のクーラーにアンテナも効果的です。気にされていた前面帯周りの「隙間」は気になりません。

 また、前面表現、特に飾り帯と貫通路の表現が素晴らしすぎます。大胆で自由、定形というか定石に縛られない?エフ様のビルドスタイルです。こんな位置で90度の方向転換なんて考えつきません。貫通扉の幅も適切ですし、2000系電車の貫通扉が飛び出た感じも出ています。


 そして、完成度の高くなってきた「その4」より。
 隙間も埋まり、側面窓配置も4扉車らしく。また、方向幕の「赤」による急行幕も効果的。

 限りなく完成に近いのですが(笑)、まだ反対側の側面が未完成なのだとか。

 そして、次々期制作?の101系の試作も出てきました。
http://blogs.yahoo.co.jp/f1963/13163205.html

 か……可愛い! 湘南顔の亜流(ただしアクセサリ多数。それがこの電車の魅力!)ですが、平面に割りきっておられて違和感が全然ありません。寧ろ、ヘッドライトに銀帯、方向幕に標識灯というアクセサリが可愛らしさというか萌え要素を強調している感じです。前面窓が無理なく横長なのもこの種の電車の顔として正解なんですよね。
 これは期待せざるを得ません。

 そういえば。
 西武鉄道のこの世代の電車群は最短で2両編成と「手軽」なのも魅力ですよね。あとは沿線の魅力的なストラクチャーやら(まぁ昔の話ですけど)、貨物輸送とか……。西武鉄道という枠の中で世界観が広がっていきそうです。
 

posted by 関山 at 18:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

【価格情報】#3677 レッドカーゴトレインが遂に正規扱い開始。17280円/[追記]LOTRも予約開始!


 去年夏の発売以来、日本でのレゴジャパン経由での扱いはないもの……とさえ思われていた「#3677 レッドカーゴトレイン」が遂に7月13日の発売決定です。そして、amazon.co.jpでの扱いも。

 希望小売価格は24150円。割引率は現在28%offで価格は17280円。これまでの並行輸入の最安値が18100円程度でしたので、さすが公式が本気になるとという感じです。ただ、既存の#7939新カーゴトレインの実売(27300円が希望小売価格で、現在の実売15907円)よりは割高感はありますので、今後の割引率の拡大に期待もしたいところですが。

 ※さばみそ様、情報提供ありがとうございました。
(「レゴストア」カテゴリではなく「おもちゃ」カテゴリで検索することでやっと見つかりました……。ロード・オブ・ザ・リングも同様の状況な模様……)


◆◇◆◇◆◇◆   ◆◇◆◇◆◇◆


 [追記] ロードオブザリングも7月13日予定で予約開始です。


 左より
 #9469 ガンダルフの登場  28%0ffで1504円
 #9470 シェロブの攻撃 28%offで2630円
 #9471 ウルク=ハイ軍 28%offで3757円
 #9472 ウェザートップへの攻撃 28%offで7514円


 #9473 モリヤ鉱山 28%offで9767円
 #9474 ヘルムズディープの戦い 28%offで15027円

 以上6種です。商品画像とついでにUS価格は<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:13| Comment(3) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【価格情報】City「鉱山」「病院」及び、SWの夏製品予約開始!

 5500円台という安売りシャークキャッスルがさばけて市原の倉庫に余裕できたためでしょうか? 6月分の新製品のamazon.co.jpでの予約受付開始です。
 今のところは全品28~29%offですが、「予約商品の価格保証」ありますので、発売日までに33%offなどになれば、それが適用されます。予約は早いほうが安全です……。

 シリーズの旗艦アイテム。そして短距離ながらトロッコが存在する! トレインファン的にも注目の「#4204 ゴールドマイナーベース」は28%offで9770円。748ピースで、背景の「ヤマ」にも部品リソース割かれています?ので価格はこんなものでしょうか……。
 未だ欧米の価格わからないので内外価格差はわかりません。


 左から。
 「#4202 ダンプトラック」。鉱山用の巨大ダンプ。City初期の類似製品と違って、荷台部分もがっちりパーツ組ませる構成が特徴です。28%offで3380円。
 「#4201 ダンプカーとローダー」。29%offで1650円という手頃な価格で来ました。良い意味で小さくまとまっているセットです。プレゼント向けでもありますね。
 「#4200 4WDダイナマイトキャリア」。商品名はちょっと違うと思うのですが……。爆薬運搬車と言うよりは、試掘のための鉱山技師の車という感じがします。4幅の4WDはドアも開閉。そして小物もいっぱい。28%offで1130円。余談ですが、このシリーズのヘルメットは「ヘッドライト」の付けられる新型です。
 「#4203 パワーショベルとトレーラー」。28%offで4360円。パワーショベルが装軌だったらなぁ(笑)。全体に大味感がちょっと残念。


 「#4429 ドクターヘリポート」。商品名は英語圏では単に「Hospital」なのでやや違和感があります。確かに救急ヘリとヘリポートが目立つ構成ではありますけど……。やっぱり「病院」か「病院と救急ヘリコプター」辺りで良かったんじゃないでしょうか?

 とはいえ、久々の病院ですし、製品構成とデザイン、そして価格は頑張っていると言えます。ヘリがちょっと大きすぎることを除けば、建物の大きさや4幅の救急車はとてもまとまりの良い好デザイン。建物と車のサイズ的なバランスがとれているのも嬉しい。全体のサイズやデザインも、どこか昔の街シリーズ的雰囲気と。良い意味でのモダニズムです。
(ここまで褒めれば、バナナの皮には突っ込まないのがお約束ですよね?)
 価格は今のところ29%offの5630円ですが、33%off迄引っ張れれば5000円代前半。お得感も出てきましょう。あちらの価格は未だわからないのですが、このボリュームですので内外価格差は小さそうです。

◆◇◆◇◆◇◆   ◆◇◆◇◆◇◆
 おまたせしましたスターウォーズ関係。一気に10アイテムも出てきます。しかも中型〜大型製品多いので予算注意です。
(うちのブログ的には、こんな財布とかカード限度額が悲鳴上げるような状況がトレインで起こってくれたらなぁと思うのですが。そんな面ではSWファンがものすごく羨ましいです……)


 小物三題。ミニモデルの質は昔のより格段に良くなっています。ただ、AT-STは昔の方が良かったかも……。


 中型?三題。
 デザートスキッフはサルラックの表現がとてもイヤ(あのシーン割とトラウマです)。
 サシー・ティンのスターファイターは濃緑がレゴ的に嬉しい(笑)。
 ストライカー級スターファイターは昨今のレゴSWにしてはデザインがゴツめ……? 


 大物。
 グンガンサブはなめらか綺麗なデザイン。アミダラ女王も初出ですよね。
 シスのフューリー級インターセプターは、現行タイ・ファイター同様の縁取りデザインがとても綺麗。精細感もすごい。その代わり、価格に跳ね返っている印象も否めませんが。
 ジャバ宮殿はまともに作るとこの価格になってしまうのですね……。建物としてのサイズ・ボリューム・質感に手抜きはなさそうなのですが……。
 将軍様の戦艦になるとこの大きさ・価格はやむなし?
 


 繰り返しますが、ここまで大型製品が揃うスターウォーズのファンはやっぱり、羨ましい。
 ほしいものが出てこないのと、欲しい物がありすぎて財布が追いつかないのじゃ、やっぱり後者のほうが恵まれてると思うのですよ。
 
◆◇◆◇◆◇◆  ◆◇◆◇◆◇◆  ◆◇◆◇◆◇◆


 SWの新製品ということで、追記です。


 でっかい「R2-D2」な#10225の予約価格が33%off 18241円になっています。
 先の4月上旬の予約開始時は28%offでしたが、長らく定価に近い価格で推移していました……。6月8日とまだひと月以上も先ですが、気になる方はご予約お早めに。
posted by 関山 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする