何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年04月26日

【製品購入レビュウ】#9479イヴァン・メーター 悪くは、ない/早速フィグ乗りに改造。

 正確には購入ではなくて、ビッグカメラのポイントで貰って来ました。805円也。

 で、正直なところを申せば、「このパッケージで805円は高いかなぁ」と思いつつ。
 何せ、お目当てはヘッドライト付きカーフェンダー%93590の「青」だけ。元来ならさくっとパーツで買ってしまいたいといころなんですが……%93590の「青」はめったにbricklinkに出てきてくれません。
http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?P=93590
 セットの購入は「やむを得ず」という感じなのでした。
(93590は激レアだった白も今は出回りも良いので、青もそのうち供給改善されるとは思いますが……)

 で、さくっと組んでみました。
 感じとしては少し前までラインナップにあったRacersのタイニーターボという感じ。まぁあちらは500円程度なので、やはり割高感は否めず。

 ただ、「使えない部品」は顔プリントのキャノピー?パーツと歯プリントの1×4タイルくらい。
「意外と悪くないんじゃないの」というのが印象です。
 ラジエータの1×2タイルに、濃赤のレッカー吊具も嬉しい部品ですしね。


 自作のフィグスケールの車を牽引。何故か、違和感ありません。



 さて。
 もちろんフィグスケールへの改造も行なってみました。



 往年の「街シリーズ」風に(やや 手抜き)。
 
 ホイールベースは2ポッチの延長が必要。おかげで可愛らしさがなくなり、逞しくなってしまいました……。
 この種の改造では厄介なのは全高より「全長」なのですね。「イヴァン・メーター」オリジナルのプロポーションの再現は意識しましたが、フィグ乗りだと制約あまりに多すぎ……やっぱり、無理があります。


 %93590の「青」を他題材に捻出したら、オリジナルでレッカー車1台は改めて仕立てたいと思います。

◆◇◆◇◆◇◆  ◆◇◆◇◆◇◆


posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品購入レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】cuusooの次期プロジェクト決定「EVE Online Ships - Rifter」。ネットゲーム系。宇宙シリーズ?


http://lego.cuusoo.com/ideas/view/11619

 10000票で製品化(されるはず)のレゴ・cuusooの次のプロジェクトは、割と急スピードで「EVE Online Ships - Rifter」に決まりました。

 さて。
 この企画に関して日本語解説がありません。wikipediaによると。
EVE ONLINE(イブ オンライン)は、アイスランドのCCP Gamesが発売している、宇宙を舞台としたMMORPG。 

プレイヤーは、5,000以上の星系からなる宇宙で生活する一市民となり、各種の宇宙船を乗り回して“生活”をする。

プレイスタイルの自由度が非常に高く、NPCである海賊船の討伐や、他プレイヤーへの攻撃(PK)の様に宇宙戦艦で戦闘をしたり、輸送船を用いて宇宙に無数に散らばる小惑星から鉱石を入手してそれを売却したり、鉱石を精製して生産したりなど、様々な手段で生活を営む事ができる。

また、ゲーム内ではプレイヤー主体の自由経済、つまり運営やサーバのシステムなどによる干渉が最小になっており、複雑なサプライチェーンの中でプレイヤーが自由なポジションを取れる。マーケットでは、貿易やデイトレードといった事も可能で、本物の経済学者による分析・四半期レポートの発行が行われている。

<後略>
 とのことです。サービス開始はなんと2003年。MMOはアメリカ産・韓国産・あと国産……という認識だと意識されないタイトルですが、実はかなり本格的かつ大掛かりな作品の模様。

 上記解説読む限り、自由度が高く世界観が硬派、かつ暴力性が少ない(? 戦闘は個人ではなく艦船単位)印象がありますが、このへんはユーザーとレゴのイメージが割と一致しましょうか。
 企画実現が短期間であったのもむべなるかな。

 あと、やり方次第では近年復活したものの迷走続けてしまい、結局は萎んでしまった「レゴ宇宙シリーズ」正統派の流れに乗れる可能性もありますかも? その観点でも注目できる企画です。
 
posted by 関山 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(cuusoo) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする