何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年04月24日

【歴史】レゴトレイン製品史:番外 12Vのポイントは全通式


 どれ位需要あるかわからない記事ですが、大事なこと?なので、一応。

 まず、レール集電の鉄道模型のポイントには2種類があります。

・選択式:ポイントが電気スイッチも兼ねており、開通方向のみに通電する。
 tomixの道床付レール(1976年)以来一般化し、今の鉄道模型のポイントは9割方、このタイプです。

・全通式:直進/分岐の両方向共に通電する。
 古典的な方式であり、今はあまりみられません(デジタル/DCCは別として)。

 レゴの12V/9Vではどうなってるかというと。
 9Vは「選択式」ですが、1970年代にルーツを持つ12Vは「全通式」なのでした。

 「選択式」はレゴ9Vとか一般的なN・HOゲージに慣れていれば当たり前の方式でしょう。側線などのポイントを切り替えた先は無電区間になり、そこに留置した動力車は動きません。本線に別の列車を走らせることができます。

 しかし、「全通式」だとそうは行きません。
 切り替えた先の側線も通電しますから、本線も側線も同じように列車が動いてしまう。そのままだと2列車を動かしたり留置したリという、選択式では当たり前のことができません。

 そこで「全通式」には「ギャップスイッチ」が別途必要になります。
 ギャップはレールを物理的に切って、電気的に無電区間を作るもの。
 スイッチは、ギャップの通電・無電を切り替えるためのものです。

 鉄道模型の世界ではメーカー純正のギャップ線路+スイッチを使うほか、レールを自分で切ってギャップを作り、汎用のスイッチで済ませることもできました。

 さて、レゴ12Vでは?
 青レール時代には「ギャップスイッチ」は供給されていませんでした。メーカーでは複数の動力車を買ってもらえる子供なんか存在しないだろう……という割り切りだったのでしょうか? その割にはポイントが電動だったりしますのでチグハグなのですが。

 しかし、あらゆるものが鉄道模型的に整備されてた灰レール時代は「#7860 Remote Controlled Signal 12v」がギャップスイッチの役割を果たしました。4.5Vのストップレール兼ねた信号機同様、レゴの信号機は飾りではなかったのです。

http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?S=7860-1
 セットは2灯式信号機の他、ギャップ集電レール2本と、通電/無電切り替えのスイッチで構成されていました。信号機はもちろん「緑」で通電/「赤」で無電です。

 欠点?
 運転時にはポイントとギャップ、両方のスイッチを操作しなければならず煩雑です。また、側線の数だけ(!)信号機も用意しなければなりません。コストがえらいことになります。設置や配線が面倒なのは云うまでもありません。鍵盤形のスイッチがたくさん並ぶのは……さぞかし壮観でしょうね(笑)

(実際、#7860は現在かなり高価なセットです……。現用で12Vを運用するなら集電レールの金属部切断でギャップ作り、何らかのスイッチを半田付けでもしてという魔改造が現実的かも?)


 こうして考えてみるとギャップスイッチの要らなくなった9Vというのは思っていた以上に「進化した」システムだったのですね。まぁ「当たり前」ができるようになっただけとも云いますけど。
 
posted by 関山 at 22:57| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴトレイン製品史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【価格情報】#4440フォレストポリスステーション37%off /SW他/#10193中世城下町 健在也


 先日発売されたばかりの「#4440フォレストポリスステーション」(未)が既に37%offで6654円。熊入りです(笑)。


 新製品というと、スターウォーズ関係も割引率高め。新製品なのに……売れてないからじゃなくて円高で仕切り値が下がってると考えたいです。主要キャラ主要メカが揃っている今は手が出しやすいチャンスなのかも知れません。左から、
 「#9493 X-ウイング・ファイター レッド中隊機」(未)は39%offで5731円。
 「#9494 アナキンのジェダイ・インターセプター」(未)は41%offで4058円。
 「#9490 ドロイドたちの脱出」(未)も41%off 2185円。
 「#9492 タイ・ファイター」(未)も41%off続いています。4994円。


 予約時から41%offだったDINOの「#5887 ダイノ防衛基地」(未)は現在44%offで9350円……。
 往年のダイノアタック安売りのイメージがかぶって見えます……このテーマ、鬼門?

  

 同じアクションテーマで同じくらいの実売で「ファイアー神殿」(42%off)とかスコーピオンピラミッド(37%off)も手が出るんですけどね(どちらも(未))。
 さぁ……モンスターファイターズはどう来るんでしょう?


 クリエイターの一部はまだ39-41%off続いています。元々が割高で今が適切価格の感はありますが。
 「#5892 ソニックブーム」(未)は39%offで6100円。サブインストの二次大戦機っぽい双発機が格好良いですね。
 「#5770 灯台の島」(未)は41%off継続中、4370円です。


 モジュールタウン系はありがたくも安定在庫続いています。
 #10197消防署は絶版になりそうで、一応アメリカS@Hではまだ健在です。焦らなくても大丈夫?
 #10211グランドデパートメントは一時期の品薄落ち着いて、今は安定。
 #10218ペットショップも安定安値継続中(15960円より)。2セット目も如何でしょう? 管理人もそろそろ改造用2セット目開けて組んでしまおうと思っているところです。流石に保存用はまだ尚早か……。

 2009年の製品#10193中世城下町もなんとアメリカS@Hでは現役。不人気というよりは寧ろ優秀過ぎる製品ですが……。保存用キープ(笑。管理人ももちろん!)も含めて需要一巡しちゃっているからかしら?
 但し、マケプレに出てる11600円(送料込)で箱潰れのため中古扱いの新品というのは割とお得だとおもうのです。この価格なら大胆な組み換えや改造、部品取り用にも?
 
 それにしてもレゴで建物並べるのが楽な時代になったものです。

註:管理人が未購入の品は「(未)」を表示しています。
 
posted by 関山 at 20:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする