何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年04月05日

【ヒント・アイディア】9Vトレインモーターを修理してみました。ゴム輪の欠落。

 中古で購入した9Vトレインモーターの中に、ほぼジャンクの1台が混ざっていました……。
 通電・動作はするのですが、集電性能が最悪のレベルです。


 よく見ると、車輪のゴム輪が喪われていました。
(bricklinkの東欧系セラー恐るまじ。まぁ爪破損により相場より安かったのでとんとんですが)


 こちらは正常品。ゴム輪があります。関係無いですが端部の爪も健在。

 さて。クレーム(凄く、めんどくさい……)する前に気を取り直して。
 9Vトレインモーターの車輪は「プラ製の輪心部」「金属製のフランジ」「ゴム輪」の3パーツで構成されています。金属製のフランジが集電を受持、ゴム輪が走行時に粘着性能を稼ぐわけです。

 で、ゴム輪は走行性能稼ぐだけではなく、微妙に金属製フランジの位置決めの役も担ってます。これがないとフランジが適切な角度でレール面に押し付けられず、集電性能もガタ落ちになってしまうと。

 要は、適切なゴム輪が手に入ればいいわけで。
 そんな都合のよいものがあるかというと……あるんですね。しかもレゴの純正品!


http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?P=x71
 %x71というゴム輪部品(Φ2で丸断面)。ダメ元で他の部品のついでに取り寄せてみたら、プラ輪心がちょうどΦ2なのでジャストサイズ。色が白なのは……供給と価格の都合で致し方なし。


 これで機能回復。ばっちり集電し、ばっちり牽引します。
 長期の耐久性は未テストですが、まぁ天下のレゴの純正部品なので……まぁ何とかはなるでしょう。


 さて……。
 手許にはなお、輪心が微妙に壊れたトレインモーター1個と、肝心のモーター部が死んでるトレインモーターが1個づつあります。答えはニコイチ。そのうち手術手がけるつもりですが、こういうこともあるので壊れたトレインモーターにも存在意義はあるのです。

 ただ、自分のトレインモーターの購入数(数えた事無いですが、怖くて……)から言うと「不良」はこの3個のみで不良率低いのも事実で、おもちゃにしては頑丈と云うべき。ここは「レゴ」のクオリティです。
 とはいえ、古い個体では、もう21年前のものもあるはず(年代特定できませんけど、bricklinkで中古買うと古いものの可能性もありえる)。今後の劣化の可能性も含め、9Vトレインモーターはこうしたメンテの機会、増えて行きそうです。
 なるべく長持ちしてくれるといいのですが。

補足:カンザンブリック扱いでの9Vモーター中古は、動作確認(+1ヶ月保証)の上で納品させていただいております。ご安心ください。
posted by 関山 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ヒント・アイディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベント:JAM】名前は「Lゲージ ブロックで作る鉄道模型」

 久々ですが、話はきちんと進んでいます。先日申込書類を提出しました。

出展名:「Lゲージ ブロックで作る鉄道模型」

出展説明:
 レゴ(R)ブロックの鉄道システム(直流二線式鉄道模型と同様のもの)を用いた、自作車両の運転と展示を行います。レゴは欧州のものだから欧州形? いや、TEEやワゴンリ等の欧州形はもちろんですが、日本形(国鉄・私鉄)も沢山用意致します。EF58や東急5000系も出来るんですよ?
 また、御家族層向けに「レゴトレインの体験組立コーナー」も用意。リモコンで走る電車が組み立て・走行体験ができます。

運転スペース(机):
 5250 × 3000(畳で9.4畳相当)

 上記に加えて、車両展示用ガラスケース。2台〜3台で申請。

展示概要:

 上記は飽く迄希望の一案です。大型ブースゆえ、3方向または4方向全てが通路になることを想定。
 「体験コーナー」は受付で完全に分離されている必要あり。
 「展示コーナー」は普通のブース同様で問題ないでしょう。

 以上は、飽く迄「希望」です。そのまま通るかどうかも未定です(スペースに関しては大きめに申請しています)。
 なお「体験コーナー」では#7938「超特急列車」の組立と走行を、対象年齢層とご家族の方に体験してもらう企画して頂く企画になっています。こちらはJAM側のスタッフにかなりをお任せする形。

 もちろん「展示コーナー」側では、自分たちで全てを行わなければなりません。


 上記に、幾つか補足です。
 「出展名」:レゴは商標ゆえ使えません。ここは鉄道模型のイベントであり、「レゴトレインを鉄道模型の1つとして認知してもらう」ことが目標であるため、鉄道模型らしく「Lゲージ」を強調することにしました。
 幸いにも、既存の鉄道模型の規格にG・O・S・N・Z・Tはありますが「Lゲージ」は存在しません(ちなみにLGBはGゲージです)。ここは使った者勝ちです(笑)。

 「出展説明」:そのまんまです。直流二線式であることを強調し、鉄道模型側に理解してもらいやすく、と。もちろん、PowerFunctionの列車も走らせますよ。
(上にも記しませんでしたが、「レゴ社独自規格赤外線」として無線コントロールの申請も出しています。)
 あと、基本的には日本形のほうが人気はありそうです。日本形できることもアピール。
 
 「運転スペース」:はじめ6畳間程度を考えましたが……何時もの運転会場(6畳間:和室)を思い出して思うは……やっぱり、狭い! スペースの制約の少ない会場ゆえ、思い切って大きめに申請しました。大きいと必要量が増えるのは直線レール。とはいえ、MeModelsも、プラ製レールのアルミテープ処理もあります。なんとかなるでしょう。
 何時もの「中央駅(BFT中央駅)」ものびのび設置出来るでしょうし、複線のうえに多々の編成留置スペースも取れます。もちろん建物(モジュール系)だって並べられるでしょう。
 なにより、フルスケールものも入線できるはず。

 BFT2008や、アメリカのトレインイベントのような地面処理は無理ですが(コスト・手数の両方で)、机の上には緑色のカーペットが用意されます。畳や板の間よりは見栄えがするはず。
 なにより、大机の上での運転は今までの国内イベントでは初のもの。目線でのびのび楽しめるのは画期的なものになるでしょう。

 それから、テーブルの一部を落としこんで「大鉄橋」設けることも考えにはあります。但し、設営・撤収の工数を考えると難しいかもしれません(現状、可能性のひとつくらい)。
 一方で、通常の勾配設けての鉄橋などは考えていません(勾配があると入線・運転可能車両が極度に制約されますので)。いつもどおり、独立の高架線は設けますが。

第13回 国際鉄道模型コンベンション
2012年8月17日(金)〜19日(日):※設営8月16日
東京ビッグサイト 東5ホール
主催:日本鉄道模型の会
http://jam.gr.jp/

 最後に。5月連休を目安に、皆様の参加のガイドラインを作りたいと考えています。
 企画などは前回記事時と変更ありません。
 
posted by 関山 at 19:29| Comment(6) | TrackBack(0) | イベント(JAM) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

【国内作品紹介】なも様の瑞西RhBの「ABe 8/12 "Allegra"」

 昨年12月の運転会でお出ましになったものですが、ようやくFlickrでの正式公開の模様です。
 
http://www.flickr.com/photos/namo-den/sets/72157629350973308/

 実物についてはこちら(ありがたいことに、日本語)

 瑞西の長距離幹線私鉄レーティッシュ鉄道の最新型。
 3両固定編成の電車に見えて、瑞西の電車らしく「客車も牽ける、電機兼用の運用思想」を維持しているところに惹かれますね。そのためもあってか、スマートな前面にホース・ケーブル類が隠さずごっちゃり並んでいる辺りの機能美も良い。その上前パンタという姿は日本の電車ファンにも馴染みやすい?もの……。

 なも様の作品は、この車の魅力をきちんと引き出しています。
 前面はきっちりホース類がゴチャっとしています。連結器とスノープロウの両立もこなし。また「クレスト」は巧くついてますね(あの部品、鉄道車両の側面や前面に巧く収めるのは意外と難しいのです)。
 何より複雑な絞り込みと三角窓は「よくぞ表現された!」としかもうしようがないです。

 側面はそつなく破綻なく。窓パネルは最近の「サイドサポート付」新型ですが、この車両には似合っています。屋上や妻面の精密・精細感もいつものなも作品の通り。屋上機器では黄色のアクセントや、ターンテーブル台座による表現が効いています。

 いつもどおり、といえばインテリア完備も。
 ややわかりにくいのですが、通路の斜めになった部分も表現されているのですね。


 このアングルは良いですね。これくらいの見下ろしというのは実物感が感じられます(跨線橋とか陸橋から見下ろす電車、という感じです)。レゴトレインの玩具的急カーブも瑞西米軌(メーター軌間)だと却ってリアルに見えるので不思議なもの。
 カテナリも良い出来。撮影用ならこの水準必要かも……(うちのは量産前提の手抜きですから)。
 
posted by 関山 at 00:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

【海外の日本形作品】海外イベントに姿を表した「智頭急行HOT7000系気動車」

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=500247
 より。デンマークで行われた催しのようです。欧州系の列車が多々並ぶ中に、何処かでみたような形式が。


 残念ながら画像はこの1枚のみ。残念ながら作者も判明せず。
 
 フルスケールに、横組された窓、精密な印象の屋上機器、若干お金もかかってる屋根表現(カーブスロープ2×4大量使用……)とかなり気合の入ったモデルであることがうかがえます。印象の把握もすごく正確。
 しかし、ここまで凝ったからにはヘッドライトの位置が不正確なのはちょっと残念(HOT7000ではライト類は全て正面窓上に集約されてます)。前面窓下のライトのある場所を逆スロープにするともっと良くなるのなぁ……と思いました。

 それでも、三セク鉄道のJR乗り入れ用気動車というちょっとマイナーな(京都・大阪に顔を出しますが)お題を選ばれ、資料を集め、形にしてしまうセンスに感服せざるをえません。

 実物についてはこちら。
 智頭急行HOT7000系
 特急「スーパーはくと」
 1994年のデビウですので、もう少し古めの車なのですね。
 でも、登場時の鉄道誌の紹介で「最近のJR・三セクの車両にしてはスマート!」と感激したものです。個人的に盛り上がるようなボリューム感のあるデザイン(JR東日本や北海道系)よりは、流れるようなスマートさの方が好きですので。塗色や灯火類も品の良いデザインですし。
 また、1990年代以降の特急気動車の常で大馬力+振り子でぶっ飛ばすようですから、京都〜姫路間でも新快速と同じダイヤにも乗れるのでしょう……スペック面も魅力的なのです。


http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=5422812
 こちらの手前は中国の巨龍形ディーゼル機関車(東風3の試作機。文革時代にソ連機をコピーした代物)。HOT7000と同じ方の作かどうかはわかりませんが、これまたマイナーな?題材を引っ張り出してきたものですよね……。
  
posted by 関山 at 23:52| Comment(5) | TrackBack(0) | 海外作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】Minecraftに続くもの、CUUSOOの次プロジェクトは「ショーン・オブ・ザ・デッド」に。公式が押すと強いなぁ……。

 少し古めのニュースですが(3/31ころ)。
http://www.eurobricks.com/forum/index.php?showtopic=67969


 LEGO CUUSOOの次期プロジェクトが「ショーン・オブ・ザ・デッド」に決まったそうです。詳細こちらから。
http://lego.cuusoo.com/ideas/view/7451

 日本では劇場未公開だったホラー(ゾンビ)コメディ映画なんだそうで。

 cuusooでの解説。
「ショーン・オブ・ザ・デッド」(Shaun of the Dead)は2004年にイギリスで製作されたコメディ・ホラー映画です。イギリスを中心に世界中でヒットしました。残念ながら、日本では未公開の作品です。
ホラー映画でありながら、コメディやラブ・ストーリー要素のある大変興味深い映画です。

劇中に登場するパブ「ウィンチェスター」(The Winchester )をレゴの人気シリーズでもあるモジュラーシリーズに合うようにビルドしました。映画に登場するキャラクターもミニフィグとして含めました。世界中のショーン・オブ・ザ・デッド ファンやまだこの映画を観たことない方に向けて、この商品化プロジェクトを企画しました。

このプロジェクトを通じて、日本の皆さんにも映画「ショーン・オブ・ザ・デッド」の魅力を感じていただけると幸いです。是非サポートよろしくお願いします。

 もちろん未見ですが、面白そうではあります。
 かう゛ぇ様が早くもビデオ借りて解説されています。
http://legohouse.seesaa.net/article/261737728.html


 密林さんのレビュウも割と褒めてて☆5つ。観たほうがいいのかな……?

 レゴとしてはモジュール系の本格的な建物前提とされていますが、これが製品レベルではどこまで「現実化」されるのか、ちょっと気になるところです。ただモジュールタウン新作という観点で評価された部分はあると思いますので、版権もの的な簡略化は避けられると思いたいところですが。
 
 さて。このプロジェクト。
 4000票くらいまでは普通の推移、6000までがやや早め。で、一度公式?の動画か何かで取り上げられたことがあったそうです。
http://www.eurobricks.com/forum/index.php?showtopic=67872

 そうしたら3日ほどで残り4000票が埋まってしまいました……。
 羨ましい限りです。羨むだけじゃなくて、こうしたプロモーションやオフィシャルの協力を得る方法に関しては学ばねばなりますまい。先のMinecraftにしてもそうですし、今の「はやぶさ」の売れ方にしてもそうですが、レゴ以外の人に注目してもらうのは有効な手法なのでしょうね。

◆◇◆◇◆◇◆

 ところで、cuusooというと気になるニュースが。
http://blog.cuusoo.com/LEGO/staff/2012/04/02144331.html

<<続きを読む>>
posted by 関山 at 18:23| Comment(3) | TrackBack(0) | レゴ製品(cuusoo) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

【鉄道作品[日本形]】カエルのうたが聞こえてくるよ〜♪


 ゲロ・ケロ・ゲロ 分です。

 パーツがやっと届いたので、単純作業で固められるぶんを「ながら作業」で組んでしまいました。側面構体と妻構体のみ。アニメ消化しつつお気楽に。

 これだけ並ぶと昭和29年の東急車輛製造……という気分。但し実物の超軽量軽量構造には程遠く、部品がやたら細かいのでそれなりの重量級車両になる懸念ありですが。

 また、ここから楽勝かというと?
 構体同士を結びつけるのは未設計で試行錯誤しながらになります。上下逆転の車体構造ですので簡単にはいきますまい? 台車周りの処理とか。ドアの靴ずりとか。未だ悩みどころは抱え込んでます。

 完成はもう少し先かもしれません。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【価格情報】新「レゴ生活」応援セール? #10218ペットショップ他

 amazon.co.jpが割と、新「レゴ」生活応援セール状態になっています。
 大型セットでどかんと部品を確保しておくと、割と「余裕」ができるのです。


 明らかに目玉商品#10218ペットショップは何処まで下がるのでしょう? 現在37%offで16480円。16500円を切っています。大型セットならではのパーツ単価は8円11銭
 で、いつまでこの価格なのか……? マケプレ品との微妙な価格競争状態が続いておりますが。
 経験上、「何時までも」続かず、また33%offに戻る可能性も高そうです(しかも割と突然に)。迷われているならお早めに。複数購入も考えて良いレベルの好製品ですから(もちろん管理人は自分用確保済)。


 その他、最近の注目品。
 日本で出る気配の全くない(クリブリで店員さんに聞くも予定なしとのこと……)「#3677 レッドカーゴトレイン」(未)はマケプレ価格が19000円をやっと切っています。18990円で送料込。

 「#10219 マースクトレイン」(未)は15490円(+関東送料340円)で国内在庫という品があるようです。
 ちなみに14000円(+関東送料340円)というのもありますが、こちらは取り寄せで納期数週間。そのかわり過去最安値です。

 「#10230 ミニモジュール」(未)は12750円で送料込。また相場が下がって来ました。

 「#21006 ホワイトハウス」(未)はこのシリーズにしては珍しい29%offです。5079円。


 値崩れ始まってるPOCはついに「4193 ロンドンからの脱出」(未)も37%offで5300円に。
 
 「#4842 ホグワーツ城(4代目)」(未)は久々に34%off。amazon.co.jp扱いは終わってます(ハリポタ自体が2012年カタログから消滅してます……)。建築資材+小物取り的魅力は薄れてしまいましたが

 Cityのフォレストポリスは今週木曜日発売です。現在全品33%off。
今週木曜の発売品一覧はこちら。

※:個人的な未購入品は「(未)」を表示しています。
posted by 関山 at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

【レゴ製品】流通限定でも西友は偉い! #4206リサイクルトラックの価格がまともな件

 ○○限定、とかやられるとつい某キリン印のボッタクリ価格イメージが出てきてしまいます。「前科」があまりに多すぎです、あのキリンは。
 で、2012Cityのなかでも割と期待作だった「#4206リサイクルトラック」が西友限定品(※)と聞いて「あぁ例によってボッタ確定か。最低……」とか思っていたら。


http://item.rakuten.co.jp/seiyu-livin/5702014840973/

 同じ外資系でも、生活必需品で他の大手流通、大手スーパーと競合してると感覚も違うんですね。
 2770円(送料:関東367円)という思ってた以上にまともな価格。ちなみにあっちの価格はUS$29.99・£24.99(どっちも税別。米都市部10%/英19%のはず)。内外価格差無いどころか消費税計算に入れると日本が最安値なんじゃ……。

 ちなみに297ピースゆえ、パーツ単価も9円32銭とこのクラスのセットにしてはとっても優秀!


 セットそのものは今のCityに抵抗がなければ秀逸な部類でしょうか。
http://www.bricklink.com/catalogItemInv.asp?S=4206-2
 パーツ一覧。新型車屋根の白も3枚入り。

 トラック・ローダー共に精細(白の車ドア♪)。手押し車やゴミ箱という小物も含まれる。コンテナの積み下ろしという遊びも楽しめる。

 なにより、「ゴミは分別してリサイクル」という教育玩具(社会科。今は生活科か?)になっているところが素晴らしいのですね。
 

※:なんで西友かというと……。
 #4206はアメリカでも実質ウォルマート専売とのこと。そして西友は2006年からウォルマートの子会社。なるほど。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【国内作品紹介】ryokuchakuma様のN700系新幹線/斜張橋

 あれこれ立てこんでおり、紹介が遅れて申し訳ございません。


http://blogs.yahoo.co.jp/ryokuchakuma/3938756.html
 先方の記事。

 現行の東海道・山陽筋の主力車N700系は既に数作品ありますが、ryokuchakuma様の新作はまた別解釈にて。どの作品も特徴を抑えており、似ているのです。
 この作品では長めのヘッド・テールライトが印象的です。横長の印象ありますものね。
 造形もシンプルながら、レゴらしく。実物のふっくら感?も。また、低く抑えた車高も700系らしいです。


 さて、このN700にはレゴの新幹線作品では系列問わずでおそらく初めてのギミックが。
 実物同様、非常用連結器の格納・収容ギミックがあるのですね。差し替えではなく「完全変形」とのことです。その上で流線型に無理のない形に収めています。凄い!

 引っ張っているのは拙作を元にした、三井三池15トン電機。庫内の移動機という雰囲気がにあう機関車でもあります。真似てくださってありがとうございます。


 三両編成で斜張橋を渡る。このストラクチャーは効果的です。
 なお、斜張橋は主塔が地面まで達しているとよりかっこよく、説得力のある形になると思うのですが如何でしょうか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%9C%E5%BC%B5%E6%A9%8B
 斜張橋は比較的近年に技術が完成されたものゆえ、設置すると近代的な感じが強調されますね。
 
posted by 関山 at 18:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする