何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年03月31日

【雑記】すごく久々に「カリ城」観て感じたこと。中世と現代が共存する世界観!

 人生何度目になるかわかりませんが、ルパン三世「カリオストロの城」(1979 東京ムービー新社)を観ました。
 人生何度目になるかわかりませんが、レゴ復帰後にまともに観直したのは初めてかも知れません。

 色々感じるところのあり、そしてこの先何度も観返すたびにあれこれ感じられる作品だと思うのですが、今回強く感じたのは、自分が憧れる「中世と現代(※)が混在する世界観」のルーツというか刷り込みって実はこの作品なんじゃないのかなぁ……ってこと。

※:現代……1969年設定説と、1979年設定説がありますね。前者が有力説でそれなりに説得力もあるのですが、個人的には後者が好き。



 具体的にはこんなシーンとか。
 城門をくぐりぬけるFIAT500。国境警備にパスポートチェックも衛兵の仕事。


 古風な食堂のシーン。あのミートボール入スパゲティ食いたい。


 宿屋の部屋。武器と盾が飾ってある。


 衛兵と警官隊のバトル。センスオブワンダーと云わずして何といえばよいのか! 思わず銭形応援したくなる。

 こんなのを幾度も繰り返しみてきたので、ヨーロッパの小国とか田舎にはカリ城的な中世と現代の共存があるとエキゾチズムを掻き立てられるのですね。
(まぁ西欧人が日本に感じるエキゾチズムに近いものはあるのでしょうが)

 余談ですが、レゴの#1592(プロモのみ、市販されず)。

http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?S=1592-1
http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?S=1592-2
 一応、「カリ城的な世界観」というのはあちらでもさほど違和感のないもののようです。偶然にも、時期は「カリ城」に近い1981年!

 ただ、最近の製品はおろか作品でも「街」と「お城」を巧く組み合わせたものはあんまり見かけません。前者はともかく後者のクオリティがこの数年インフレ状態でしたので、ちょっと勿体ない気がします。
 
◆◇◆◇◆◇◆  ◆◇◆◇◆◇◆


 定番のBD(DVDは絶版なんですね……需要ないか)。

 参考図書「作画汗まみれ」。カリ城の作画監督 大塚康生氏(わかりやすく云えば、宮崎駿氏の師匠です)の自伝にしてアニメーション史研究の基礎文献。ルパンの1stシリーズやカリ城に関する記述も濃いです。というか、「白蛇伝」から「カリ城」に至るまで、という読み方さえ出来ましょう。とてつもなく濃い本です。

 そして、そのままカリ城的世界観に使えそうな「#10223 馬上槍試合」「#10193 中世城下町」
 スケールの合いそうなFIAT500とかシトロエン2CVとか411ブルーバードは……良い作品も多々発表されていますね。自分で作るなら、腕の見せ所です。
 

posted by 関山 at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【製品購入レビュウ】#10218 ペットショップ[後編]その他の印象。改造に複数買いの勧め?

 遅れてすいません。マスタービルダーコンテストの前日には完成してたんですが。
 雑記的な印象と、二棟並べの写真など。

 前編こちら
http://legotrain.seesaa.net/article/260548850.html



 セットは今様に「1」「2」(住居棟)「3」「4」(店舗棟)に小分けされています。
 組立の所要時間は約2時間半+2時間。序盤の基礎部分とかはやや「作業感」がありますが、上に行けば行くほど楽しくなってきます。二棟目は慣れてくるので少し楽になるって感じ。
 で、敢えて分割して価格をつけるとしたら、住居棟側は8000円・店舗側9000円かしらん? bricklinkでバラ売りあるかと思ったら、今は出てないようで。

 エクステリアのディテールなどは過剰な細やかさが減り、個人的には「適切」な感じを受けました。ここもモジュール4年の歴史の中で適度な収束をした部分なのでしょう。これ以上細かいと製品として破綻しそうな気がしますが、どんなものやら。
 外見というと住居棟側の雨樋の表現はΦ3mmパイプです。一時期のクリエイターで過剰な表現がありましたが、スケール的にもこの程度でいいんですよね。


 背面の雰囲気も悪くありません。モダニズムな装飾の少ない店舗ビル・住宅という風情でもあります。こっちのほうが好みの方もいらっしゃるかも。

 インテリアは文句なしです。家具・小物。完全完備では無いですが、「作りたそう」「作りたせる」という気分になります。
 住居棟側が螺旋階段、店舗棟側が直線階段+吹き抜けと差をつけてあるのも嬉しい。ただ、ペットショップは店内が暗い印象。背面に窓増設したくなります。
 なお、構造的(階段位置など)にはどちらの建物も2セット使うと4階建化は可能です。コスト面とか外見面のバランス考えるとおすすめはしませんが。それよりはこの種の建物は横に並べたいですね。


 斜めにおいたところ。歩道とかも斜めにする必要もあるのですが、あまりに大変なのでご容赦を。飽く迄雰囲気。気軽に変化つけて飾れるのはハーフサイズ×2ならでは。


 さて。このセットを部品取り的観点で見るのも十分にありでしょう。
 パーツ単価にしても今のamazon.co.jp価格基準で8円36銭です。建物作る部品取りには最強の部類です。
(色の好みもありますが、現行のクリエイター系よりは使いやすいと思います)
http://www.bricklink.com/catalogItemInv.asp?S=10218-1

 完全に部品取りにしちゃうのは勿体ない?
 なら、色変えとかして必要な色や部品を捻出するというのは如何?
 個人的には茶色の鉄道車両で作りたい題材が幾つもあるので、住居棟側の色替えをして茶色を捻出しようかなと思ってます。無論オリジナルは残しておきたいので、その種の遊びを行うとしたら2セット目になると思いますが。
 でも、普通の住居・店舗ですから同じ形状で2セット並んでいても、それが寧ろ自然なのですね。
 街にひとつあれば十分、ではなく「街に沢山並べたい」性格の建物ですから。
 もちろん商売は「ペットショップ」以外を考えたほうが良いでしょうけど、それはそれで楽しみな改造じゃないですか(ここで「Friends」も使えそうです。「インテリアセット」でもありますしねあれは)。


 そんなわけで、予算と場所が許す限り、複数セット購入は大いにありでしょう。
(幸いにもこの記事のアップ地点で17000円を切っていて、買い時です。但し、在庫数減りつつあるので注意です)


 手製の4幅車を並べて。あぁスケール感が揃う気持ちよさ。
 車作る方には背景用にもお勧めです(背景というには、ちと高い?)
 
posted by 関山 at 14:55| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品購入レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする