何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年02月18日

【鉄道作品[日本型]】東急5000系試作(飽く迄、試作)

 先のキハユニの改装を行って湘南顔にひと区切りつけ、エフ様の作品見てると、あの電車が日常であった地元民として悔しくなって来ましたので、取り敢えず前頭部試作と側面のバランス取りのテストをば。



 あんまりレゴ標準緑は持っていないので、今はこれが精一杯です。取り敢えず問題点の洗い出しとして。
 一応、前面はなんとか円やかさに。側面は窓の大きさとか位置とかのバランスが何とかなってるつもり。前者は原型のHゴム無しの大窓、後者も原型スチールサッシを意識と。
 
 とはいえ、何時着手できるかは定かではありません。
 資材は或る程度確保してあっても手付かず……が現状幾つもありますので、一から大量の資材購入(緑!)が要求されるこのお題は後回しになるかも。
 一応、構想というか妄想としてはレゴスケールの3両編成を考えてはいるのですが。
 
posted by 関山 at 23:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】ワーゲンマイクロバス2題。Suu様とkoyamada様。

 どちらも正面の「金太郎の腹掛塗り分け線」に「道路標識の三角形」を用いているのが特徴。
 但し、コンセプトが違うので作風はかなり異なっています。


◆SUU様の、ワーゲンマイクロバス

 前部キャノピーは背の高いタイプ。側窓は飛行機窓で窓のたくさん並んだ感じを意識されています。垂れポッチ部品によるバンパーが印象的。白は激レア部品ですが、新灰色ならまだ入手しやすいですから増備も可能ではあるのでしょう。
 ドアは全て開閉。側ドアを開けた感じがとてもいい感じですね。この種のバン型車が魅力を見せる1シーンでしょうか。後輪の覆いは拙作シトロエンGSと同じ手法です。
 リアは丸みの表現にこだわりを見せています。

 全体にリアルさよりは、可愛らしさやレゴらしさ、遊ぶ上での楽しさへの志向が見えましょうか。


◆Koyamada様の、ワーゲンマイクロバス


  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=496495
 こちらは背の低いキャノピーを使っていますが随分印象は変わるもの。側窓は寸法比の方をリアルに近づけているのですね。ピラーに1×2タイル使っているのも印象的で、肉の薄さがブロックとは全然違います。こだわりが感じられる部分。窓下の1×2白タイルも雰囲気をリアルに。

 前面は微妙な傾斜による流線型感を表現。よく見るとフロントキャノピー下に半プレート分の隙間ありますが、殆ど気になりません。

 ドアミラーやドアハンドルなどもこってる部分。後部フェンダーは普通に角型ですが、前後の形状差異はこの車らしいところですよね。
 リアウインドウは省略されていますが、そのかわりのまろやかなテールのラインは魅力的です。グリルタイルはここにエンジンがあるという説得力をもたせます。

 4幅フィグ乗りという規格の中での、リアルティを追求したモデルでしょう。
 

posted by 関山 at 23:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベント】予告:3月中に次回 第19回運転会

 まだ具体的に日程は出せませんが、3月中(多分、中旬以降)にレギュラーの運転会、やります。
 前回(12月)同様、参加人数次第で「運転会」「交流会」の分離も考えています。

 今回は参加者数が6名までならいつもどおり、運転会として17日(土)に単独で行なってしまう予定です。但し、7名を超えていらっしゃるのなら、以前記事にしましたよう
【イベント】運転会の今後、「交流会」との分離案
 「運転会」と「交流会」を分離することにします。

 具体的には土曜日昼〜夕に「交流会」を渋谷のファミレス辺りで行う。
 作品持込はファミレスに持ち込める程度(笑)。「交流会」参加者の中の希望者を、その日の夕方〜夜に「運転会」にお招きする。という流れとなります。
 勿論、希望する全員が運転会にも参加できるようにしますが、時間の都合つく方や近場の方は翌日曜日(か、更に別の日)に来て頂くことになります。
 また、優先順位的にはトレイン作品(特に新作)ある方には優先権をお出ししたいとも考えています。
 お台場でのコンテスト展示を睨み、もし分離開催なら交流会部分を「お台場」でおこなってしまうのも今回は「あり」かもしれないですね。もちろん、この辺は未定ですが(交通不便な臨海部ではありますから)。
 
posted by 関山 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする