何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年02月07日

【国内作品紹介】Mugen様の4幅車各種/FIAT500・smart風2座/ポルシェ911と912

 brickshelfの長期落ちもあり、紹介が遅れて恐縮です……。

◆FIAT500
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=495333
 おなじみ黄色のFIAT500です。最近はカリ城よりはCarsのイメージも強いのかも?

 ボンネットの丸みの処理は「この手があったか!」という感じです。あのどこかぽっちゃりしたお腹の雰囲気がよく出ていましょう。あの部品の使い方としてベストといいますか何といいますか。
 屋根はキャンバストップイメージ。後ろのエンジン扉は開閉。映画のシーンも再現できましょう。

 全体としてみると、可愛らしさと或る程度のリアルさのバランスが良い作品ですね


◆SMART風の2シーター
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=495337
 レゴでの前後並び2シーターって、4シーターの「ディフォルメ」でもあると思うのです。だから実物の乗用車では4シーターが多いように、レゴ2シーターは設定の地点でリアリティ感じるところ。
 しかし、2シーターはどうしてもホイールベースか車長のどちらか長くなってしまう問題があります。カッコイイ車はともかく可愛い車にはどうしても辛いところです。

 そこを上手く攻めてきた作品という感じです。サイズは2シーター(実物なら4シーター)で長さ高さ共にほぼ最小限。その上で小型車として魅力的な、いかにも売れそうな雰囲気(レゴも、実物も!)に纏めています。 SMART調の塗り分けも小さく、文字通り「スマート」に見せるのに貢献していましょう。


◆ポルシェ911/912
  
 白
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=496093
 赤
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=496094

 有名すぎるために人気題材ではありますが、4幅フィグ乗りでの再現は意外と難しい題材です……。そこに挑んできた作品3題。
 前面のサイドは思い切って省略して軽快さとライトケースの流麗さを優先。この思い切りが快い! おかげでコンパクトにほっそりと纏まっていますから。ポルシェって実車は意外とコンパクトで締まった印象ですし。
 シルエットも結構正確な印象。キャビン位置と後部のラインがそれらしくバランス取れています。また、後部でスロープとカーブスロープの使い分けで間に微妙な隙間ができますが、このお陰で鈍重な印象を逃れているのもデザイン処理として見るべきところ。
 なお、白と赤ではウイングの形は別。お好みはどちら? 

 なお、少しだけ気になったのですが、前輪前のブラケットは車体色(赤か白)にされたほうが前部のまとまりは良くなりそうな気もしますが、如何でしょうか? ひょっとすると試したら意外とダメだったのかもしれませんが……?

  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=496095
 ポルシェ911のパトカーはミニカーなどでのフィクションかとおもいきや、新潟県警に存在していたそうです(ああ不勉強)。1970年代の配備なのでパトランプなども当時のもの。イベントには今も「出動」するとか……。
(あ、912も神奈川県警・愛知県警に居て有名だったんですね……。「ポルシェ パトカー」での検索お勧めです)
 
 とても楽しく、そして美しいモデルです。日本パトカーの色と回転灯も似あっていますし。ツートンカラーのお陰で前部サイドの省略また目立ちにくいのも印象的。
 あと、よく見ると先の911とはバンパーの処理が変えてあるのですね。912の方がちょっと古く見える感じが出ています。
 
posted by 関山 at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【国内作品紹介】お哲様のEF58 完成/エフ様の東急5200系2両に

 湘南顔の、ほぼ同じ時代(1950年代)に製造され、活躍していた(〜1980年代まで)車両なのですね。ご製作の両氏と管理人の世代には、ぐぐっと来る題材です。


◆お哲様のEF58 完成


 お哲様の記事。
http://blogs.yahoo.co.jp/yakko35_21/52968668.html
(編成……旧型客車牽いてる写真もあります。必見!)

  

 brickshelf
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=496258

 予定通り、既存作のEF18の足回りを応用する形の下回りとの組み合わせが実現!
 車体完成は前にも記しましたが、この種の旧型電機は足回りもあって引き立つもの。58も例外ではなく……。鬼が金棒(というか鉄ゲタ?)手に入れたような感じでしょう。
 フルスケールの堂々たる車体と、重量感ある足回りのバランスが溜まりません。走っているところはさぞや。

 なにより、手許にもレゴのEF58を擁する身でさえも(笑)、羨望を掻き立てられます。まぁ方向性違うのは認めるところですが(苦笑)。

 側面製造銘版の位置には丸プレート。東芝製のイメージ?
 側面エアフィルターは大きさ、位置があまりに的確です。青と灰はどちらが良いかと云うか、プロトタイプの差異かもしれません。現役時代ですが、青に見えることもあれば別の灰色などに見えることもありましたから。
 先輪周りの処理が面白いです。こんな技法もあるのかと……。
 連結器から手すり廻りが、実にそれらしい。手摺の取付方法は真似したいところです。アンテナ台座だと「落ち着き」ませんものね。
 未だ若干の改良残しているとのことですが、落成後には荷物車との組み合わせや、同僚EF61との並びや重連も期待したいものです。


◆エフ様の東急5200系 2両に


 エフ様の記事。
http://blogs.yahoo.co.jp/f1963/12539160.html

 電車はやはり1両よりは2両の方がリアルティがあり、また遊びの幅も広がるもの! エフ様の東急5200系に2両目が加わっています。これで上田交通時代の2両編成は再現できてしまいますし、製作中の5000系3連との組み合わせも楽しめそう。1970年代末の東横線の5200系4連+5000系2連風味とか、大井町線の5200系の中に「グリーン車」1両風とか……。
 5000系・5200系は比較的組成が自由であったがために、「もう一両」というのが効果的な題材なのですね。5000系の3両と全て揃う日が楽しみです。

 ところで、二両目は前面窓がスモークです。これはこれで優柔つけにくいですね。窓上の標識灯を引き立てる意味ならスモークの方が良いかもしれませんが……。
 
posted by 関山 at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。