何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年02月07日

【国内作品紹介】Mugen様の4幅車各種/FIAT500・smart風2座/ポルシェ911と912

 brickshelfの長期落ちもあり、紹介が遅れて恐縮です……。

◆FIAT500
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=495333
 おなじみ黄色のFIAT500です。最近はカリ城よりはCarsのイメージも強いのかも?

 ボンネットの丸みの処理は「この手があったか!」という感じです。あのどこかぽっちゃりしたお腹の雰囲気がよく出ていましょう。あの部品の使い方としてベストといいますか何といいますか。
 屋根はキャンバストップイメージ。後ろのエンジン扉は開閉。映画のシーンも再現できましょう。

 全体としてみると、可愛らしさと或る程度のリアルさのバランスが良い作品ですね


◆SMART風の2シーター
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=495337
 レゴでの前後並び2シーターって、4シーターの「ディフォルメ」でもあると思うのです。だから実物の乗用車では4シーターが多いように、レゴ2シーターは設定の地点でリアリティ感じるところ。
 しかし、2シーターはどうしてもホイールベースか車長のどちらか長くなってしまう問題があります。カッコイイ車はともかく可愛い車にはどうしても辛いところです。

 そこを上手く攻めてきた作品という感じです。サイズは2シーター(実物なら4シーター)で長さ高さ共にほぼ最小限。その上で小型車として魅力的な、いかにも売れそうな雰囲気(レゴも、実物も!)に纏めています。 SMART調の塗り分けも小さく、文字通り「スマート」に見せるのに貢献していましょう。


◆ポルシェ911/912
  
 白
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=496093
 赤
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=496094

 有名すぎるために人気題材ではありますが、4幅フィグ乗りでの再現は意外と難しい題材です……。そこに挑んできた作品3題。
 前面のサイドは思い切って省略して軽快さとライトケースの流麗さを優先。この思い切りが快い! おかげでコンパクトにほっそりと纏まっていますから。ポルシェって実車は意外とコンパクトで締まった印象ですし。
 シルエットも結構正確な印象。キャビン位置と後部のラインがそれらしくバランス取れています。また、後部でスロープとカーブスロープの使い分けで間に微妙な隙間ができますが、このお陰で鈍重な印象を逃れているのもデザイン処理として見るべきところ。
 なお、白と赤ではウイングの形は別。お好みはどちら? 

 なお、少しだけ気になったのですが、前輪前のブラケットは車体色(赤か白)にされたほうが前部のまとまりは良くなりそうな気もしますが、如何でしょうか? ひょっとすると試したら意外とダメだったのかもしれませんが……?

  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=496095
 ポルシェ911のパトカーはミニカーなどでのフィクションかとおもいきや、新潟県警に存在していたそうです(ああ不勉強)。1970年代の配備なのでパトランプなども当時のもの。イベントには今も「出動」するとか……。
(あ、912も神奈川県警・愛知県警に居て有名だったんですね……。「ポルシェ パトカー」での検索お勧めです)
 
 とても楽しく、そして美しいモデルです。日本パトカーの色と回転灯も似あっていますし。ツートンカラーのお陰で前部サイドの省略また目立ちにくいのも印象的。
 あと、よく見ると先の911とはバンパーの処理が変えてあるのですね。912の方がちょっと古く見える感じが出ています。
 
posted by 関山 at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【国内作品紹介】お哲様のEF58 完成/エフ様の東急5200系2両に

 湘南顔の、ほぼ同じ時代(1950年代)に製造され、活躍していた(〜1980年代まで)車両なのですね。ご製作の両氏と管理人の世代には、ぐぐっと来る題材です。


◆お哲様のEF58 完成


 お哲様の記事。
http://blogs.yahoo.co.jp/yakko35_21/52968668.html
(編成……旧型客車牽いてる写真もあります。必見!)

  

 brickshelf
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=496258

 予定通り、既存作のEF18の足回りを応用する形の下回りとの組み合わせが実現!
 車体完成は前にも記しましたが、この種の旧型電機は足回りもあって引き立つもの。58も例外ではなく……。鬼が金棒(というか鉄ゲタ?)手に入れたような感じでしょう。
 フルスケールの堂々たる車体と、重量感ある足回りのバランスが溜まりません。走っているところはさぞや。

 なにより、手許にもレゴのEF58を擁する身でさえも(笑)、羨望を掻き立てられます。まぁ方向性違うのは認めるところですが(苦笑)。

 側面製造銘版の位置には丸プレート。東芝製のイメージ?
 側面エアフィルターは大きさ、位置があまりに的確です。青と灰はどちらが良いかと云うか、プロトタイプの差異かもしれません。現役時代ですが、青に見えることもあれば別の灰色などに見えることもありましたから。
 先輪周りの処理が面白いです。こんな技法もあるのかと……。
 連結器から手すり廻りが、実にそれらしい。手摺の取付方法は真似したいところです。アンテナ台座だと「落ち着き」ませんものね。
 未だ若干の改良残しているとのことですが、落成後には荷物車との組み合わせや、同僚EF61との並びや重連も期待したいものです。


◆エフ様の東急5200系 2両に


 エフ様の記事。
http://blogs.yahoo.co.jp/f1963/12539160.html

 電車はやはり1両よりは2両の方がリアルティがあり、また遊びの幅も広がるもの! エフ様の東急5200系に2両目が加わっています。これで上田交通時代の2両編成は再現できてしまいますし、製作中の5000系3連との組み合わせも楽しめそう。1970年代末の東横線の5200系4連+5000系2連風味とか、大井町線の5200系の中に「グリーン車」1両風とか……。
 5000系・5200系は比較的組成が自由であったがために、「もう一両」というのが効果的な題材なのですね。5000系の3両と全て揃う日が楽しみです。

 ところで、二両目は前面窓がスモークです。これはこれで優柔つけにくいですね。窓上の標識灯を引き立てる意味ならスモークの方が良いかもしれませんが……。
 
posted by 関山 at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

【海外の日本型作品】bunannza様のE231系山手線

 このカテゴリで記事記すのも割と久しぶりですね……。


http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=496882

 bunannza様のE231系山手線。
 全長の短いディスプレイモデル。8幅+タイル分の厚さ(実質9幅?)。言うまでもなく精細モデルで、実車でも感じる前面の扁平さはこのサイズならではです。

 注目すべきは側面と車内。側面はステンレスの補強ピードを「1×2 1×4などのタイルを貼ること」で再現しています。むしろ205系などに使ってみたい表現?
 また、車内はラージスケールのカットモデルならではの作り込み。つり革や網棚、座席の袖仕切りまで再現されている楽しさ♪ 側面のタイル貼り製法のお陰で内装もレゴのプレート張りになっており、実車のプラスチッキーな質感が「再現」されているのですね。

 編成組んで走らせるためのレゴトレインとはちょっと違いますが、技法や表現では6幅派も参考になるなぁと思わされる作品です。

<追記 2013年1月28日>
 リンク切れ修正いたしました。
 また、ブナンザ様のブログ「ぐちゃレゴ」の記事は以下になります。
http://blogs.yahoo.co.jp/xtxqj874/39076778.html

 国内の作品ではありますが……カテゴリは一応、そのままにしております。
posted by 関山 at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

【価格情報】マースクトレインが送料込15899円から/他お買い得?品


 左から。
 「#10219マースクトレイン」(未)の並行輸入品(勿論マケプレ品)が送料込み15877円から。久々に16000円切ってきました。
 なお、カンザンブリック扱いの「動力化セット」は2月末までは調達料金の免除続けられる見通しです(エメラルドナイト動力化セットとも)。6300円+国内送料。お問い合わせこちら。

 4月9日発売の「#10233馬上試合大会」は絶賛予約受付中。今のところ28%offで13520円ですが、何時か33%offも来るのか? 取り敢えず予約で様子見もありでしょう。

 2月9日発売予定ながら、amazon.co.jp扱いが33%offになったとたんに瞬殺だった「#10218 ペットショップ」は現在並行輸入品の方が安くなってるため貼っておきます。送料込み18400円。

 3月2日発売予定の「#21101 はやぶさ」もお忘れなく! 既に33%offです。



 POCもそろそろ処分モードなのでしょうか? 「#4194 ホワイトキャップ湾」(未)が39%offで8980円。amazon.co.jp倉庫発送で送料込価格です。
 ちなみにこのセットの人魚フィグの下半身ですが、お台場のビルドコンテスト応募作で確認した限り黄色上半身との組み合わせも違和感無いようです(プリントが帯に見える)。

 「#8038 エンドアの戦い」(未) 43%offで11974円から。SWでこの割引率は珍しいような。

 「#8043シャベルカー」(未)は2012年日本版カタログから落ちてしまいました。ただS@H(US)では未だ扱いありますので、即絶版ということはないと思うのですが。でも、気になる方はお早めに。現在は32%offで送料込17979円。
 ちなみにUs価格は199.99ドル税別です(!)、テクニック大物に関しては日本は恵まれてるんですね。

 一方でカタログ上健在だったのは「#3177 コンパクトカー」。4幅車ブーム?インフラを支えてくれる基本セットでもあります。37%offで500円切り。こういう手軽な良製品は何時までも続きますように。

(管理人の個人用未購入品は(未)を表示しています)
posted by 関山 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【考察】レゴ日本上陸50周年……朝日通商・不二商時代のこと


 2012年のレゴカタログの2ページ目にあるのは「レゴブロックが日本に上陸して50周年になります」の記述です。普段あんまり意識はしていませんでしたが、もう50周年になるのですね。

 1962年というと、レゴそのものが生まれて僅か4、5年のこと。この速さは驚くべきもの。
 なにより、西欧文化圏以外でまっさきにレゴが入ったのは日本! 長らくレゴの説明書で(電気系などで)言語を要求する部分は「西洋系言語+日本語」の組み合わせであり、幼い頃から妙に誇らしく思えたものです。
 また1960年代はともかく、1970年代半ば以降レゴが身近にあった(※)からこそ、今の日本のAFOL(All Fun of Lego)文化も存在しているのでしょう。

※:高級品ではありましたが、どこのデパートにも玩具屋でも揃ってる定番商品の地位は得ていました。

 そんな日本でのレゴの扱いは1962年には朝日通商、1969年からの不二商(朝日通商子会社)、1978年の日本レゴ株式会社(1989年にレゴジャパンに改称)というのが知られるところ。
(参考:wikipedia「レゴ」

 なお、朝日通商=不二商の沿革も結構興味深いものがあります。鉄道ファン的にはメルクリン扱ってた会社というイメージが強いのですが、実際はもっと複雑なようです。
(参考:wikipedia「シー・シー・ピー」
 玩具の輸入輸出商社として始まり、1980〜90年代は一時期は電気製品製造の方がメインになりカシオ傘下になるものの、その後はバンダイナムコグループでの玩具メーカー・商社にて盛業中。
 この会社の1970年代末地点でのレゴの扱いはどれほどの比重だったのか知る由もありません。またレゴ社出資の日本レゴ株式会社への移管が如何様に進められたのかも。
 ただ、幼い一ユーザーの認識としては1977年−1978年の間に断絶は感じませんでした。カタログの意匠は変わらず(まぁ或る程度世界共通ですから当然ですが)、デパートや玩具屋での扱いもまったく同じであったと記憶します。
 この辺は(たぶん)、円満円滑なものであったと思うのです。

 
 不二商時代というと思い出されるのがこの広告(1970年頃。万国博の記述あり)。レゴの特質を表した傑作! そして、市場を造ろう広げようという意思を強烈に感じさせるものでした。高いけど、永く使えるいいものであるよと!

 もうひとつ、朝日通商・不二商時代の忘れがたき逸話。
http://blogs.yahoo.co.jp/kaznao055/17101963.html
 レゴビルダー直江和由のプライベートブログ「那須で大先輩に出合った! 」2007年4月1日。

 1969年、日本初の「レゴビルダー」に関する記述。日本のレゴ50周年を知る上で、貴重なもの。

 1978年の日本レゴ設立以降も含め(※)、こうした資料や逸話にも光の当たる50周年になりますように。知りたいこと思いだしたいことは沢山あるのです。


=====================================================
※:例えば、1978年に日本レゴに移行された頃から1980年代(前半)に発行されていた「レゴ新聞」という新聞形態のフリーペーパーなど。
 (おそらくは)隔月刊くらいで店頭配布されており、4面程度の割と気合の入ったもので表面はカラー、対象はどちらかというと保護者向け。4面には読者からの作品コーナーもあったりしました。
 この種のペーパーの常で意外と保存されていないようで(勿論管理人の手許にも無し)、最近は大人レゴファンの話題にも登りにくくなってしまいました……検索しても断片的な情報しか出てきません。
 機会あればもう一度読んでみたいものですが。
 
posted by 関山 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

【イベント】お台場のクリックブリック オリジナルビルドコンテスト展示

 先に断っておくと、出品者じゃないので写真撮影は「遠慮」させて頂いてます。

 今回は鉄道系の作品が3点も出展されているのが個人的には満足でした。

 お一人が「Santa-fe#10020の別解釈による高精細モデル(但し、あっと驚くお台場向けアレンジあり。しかしその部分も出来がいい!)」。
 お一人が、黒いB型タンク蒸機……B20のモデリング。
 もうお一人が、3歳の方で最低限ながら特徴を捉えたモデル、と。

 鉄道系以外だと「動いたら凄そう」な作品が幾つかあったのが印象的です。但し、コンテストだと動きを見せる作品は不利(展示では動かせないから)なのは事実です。こればかりは致し方なし。
 あと、低年齢層作品のレベルアップ感が感じられました。そのままレゴ続けて、高度なビルダーさんになってくれますように……。

 なお、本日は何人か出展者の方々とお話できました。お邪魔して失礼致しましたが、貴重な感想交換できました。ありがとうございます。
 来年こそは自分も出展目指して頑張りたいです(先ずは参加票配布日のお台場行きからですが)。

◆◇◆◇◆◇◆

 戦利品?は特売2790円の#7571×2箱。
 普段の価格だと購入はありえないですけど、この価格ならという感じで。さりげなくちんまりとしたジオラマ感は悪く無いですし。まぁ肌色フィグの使い途はミニドールフィグ並に微妙ですが……。
 2セットありゃ似非中東風の何かは作れるかしら……?

◆◇◆◇◆◇◆

 帰りには予定通り、ヒストリーガレージも見学してきました。
 数度目の訪問ですが、行くたびに何らかかの発見があるものです。デロリアンの車体のステンレスの質感が当たり前といえば当たり前ですがステンレスの電車と同じものであり、決して塗装じゃ出せないものであることとか。あと宮崎駿が安っぽいとか記してたシトロエン2CVの内装がそれほどショボイものに見えない事とか。たまたま座席開放してたメッサーシュミットの座席が意外と居住性良いこととか(狭いけど)。
 で、肝心の2000GTの実物は座って眺めこんでしまう美しさ……。でも、順路の先に同じ時代の外国車は違った美しさがあるんですよね(ジャガーとかロータスとかコルベットとか)。あぁレゴで何時かはと思う題材ばかりでしたよと。
 ここは本気でお勧めです。お台場通い多かった頃にはあんまり行きませんでしたけど……。


posted by 関山 at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】ドイツ ニュルンベルクのトイフェアでの画像公開。2012年の後半製品

 情報源Eurobricks。
 更にその元はこちら kocke(スロベニア)のサイトより

 トイフェアならもっと画像出てきそうなものですが、今のところあまり出て来ません。


 ロード・オブ・ザ・リング。お城は丸い城壁がかつてないデザインで大変に印象的。色調的には歴代のどのお城シリーズとも、ハリーポッターとも違う、リアルな荒々しさを感じさせます。
 右上のジオラマセットは二分割構成が面白そう。螺旋階段もハリポタでおなじみですが、この色合いだと重みが違ってきますね。


 City鉱山。トロッコと小型ディーゼル機関車。鉱車が見えます。


続きを読む(Friendsなど)
posted by 関山 at 20:00| Comment(5) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

【イベント】クリックブリックのオリジナルビルドコンテスト展示 明日から【突発オフ】

 ということで、明日2月4日、展示初日に合わせてお台場VF店に見に行くつもりです。ちなみに管理人は出展してませんので純粋に「見学」です、残念ながら。

「みかけたら、はなしかけてやってください」
 ここでしか会えない方も少なく無いですものね。黒いマントのような袖のコートで、髪は長めなので目立ってます。多分。

 11時の開店合わせの訪店予定で13時までは滞留予定。確実に会いたいという向きは当日朝9時までにメールくだされば幸いです。
(分からない方はこちら使用ください)
 
<追記>
 4幅車ビルドにハマっているところなので、同じヴィーナスフォート内にあるトヨタ系の自動車博物館「ヒストリーガレージ」も見学予定です。
http://www.megaweb.gr.jp/HG/
 2000GTやヨタハチの本物に逢える!
posted by 関山 at 19:38| Comment(2) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ニュース】brickshelf完全復旧!?

 2月3日の昼12時地点で、brickshelfがようやく復旧したようです。
 先週の土曜日(1月28日)より完全に接続できない状態になり、1月30日月曜日に閲覧のみ出来る状態になったものの、1月31日には再び接続できない状態になってしまっていました。
 現在は、写真のアップも出来る状態です。完全復旧と見ても良いのでしょう……。

http://www.brickshelf.com/

  
 この辺のサムネイルが表示されていれば「棚は落ちていません」。
 

posted by 関山 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】#10223 Kingdoms Joustのおさらい


 昨日もお知らせしたように、「#10223 馬上試合大会」が4月19日発売。予約受付も開始されています。早くも人気のようで、この記事書いた地点でamazon.co.jpレゴストア・ランキングは5位に踊りでています。

 肝心の価格は13250円(18900円の28%off)。無事33%offまで推移すれば(もちろん予約商品の価格保証あり)、12663円になると予想。人気商品につき予約が吉! 次に適切価格で手に入るのが半年後!とかありえそうです。
 気になるUS価格は119.99ドル(税別)。33%offなら内外価格差だって納得できるレベルになりましょう。

 さて。#10223に関しては既に1月1日より欧州・北米では発売済なので情報は豊富。

http://brickset.com/detail/?Set=10223-1
 Brickset。既出ですが、多くの公式製品写真など。


 気になる内部。城門部分だけでもこんな重厚な「お城」が手に入るなんて。


 ミニフィグの一覧。ブラックファルコンが今風に復活! 王女様は割と久々。お姫様王子様は新作です。小姓のピッチフォークも見逃せません。

http://www.bricklink.com/catalogItemInv.asp?S=10223-1
 bricklinkのパーツリスト。細かい部品を積み上げる、真面目な、レゴらしい構成ってことが窺えます。
 パーツ数は1553ピース(フィグ除く)+ミニフィグ9体。フィグ込みでは1575ピース。パーツ単価は28%offの今のところ8円41銭。

 これは究極。組み立て前に予習? 公式からのインストダウンロード。
http://cache.lego.com/bigdownloads/buildinginstructions/4666667.pdf
http://cache.lego.com/bigdownloads/buildinginstructions/4666669.pdf
http://cache.lego.com/bigdownloads/buildinginstructions/4666671.pdf
http://cache.lego.com/bigdownloads/buildinginstructions/4666677.pdf

  

 左から「新製品」「絶版品」「そろそろ絶版?(但しUSのS@Hでも現役)」です。合わせて揃えたい? 
(ちなみに「風車村の攻防」amazon.co.jp扱い在庫復活してます。ちょっと高めですが……)
  
posted by 関山 at 07:45| Comment(5) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

【価格情報】#10223馬上試合大会は4月19日一般販売決定!/「City(の続き)」は4月5日発売で予約開始/「Dino」も国内扱いあり


 日本での販売形態が懸案事項であった次期10000番代、#10233Kingdoms Joust(馬上槍試合)は●●●●限定とか(最近は殆ど無いですけど)、や○○○●○限定(価格が非常識になりがち)ではなく、無事、一般流通決定の模様。上記amazon.co.jpのリンクからは未だ予約できませんが、amazonの33%off入手ができるであろう?ことに期待。予約受付開始したらまた記事にします。

 → 2月2日、22時頃には予約開始になったようです。価格は13250円(28%off)で思ったよりも安く来ました!

 余談ですが、#10218ペットショップはamazon.co.jp扱いが33%offになった途端に「動き」ましたね。販売ランキングの上位(はやぶさに次ぐ2位)にいきなり圏外から上がってちゃってしたもん。入荷数多くないのか予約が瞬殺で、その後すぐに圏外落ちしたのはあらゆる意味で残念でしたが。
 もう、レゴジャはボッタ価格は控えますように。#10222のワーゲンバスもそうでしたけど、「割安」なら売れるんですから。
 あと、人気品(それこそ#10222、あと#10211のグランドデパート)の長期品切れも何とかしてください。日本以外だと普通に買えるものが日本だけ品薄で高値張り付きしてるのは悲しすぎます。
(こんなの絶版品のプレミアと違って誰も幸せにしません)

 気を取り直して。
 2012年のCityの一部は3月9日の発売ですが(現在33%off)、残りは4月5日の発売予定です。今のところ28%offですが。


 最大の注目作はポリス・チヌークこと「#4439 フォレストポリスヘリコプター」でしょう。製品のできは注目されるところですが、28%offでさえも4880円という価格もかなり優秀です。アメリカだと実売49.99ドル+消費税(都市部は10%)ですから内外価格差が十分に許容範囲なんですね。
 飾ってよし遊んで楽し。レゴのヘリは多々出ているもののタンダムローターはさりげなく初めてです。

 シリーズ旗艦アイテム「#4440 フォレストポリスステーション」は28%offでも7510円ですからこれも旗艦セットにしては買いやすい価格でしょうか。ちなみにUS実売価格は79.99ドル+消費税。やっと円高対応価格が定着してきた感じが……。
 モダンな山荘風警察署と大型SUVパトカー、小型ヘリ、犯人用ATV、そして「熊」入ってますからこのセットだけで結構遊べそう。Friendsのラブリーハウス#3315とともに、2012年のレゴの7000円製品は男児向け女児向け共に優秀です。もうレゴは高い! とは言わさない赤坂(元は浅草橋)の覚悟???


 左から。
 「#4441 ポリスドックワゴン」は28%offで2850円。US価格は34.99ドル(+税)……ひょっとすると日本が最安値かもしれません。警察バンと犯人車、警察犬2頭に廃坑入り口(小さいけど)。

 「#4437 オフロード4WDとポリスATV」は29%offで1650円。このサイズのトラックに小物各種、ATVまでつけてこの価格もかなり頑張ってるかも。US価格は17.99ドル(+税)。

 「#4436 フォレストポリスパトロールカー」は28%offで1130円。ちょっと割高かな?と思いつつ、US価格も11.99ドル(+税)とかしてるんですね。

 「#4205 ポリス指令トラックとポリスボート」はまだ予約できません。価格も不明。ちなみにUS価格は39.99ドルです。3980円くらいだといいなぁ……。
 →と、記事書いてる間に価格が出てきて予約可になってました。願望を上回る3760円と出ました!

 なお、#4438 Robbers' Hideout(39.99ドル)は日本発売予定が今のところありません。
http://brickset.com/detail/?Set=4438-1
 山小屋が犯人のヤサには勿体無いくらいの出来の好製品ですし、話題の熊も入ってるのに。国内投入に期待したいものです(ザらス限定かしら?)
 


 「DINO」も日本投入は遅れましたが、確定。而も一般販売品。
 テーマはともかく、恐竜側が「レゴ」じゃないのが正直、抵抗感否めないのです。これがかつてのVikingのようなニクル系の恐竜だったらとか、或いはクリエイター的な恐竜だったら……と思ってしまうのですが。
 大型成形部品といっても、先のCityの「熊」位が許容出来るギリギリのような……。

 旗艦セットの「#5887 ダイノ防衛基地」は28%off(今のところ)で12020円。あちらでは99.99ドル(税別)なので若干割高感が。広げた造形は「レゴのお城」系ではあるんですよね。




 その他のアイテム。今のところ全部28%offです。価格設定は先のCityと違ってやや高め。参考までにUS価格(税別)を記しておきます。
 #5885 49.99ドル。#5884 29.99ドル。#5882 11.99ドル(これは価格差少ない!)。#5886 69.99ドル。#5883 19.99ドル。
 ちなみに#5888 Ocean Interceptorは日本未販売(か流通限定?)の模様。
http://brickset.com/detail/?Set=5888-1

 あと、同じ発売日の「#6784 デュプロ ブロック・パズルボックス」も面白いので紹介まで。丸や三角などの穴の開いたパズル知育玩具というのは昔からありますけど、それと同じ知育玩具であるレゴの融合! ありそうでなかったアイディアです。デュプロに共通しますが、どこか欧州的品の良さが残ってるのも素敵。
  
posted by 関山 at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

【国内作品紹介】ryokuchakuma様のE4新幹線と高架駅



 ryokuchakuma様の記事
http://blogs.yahoo.co.jp/ryokuchakuma/2762173.html

 少しづつ製作記事のアップされていた作品が、遂に完成です。
 堂々の3両編成。新幹線はこれくらいの長さが欲しい……というところを抑えられています。

 注目すべきはやっぱり前頭形状。妙に有機的な形状をスロープ処理で無理なく表現されてるじゃありませんか。また、側面は側面で二階建て部以外は妙に窓の少ない特異なサイドビューがとても「らしい」のです。ライムのブロック使ったグリーン車マークも効果的ですね。

 パーツ制約の中でも、すっきり・美しくを実現しておりましょう。


 高架駅の窓越しに見える新幹線というのは実に旅情……「現代の、地に足の着いた」旅情を誘います。それにしても高架駅という大物を、パーツ数制約の中で造ったのは見事だと。「レゴ駅」の駅の漢字もさり気なく凄い。
 ちなみに下には地鉄電車ですから富山か新黒部駅?辺りを意識されているのでしょうか? 北陸新幹線開業しても、E4は碓氷峠超えられない……とか野暮なこというのは無しですね(笑)。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【雑談】「映画 けいおん!」今さらながら観てきました(ネタバレなし)

 すごく久々にアニメの話です。

 12月初旬開始というファーストディ1000円を狙うと観難いスケジュールだったのですが(当該日が「1月1日」しか無い)、なんとか2月1日でも池袋や新宿では上映してたので今さらながら観てきた由。

 ちなみに19時過ぎとかからの回はレイトショー割引1200円で観られる館(品川等)もあるので1000円の日に拘ったのは割と愚かでした(苦笑)。あぁもっと早くいけばよかった。というか素直に前売り買っとけよって話ですね。

 普通の感想記しても面白く無いので、レゴ的な感想。
 ロンドンタクシーを4幅で作りたくなりました。車内は「向かい合わせのシート」も再現で!
 ルートマスター(ロンドンバス)を5幅?で作りたくなりました。劇中で利用はされてませんけど。
 豊郷小旧校舎は……さすがに無理。でも誰か作らないかな?
 肝心の軽音部員は……アニメキャラはやっぱりFriendsのミニドールじゃなくてミニフィグじゃないと無理ですよ! あぁけいおんがこのまま国際的な作品になって以下略。人類が火星に行く位には無茶な話してる気がしますが気にするな(自爆)。現実的にはどこまで既存品で見立て出来るかですよね。
(Statue系作られる方は尊敬します。自分にはできない世界ですから)

 環境的な感想。
 上映2ヶ月目ですからさすがに小屋は小さいです。でも、小さくても映画館の画質・音響って未だ家庭用機器とは天地の開きがあるんですね。まぁ安物プロジェクタと映画館じゃそもそも比較になりませんけど。没入感も別物ですし。DVDとかブルレイ買って部屋で観てもあのインパクトはないんだろうなぁ。

 肝心の内容について。
 ライブシーン多々サービス精神満点。ライブシーン多過ぎで感激するべき場所分散されすぎてるなぁと思ったほど。でも、出し惜しみよりはずっといいです。
 なにより、京都アニメーションの仕事(動き・背景美術etc)は劇場作品に十分耐えます! 「キャラクターが動いてるだけで満足」「キャラクターがそこにいるだけで満足」を実現しちゃってるのは凄いことかと。
 一方、上映中何度も爆笑したくなったのに劇場ゆえ声上げられないのは割とストレスたまりました(笑)。それくらい元来4コマで笑いもある作品なんだということを再確認と。
 あと、初海外旅行の緊張みたいなのは「なるほど」「あるある」って感じ。
 ただ、一つ惜しいのは「卒業寸前の、妙に虚しく切ない気持ち」みたいなのが、TV第二期程は感じられなかったこと。これはTV版で既に出しきってしまったからかもしれません。


 で、雑談ついで。
 相変わらずbrickshelf落ちっぱなしです。あとEurobricks辺りが微妙に情報日照り……。今日は手抜き更新ですいません。明日はちゃんと更新します。
 

posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする