何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年02月29日

【レゴ製品購入レビュウ】カーズ メーター(大)#8677


 amazon.co.jpで絶賛安売り中の「メーター(大)8677」を組んでみました。
 現在2530円、パーツ単価8.8円という優秀な部品スペック、かつ以下のこのセットの固有パーツ群に惹かれての購入でした。

 %6191 新茶 8個。

 %6091 新茶 8個。

 「茶色で半流線型」とかトレインな人としては当然考えますので、抑えておきたかったのです。また数カ月前は肝心のbricklinkでも出回りがよくなく、セット購入が得と判断しました。
(今はパーツ購入も平易ですが、このセット絶版になったらどうなることやら……)

 そんな訳で組む気もあんまりなかったのですが、部品取りにする前に一度はということで軽く組んでみた次第。

 まず。組んでて結構楽しい。箱にUltimatebuildとか大げさに書いてありますがあながち間違いじゃない。この価格帯の製品としては精細、そして力強い組み方です。
 精細というのは外見見りゃ分かるところですが(1×1のタイルやプレートも使ってますから)、後者はフレーム廻りとか。テクニックビームを組み合わせてるのでクリエイターとかの大きめの車モデルと組み方がおんなじなんですね。お陰で、完成品は何処を持っても軋まない撓まない強度があります。
 それから、意外とプレート比率高くて大味部品はほんとに少ないです。

 あとあとで使い途に悩みそうな部品は「顔(プリント)」と「ミサイル基部」「タイヤ・ホイール」くらいでしょうか。ダークオレンジのアクセント部分(2幅レールプレートにフェンダーアーチ)も建物とかに使ったら楽しそうですし。

 完成サイズは10ポッチ幅で23長。飾るのに丁度いいサイズ。価格考えるとボリュームも適正。

 ただ、ちょっと気になったのはインストのままだと前面がかなり「平板」な印象になること。
 元のキャラというよりは自動車のデザインとしてちょっと残念な感じは否めません。


 そんなわけで、セット内のパーツ(裏面補強の2×3プレート)を使って、バンパーを1ポッチ前進させてみました。これだけでキャラとして男前?に、自動車として説得力が生まれたと思うのですが。

◆◇◆◇◆◇◆  ◆◇◆◇◆◇◆

 取り敢えず、「部品取り」はもちろん、素組用にもお勧めです。作品のファンなら尚更……。買えるうちにどうぞ?
 
 パーツリストこちら。
http://www.bricklink.com/catalogItemInv.asp?S=8677-1
  
posted by 関山 at 20:32| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品購入レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

【国内作品紹介】エフ様の熊電5000「両面ガエル」/Buchi様のレゴランド的4幅車


◆エフ様の熊本電鉄5000「両面ガエル」
 ど根性ガエルなんて覚えてる人……多いですよね?
 個人的には「新」の方が演出的に好きでした。絵柄にも独特の透明感があったような。

 ……って話はともかく、「青ガエル」こと東急5000系の譲渡車で運転台を増設した車は上田交通のクハ290は至極当たり前に「平面ガエル」と云われたのでした(ちょうど「新」の方の放送直後くらいだったような。オリジナルの方も再放送普通に掛かってましたどうでもいいけど)。
 で、その後熊本電鉄への譲渡車で両運転台改造した車は、当然ながら「両面ガエル」と。
 その熊本電鉄5000は今尚現役、東急5000系最後の現役車両だったりするのです。

 brickshelfより。

  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=497994

http://blogs.yahoo.co.jp/f1963/12696771.html
 エフ様の記事

 前回の東急5000系に対して、かなり改修されているのがわかります。
 大きいのはやはり前面。後退角がついて、お陰で丸みも強調された萌え顔に!
 そして側面は窓に中梁が入り、1プレート分大きくなってイメージがガラリと変わる。より実物の印象に近づいた感じです。その結果として窓位置が1プレート下がったのも効果的。あの電車は腰というか窓位置低めで幕板が目立つ印象でしたので。

 なにより驚いたのは、エフ様のモデルにしては全長も長くなったこと(22ポッチ)。締まったショートモデルも良かったのですが、個人的には今回の長さの方がボギー車としては説得力があり、また「電車っぽい」感じで好みです。ただ、既存作と世界観の統一考えるとこの種の改修は難しいところでしょうね。
(今回は編成ではなく「単車」なのでこのご判断をされたものと推測します……)

 肝心の増設顔も凝ったものです。この種の顔を表現しようとすると横組必須?でしょうか。貫通扉が半ポッチ下がっていて、渡り板の表現があるのが効いていましょう。
 隙間は……窓まわりの横組3ポッチ分を、真下のプレート2枚も含めて4ポッチ分にすれば綺麗に埋まると思うのですが如何でしょうか? あとテールライトの下のタイルがない方が丸みが強調されるように思いますが、はて。

 この題材が、東急5000系3両編成の方の改修の「テスト」なのか、これで完結なのかもちょっと気になるところです。熊本電鉄は熊本電鉄で他にも魔改造されまくった譲渡車とか、5000系と前後して引退した旧型車とか魅力的な車少なくありませんよね。半路面区間だってありますし。


◆Buchi様の、「レゴランド」的4幅車
 「4幅でフィグ乗り」といっても、解釈とか世界観、そして「自分ルール」は製作者の個性が出てくる部分です。その意味ではベテランbuchi氏の方向性は「ブレない」ものだと思う由。80年代「街シリーズ」の流れを汲んで正常進化させ、かつ、氏の世界観に合致するモデルになっておりますから。
(余談ですが、氏の作られた街並みにウチの低車高な車持ち込んだら似合わないこと……)

  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=105690
 4ドアのセダン。2004年の発表作の改良ですが、ウインドウとヘッドライトの色変えるとえらく印象が変わるもの。平面のボンネットと、そこに目立つエンブレムも印象的。エンブレムが全体を「締めて」ます。
 一方で敢えて突出部をなくしたであろう平板な前面は、5ナンバー枠に縛られてた時代の国産車ぽい風情。而してBピラーが立派なので、ちょっとラグジュアリーな印象も与えていましょう。
 テールはタイル1枚の下げがとても効果的。角張っているのに、「流麗」なのです。
 パトカー仕様に、エアロなど装備の改造車というバリエーション展開を白だけで行なっているのも、却って「あの時代(白のマー○IIだらけだったあの時代)」の車っぽいですよね。

  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=497909
 2ドアハードトップ。こちらは新作。但し2シーター(レゴ的には「4シーター」)
 レゴ的に最適解なフロントもさることながら、おしりの纏め方がとってもキュート。製品に有ったであろう雰囲気。また、無理というか極限設計を避けたがゆえの悠然さを感じさせられます。
 
 どちらの作品もキャビンが大きすぎる……? と思わせ、レゴの車として古典的なフォーマットに収まっていますので却って違和感なく、バランスよく収まっています。この辺は実物に似せるのとは違ったセンスが必要なのかなぁと。
 
posted by 関山 at 23:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

【自動車作品】VWビートルも改修してみました


 Type2を何台も作ってみると、Type1ビートルのほうが気になってきます。ワーゲンといえばこっちでしょ!と。解説はいらない車ですよね?
 とはいえ最近は見かけにくいですが……1980年代は日本でも普通に見かける車でした。

 そんな訳で、もう5年前に作ったver2.0の大改修を行った由。


 before。ver2,0。2007年。
 リアシートありの2シーターで、かつ車長詰めることにに拘ったため、今から見るとプロポーションはかなり犠牲になっていました。ボンネットに対してキャビン部分が大きすぎるんですね。
 あとフロントキャノピーが1970年代の古い部品のため、状態良好なものを入手するのが困難という問題もありました(高さ5プレートで角度も適切なので気に入ってる部品ではあるんですが)。


 After ver3.0。
 全長そのままにフロントキャノピーを1ポッチ後退させました。キャノピーも高さ6プレート分の現行品に差し替え。ちなみに高さ4のキャノピーだと角度が寝過ぎててダメです。車高とかはそのまま。
 関連してステアリングもキャノピー捩じ込み取り付けに(あの手法ほんと便利♪)。ボンネットは……。


 ボンネットは固定せず、嵌めこまれてるだけ。ただ「ぴったり」なので裏返しても脱落はしません。ステアリングの基部とツライチになります。

 ジャンパプレート(センターポッチプレート)はウインカーやエンブレム取付を考えたのですが、Φ1丸プレートだとオーバースケールになってしまうので準備工事、ということです。Φ1丸タイル入手できたら試してみたくはあります(あれでVWエンブレムプリントなんか出ないかしら?)。
 トリッキーな手も使いつつ、車のシルエットとかなんとか納得行く形にはなりました。


 エンジン周り。ここは過去ヴァージョン同様開閉ギミックあり。


 もちろん、かなり狭いながらも2シーターは当然維持。狭いながら前後とも頭上に1プレート余裕ありますので髪のセットは崩れません、もとい髪部品を選びません。


 青いのも、今回新製。あと、カラバリ展開は無難に白とか黒なら何とかなりそう? 黄色はボンネット部分のカーブがなにげにレア部品なのでちょっと難しそうですが。


 Type2との並び。本当ならホイルベースも同じじゃないとおかしいのですが、それを強行するとどちらかが破綻しそうな気がします。今回Type1のホイルベース延長もかなり考えましたが……。

 その他画像はこちら(brickshelf 検閲済)
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=287270
 ver1 及び ver2
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=498070
 ver3の赤
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=498071
 ver3 青

posted by 関山 at 20:46| Comment(5) | TrackBack(0) | 自動車作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

【価格情報】絶版#7189「風車村の攻防」が28%offに/他


 絶版ゆえ、もう価格は上がっても落ちることもないかと思われていた#7189「風車村の攻防」がamazon.co.jp扱いで28%off。7510円に。
 全盛期が33%offで7016円でしたので、今の価格も悪くないのです。

  

 この辺は「合わせて買いたい」の定番でしょう。「#10193中世城下町」は未だ安く入手できます。送料込11150円。ただ、絶版前の最後の派手は花火のような……。
 新製品「#10223馬上槍試合」は絶賛31%offでの予約受付中。

 ちょっと世界観は違いますがギリギリ許容範囲?の「#10222 ウインターポストオフィス」も忘れずに。クリスマス以外が季節外れなのがこのシリーズの致命的欠点ですけれども(笑)。


 これも絶版品。「#7597 ウエスタントレイン」は現在40%offで8800円。マケプレですがamazon倉庫発送で送料無料。部品取りにもう1セット如何でしょうか? 3400円の機関車+1800円単品売りの客貨車3両セットという考えもできるかもしれません(笑)。


 「#10214タワー・ブリッジ」(未)。需要も一巡しているのか相場が冷え切ってます。23800円で送料無料ですが。建築資材にお勧め?
 「#10219 マースクトレイン」(未)も14800円送料込みが継続中。
 「#7903 レスキューヘリコプター」の70%off 1280円(+送料480円)祭りはなお継続中。トイセルさんいくつ在庫持っているのでしょうか……(実はかなり売れてるのです)。 
 最期は「#21101 はやぶさ」。こちらも38%offでの予約継続中。発売日3月2日。いよいよ!
 

 ※ 既販売済のもので、管理人未購入品は「(未)」を表示しています。
posted by 関山 at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】cuusoo、明日のしんかい、はやぶさは?(順調に伸びてる篇)

 すごく今更感はありますが、cuusooのサイト見ることが最近は多いです。
http://lego.cuusoo.com/discover
 最初始まった頃は「まさか製品化にこぎつけるなんて無理だろ……」とちょっと醒めた目で見ていたのは正直なところですが、実際に「しんかい」が製品化。あれ? と。
 そして第二弾「はやぶさ」製品化。しかしその頃に規定変更で製品化水準が1000票が10000票に。おいこれじゃまた無理になってしまったじゃないか。と思わされた所で……。

 規定改定後(+日本ローカルから世界展開後)、あっという間の「Minecraft」製品化。しかも初期イメージより製品版のほうがずっと洗練されているというサプライズ付きで!

 で、今は幾つも4000票超えで、第4弾や第5弾の雰囲気も見えてきてる状況なわけです。

 
◆デロリアン(バック・トゥ・ザ・フューチャー)

http://lego.cuusoo.com/ideas/view/96
 個人的には4幅でお願いしたいのですが、まぁ無理か(笑)。

 ところで、バック・トゥ・ザ・フューチャーの映画にリメイクとかの話ってないのでしょうか? その辺があれば一気にレゴ化の話は進んじゃいそうです(笑)。深夜アニメの関係者がねんどろいど化を意識してるくらいには、ハリウッドは自社コンテンツのレゴ化を考えてるような気がします(笑)。
 そういえばバック・トゥ・ザ・フューチャーにも汽車のシーンありましたね(笑)。


◆モジューラーウエスタンタウン

http://lego.cuusoo.com/ideas/view/1787
 こちらは前回も紹介しましたね。順調に票が伸びてるようです。


◆「ゼルダの伝説」

http://lego.cuusoo.com/ideas/view/6809
 これ、実現したら日本のゲーム系コンテンツ初のレゴ化ですよ! 500票超えの地点でレゴ社的には「10000超えたら任天堂との版権交渉もします」とのコメントしていますので、その辺も問題はなさそう。
 そういえばゼルダはファミコンの頃から日本よりもむしろ海外で受け入れられたんですよね。


 ところで、cuusooはトレインは弱いんですよねぇ。
 先にモジューラーウエスタンタウンを盛り上げた所で思ったんですが、cuusooだとトレイン系の企画が弱く、そして伸びもよくありません。
 この辺を抑えてみたらどうにかなるかしら。

・電機や電車よりは、蒸機やディーゼル……たぶん。brickshelfに上がる作品の傾向的に。
・国際性を意識する。相手は世界! C62ではたぶん無理ですが、ドイツやアメリカの大型蒸機なら?
・実走行する、サンプルモデル。これは重要。
・客車は単品もあり(笑)。

 何時になるかわかりませんが、ポスト#10194になれそうな題材、何時か考えてみたいと思っています。支持されなくて凹む可能性も高いですけど……。
 
posted by 関山 at 08:19| Comment(4) | TrackBack(0) | レゴ製品(cuusoo) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】えらく詳細な21012オペラハウスのレビュウ/amazon.co.jp扱い消失?



 Eurobricksに、えらく詳細精細なArchitecture #21012オペラハウスのレビュウが掲載されています。

http://www.eurobricks.com/forum/index.php?showtopic=66764
 Siegfried 様によるもので、「実物」(!)と絡めて撮影され、再現度を詳細に確認できるものになっています。


 組立中画像より。他にも写真いっぱい。

 製品画像の発表時には割と「賛否両論」だったこの製品ですが(どっちかというと後者が……)、こうして組立中の精細さやら、完成品の実物比較を観てみると如何なものでしょう……? 
 ちなみにSiegfried氏は点数評価は意図的に避けられてるようです。お気持ち察してということでしょうか。

 個人的な意見ですが、シェル部分の鋭角さと奥行きが全く表現できてないのが気になりました。逆に云えば、ベース部分は出来がいいので、シェルのそこを改造する手もあるかなぁとも(勿論、やるやらないは別の問題です)。

-----------------------------------------

 さて。ついでですからこの製品の画像を世界で初めてリーク?してしまったamazon.co.jpのリンクも張っておこうかとおもいきや、なんとページが消滅しています。
(「現在取り扱いできません」とか「在庫切れです」ではなく、ページそのものが消失!)

 発売日予定にもなく、Architectureカテゴリにもない。「オペラハウス」「21012」で検索しても出てこない! 単ならエラーなら良いのですが。また、予約された分、一方的キャンセルなんてことなければ良いのですけれど……。
 

 amazon.co.jpの画像は消えておらず、バナー中の「amazon.co.jpで買う」ボタンをクリックするとカートに商品入れることはできます。やはり、単ならエラーでしょうか。
 
posted by 関山 at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

【国内作品紹介】ryokutyakuma様の、リニアモーターカー(JRマグレブ)

 新幹線系が得意なryokutyakuma様の、ちょっと変わった題材です。




 先方の記事
「レゴ 続リニアモーターカー 」
http://blogs.yahoo.co.jp/ryokuchakuma/3134180.html
「レゴ リニアモーターカー 」
http://blogs.yahoo.co.jp/ryokuchakuma/3153716.html

 リニアモーターカー。勿論、浮いたりするわけでもゴムタイヤ走行するわけでもなく通常のトレインレール+トレイン車輪ですが、十分に「らしさ」が出ています。全頭部の形状はこれまでのどんな新幹線よりも複雑で捉えにくいかたちなのですが、きっちり表現されているのですね。白と青のカラーリングも爽やか。

 足回りが実物同様の連接構造なのも嬉しいところ。台車側面の装飾はあるとないとで大違い。ここが覆われていると、「ただの電車ではない!」感じが強調されてきましょう。この手が使えると作れる車両の幅も広がってくるのでしょうね。

 なお、どのシステム使ってもレゴトレインはスケールスピード無茶なところありますから、速度では十分リニアモーターカー的な感じになってしまいますよね(笑)。この作品で足回りというかシステム的な違和感の無さが示されたと思うのですが、これから過去の試作車(MLU001-003 ほか)とか、或いは想像図(EXPO70の模型とか)など、レゴで再現する楽しみも生まれたような気がします。
 
posted by 関山 at 20:10| Comment(6) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【価格情報】意外な予約品が安い? はやぶさ38%off他


 3月2日発売の「#21101 はやぶさ」は予約中にも関わらず38%offに。4118円。4000円ちょい、といえる気軽な価格になってきました。


 新シリーズDINOのマストアイテム #5887ダイノ防衛基地も予約中に関わらず42%off。10000円切って9800円。

 この両者を見るかぎり、割引率と人気(amazon.co.jpのランキング)の相関関係は皆無なようです。


 パイレーツオブカリビアンは帆船2点以外は非人気の印象否めず……? #4194「ホワイトキャップ湾」(未)はやっとこさ38%off、9060円に落ちてきました。もうちょっと頑張って9000円きりは難しいのでしょうか……。
 同じく去年の版権系、CARSの大型品#8639「ビックベントレーの脱出」(未)は49%offの7500円。これ、もともとの定価が高すぎた印象はありますね……。

 予約商品に戻りますが、3月8日発売の#4209「フォレストファイヤープレーン」37%offで5000円切って4954円。

 最期に絶版モノ。しかも微妙に昔のを。
 2006年のお城シリーズ「Knight kingdom(後期)」の#8822「ガーゴイル橋」(未)。珍品といえば珍品なのでしょうか。こう言えるのもその後のFantasyEraとかKingdomsが名シリーズだったからかもしれませんけど。
 取り敢えず、40%offの3024円です……。
 

posted by 関山 at 01:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

【アジア系レゴ互換品】邦宝(Banbao)のRCトレインは突っ込みどころだらけ

 以前、CGによる製品画像のみが突然出てきて話題になった、中華系パチモノレゴトレインの新種「邦宝(Banbao)」。これまでのパチものレゴトレインは動力車なしが普通でしたので、突然のRCシステムには世界が?驚いたものです。
 しかし、製品画像は飽く迄CG。ペーパーウェアの可能性も疑われていたのですが。


 なんと、現物がリリースされていました……!
 この製品を購入・紹介してくださったBuzzard様に感謝しなければなりません。
(この方は「啓蒙」もほぼ全種購入されてるのですね。凄すぎる)

 以下情報は、Buzzard様がbrickshelfに上げてくださったものからです。

  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=489651
 8228 貨物列車。
 意識してるのは「和諧」系の重連形電機+石炭列車なのでしょう。機関車の後ろ半分に貨物も積む変な構成にアレンジされちゃってますが。ただ、今の中国の一般的な列車をデザインした志は評価したい。
 機関車の側窓がシールなのは「そりゃないだろ」とおもう部分です。但し、細かいパーツなどのディテールはレゴ#7919より充実しているような気はします。ドア開閉も褒めていいかも?


http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=5386860
 付属のグリーンのダンプカー、4幅車なんですがデザインが脱力系というかやる気皆無というか。


http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=5386932
 気になる電気系は単三電池3本で4.5V。その割にRCトレインプレートの床上部分が大きいのは受信基盤の集積度があまりに低いからでしょうか。かなり気になる素朴な?基盤です。

  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=489643
 8222 CRHの先頭車・モーター付
 単品の先頭車ですが、なぜか動力付きです。
 前頭部は見事なまでにCRHですね。今の中国の一般的な列車をデザインした志は評価したい。ヘッドライトはプリントですが、上から見るとかなり不気味……。子供にトラウマ植えつけられそうですよこれ。

 ドア開閉は評価したい部分です。未来列車的な「割り切り」ですが、この辺オミットしちゃう本家よりはマシでしょう。狭いながらも、客室もあります。

  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=489646
 8223 CRHNO中間車。
 中間車の単品リリースがあるところは褒めたいです。側面は大型連続窓ですが、クリアパーツ苦手なら避けたほうが無難な表現だと思います……。ドアはやはり未来的に開閉。あと、座席は本家のものよりすこしゆったりしている印象です。背が少し寝ているのでしょうね。


http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=497717
 インストラクション。リモコン関係。
 表示は中文のみかとおもいきや、英文もありました。3チャンネルまで対応。なお、ボタン4つですが「前進」「後退」「前進加速」「音楽」というもの。え……。と思わざるを得ない操作系です。

 なお、システムはレゴRC/PFの赤外線式とことなり、無線(ラジオコントロール)の模様。

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=5386830
 アンテナの伸びるリモコン。赤外線は到達範囲に不便もありますので、ここは褒めてもいいのかもしれません。

 さて。操作系とか「音楽」が気になる方のために動画も。
http://www.brickshelf.com/gallery/Buzzard/Train/BanBao-Trains/BanBao-8228/BanBao8228real/pict0631.mov
 操作系、前進後進でいきなり最高速度です。つまり加速ボタンの意味がありません……。「音楽」は凄まじいもので、「蒸機の汽笛の音が鳴って蒸機の走行擬音や踏切の音が、列車の走行状態とは勿論無関係に鳴り響く……」というもの。間違ってもミュージックホーンボタンでは無いですよ!


http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=5386943
 ずだ袋やジャリカン、犬の部品。前者は軍用シリーズとの兼用を意識したと見ましたがさて?

 なお、詳細は先方の写真をご覧になれば分かるのですが、品質面では突っ込みどころだらけのようです。


http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=5386953
 8222 CRHの反り返ったトレインプレート。完成作ではちゃんと組めてますので強引に曲げてるのでしょうか?

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=5386863
 RCトレインモーターの品質。何とセンターピンが折れちゃってます。あと電気ケーブルはか細く、そしてコネクタは汎用品でなんとも貧乏臭い。

 他写真もスチロール樹脂製ブロック玩具ならではのチープさに溢れかえってます。例によってクリアパーツの透明度も低い……。
 あれこれ頑張ってるけど、品質管理と「志」には問題がありまくり。

 最初から狙ってる市場はことなると思うのですが、これなら本家がビビる必要はまったくないなぁとも思うのです。
 
posted by 関山 at 19:30| Comment(2) | TrackBack(0) | アジア系レゴ互換品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

【価格情報】「#10223馬上試合大会」amazon.co.jp扱31%off復活/2006年のヘリ更に安く。


 4月19日発売でありながら割と早い時期にamazon.co.jp扱いでの予約も締め切られてしまった「#10223 馬上試合大会(馬上槍試合)」ですが、amazon.co.jpでの予約が復活しています。31%offで13061円。




 「#7903 レスキューヘリコプター」がなんと70%offの1280円(+関東送料480円)。絶版品! そのうえさほど不人気品でもなかったのですが。
 2006年の新生Cityと共に生まれた製品で、それなりに格好いいヘリの出来る製品です。また、キャビンは担架を収容できるため、それなりの大きさもあります。
 パーツリストこちら。
http://www.bricklink.com/catalogItemInv.asp?S=7903-1
 
posted by 関山 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【自動車作品】続:ワーゲンマイクロバスの大改修(カラバリ篇)


 カラバリ、ちょっと派手な三色展開。

 赤のキャンパー仕様はこちら
http://legotrain.seesaa.net/article/253476439.html




 青のDX仕様、天窓付。
 中ドアは左右逆ですがまぁUK仕様の右ハンドル版ってことでご容赦を(青ドアの手持ちの関係)。
 あと、運転席部分にも天窓つけました。勿論椅子ありで3人乗りというスペックはそのまま(シートは全て前向き)。エンジンルームやリアゲートのギミックも同様。


 天窓は飾りではなく、抜けてます。運転席部分にも天窓つけたので賑やかな?印象。

 その他の写真はこちら(brickshelf。検閲済)
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=497707


◆◇◆◇◆◇◆  ◆◇◆◇◆◇◆





 調子に乗って(笑)、黄色のノーマル仕様も作りました。特筆することは無いですが。
 ルーフキャリアは屋根の穴隠しだったりします。別に白の1×4タイル2枚でもいいのですけど。


 意識して組んだわけではないですが、色がポストバス(瑞西の郵便事業が行ってるバス)っぽいので、そういう設定で。VW-type2クラスの小型車も使われたかどうか定かではありませんが。

 その他の写真はこちら(brickshelf)
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=497709


 乗用車型は一段落つきましたので、今度はトラックとか商用車特装車も展開したいですね。
 おっと、ライバル?シトロエンHトラックの増車も考えたいところですが。
posted by 関山 at 06:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 自動車作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

【価格情報】#3677「Red Cargo Train」ついに19500円に

<追記>2月22日 20時


 #10218ペットショップに、amazon.co.jp扱い分が復活しています。価格は33%offの17535円。在庫に余裕無いようなのでお早めに。

◆◇◆◇◆◇◆  ◆◇◆◇◆◇◆




 日本での発売が望み薄な#3677「Red Cargo Train」(未)、ついに「送料込19500円」になりました。
 但し、即納品ではなく、海外発送品で多少の納期必要な模様です。即納品だと20690円送料込なので時間の評価が難しいところ?


 一昨日も記事にした#10230「ミニモジュールタウン」(未)も、12000円+関東送料500円に下がっていてびっくり。こちらは即納の模様。

  

 先日脅威の安売りとなった「#10193中世城下町」は未だ下がったままの価格で購入可能! 送料込だと11600円から。
 人気絶版品の「#8179風車村の攻防」はamazon.co.jp在庫が未だあります。8715円。
 そろそろ古くなってきた「#10214 タワー・ブリッジ」(未)は格安23900円の商品が残っています。箱傷みの中古品扱で送料込と。


※ 管理人未購入品は「(未)」表示です。
posted by 関山 at 20:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【自動車作品】続:ワーゲンマイクロバスの大改修(キャンパーバン篇)

 前回記事はこちら
http://legotrain.seesaa.net/article/248679994.html

 Cars仕様のホイル部品の入手の関係で、発表が遅れてしまいました。
 この間にSuu様やSouKoyamada様の秀作が発表されてしまい、ちょっと恥ずかしい状況に。でも、晒します。

 brickshelf(検閲済)
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=497630



 先のバージョンから以下をいじりなおしました。

・全長そのままにホイールベースの短縮。実車は意外とフロントオーバーハングが長いので、そっちを1ポッチ長くしてホイールベースを1ポッチ短縮。

・フロントのホイールアーチをそれらしく。後輪の覆いも改修。

・タイヤの交換。Racers仕様にすると車体への印象も変わってきましたが、Cars仕様のホイールにすると更に落ち着いて来ました。他の方も皆使われていますが、あの部品は1950−60年代の車を作る上で、偉大です。

・バンパーの改修。突き出た、やや大仰な感じを。


 「#10220の4幅版」キャンパーバンでは、上記の他、大きすぎたポップアップルーフを控えめな大きさに詰めなおしました。ヒンジとか開閉機構が露出してしまうのはトレードオフですが。
 また屋根もDX仕様の天窓付きではおかしいので(どう考えても強度的に無理がある?)。別にDX仕様も新製したのを機会に、ノーマル仕様に。
 前後とも普通の車屋根部品ですからすっきり♪ サイドビュウで、後端の丸やかさも気に入った部分。




 車内。構造。


 ドア無しのサイド。


 エンジンルームオープン。膝立ちの方法は1978年ミニフィグ黎明期に提唱されてたもの。


 フィグ乗り車モデルは2シーターだと世界観が広がるものと信じておりますが、3シーターは更に楽しさが広がる……? こんな車で遊びに行きたい!
 
 さて、次回はカラバリ篇です。
 
posted by 関山 at 02:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 自動車作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

【レゴ製品】Architecture好評? 続く、企画。

 日本だと初期の割高な価格設定のゆえか(今は内外価格差の少ないシリーズです。関係者に感謝音符)、未だ注目されきってない感のあるArchitectureシリーズですが、シリーズ展開が順調に続くってことはあちらでは売れているのでしょうか。

 推測ですが、ランドマーク系は日本のナノブロックの市場を狙ってるのかもしれません。ナノの小さい建物はamazon.co.jpランキング見る限り売れてるようですから。
 一方でモダニズム建築系は「廉価な建築模型」という立ち位置かもしれません。建築模型のキットとして考えるとArchitectureは大変に廉価ですから……。


 ちょっと古いニュースですが、先のNYトイフェアで出てきた「#10213 ビックベン」「#10216 南大門」はランドマーク系の新作でした。
http://toysnbricks.com/lego-architecture-21013-big-ben-21016-namdaemum-gate/




 #21013が396ピースでUS予価29.99ドル。
 #21016が325ピースでUS予価34.99ドル。 
 どちらも価格と内容のバランス優れてますし、ミニマムなモデルとしての緊張感もあります。日本での実売価格次第ですが、部品取り的にも美味しそうに見えますし。

 今度はモダニズム建築系で、以下の情報が伝えられています。まだ画像なしですが。
LEGO Vila Savoy Paris 21014 (MSRP: $69.99 USD)
LEGO Eames House 21015 (MSRP: $59.99 USD)
 以上、ToyNbricksより。
http://toysnbricks.com/more-lego-architecture-2012-sets-21014-21015/

 サヴォア邸 wikipedia
 イームズハウス weikipedia


 それにしても、どちらの流れもそろそろ日本の建築も扱って欲しい……。
 モダニズムだと中銀カプセルタワービルあたり如何なもんでしょう。インパクト充分ですし、なにより構造形状が最高にレゴ向け(笑)。あ、でも取り壊し決まってますから無理ですかねぇ。その道以外じゃメジャーじゃないですし。
 あと、ライト路線で帝国ホテル旧館は嬉しいですが、ロビー邸とデザインがかぶるので企画としては難しい?

 都庁とかスカイツリーとかフジテレビ本社だとメジャーですけど、あんまり面白くないような(飽く迄、主観です)。
 うーん、日本は意外と難しいのかもしれません。ランドマーク系のほうが未だ、望みはありますかも?
 
 そういえば、建築史的意味やランドマークではなく、「聖地」という意味でビックサイトはcuusooで提案されてました(笑)。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

【国内作品紹介】enquete-art様の「流線型列車」3題

 先にも少し触れましたが、brickshelfに詳細な写真が上がって来ました。
 畳の部屋で撮影されているこの作品群。日本を代表するアメリカ形作例といえましょう。

  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=497394

 M-10000。1930年代、極めて初期の流線型列車。アメリカの鉄道車両の例に従い、鉄道会社よりは車両メーカー主体の企画だったようですがユニオン・パシフィック鉄道に属しました。飽く迄試作であったためか、二次大戦中には金属供出のために解体されてしまった極めて短命の車両でした。
(全盛期のアメリカの鉄道車両には、数年で影も形もなくなるような「幻の名車」が少なくなったのです。今のAmtrakは平気で60年前の展望車を第一線で使ってますけど……)
 グロテスクにも見え、しかして時代が一回りすると機械美とか感じさせるあの造形を見事にモデル化。塗り分けの階段状処理が綺麗です。
 また、ヌメッとした最後部も綺麗に処理されています。
 床下に目を向けると、台車スカートも表現されているのが嬉しいところ。流線型の魅せどころです。

  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=497394

 エアロトレイン。こちらは1950年代の流線型列車。豪華さよりは合理性を重んじた、軽量低重心の列車でした。客車は当時の長距離バスの車体を拡幅した設計だったそうです。各地の鉄道会社で試用されましたが、従来の列車ほどの設備や乗り心地が維持できず、短命に終わっています(保存車はあるようです)。
 ボンネットの大きく突出した前面は鉄道車両としてはあまりにも型破り。ここまで強烈な流線型はそれまでにもこの先にもありません。
 モデルでは、この前面も、また低重心構造もあますことなく再現。客車のバス式メトロ窓(前傾した、昔の観光バスのような窓)も表現されています。
 なお、この列車もおしりが特徴。GMが作っただけあって、当時の自動車のような雰囲気です。


  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=497398
 パイオニア・ゼファー。1930年代、M10000のライバルでした。こちらは車両自体は割と長生きして1960年代迄は現役だったらしいです。保存車もあり。
 長く多くの人の目に触れてきたがためか、レゴ化された作品は少なくないですが、このモデルは「曲面的に、まろやかに」まとめているのが特徴でしょう。
 屋根が低く表現され、#10022のサンタフェ客車あたりと並べたら背の低さ、重心の低さが実感できそうですね。
 
---------------------------------------------------


 以下余談。
 アメリカ形、管理人も手を出してみたいと思いつつ、なかなか手が付けられません。いくつもいくつも作ってみたい題材はあるのですが(主に電機や電車、アメリカ全体では少数派ですが)。併せて1930年代〜1950年代の流線型も大好物。何時か、頑張ってみたいです。
 
posted by 関山 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【価格情報】日本未販売#10000代特集

 価格面でamazon.co.jp購入のメリットがあるもののみ、並べました。


 VIP会員(誰でもなれるけど)限定のミニモジュールタウン#10230(未)は箱傷み扱いの中古品(実質新品)が12480円+関東送料500円。おそらく1箱単位の個人輸入に近い価格だと思います(3箱以上の複数購入だと話は変わってきますが)。ちなみに1356ピースなのでパーツ単価は10円切ってます。



 SWの大物2つ。
 #10215「オビワンのジェダイスターファイター」(未)は8650円送料込より。bricklinkの相場が6400円くらいからなので、どう考えても自力個人輸入よりもお得な価格。
 #10221「Super Star Destroyer」(未)は45797円送料込。7kgというボリュームゆえ、個人輸入時の送料はちょっと考えたくない金額になりそう……。一応、bricklink相場は36000円からなのですが、あれこれ含みで10000円で送れるかどうかかなり怪しい。手間も考えたら悪くない価格。
 但し、総合的に敷居は高い製品ですね。
(ボリュームも価格もモジュールタウン2.5個分ですから……)
 
 モジュールというと、正規扱い分がamazon.co.jp扱い品切れのために相場高止まりしてる#10218ペットショップも並行輸入品枠ならこの価格です。ただ、安い商品は海外発送なので納期が若干掛かるのが難ですね。時間が掛かっても良い方向けでしょうか。17400+関東送料340円なら正規品の33%offと変わりませんが。

 今回のテーマ外ですが、#8677 「メーター(大)」がまた38%off、2594円に戻ってきています。茶色の特殊パーツ(=カマボコ系スロープ)取りには最高のセット。パーツリストこちら。
http://www.bricklink.com/catalogItemInv.asp?S=8677-1


(管理人の未購入品は「(未)」を表示しています)
posted by 関山 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

【レゴ製品】2012夏製品:Friends新作各種

 新製品情報、もう新鮮味はなくなってますが……。
 Friendsは夏アイテム全種は公開されていません。大物(リゾートホテル?)の情報が未だ出てこないのがなんとももどかしい。

 情報源、画像はfbtb(Flickr)より。
http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/sets/?&page=1


◆#3184 Adventure Camper

 ピンクのキャンピングカーと小型トレーラ。そしてバーベキューセット。例によって小物いっぱい。

 悪くない……と申したいのですが突っ込みどころが。色、派手すぎです。白ベースに屋根だけピンクくらいなら悪くないと思うのですが、ライムにダークピンクも混ざって色彩が賑やかすぎるような感が。
(せめてライムの部分もピンクか白なら、違和感のないデザインになったと思います)
 車の形もちょっとごつい。一昔前のCity車なんですが、もっとまろやかな「かわいい」デザインには出来なかったんでしょうか。理想はワーゲンバスですけど(大型セットには入ってきますね。今回画像出てきませんでしたが)。
 あと、ブライトピンクの車ドアが実現しなかったのは残念です(笑)。まぁ使い途限られましょうが。

 他画像こちら
http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/sets/72157629296691677/
 309ピースでUS予価29.99ドルです。ここは頑張ってましょうか。


◆#3189 Heartlake Stables

 夏フレンズ・リゾートシリーズ(勝手に命名)では先の#3184以外では色彩センスが随分と渋い方に向かったのは既報通り。タンとダークレッドの世界にピンクのアクセントというのはパラディサの今様解釈のようで悪くありません。
 中央の建屋の屋根は開閉。わら置き場?が中二階になってるのは面白いです。

 他画像こちら
http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/sets/72157629296699909/
 401ピースでUS予価49.99ドル。ちょっと、高い?


◆#3937 Olivia's Speedboat

 ボートの他に砂の城と小道具(バケツは新色!)、ビーチマットにパラソル。あれこれいっぱい。ここまで来るとお約束、スイカとバットがないのが惜しまれます(爆)。

 他画像。
http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/sets/72157629296722239/
 65ピースでUS予価9.99ドル。小物とボートもセットで有りますからお得感あり?
 ちなみにボートの船体は6幅飛行機の尾部ですね。
http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?P=87615
 凄い転用ですが、違和感ありません。


◆#3938 Andrea's Bunny House

 アフロウィッグが一番安く手に入るセットとしての価値はありそうです。白い車ドアは片方のみ……。

 他画像。
http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/sets/72157629296725437/
 62ピースでUS予価9.99ドル。うさぎ、可愛くない……。


◆#3939 Mia's Bedroom

 いきなり音楽系展開意識しちゃってるのは、日本の某人気ガールズバンドアニメを僅かにでも意識してるんでしょうか……? という妄想はともかく、家具もドラムセットも出来がいいです。クリエイターの家のインテリアセットとして使いたくなりますね。ちょっと気になるのはテーブル上のラジオ。えらくクラシックな形状です。お父さんの……というよりお爺さんのかしら?
 あと譜面台の支柱が新部品のような気がするのですが……?

 他画像。
http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/sets/72157629296729363/
 85ピースでUS予価9.99ドルですから、このシリーズの中ではお得感強し。


◆#3316 LEGO Friends Advent Calendar




 アドベントカレンダーは「冬服」なのですね。ハートレイク市は年中夏ってわけではないようです(笑)。
 小物いっぱいは嬉しいようで、Friendsというシリーズが小物のインフレですから、かつてのベルビルアドベントほどのインパクトはありませんかも。
 箱絵は不思議な、レトロな感じのするタッチです。嫌いではありませんが、右上のFriends標準とのギャップが凄いことになってます。

 他画像こちら
http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/sets/72157629296713059/
 193ピースでUS予価34.99ドル。フレンズがと云うより、アドベントカレンダーの価格がそろそろキツイと思います……。
 
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】cuusoo、次のお題は「モジューラーウェスタンタウン」? 現在4178票

 cuusooは旧規定(1000票で製品化)時、日本ローカルでは「しんかい6500」「はやぶさ」の2製品を実現。そして新規定(10000票)になってまもなく「Minecraft」がすぐに製品化にこぎつけてしまった由。そして初期イメージよりもずっと洗練された製品画像で度肝を抜いたのでした……。

 そして、現在注目されているのが「Modular Western Town」です。



 確か3000票超えた地点で、「Eurobricks」「ToyNbricks」「Railbricks」という海外主要レゴメディアが揃って取り上げていました。これが2週間前の2月7日のこと。
http://www.eurobricks.com/forum/index.php?showtopic=65910

 そのあと更に票が伸び、現在4178票!

 第1〜第3弾に迄に比べると、なんともレゴの10000番代としてのニュアンスが強い。「しんかい」「はやぶさ」「mine」ともにレゴじゃない人の方の支援や、規格決定後の購買が目立っている印象ですが、こちらはレゴファンによるレゴファンのための、レゴファンの企画という感がします。
 
 で、さすがに写真に写っているものの製品化は無理でしょう。どこまで現実的な形にサイズダウンディテールダウンされてくるかも興味深いところ。
 ただ、近年の10000番代デザインを知っていると不安よりは期待が膨らむのですね。#10193中世城下町や#10217 ダイアゴン横丁辺りの「ウエスタンバージョン」が実現するんじゃないのかなと思えるのです。

 投票はこちらへ(日本からのアクセスは日本語になる模様)。
http://lego.cuusoo.com/ideas/view/1787
 勿論、管理人も1票投じてます。



posted by 関山 at 22:15| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品(cuusoo) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

【鉄道作品[日本型]】東急5000系試作(飽く迄、試作)

 先のキハユニの改装を行って湘南顔にひと区切りつけ、エフ様の作品見てると、あの電車が日常であった地元民として悔しくなって来ましたので、取り敢えず前頭部試作と側面のバランス取りのテストをば。



 あんまりレゴ標準緑は持っていないので、今はこれが精一杯です。取り敢えず問題点の洗い出しとして。
 一応、前面はなんとか円やかさに。側面は窓の大きさとか位置とかのバランスが何とかなってるつもり。前者は原型のHゴム無しの大窓、後者も原型スチールサッシを意識と。
 
 とはいえ、何時着手できるかは定かではありません。
 資材は或る程度確保してあっても手付かず……が現状幾つもありますので、一から大量の資材購入(緑!)が要求されるこのお題は後回しになるかも。
 一応、構想というか妄想としてはレゴスケールの3両編成を考えてはいるのですが。
 
posted by 関山 at 23:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】ワーゲンマイクロバス2題。Suu様とkoyamada様。

 どちらも正面の「金太郎の腹掛塗り分け線」に「道路標識の三角形」を用いているのが特徴。
 但し、コンセプトが違うので作風はかなり異なっています。


◆SUU様の、ワーゲンマイクロバス

 前部キャノピーは背の高いタイプ。側窓は飛行機窓で窓のたくさん並んだ感じを意識されています。垂れポッチ部品によるバンパーが印象的。白は激レア部品ですが、新灰色ならまだ入手しやすいですから増備も可能ではあるのでしょう。
 ドアは全て開閉。側ドアを開けた感じがとてもいい感じですね。この種のバン型車が魅力を見せる1シーンでしょうか。後輪の覆いは拙作シトロエンGSと同じ手法です。
 リアは丸みの表現にこだわりを見せています。

 全体にリアルさよりは、可愛らしさやレゴらしさ、遊ぶ上での楽しさへの志向が見えましょうか。


◆Koyamada様の、ワーゲンマイクロバス


  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=496495
 こちらは背の低いキャノピーを使っていますが随分印象は変わるもの。側窓は寸法比の方をリアルに近づけているのですね。ピラーに1×2タイル使っているのも印象的で、肉の薄さがブロックとは全然違います。こだわりが感じられる部分。窓下の1×2白タイルも雰囲気をリアルに。

 前面は微妙な傾斜による流線型感を表現。よく見るとフロントキャノピー下に半プレート分の隙間ありますが、殆ど気になりません。

 ドアミラーやドアハンドルなどもこってる部分。後部フェンダーは普通に角型ですが、前後の形状差異はこの車らしいところですよね。
 リアウインドウは省略されていますが、そのかわりのまろやかなテールのラインは魅力的です。グリルタイルはここにエンジンがあるという説得力をもたせます。

 4幅フィグ乗りという規格の中での、リアルティを追求したモデルでしょう。
 

posted by 関山 at 23:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする