何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年01月22日

【作品紹介】緑の電車2題(risky様/エフ様)とワーゲンバス続々(エフ様/かう゛ぇ様)

 昨日は更新できなくて申し訳ないです(一昨日も割と手抜きでしたし)。
 毎日更新鉄則ですが、多忙とネタ不足が重なるとこんなこともあります。ヒマなら自分の作品で写真撮って文章書いて記事にすりゃいいのですが……忙しいとそれもままならず。

 ……とかいいつつ、Risky様の作品は本気で見落としてました。今頃の記事化で申し訳ないです。


◆Risky様の自由形路面電車

 Risky様の記事
http://blogs.yahoo.co.jp/risky_risky_lego/28931365.html
 前面を改修し、側窓を全て同じ形に。ぐっと「電車らしく」、スマートに洗練された雰囲気になりました。緑と赤の組み合わせは決して派手には見えず、明るく楽しげに見えるのが印象的です。

 前作こちら
  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=459295
 これはこれで微妙な重苦しさが味のある作品したが。
 変な喩えですが、改修前には共産圏と云うか東欧的な匂いがちょっぴり漂って来たものでしたが、改修で西欧・南欧的な明るさを手に入れたのではないでしょうか? それこそ定番ですがリスボンやポルトの電車を思わせるのです。
 
 あと、ロードプレートの上に電車乗せると、線路がなくてもそれらしく見えてしまうものですね。「製作者」氏はお勤めに間に合ったようで?何よりです。


◆エフ様の「アオガエル」

 エフ様の記事
http://blogs.yahoo.co.jp/f1963/12417062.html
 正直申して「先越されて悔しい」です(笑)。でも、前面・側面とも文句のつけようのない完璧な造形なのですね。前面は先の5200とは対照的に鼻筋は省略して傾斜を優先していますが、この電車の解釈として違和感がありません。前面窓は取り付けの工夫で全部クリアにできるかもしれませんが……如何でしょうか?

 側面は裾の丸みがまんま、そのまま。上半の微妙な傾斜は省略されてても気にならないものです。それにしてもドア部のステップ処理が印象的です。丸い車体裾から微妙にはみ出てましたから。

 悔しいですが(笑)、完成が楽しみです。
 そういえば、この電車は「長野・岳南・福島」辺りのカラバリ展開も可能なんですよね(笑)。


◆かう゛ぇ様のワーゲンバスのカラバリ展開

 かう゛ぇ様の記事
http://blogs.yahoo.co.jp/kaveve/28946196.html
 青・黄色・スカイブルーとカラバリ展開が来ました。パーツの都合でホイールアーチ部分にレゴ標準の山形と、ホイールアーチなしの角型がありますが、あの車の印象としてはどちらも正解な感じがしてどちらが良いか判断できないですね(笑)。
 一方で、ホイールに関してCars仕様の新形のほうがずっと似合っています(お取寄依頼ありがとうございます♪)。カーホイールって意外と大事な要素ですよね。


 かう゛ぇ様の記事
http://blogs.yahoo.co.jp/kaveve/28950566.html
 そして、今度はトラックバージョン。緑色が鮮やか! ホイールアーチは未だに緑色が存在しないので「角型」はやむなしとして……。
「これだとワーゲントラックというより軽トラに近い。」
 うーん。ホイールをCarsタイプに変更で車の大きさは感覚的に変わってきそうですから、印象は変わってくるかもしれませんよ。ですから、ホイールベース伸ばすのは最終手段にされたほうが良いのかも? 他の子達との整合性もあるでしょうし、RRでモノコックの車だとホイールベース伸ばすのはなんかイレギュラーな感じがしますから。
 あと、軽トラは軽トラで魅力的な題材ですよね(笑)。

 それから、ファビュランドフィグとの組み合わせが最高に楽しく、美しい!
 ファビュランド復活は無理にしても、背後の家も含めこんな雰囲気の製品がCityとは別にリリースされないかしらんと本気で思わされてしまいました……。


◆エフ様のワーゲンマイクロバス。移動販売車(カレー屋さん)

http://blogs.yahoo.co.jp/f1963/12425553.html
 エフ様の記事

 リクエストお答え下さり、ありがとうございます! 日本で現在この車を見かける機会といったら移動販売車が多いですからね。可愛い姿は目を惹いて販促効果もバッチリと。

 窓は家窓(正確にはトレイン窓の裏側)ですが、こんな感じに開口部を可愛く処理するというのはこの車にはありそうです。後ろの「顔」も楽しげ。白い部分はコック帽なんですね! 細かい芸が楽しい。窓のない側にもこの種の遊びあればベストなのですが……?

 車内にはズンドウ。スパイス筒。
 そしてお店展開時のイーゼル形ブラックボードにパラソル。この種の作品を盛り上げるのは「小物」であることを再認識と。

 こんな雰囲気の製品がCityとは別にリリースされな(以下略)。その辺の願望はともかく、かう゛ぇ様エフ様ともに「プロダクツ」的な雰囲気を備えているのが嬉しいところです。製品的な作品って意外と難しいと思うのです。
 
posted by 関山 at 21:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする