何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2011年12月29日

【鉄道作品】札幌市交通局 A830 の改修。長さとボリューム感とスケール感。


<before>

<after>

 他の画像はこちら
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=492153

 前回の製作記事
http://legotrain.seesaa.net/article/242589876.html#comment

 仮の完成後、意外と気になったのは
「全長、短すぎ!」「車高、低すぎ。見た目も貧弱!」ってこと。
 欧州系の市電ビルドの「長すぎだろ」「車高高すぎだろ」に対するアンチテーゼでもあり、その反動が行き過ぎ(笑)。
 また、既に作ってきてた低床電車の技術援用ではありましたが、同じ流儀で1960年代の電車作るのもいささか配慮足りなすぎ。
 どちらにしても万葉線MLRV1000とか、広電5000とかと並べた時のスケール的違和感が著しいのですね。或いは自動車(乗用車)やミニフィグ、モジュール系タウン系の建物に対比させても。

 割と迷った上で、以下の改修を行いました。
・全長を窓1つ分づつ、すなわちピラー含めて3ポッチ分延長する
・車高を1プレート分上げる
・1−2−1の軸配置はやはり違和感あるので、ダミー車輪を付けてごまかす


◆全長の延長
 最初は連結面で伸ばすことを考えてましたが、後述のダミー車輪つける関係で、運転台と中間ドアの間で1つ分(3ポッチ)延長しています。編成全体で6ポッチ分。
(ちなみに連結面でも更に窓ひとつ増やすと実物同様の窓配置にできますが、流石にそれは長すぎです、多分)

 ショーティ感と言うか可愛らしさは薄れましたが、如何にも輸送力対応車っぽい堂々とした風情にはなったかと。
 延長部分に緑灰の2×2タイルが足りなかったので、魔道書のプリントタイルを広告に見立てて使用。魔術と科学が交錯する(以下略


 長くなった分、カーブでの折れ曲がりも大きくなり連接車っぽさも強調されています。


 車体延長に関連して車内もアーチ型の補強付けました。実物にはない要素ですが、防風板も兼ねてあればいいのにな的な感じで。ちなみに実物には車掌用のカウンターがありますが、さすがにこの寸法では省略しています。


◆車高上げと貫通路
 車高を床下で1プレート分あげています。先頭台車は車輪枠が少し見えるようになりました。ボリューム感も変わってくるものです。


 モーター周りは、床面1プレート上げたおかげでわずかにゆとりが出来、トレインモーター前後のツメにひっかけていた左右の覆いを上から垂れポッチでぶら下げる形に改めました。これでモーター台車の全長を2ポッチ詰め、台車の不自然な大きさを少し改善しています。

 連接車の基本である連結部も、ホイールベースが3ポッチ伸びた関係で要改修。
 アレコレ試した末、貫通ドラムの上面にターンテーブルつけて回転するようにして※、そこからフックをつけて車体を「釣る」方式にしました。フックというのがポイントで、微妙に遊びがあるのでカーブや勾配前後などでの微妙な動きに追随しやすくなってます。こういうところをテクニック系でガチガチに固めちゃ、多分ダメです。

※:固定してしまうとS字カーブがクリアできません。


◆ダミー車輪とその効果
 実は違和感を感じていたのは先頭台車が1軸であったこと。意外とシルエットに顕れ、気になってしまう点でした(車輪というのが鉄道車両における要点であるのを、再認識)
 ガチで2−2−2のボギー車にするのは難しすぎるので論外。貫通幌諦めりゃ2−2−2で固定軸でいけなくもないのですが貫通幌省略するのはイヤ(あとカーブでも見た目も美しくない)。小径車輪ならボギー車に出来ますが走行性能考えるとやはり却下。走行しないダミー車輪でごまかすことにしました。
 基本はトレイン車輪の枠のみ利用。車輪はいろいろ考えましたが黒で丸い形をしていること、適度に「挟み込める」ものということでホイール付きのタイヤを使用。走行時レールに引っかからないよう、軌道面1mm位の微妙な位置に固定しています。



◆改修のまとめ
 手をつけたときには「あぁやっちまった……でも元に戻すの大変だし」と微妙な気分で始めた改修でしたが、やはり「弄ってよかった」という感じです。

 実は路面電車のスケールは本線車両と比べて違和感のある部分で、A830の場合は全長21mと言われますから本線車両に合わせると全長32ポッチじゃないといけないのですが、実際その寸法で作るとえらく寸詰まりでディフォルメ過多なモデルになってしまうでしょう。
 ショーティはショーティで肯定すべき文化ですけど、ショーティとフルスケールが同じ世界観に混在するのは避けたいですからね。
 そんなわけで、今回の改修は微妙なところを「いじった」のかもしれません。
 まぁ「レゴスケール」は既にディフォルメスケールなので、何を今更という感じはありますけど。


 乗用車や人間、自転車とのバランスは取り敢えず、満足です。411ブルーバードは時代も揃います(笑)。


 広電5000 GreenMoverとの並び。広電5000は従来型の3車体連接車と同じ長さなので、2車体連接のA830はその2/3位が気持ちのよい長さ……となるはず。
 

 
posted by 関山 at 23:18| Comment(7) | TrackBack(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする