何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2011年12月26日

【雑談】この発想はなかった! gif動画での組み立てアニメ emerald様のエメラルドナイト組み立てgif

 いや、brickshelfにjpgだけではなく、gifが上げられることを失念しておりました。
(bmpも上げられたとおもうんですが、非常識に重くなるので勘弁願いたいところです……)

 で、gifなら簡単なアニメーションもできる由で、それならこんな企画も成立しちゃうのですね。

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=492141



 勿論、炭水車に客車版もあり!
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=5312727
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=5312728

 いろいろ、応用の余地はありそうです。
 製品レビュウは勿論、自作でも特殊な技法を使っているところや、動きで見せる作品を紹介するのに使えましょうし。また、こまどりアニメも勿論。

 なにより、動画ほどシビアに撮影環境を用意しなくて済むこと、普通にbrickshelfに上げ、見てもらいやすいというのはメリットでしょうね。
 
◆◇◆◇◆◇◆   ◆◇◆◇◆◇◆


 USでは絶版(S@Hから商品ページも消滅!)になってしまった#10194エメラルドナイト。
 日本特有のタイムラグのおかけで未だ12980円の「通常価格」でamazon.co.jp扱いありです。
 しかし、絶版品消えるスピードは加速掛かります(風車村は瞬殺でした……)。気になる向き、複数欲しい向きは今のうちに! このセットに関してだけは「買わないと後悔」します。何より後継の10000番代の蒸機の話がでてくる前というのがキツい……。

 レゴ社さん、本気で後継製品考えてるんでしょうねぇ。#7750の二の舞は勘弁願いたいものです。悲しいかな、製品の供給は連続してくれないと、ファンの興味関心も連続してくれないのですよ……。
 
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【記事紹介】イグ様の「駅前帝国メガトロニア」より、「レゴランド ディスカバリーセンターにパーティールーム?」

 ソースの記事は読みましたが、記事にするタイミングを逸しておりました。イグ様のまとめが適切だと思いましたので紹介する次第です。

 「駅前帝国メガトロニア」より
レゴランド ディスカバリーセンターにパーティールーム?
http://bionicle.blog.shinobi.jp/Entry/351/

ソース記事(こちらはまるごと引用)
http://www.fashionsnap.com/news/2011-12-22/legoland-discovery-center-yokyo/

東京・お台場のデックス東京ビーチに2012年6月中旬、日本初の「LEGOLAND・Discovery Center(レゴランド・ディスカバリー・センター)」がオープンする。体を動かせるアスレチック遊具や、4Dシネマ、東京の街並みをブロックで再現したジオラマなど、レゴブロックの魅力を表現した様々なアトラクションを用意。また、2015年以降には、名古屋にも同施設の建設が検討されている。

  「レゴランド・ディスカバリー・センター」は、英国及びヨーロッパで第1位の規模を誇るエンターテイメント・レジャー企業MERLIN ENTERTAINMENTS (マーリン・エンターテイメンツ)が手がけるレゴブロックを使ったアトラクション施設。レゴブロックを通じて、子供たちが目と手を動かし、遊びながら創造力を育てることを目的に、現在はイギリス・マンチェスター、ドイツ・ベルリン、アメリカ・シカゴなど3カ国5施設が運営されている。2012年にはアトランタ、カンザスに続き、「LEGOLAND・Discovery Center Tokyo」のオープンが決定。同社が、2012年1月4日まで期間限定で展開している体験型アトラクション施設「マダム・タッソー東京」の跡地が利用される。

 「LEGOLAND・Discovery Center Tokyo」では、メインターゲットを3歳から10歳の子供を持つ家族連れに設定。延べ面積は約1,000坪。レーザービームを使ったシューティングゲーム、毎回テーマに合わせた作品を作るレゴ教室や、未就学児向けのレゴ商品「デュプロ」を使ったプレイグラウンドなど、創造力をふくらませながら遊べるレゴブロックを使った様々なアトラクションを揃える。また、誕生日会や"ママ会"などに向けたパーティールームも設置する予定だ。

■レゴランド・ディスカバリー・センター東京
 オープン予定日:2012年6月中旬
 場所:デックス東京ビーチ
 延べ面積:1,000坪(予定)


 
 イグ様のまとめですと、「パーティルームが気になる」とのこと。
 誕生日会ママ会を想定しているようですが、AFOL達のためのオフ会ルームとしても使わせてくれれば、と。

 日本におけるレゴのオフ会的活動が盛んになりにくい理由に「場所・会場の問題」は大きいと思いますので、オフィシャルでレゴで集まれる場所提供してくれれば云うことはないのです。
 勿論、費用はなるべくお安くお願いしたいところです。民間の貸会議室級じゃ意味無いので(笑)、「レゴ関連の集まり限定」とかで公共施設クラスなんて言っちゃいけないのかしら。

レゴの施設がレゴビルダーを拒んだら本末転倒なので(笑)、
 いや、まさにその通り。
 レゴビルダーというレゴを一番たくさん買ってくれてる※ファンへのサービスがあってもいいのですよね。

※:レゴジャパン経由じゃないのもありますけど。まぁそこは大きい問題じゃないでしょう多分。
 

posted by 関山 at 23:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 記事紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする