何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2011年12月25日

【鉄道作品】札幌市交通局 A830 1960年代のモダンな市電



<他画像はこちら>
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=492153

 1964年製造。似た様な形のA820とともに札幌市電を代表する車でした。
 しかし、地下鉄整備と交通政策上の問題でせっかくの連接車群は引退を余儀なくされ、1976年ころには運用離脱。名鉄に払い下げられた3編成以外は早期に廃車されてしまいました。
 名鉄払い下げも含め完全な形で残っているものがないのは惜しまれますが、ほぼ同型の路面気動車D1040は1両保存車があり、雰囲気を今に伝えます。

 詳細こちら。wikipedia 但し名鉄末期の写真のみ。

 実物画像はこちらとか。
http://www.tetsudo.com/kefu/onen/337/
 こちらとか。
http://omotetsu.art.coocan.jp/sapporosiden01.htm
 どちらも地下鉄開業以前の札幌市電の姿を捉えた、貴重な写真いっぱい。
(あの時代北海道でSL撮ってても市電撮る人少なかったんだなぁと思います。意外と記録がなくて)
 日本の路面電車のどちらかと言うと低迷期※の車両ですが、デザインに関しては他に寄せ付けるもののない優美さ! 最大限に取られた大きな窓、曲面ガラス使った凝った前面。「北欧スタイル」と云われる由ですが、北欧のどんな都市にも類例するスタイルの車はありません(笑)。良い意味で個性があったのですね。
 ただ、あの時代の路面電車はあんまり長期の耐久性を考えていない安普請な車も少なくなかったようで、車内写真を見るとインテリアの簡素さに驚かされたりします。引退が早かったのも(また名鉄にしか譲渡されなかったのも)実はその辺も理由だったのかもしれません。

※:復興期が1980年ころの軽快電車。それが1990年代後半以降の低床電車群に繋がっている由です。

 なお、流麗なデザインは東急玉川線のデハ200に通じるものもあります。札幌市電の200形以降の丸っこい電車は東急車輛の設計といわれ玉電200の影響下にあるそうですから、同じ東急車輛製のA820/A830も同じ文脈で語っていい車なのかもしれません。


◆レゴ化にあたって
 数年前ですが、この世界の先達たるAWAZO氏との雑談で「札幌の市電、中でもA830とかは絶対レゴじゃ無理だろ!」と盛り上がったことを覚えてます。側面の大窓はともかく、細いピラーをどうするのか。あとは前面の大型ガラスの処理。あと、微妙な塗色! 
 数年間「あれは無理」と思いこんでいました。

 が、別の北海道在住のビルダーさんとお話する機会があったとき「以外となんとかなる?」と思って設計してみると、意外となんとかなる! あとは数週間のブランク空けて制作に至った由です。

 以外と何とかしたのは、以下。

●側面の細いピラー → 普通に1×1ブロックで割りきってしまいました。ぶっとくなりますが強度とか考えたらこれが一番。

●前面形状 → 1枚もののキャノピーじゃ絶対無理ですが、複数のスロープやパネルを組み合わせりゃなんとかなる? なお、腰から下は横組で楽勝です。

●塗色 → ダークタン+緑が近いんじゃないか? しかしダークタンでは基本的な部品さえ供給ないのが判明し、タンに割り切り。色あせた感じならギリギリ見えなくもないと。あと腰回りの緑も灰緑に変更。

 「多少の」妥協ということです。



 あとはモデル化へのアレンジ。
 全長は長すぎると他の本線車両との整合性が壊れますのでいつもどおり極力詰める。それらしく見える窓割を最低限維持することで決めました。
 床面も路面電車として納得できるレベルまで、下げる。(日本語だから出来る話ですが、海外の市電作品は床面が高くて雰囲気壊しているもの少なくないのが残念すぎます)
 その関係で、足回りは「2-2-2」のボギー式連接を、「1-2-1」に省略。ボギーの旋回があると床面を下げるのが極めて難しくなり、車体形状への悪影響もある為です。
(ちなみに「2−2」の二軸車2両編成へのアレンジもちょっと考えました。連接台車はダミーの飾りで済ませると。流石に連接車の機能を省略するのはなんかと思いやめちゃいましたが)


◆腰から下。連接部
 先ずは腰から下を完成させます。側面タイルで隠し処理しているのはこれまでの低床電車系と同じ流儀。但し、2プレートほど床を上げ、普通の電車の範疇に納めてはいますが。
 また、タイル処理のお陰で前部で車体幅絞りこまれている部分が、内部のヒンジ処理するだけで再現できてしまいました。


 苦労したのは連接台車がモーターなので動きまわる周りの処理。側構体と座席と床面を合体させたような作りで、連接台車上を構成しています。

 連接台車は車体裾の一部も含めたデザイン。これでも車体全長に対して台車が大きすぎるのが難です。


 貫通幌はMLRV1000、京阪「びわこ」、広電5000に次いで内部の通路を確保した方式。2車体間の連結は「びわこ」のとき同様、屋根上で2車体をテクニック接続しているだけ。


◆腰から上。前面
 側面はパネルと1×1ブロックをひたすら積み上げるだけです。ピラーはやっぱりぶっとすぎると思いつつ、窓配置はそれっぽいと思うので納得しています。
 座席がある部分のパネルは上下分割にして、せずり兼保護棒の表現にしました。実物写真見ると意外と目立つところですよね。


 前面は何度か作り直し、なんとか納得できる形状に追い込みました。幸いであったのは他の目的(ドイツのガラス電車ET91用)に確保してあった33度スロープ3×3のクリア(たしかレア部品)があったこと。
 この電車、前面窓は微妙に傾斜しています。そこを省略しちゃいけません(=制作上の制約になります)。最初幅2高さ3のクリアパネルを考えてましたが、実物の前面窓は意外と横幅も広い一枚ものなので少しでも幅を拡げるため幅2高さ2のパネルを二枚繋げて横倒しにしました。
 なお、検討として幅4高さ3のパネルを横倒しにし、左右をクリアのポチスロで処理というのも試作はしましたが、随分角張った雰囲気になったので却下(まぁ1980年代の軽快電車でも作るときは役に立つのでしょう)。

 ドアは運転台直後のものは省略して腰部のみドアっぽいダミー表現で済ませましたが、センタードアは4箇所ともスライド開閉。ドア下半部を側面とツライチにできたので、ここに関しては本物よりスマートかも?

 でっかい前面方向幕付近の作成は楽しかったです。やたら目立つパンタカバーも同じく。


 車内は灰色の床に赤いシート。ずいぶん明るい雰囲気に。実物のカラーリングは分かりませんが。


◆まとめ
 完成はしました。
 が、やはり無理無茶な題材を妥協重ねて造った作ではあります。見た方には「札幌市電の連接車」と認識していただけるのかしら? 不安です。
 とはいえ、前面形状に関しては欧州の、やはり1960年代の路面電車作るときにでも応用・アレンジ利くかな?と思ってるところです。あっちのほうが三車体とかそれ以上の連接あって面白いですし(をい。

 さて。
 発表までしといてから記すのもなんですが……全長を短くアレンジしすぎたこと。車高を下げ過ぎたことが制作翌日から気になっています。実物写真見直すともうちょっと長くてスマート、でもって高さ方向へのボリューム感もある電車なんですよね。

 大改修(床面1プレート上げ、全長窓1つぶん延長)しようかしまいか……。
 
posted by 関山 at 23:56| Comment(5) | TrackBack(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【国内作品紹介】G@ひたひた様の大物車。シキ610タイプ。テクニックとシステムの幸せな融合? 大物車のバランス

 先方の記事
http://blog.goo.ne.jp/hita_h_i/e/0592fa4dd0ca6f1a5de92317a37ef092
(以下画像は、上記記事より)



 G@ひたひた様の大物車。先の4軸の小型大物車に引き続き、よりリアルな8軸のが早くも登場です。
 今度もテクニック中心の組み方ですが、仕上げ?にウェッジプレートを貼って形状を整えている由。幸せな癒合という表題は些か大げさかもしれませんが、第一印象はまさにそんな感じでしたので。
 また、テクニックに最小限のシステム系部品※入れて形状を整えるというやり方は、やはり近年の製品っぽい雰囲気でもあります。

※最近は云わなくなりましたけど、テクニックの対義で「普通のブロックやプレート」という意味。


 「積荷」は今回もPowerFunction電池BOXですが、或る程度リアルな車体でも違和感がないものです。共和国軍のマークは大物車に付いていると、何となく「丸に運」の日通マークに見えるので不思議なもの。

 プロトタイプはシキ610形とのこと。確かに雰囲気がよく出ています。軸数は半分以下に減らされていますが違和感は皆無で、大物車の魅力だけが抽出されていると云えば良いのでしょうか。

 ところで。
 レゴで現実的な大物車を考えると、この「2-2+2-2」の8軸というのはバランス面からの「落とし所」なのかもしれません。
 実物通りの車輪数にこだわると強度とか曲線での張り出しとか厄介な問題が増えてしまうんですよね。そもそも長さからしてオーバースケールになってしまいますし。
 自分もその辺で(あと予算も!)考えつつも断念している題材ですから、割りきってしまうのは手なんでしょう。
 
 そんなわけで、久々に「RMライブラリ93 大物車の全て(下)」を眺めなおしているところです。車輪数をどう割り引くか、車体構造はテクニックかシステムか、或いはトラス状の一体部品か……迷いどころは多いのですね(無論、予定は未定です)。
 
posted by 関山 at 17:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする