何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2011年12月21日

【レゴ製品】Friendsの夏リリースモデル。リゾートがテーマ。色調も渋く?



 情報源TOY N brick

 参考動画

 レゴ社の、Friendsへの経営資源の投入は相当に気合の入ったもののようです。
 1月リリース(日本がさほど時間差ないのですね)も相当なラインナップですが、夏〜冬投入商品も9種という大量攻勢。

 印象的なのは色調が1月発売分に比べると「やや抑えめ・渋め」の中間色になっていること。この色彩センスは評価したい!
 リゾートがテーマというのもそうですが、雰囲気的にもパラディサの復活……といえなくもないような気がします。

 あとは……「ミニフィグになってくれれば文句なし」ですね(苦笑)。


 #3938 小箱 うさぎ小屋?

 #3939 小箱 私室インテリアセット(ベッド・ドレッサーテーブル・デスク) そしてドラムスセット。小物のかごはこのセットが初めてかしら? ドラムスよりも実質的な家具セットというのが印象的です。

 #3563 中規模の箱 水上飛行機と岸辺 あの女の子たちは飛行機にものってしまいます。飛行機のデザインはいまいちですが、岸辺の桟橋やキオスク?の色調が茶色・タン色も含むやや渋いものになっているのですね。

 #3??? 小箱 モーターボート(ジェットスキー?)とビーチマット。砂の城! ちょっと世界観がパラディサチック? これでミニフィグならなぁと思える色調です。
 
 #3186 中箱 ジープとホーストレーラー。小さな飼葉置き場付き。全体にCityのホーストレーラー思わせますがパステルトーンです。よくよく考えてみたら馬は従来仕様だとミニフィグ用ですから、Friendsフィグには合わないのでしょう。だから専用品と。

 #3184 中箱 キャンピングカー。先代のCityのような、牽引型ではないキャンピングカーです(2012年Cityには牽引型がありますから同時に二種類!)。プラス野外用テーブル。それに自転車2台。ミディアムブルーのチャリは初めてかしらん。この製品だけはケバめのパステルトーン。

 #3189 やや大きめの箱 乗馬クラブ。パラディサでもお馴染みの題材ですね。厩とか柵とか。色調が割と渋めです。

 #3185 大箱 別荘? 大きなリゾートハウス。馬は3頭。そして6幅の車も入ります(なんとワーゲンマイクロバス風) シリーズ最大規模車内でしょうか。#3189同様のタン色の壁に茶色の屋根という渋さ。この色調ならミニフィグへの差し替えも違和感なく楽しめる?

#???? アドベントカレンダー Friendsもアドベントカレンダーあり。既に2012年もCityとSWのアドベント決まっていますから、3種での攻勢になるのですね。小物取り用に魅力あるかもしれません。
 


 ところで……ここまでやるからにはトレインも欲しかった(笑)。
 リゾート地に向かうロマンスカーなんか如何でしょう? リゾート地での復活蒸機とかでもかまいませんけどね。
 こんな所まで、鉄道が身近じゃないアメリカ市場を意識しなくてもいいと思うのですが(笑)。
 
posted by 関山 at 19:30| Comment(6) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

【レゴ製品(トレイン)】鉱山トロッコに幽霊列車?が来ました

 先に断っておけばトレインの新製品ではないです。他テーマにさり気なくトレイン要素が紛れ込む……という流れですね。

 でも「City」の新サブテーマ鉱山シリーズに簡素ながらトロッコ(産業用DL+鉱車)が入り、新シリーズ「MonsterFighters」に幽霊列車?が入るのは嬉しいこと。
 取り敢えず、各テーマの掘り下げは後回しで「速報」をば。

 情報源はTOY N Brickより。

●2012年City後半(病院・鉱山etc)
 参考記事
 参考動画
 
 噂のあった、鉱山テーマの登場です(あと無関係ですが病院も)
 
 トレイン関係は「#4204」。鉱山の坑口付近をジオラマ風にした大規模セット。機関車は4幅の産業用ディーゼル機関車。それにプラス鉱車1両と見えます。えらく渋い題材がきたものです。
 レールは例のトロッコレールではなくて4.5Vタイプの直線レールですね。


●2012年新テーマ「MonsterFighters」
 参考記事
 参考動画

 こちらも噂のあった、ゴシックホラーテーマの登場です。
(あさぎ様、情報提供ありがとうございます)
 トレイン関連は「#9467」ですね。機関車はアメリカ風の4-4-0で、派手なウエスタントレインに対して黒中心の渋い配色です。幸いにも大動輪パーツ(黒)は健在。しかし先輪は普通のトレイン車輪ですが。
 問題は貨車、トレイン車輪じゃなくてタイヤなのはなんで? コストだと思いますがそこまでイジワルしなくてもいいじゃんと思うのですが。機関車そのもののデザインもウエスタントレインよりは劣化気味かも? それでも嬉しく思ってしまうのはトレインファンの性ですね……。

 なお、他製品のフルサイズのレトロアメ車なんかは割といいデザインです。6幅の2CVも気になる存在だったり。
 
posted by 関山 at 23:23| Comment(3) | TrackBack(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】早くも「ロード・オブ・ザ・リング」製品の画像(動画)がリーク?

http://toysnbricks.com/lego-lord-of-the-rings-2012-sets-9469-9470-9471-9472-9473-9474/
 情報源はTOY N bricksから。



 まずは製品リスト
* LEGO 9469 Gandalf Arrives
* LEGO 9470 Shelob Attacks
* LEGO 9471 Uruk-hai Army
* LEGO 9472 Attack On Weathertop
* LEGO 9473 Mines Of Moria
* LEGO 9474 The Battle Of Helms Deep


 そして、その情報源がYoutubeの動画です。

 但し、フェイクではないのでしょうね。手間がかかりすぎていますから。

 個人的な印象ですが、「お城シリーズ(Fantasy Era)」というよりは、ハリー・ポッター(但し、2010年版)やプリンス・オブ・ペルシャよりのデザイン文脈だなぁと思いました。
 これは否定的なニュアンスではなくて(苦笑)、映画のシーンを一般向け製品のクオリティで再現するという文脈からのデザインと思ったまで。ハリボテとか映画セット的という意味じゃないです。あと、色彩センスはあの世界観らしさが出せているなぁとも。
(2012年の新部品「レンガ模様のブロック」もこのシリーズのために生まれたんじゃないかと思うほど多用されてます)
 また、最近のSWやPOCもそうですけど、入ってるミニフィグを「売り」にしているのも印象的ですね。

 ただ、細かいコメントはもっと具体的なものが出てきてからにしたいと思います。
 特に旗艦アイテムの#9794の規模がちょっと想像できません。凄くいい可能性も、思ったよりショボイ可能性もありますから。
 
 
posted by 関山 at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【価格情報】モジュールタウンの今/SuperHerosちょっと割引率上がる

 例によって、管理人未購入の品は「(未)」表示しています。
 なんだかんだでモジュールタウンは全部買ってますね。下手すりゃ複数。全部組んでないのが問題といえば問題ですけど……。


 #10218ペットショップのamazon.co.jp扱いでの予約がなかなか始まりません(毎日確認しているのですが)。しかし、マケプレ価格は先行きをわかってかジリジリと下がりつつあります。
 現在、送料込17980円が最安値(箱傷みのため新品の中古品扱)。amazon.co.jpでの価格がまだ分かりませんが、今まで通りの流れなら(既にトイザらス向けに「希望小売価格」を設定してしまってますし)、17000円台が予想されます。早く手に入れたいなら選択肢としてありかもしれません。
(ちなみにこの製品出たばかりの地点では、個人輸入での原価が18000円くらいでした……その意味では今の価格は悪くないのです)



 #10197ファイアーブリゲード(消防署)はamazon.co.jp扱で16969円。
 #10211グランドデパートもamazon.co.jp扱で16850円です。どちらも「通常」価格ですが、もう一声もう一押しが欲しいところです……。

 この前も記事にした「絶版危惧種」Kingdomsですが、指輪物語のレゴ化が発表されてしまった以上、収束の流れは加速してしまいそうです。S@H(US)では既にSoldoutの「風車村の攻防 #7189」「王様のお城 #7946」(未)が今の価格(33〜36%off。内外価格差ほぼ無し)で手に入るのもそんなに長くはないのかも。
 2009年パイレーツがあっという間にPOCに駆逐された「歴史」が予想されちゃうのですね(不人気アイテムはしつこく残りましたが、人気のあるセットは割と早く消えました)。


 少し前からですが、2012年2月発売SuperHerosが少し割引率上がっています(28%→31%)。最終的に33%offまでは頑張って欲しいものです(一応、予約商品価格保証ありです)。


 大物になると数%の差も大きい。バットケーブは劣化の印象も否めないのですが、旧版はもう遠い彼方に行ってしまいました(プレミア価格的に)。浅草橋のバーゲンで買っとかなかったことは少し後悔しています……。
 
posted by 関山 at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

【考察】Friendsの評判が良くない?(ピンクはフェミニンなのか?)

 情報源Eurobricks
http://www.eurobricks.com/forum/index.php?showtopic=63572

 さらに、そのソース
http://news.yahoo.com/blogs/trending-now/not-happy-line-lego-girls-171858897.html

女の子のためのレゴの新ラインについては満足していないウェブ

大手玩具メーカーレゴがされ出てくる女の子のためのおもちゃの新しい行で。デンマークのプラスチック製の玩具メーカーは、女の子の5歳とまでを対象とし、"レゴフレンズ"ラインを発表しました。Twitter上の人々がされてののしること、特におもちゃのほとんどはピンクの色-その型通りにフェミニンな行を作成するためのレゴで。一人はTwitterで "女の子はそれがピンクでなくてもおもちゃが好きなことができる。" レゴCEOヨルビグKnudstorpは"これは、我々は、10年にやった最も重要な戦略的な立ち上げです。"ノート そして休日の競争を避けるために、ラインは2012年1月1日にロールアウトします。これはおもちゃの会社が人気のクラシックの女性バージョンをリリースして初めてではない。1957年にライオネルと呼ばれるパステル電車セットで出てきた"レディライオネル。"

 ソースの英文を強引に訳してみたところ、問題になってるのは「なんで女の子向けはピンクなんだ」ってことみたいですね。
 世界中のAFOL(All age Fun of Lego……意訳すりゃ「大友」)が思ってる「なんでミニフィグじゃないんだ、なんでシームレスじゃないんだ!」ってことではないみたいです。残念ながら(笑)。
(まぁ、この記事書いた人はベルビルとかパラディサのこととか「全く」知らなそうですけど……)

 AFOL的観点からすると、ピンクのパーツはあんまり数がリリースされてないので、女の子向けという面目でも供給が増えるのは素直に嬉しいのですけどねぇ。
 
 なお、
「1957年にライオネルと呼ばれるパステル電車セットで出てきた"レディライオネル。"」に関しては以下に写真があります。
http://www.flickr.com/photos/scottandrew/48504695/
 モロにピンクのアメリカ型蒸機のHOゲージ(Oゲージかも?)模型。名門ライオネル暴走しすぎです(笑)。さぞかし売れなかったことでしょう。
(ピンクの電機ならED46※があるから問題ないでしょ!って突っ込むの禁止)

 そういえばエポック社のゲーム機スーパーカセットビジョン(1984〜1986)にもピンクの「レディースセット」があったこと思い出しました。当然、全く売れなかったらしいですけど。

 ただし。
 日本のガラケー全盛期(たった数年前)ですがピンクモデルを持ってる男性も少なくなかったの記憶してます。話を聞いてみると、その色しかなかったとかじゃなくて、黒・白・銀とかと比較して自分に合ってるからピンクにした……というようなしっかりした意見の上での選択だったと。同じ事はDSやPSPみたいなゲーム機でも云えますよね。
 だから、ピンク=フェミニンというのも21世紀の今日では偏見のような気がするのです。

 で、Friendsの問題点はもっと別のところに(以下略。

※ 日立が1959年に造った交直流電機の試作車ED46ですが、そのデビウ当初は所謂交直両用機のピンク(というよりローズレッドかあずき色。EF81など)ではなく、明るいピンク(レゴで云うならパラディサピンク)に塗られてたという説があるそうな。
posted by 関山 at 23:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】エフ様の東急5200系電車。強調と省略の選択。

 日本初の※本格的ステンレス車です。1958年製造。5000系アオガエルのステンレス版で、愛称は「ゆたんぽ」「ステンレスカエル」「銀カエル」。1形式1編成4両のみの製造でしたが、幸いにも先頭車2両は保存されています。

※その前にタム5500やEF10の事例がありますが、その辺は目的も違いますね

 この電車に関してはといってたころの大井町線での4連やら、大井町線になってからの5000系1両組み込みの5連とかが思い出深いです。1編成のみの激レア車ですが、数回は乗車の機会もありました。内装は6000系や7000系の印象に近かったように記憶します。一方で目蒲線時代の印象は薄いです(奥沢の車庫で昼寝してるとこしか見てないですね)。

 実物詳細こちら(wikipedia)。


  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=491521

 先方の記事
http://blogs.yahoo.co.jp/f1963/12134560.html
http://blogs.yahoo.co.jp/f1963/12129163.html
http://blogs.yahoo.co.jp/f1963/12128393.html

 大きく引用させていただいた写真ですが。見事に奥沢検車区辺りの雰囲気が再現されてますね。
 5200がいた頃に前面赤帯の7000はちょっとだけ時代合いませんけど、そんなの気にならないです。電車のスケールがあっているのと、細部表現の共通項があるため、世界観が見事に出来上がっている!

 肝心の5200は、前面の傾斜を省略されていますが、その分、窓上の急行燈や、方向幕で「らしさ」が強調されている。テールライトの表現も「この手があったか」という感じ。ヘッドライトのデカ目も嬉しい♪
 なにより、「愛嬌ある、鉄仮面」な雰囲気がそのまんまなのが嬉しすぎます(やはり仰角の写真は一番絵になってます)。

 側面も見事に5200ですね。独特の「くの字」こそ省略されているのも気になりません。側面の窓とドアの間隔に、後年交換の小窓のドアが如何にも、それらしい。
 全長のディフォルメもプラレール的可愛らしさ。難しいかもしれませんが、5000系組み込んだ5連なんて夢見てしまいそうです。

 先の7000系もそうだと思うのですが、エフ様の作品は電車作りで、
「どこを省略していいのか、でもどこを強調すればらしくみえるか……」
 のお手本じゃないかと思えたりもします。そして世界観統一の大事さも。
posted by 関山 at 20:51| Comment(5) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

【作品紹介】takashi様の山手線E231系電車と、富山ライトレールの電車

 takashi様の新作です。
 前回作品はこちら、なかなかのハイペースですね。限られた部品の中での制作に見受けられるのですが、制約をものとされないペースにクオリティは見るべきものがあります。


http://youtu.be/K5U_DK2PlFg
 山手線E231系500番代。1両のみのモデルですが、前面はよく雰囲気が出ています。逆スロープによる三角形の隙間を利用して、E231系500代らしさを出しているのですがなかなか効果的です。あの手法はいろいろ使えそうな気もします。
 隣にレッドアローがいるのも「わかってる」感じですね(ここでは富山地鉄ではなく、西武の電車!)。


http://youtu.be/Cz1AAE9SMus
 富山ライトレールの電車。前回もありましたが、今回は6幅化され、スリムに、そしてスケール的に。
 前面の傾斜と、前面側部の処理がとても綺麗です。
 そして、PowerFunction機器搭載という制約下で2両編成にまとめているのが巧いです。実物は2車体2台車の連接車ですが、2軸単車×2という見立ても出来ますから。ドア位置の塗り分けもきっちり点対称に。
 youtubeのコメントに「車輪は覆う予定」とありますので、実現したら見違えって見えることでしょう。

 全体に「南富山検車区」な雰囲気を狙っているのもいい。先の地鉄電車たちと並ぶ所とか。
 さり気なく写ってる保線機器も楽しいですね。シンプルながら有りそうなデザインですから。
 
 
posted by 関山 at 23:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベント】第18回運転会レポート。レゴ忘年会♪


http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=491602
 他写真はこちら(検閲済です♪)。

 最初に結論申し上げてしまえば、見事なまでの「レゴ忘年会」でした(笑)。
 でも、それで十分に楽しかったのも事実。「金麦」+つまみ持ち込んでくださったなも氏に感謝です。あとは買いだしも行ってリーズナブルな持ち込み呑み会になったのでした。


 あ、でも、なも氏のレーティッシュ鉄道新作もあるんですよ♪ 予想外のサプライズでした。
 対して、管理人の新作は先日発表した広電5000グリーンムーバーのみというのは正直情けない。
 実はもう1本編成モノの電車(「西」がついていた頃のドイツ電車で4両編成)を昨晩半徹で頑張ったのでしたが、車体のみしかお見せ出来ず、と。
 
記事の続きがあります
posted by 関山 at 17:15| Comment(4) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

【レゴ製品】新テーマ「ロード・オブ・ザ・リング」ネタ? マジ!!

 先ほどのエメラルドナイト絶版に……の記事書きつつ思い出したのは、そういえば#10194の最初の写真が出てきたときに「マニアの作品による、ネタじゃないの」という空気であったこと(苦笑)。

 あんまりにも良すぎる知らせは「ネタ」と思って疑ってしまう癖がついてしまいました(笑)。

 ロード・オブ・ザ・リングに関しても、映画公開当時「レゴでハリーポッターだけじゃなくて指輪も版権とってくれ!」という声を聞いていたように記憶します。
 またそれに基づく作品も割と見られたものでした。

 ですから、Eurobricksで第一報見た瞬間「ネタ?」って思ったものです。
 
 でも、これは「マジ」のようです。



 こちらはレゴ社のプレスリリースへのリンク。
http://aboutus.lego.com/en-US/PressRoom/CorporateNews/article/380673.aspx

Corporate News
Warner Bros. Consumer Products and The LEGO Group Build on Partnership to Produce Construction Toys for THE LORD OF THE RINGSトレードマーク(TM) Trilogy and the Two Films Based on THE HOBBIT
 ワーナー・ブラザーズと版権契約を結び、その中に「ロード・オブ・ザ・リング」が含まれているという流れのようですね。
 2012年後半に製品展開となる模様です。

 これで現行お城シリーズ「Kingdoms」が収束方向にあり、また新お城シリーズの話もでてこないのがわかったような気がします。
(或る意味Kingdomsの前の「Fantasy Era」への回帰でもありますね)
 
 ちなみに管理人は「指輪物語」は原作しか読んでないです。しかも昔の読みにくい訳の(苦笑)。でも、触れたことのある、興味のあるテーマの版権ものは素直に嬉しい♪
 
 また、原作が「語り継がれるような名著」であり、「今様の中世風ファンタジー※のルーツ」でもありますから、レゴの版権製品も、それこそスターウォーズの如き定番として永く続く可能性もありましょう。

 あとは製品のクオリティと価格。がっかりにならないこと願いたいものです。

※:よく云われる「指輪 → D&D → ウィザードリィとかウルティマとか →」という流れですね。まぁ所謂JRPG(電源要るのも要らないのも)になるとかなり変質しちゃってますけど。
posted by 関山 at 02:02| Comment(6) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品:トレイン関連】エメラルドナイト 遂に「Sold Out」!?(米S@H)


 「#10194エメラルドナイト」が公式通販Shop@home(US)では、遂に「Sold Out」になってしまった模様。
http://shop.lego.com/en-US/Emerald-Night-10194
 上リンク参照。

 思えば2009年春の製品でしたし、パーツの仕様などを変えて数度のリピートを行なってましたから(2011年出荷分はインストに厚紙同封だったりします)、良い感じで「寿命」を迎えたのかもしれません。

 トレインビルド、特に蒸気機関車を変えた製品。また、現システムPowerFunctionをリードする存在として「伝説」になっていくのでしょう。

 唯一惜しまれるのは、後継製品の報を待たずに消えて行くことでしょうか。
 良き後継品(大型蒸機+客車)がリリースされる中であれば、発展的解消として肯定もできるのですけれど。
 そういう意味では、12Vの#7750のような孤高の伝説にはならないで欲しいものです。
 伝説でも、モジュールタウン#10182のような、道を開き今に続く流れを生み出すものであって欲しいと。

-------------------------------------------------------


 なお、日本のamazon.co.jpでは未だ通常の価格(12880円送料込み〜)で購入できます。
 もし迷われていたり、二箱目三箱目を狙われてる向きはお早めに。トレインは絶版になると殆どの場合、入手が大変めんどうになります……。

(管理人も割と後悔してます。アレは保存用にもう●箱確保しておくべきだったとか、コレは部品取りにばらしちゃったああ勿体無い……とか)
 
 
posted by 関山 at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】2012年新製品続報、cityの隠し玉にニンジャゴー2種

 
 Cityは#4205。森林警察版「移動指令本部」というところ(まぁ、おなじみの展開です)。
 6幅の車体に、8幅の司令室というのは4幅主義者的にはなんだかなぁ……と思うのですが、思想信条的なものを抜きにすれば十分にかっこいいデザインで大味感もありません。2012年Cityのデザインの良い面が顕れた感じ。青い車ドアも嬉しい(これがなくちゃ!)。

 情報源はEurobricks。 元記事に写真各種あります。


 ニンジャゴーの方は海外では三種追加ということになっているのですが、「#9455」に関しては既に日本じゃamazon.co.jpで既出という……。日本テーマということの優遇なのかしら???

 情報源はToy N brick。


 #9455「ヘビヘビ・ロボ」。
 まぁ、蛇の生物学的美しさを無視したちょっとどうかと思うロボ造形ですが。
 ところで、ヘビヘビ・トレインなんてどうでしょ。ヘビヘビ・トラムでライムグリーンのコンビーノ(5車体連接とか)だったら涙モノですけど(大馬鹿)。

 
 こちらは新作な#9457。
 日本だと「ヘビヘビ・クレーン」になる可能性高し(笑)。でも価格次第ではキャタピラ部品取りとかに使えるかも。何よりX形アングル材各種の「黒」が嬉しすぎます。
 クレーンにワイヤー張ってないとかは突っ込んじゃいけない製品なんでしょう。

 
 こちらも新作#9456。
 ベイブレード的なスピンステージ。蛇vs龍、なんですね。
 
posted by 関山 at 00:55| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

【鉄道作品(日本形)】広島電鉄5000形 グリーンムーバー(下)

 「先輩」Suu様が記事にしてくださいました。必読です!
http://blog.suu.namaste.jp/?eid=1389454
 「フルスケール」に対する「レゴスケール」、うん、いい言葉(今後使わせてもらいます)。


 そういえば広島つながりで、車はマツダ。サバンナRX-7にクリフカットのキャロル。時代が合わないのは気にしない約束(笑)。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=491347

 前回記事はこちら。
【鉄道作品(日本形)】広島電鉄5000形 グリーンムーバー(上)



●制作
 まず、中心になりモーターも入るE車から制作開始。次に構造上不安のあるフローティングのC車。並行して前頭部の試作。これで一段落。
 翌日に先頭車A車を作成して試作の先頭部をくっつける。この状態でフローティング構造の試運転……。ちゃんと顎上がらず尻餅つかずに走るのをみて一安心。そしてクネクネの楽しさも久々に実感。
 あとは一気に反対側のD車とB車を組み上げ。
 実は車体の多くが「窓・ドア・タイル」で構成されるので見た目ほど使用部品数・工数は多くないのです。
 
 


続きを読む
posted by 関山 at 19:12| Comment(6) | TrackBack(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

【価格情報】これは絶版! あれは未だ健在? 絶版情報

 新製品が大量投入されれば、当然、去るものもたくさんあります。

 情報源はshop@home(US)……公式通販です。ここで「sold out」になるということは本社レベルで絶版、あとは流通在庫のみということに(一時的な在庫切れだとsoldoutではなく、バックオーダー表示になります)。そのあと、人気商品(特に10000代)ならプレミア化への道を辿りかねません。
 つまり、お早めにということ。幸いにも日本のamazon.co.jpやヤフオクは若干の「タイムラグ」があります。

 また、商品が絶版になるとその商品にしか入っていない「固有部品」もbricklinkでの相場が上がる傾向です。部品狙いの方も「急いだ」方が良いのかもしれません。
(bricklinkからの調達は「カンザンブリック」で請負います! お見積もりお気軽に)
 
(以下、管理人の未購入品は「(未)」表示しております)



 #10210 インペリアルフラッグシップ(未)は遂にshop@home(US)でsoldoutに。過去最大のレゴ帆船であり、この規模の船は次にいつリリースされるかわかりません。ましてやライバルの提督軍では。
 今のところ、未だ高騰はしていませんが……。
(なお、カンザンブリックでも欧州圏からの輸入を引きうけます。20800円程度が、手数料込み国内送料抜きの見積価格となります[納期2週間]。ご検討ください)



 #10199 クリスマスセットは一度の品切後、なぜか復活した経緯があります。が、またs@hでsoldoutに。

 #8404 輸送ステーション(未)は送料込14300円より。これも絶版。元はトイザらスグループ限定なので#10000代よりも数が出ていないかも知れません。

 #4841 ホグワーツ特急(4代)(未)も絶版に。未だ36%off 8017円の通常価格です。
 なお、赤いトレイン窓もこのセットだけであること付記します(過去の供給もそこそこありますが)。

 #7597 ウエスタントレインの追跡はもう価格が上がり出してしまいました……。
 但しヤフオクの相場はまだまだ尋常です(個人売買に抵抗なければそちらをお薦め)。また、緑の窓とか赤い動輪狙ってる方もお早めに?




 気がついたらお城シリーズが危機的状態になってしまいました。

 旗艦アイテム「#7946王様のお城」(未)がUSでは絶版です。日本のamazon.co.jpでは余裕で36%off 9354円ですが。タイムラグ?

 今年の夏に出てばかりの「#7189 風車村の攻防」もUSでは絶版に。いくら何でも早過ぎるとは思うのですが……。復活の奇跡期待するよりは、日本のタイムラグに感謝する方が良いのかも。未だ何時もの33%off、7016円です。自分は一箱購入してますが、二箱目を考えたほうがいいのか……。

 同じく出たばかりの「#6918鍛冶屋しゅうげき」(未)も早くもUS絶版。低価格にも関わらず、武器各種に鎧、鶏まで入ったセットでしたが。
 
 「#7947 ドラゴンナイトの塔」(未)は既にamazon.co.jp在庫なし。価格も上がってしまいました。


 小物にレアフィグだらけの「#4840 ウィーズリー家の隠れ穴」(未)も絶版に。タイムラグのお陰で? 36%off 6681円で入手できるのですが。あっちの標準価格は59.99ドル+日本より高い消費税ですから内外価格差もさほどないのですね。

  
 
 2011年夏に始まったばかり、12月末に追加アイテムの出る「Cars」ですが、「#8638スパイジェットを追え」(未:38%off 5218円)と「#8426 海からの脱出」(未:33%off 1890円)はUSでは絶版扱いです。
 
 「#8677 メーター(大)」は絶版とは無関係ですが、amazon.co.jp価格が久々に39%off、2581円になっていますので紹介する次第。このセットの固有部品(新茶のカーブスロープ各種)は意外とbricklinkでも出ておらずパーツ買いは割高に付きますから(!)、新茶狙いならセットごとの購入はお勧めです。パーツリストこちら。
http://www.bricklink.com/catalogItemInv.asp?S=8677-1
 EF10の丸っこいのとか、EF56初期型とか作れないかと考えてるところ(笑)。

 最後に、シリーズとしては
 アトランティス
ファラオズクエスト
トイ・ストーリー
 は既に収束していますので、今後絶版品増えていくこと予想されます(相場が高騰するかどうかは分かりません。不人気品が高騰することもありますし、そうじゃないこともありますから)。

◆◇◆◇◆◇◆


 なお、2009年頃の「少し前の」製品も含みますが、以下は「在庫」若しくは「バックオ−ダー」になっているのを確認しています。
 この辺は「もう幾許かの」の猶予はあるかもしれません。

 #10193:中世城下町
 #10194:エメラルドナイト
 #10197:ファイアーブリゲード(クラシック消防署)
 #10211:グランドデパートメント
 #10217:ダイアゴン横丁

 鉄板の人気商品は供給期間を延ばしてくれている感じはしますね。

 ただ、#10217辺りはベースになるハリポタが収束の方向ですから、何時まであるのかと云う感じはしなくもありませんが。
 
<追記>
 #10194エメラルドナイトは「Sold Out」になってしまいました。
(あひる様、情報提供ありがとうございます)
 日本のamazon.co.jpなどではまだ通常価格で購入できるようです。
posted by 関山 at 23:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【鉄道作品(日本形)】広島電鉄5000形 グリーンムーバー(上)


 他画像はこちら(検閲済)
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=491347

 日本形といってもドイツ製ですから、欧州系の情景にも使えます。
低床電車になってからの路面電車はデザインが良い意味で「世界共通」なんですよね(おや、まるでレゴのようだ?)。

●実物について。
 1999〜2002年に12編成が輸入された日本で二番目の低床路面電車。Siemensの「combino」タイプで世界中に仲間がいる由。


 5車体の連接車で
「A-C-E-D-B」
という編成を組みます。車輪があるのは「A,E,B」車で、「C,D」車はフローティングとして、宙に浮いている由。
(日本の規定ではこうした車両も「1両」と数えます。E車は恐らく日本で一番小さな鉄道車両ですし、C・D車は車輪のない鉄道車両ということになります)
 ちなみにこの構造はまるっきり新規のものではなく、連接車の黎明期にみられたものの「再発見」ですね。単車を二両用意して、間に中間車体をぶら下げた「駕篭かき」構造は1910年代に発生し、1960年代まで欧州で見られたとか。

 広電5000の詳細はこちら。

 管理人はデビウ10年後の2008年に乗車していますが、なお斬新な作りに感嘆させられたものです。街のシンボルになる力を持った電車と云えましょう。


 管理人撮影。2008年10月。


●2003年のSUU氏作品
 そんな広電5000形は、かなり早い時期にレゴでの作例があります。
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=87598

 なんと8年前、2003年12月の作品です。(これが最後になってしまった)EJLTC総会でのデビウ時のインパクトは忘れません。フローティング車体を構成するため、また貫通幌を成立させるためのノウハウの数々。実物同様、技術を集めた作品でした。
 そして、カーブをくねくねと滑るように走っていく姿にも魅せられてしまったのでした。


●万葉線MLRV1000の制作から

  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=455011
 brickshelf
http://legotrain.seesaa.net/article/173850192.html
 制作記事

 随分時間は流れて2010年冬。
 突発的にいろいろなアイディアが「降って」きて、作り上げてしまったのがこの作。詳細は制作記事に譲るとして、この制作から得られた結論は以下。

・低床電車の制作は何ら難しくない! 連接構造に、ダミーではない幌構造も。もちろん床面下げるのも。
・動力は普通の9Vモーターで大丈夫。付随車輪もトレイン車輪の枠付きで問題ない。足回りを「タイルで覆う」ノウハウも得た。
・前面形状。同じキャノピー使って左右を緑にすれば……?
・ドアは建物用のクリアのを使えば、極めて無理なく開閉にできる。



●コンセプト・設計方針
 発想から制作まで1年掛かってしまったのですが、コンセプトはこんな感じ。
・技術的に冒険しない。先の万葉線をベースに「バリエーションモデル」のつもりで考える。
・全長は詰められるだけ詰める。可愛らしさを出すのと、他の本線車両とのバランスを取るため。

 後者ですが、先頭車(A車・B車)のホイールベースをギリギリまで詰めて11ポッチ。
 また、動力車(E車)は普通に作ればトレインモーター分の10ポッチ+幌入り込む空間の前後1ポッチづつで12ポッチになるところ、モーターの上まで幌を持ってきて前後のマージンを無くし10ポッチに。
 編成全長は68ポッチ。普通の32ポッチ長の電車ちょうど2両分に抑えこんだ由。モジュールタウンに合わせるなら2モジュール分でもあります。

 また、全長を詰められるために先頭車のドアは省略しています。

 しかし、この地点で懸念はありました。
 「A-C-E-D-B」編成のうち、フローティングになってるC車・D車の重量で、先頭車(A車・B車)の前輪が浮き上がって尻餅状態になり、まともに走らないんじゃないか? と。
 ダメな場合は、C車・D車のフローティングをやめ、E車を中心に1軸車を前後に2両づつ繋げた作りも考えていました。
 まぁ試してみなければ分からないと、実物通りのフローティングを一度作って見ることにしました。

 

<次回に続く>
posted by 関山 at 22:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

【レゴ製品】Friends初レビュウ(Eurobricks)! 気になるFriendsフィグは?

 注目の新製品Friendsのユーザーレビュウがやっと出てきました。簡素なセットのものですが。
 でも、気になるFriendsフィグの「秘密」に迫ったものです。


http://www.eurobricks.com/forum/index.php?showtopic=63434
 daoudbazaar様によるレビュウです。#3930アウトドアベーカリーが対象。使用画像もこちらからの引用です。
 
 まず、「No stickers ! What a good news ...The sunshade piece and the 1 x 1 milk brick are printed.」とのこと。上の写真の牛乳パックは「プリント」なんですね。素晴らしい。


 キモ! とか思わないでください。この写真の意味は大きいのです。
 まずはミニフィグとの身長比較と体型比較。ミニフィグのようなずんぐり体型じゃ女の子には受け入れられないという判断はナイス!だったんでしょう。ビルンドの会議室の中だけでは(苦笑)。
 まぁ、ミニフィグとギリギリ小物をやインテリアを共用できるサイズというのは(ベルビル派閥への)ギリギリの妥協点だったのかもしれませんが。

 で、大事なのはそんな既に語られつくされたことではなく「ヘッドギアはミニフィグと共通・互換性あり」という事実。


 Friendsフィグの解剖……もといパーツ構成。足が左右一体というのはポーズ付ける上で不利ではあります。やっぱりいらない子?
 でも女の子の髪型は豊富になるわけですから、存在意義はありましょう???


◆◇◆◇◆◇◆  ◆◇◆◇◆◇◆


 そんなわけで以下は広告。まだ割引率が28%ですが(予約商品の価格保証対象ですよ勿論)。
 日本での発売1月26日です。


 レゴ僻地の日本でもほぼフルラインナップという気合の入れ方ですが、お薦め?は上の4製品でしょうか。
 先のヘッドギアの件もありますので、そこも選択の基準になるかもしれません。

シリーズほかはこちら

 amazon.co.jpでは何故か商品画像消えたままなので、画像はここらを参照に。
http://www.brickset.com/browse/themes/?theme=Friends
  
 
posted by 関山 at 19:07| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

【価格情報】#10222 ウインターポストオフィスが6500円切り、6480円→6280円に(終了…) /他



 クリスマス前になって38%offで6480円。もちろん最安値更新です。
(12/13 22:20追記:よく見たら6280円になっています……)
(12/14 0:00追記;毎度おなじみの「瞬間最大風速」的セールでした。今は7280円に戻ってしまいました)

 密度のある、小さいながらもまとまりの良い製品。
 買うのも組むのも飾るのも「肩のこらない」規模であるのもうれしいところ。モジュールタウンは無理でも、このスケールで建物揃えてみるのも楽しいかも。後面開放の昔懐かしきレゴの家+モジュールの精細ビルド、という見方もできましょうね。

 通常の?7016円でも値打ち感ありましたが、この価格なら未だお持ちでない方、迷っている方は「決めてしまって」良いかもしれません。商品自体はすぐに絶版にならないのが今のレゴですが、クリスマスに合わせられるのは今だけです(笑)。
 

<以下 追加>


 「#7046 王様のお城」(未)は久々の42%off、8500円。クリスマスプレゼントの王道? 21世紀入ってからのレゴ城ではもっともクラシックな雰囲気を湛えます。持ってないけど、欲しい。
 それにしても来年のお城シリーズ新製品情報が全然見えてきません。#10000代で大きいのは来ますけど。

 「#10194 エメラルドナイト」はamazon.co.jp扱い分が12980円。もう一声欲しいところですが、これも考えてみたら2年半以上前の製品です。やはり後継の「汽車」が本気で欲しいところ。

 地味に注目されている1月19日発売の基本セット小箱「#4637 サファリ」「#4636 ポリスカーとろうや」は割引率32%まで上がって来ました。それぞれ863円です。
 サファリは緑の車ドアにタン色の飛行機窓、一般市民な男女フィグとこの価格では美味しいセットです(加えて基本ブロックもついてくる?)。ちなみに152ピ−スなので、パーツ単価は驚きの5円67銭で10000代大型セット以上のパフォーマンスではあります。


 そういえば。
 こまめに更新して確認しているのですが、#10220ワーゲンバスのamazon.co.jp扱い分(=適切価格な分)と、#10219ペットショップのamazon.co.jp扱い分予約がなかなか始まりません。
 前者は出たばかりで未だ品薄続いちゃってるから、後者は数量確保とか価格設定調整で遅くなってるものと前向きに考えたいところです。もちろん情報入り次第、記事にします。
posted by 関山 at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

写真追記!【雑談】昨晩の更新が遅れたのは

 運転会合わせで久々に新作の電車編成モノ作ってるからです(この前発表した京急各種は去年の作品)。
 お題は「5車体連接で日本型」……実はン年前に同じ題材がレゴで作られたりもしています(笑)。偉大な先代に敬意払いつつ、自分なりの解釈での制作ですよ?

 で、この種のビルドは「構想に妄想1年、でも、形にするのに2日」だったりするのですね。資材が集まってて、技術的な部分がクリア出来てしまうと、あとは早い! 勢い乗って眠気が飛ぶのもありますけど。

 取り敢えず2日で形はできました。インテリアも簡素にはついてる。
 あとはディテールとか細かい詰めなおしとか。まぁ、これが却って時間掛かるのもお約束だったりしますが。
 ビルドの勢いが乗るのって、いいものです。
 
<追記>


 takashi様、正解おめでとうございます(笑)。

 普段製作途中の写真は面倒なので(※)上げないのですが、今回は特別、と。
 さて、屋上機器とかこれから作りませんと。

※:決して秘密主義ではないです。ほんとにめんどくさいだけ……。
posted by 関山 at 07:14| Comment(11) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

【作品紹介】PeachTree様の「ターミナル駅」と「機関庫」。重厚。そして緻密。



 見れば見るほどに「究極」とか「絶!」って言葉が出てきてしまいます。

 ターミナル駅というのは自分も作った題材ですが、それだけにこの作品の凄さが伝わってきます。
 精細さ、力強さ、良い意味での重苦しさ。特に自分が割愛してしまった「側面の建物」「インテリア」などはズシンと響くのです。若干の後悔の念などと共に……。
(まぁBFTの時はあれで精一杯でしたが)

 解説は記し出すときりがないです。写真見て気に入ったところだけでも記しますと。

・床面のタイル表現。ポチスロをはめ込んで斜め表現しています。
・壁面のモザイク画。
・階段手すりの凝った意匠。
・駅内正面アーチ状の装飾。アトランティスのあの部品にあんな使い方ありましたとは!
・建物内のバルコニー
・バー(カフェ)のインテリア。あ、よく見るとバーとカフェは別にあるのですね! それぞれ雰囲気変えてあります。
・バックヤード、裏庭、貨物系設備の再現
・よく見ると線路には信号線?が這っているのがわかります。

 さて。
 観点が違うのは1面1線という割り切りでしょうか。誤解恐れずに申せば「街」の人だとできる方法なのかと思いました。「鉄」の人だともっと線路押しこむこと考えちゃうんですよ(苦笑)。
 街と建物が主で、列車を従と考えるか。或いはその逆か。

 とはいえ。
 学べるところ、学ぶべきところは多々あります。そしてインテリア・エクステリアとも「作って・作り込んで」みたくなるモチベーションが湧いてくるのです。
 追いつくべき目標!


(この一枚は大きく引用させてください。一番好きなカットです)

 最後にありきたりな感想ですが、現物が目の前にあったら「何時間でも」眺めこんでしまいそう。
 そして、いくつも眺めてきた著名な内外のターミナル駅の思い出話とかで、更に盛り上がってしまいそうなのです。

 もひとつ蛇足。
 昨日のMugen氏の新幹線、或いは先週紹介した若い方の勢い溢れる作品群……。はたまた4.5Vの動態保存……etc。

 やはり、トレインビルドの層が厚くなってくることの醍醐味を感じます。この世界は少ない人数で回しちゃいけません。広く、みんなで楽しまなくては。
 
posted by 関山 at 23:03| Comment(5) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

【作品紹介】Mugen様の「N700系新幹線」。すっきりと美しく。

 今年夏の「#7938超特急列車組換コンテスト」の応募作の中にMugen様の「N700系新幹線」はあり、組換という制約下でここまで迫れるのかと吃驚させられたものでした。

 
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=482160
 紹介記事
http://legotrain.seesaa.net/article/222499769.html

 そのN700系が純粋な作品(MOC)として蘇りました。



  


http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=490944

 よくあるレゴ作品への褒め言葉ですが、「サムネイルだけではレゴに見えません」。しかして、ディフォルメモデルならではの可愛らしさも伝わってきます。そして、すっきり美しい。

 特徴ある前頭部の表現は「くびれ」の部分に「鼻筋」の部分を無理なく再現。ポチスロのヘッドライトが愛嬌あって可愛らしい! 横組などなく、順組だけでこの形が作れるのですね。
 
 側面は飛行機窓。今の窓の小さい東海道系の新幹線とイメージが合います。細かいけど目立つのが窓上の行先表示器と指定席表示器。精密感をぐいっとあげると。
 側帯はダークブルーで渋みがあります。細帯省略ですがお陰ですっきりシャープな印象に。

 ドアは乗務員扉も含めて全て?開閉。先頭車の乗務員扉と客扱い扉が並んでいるところは印象的ですね。
 車端部の外幌表現も! これも新幹線を新幹線らしくする要素です。

 屋上に目を向けると、6幅のパンタカバーの中に、3幅分のパンタ台が表現されているのが目に止まります。立体的でかつ精細! その上各々がタイルとカーブスロープによるつるつる仕上げ。
 また、細かいところですが、静電アンテナはフック付きプレートの「フック」を見立てているんですね。なるほど! 

 床下も斜めになった床下カバーが凝ってる。車端部のグリル付スロープ使っている部分と揃ってます。

  

 そして。車内。
 普通車・グリーン車共にインテリアが作りこまれています。グリーン車の喫煙室まで表現。ここは外から見ても窓が高いのでアクセントになっています。
 よく見ると妻面の仕切り板とか、トイレまわりのカーブした壁も再現されているんですね。

 最後に。
 褒め倒しも何ですので、ちょっと気になったことです(自分ならこうするのになぁ……レベルの戯言ですが)。

・普通車のシートピッチは狭すぎ? ちょっとフィグが窮屈そう。合わせて、グリーン車のシートはもっとデラックスでいいかも。足置きとか。
・床面は濃灰色のままより、プレート貼って床材表現があると嬉しいです。
・先頭車の前位台車にカバーがあるとスマートかも? タイル1枚分の張り出しになりますが、台車上は実物も張り出して見えますし。ただ、この種のカバーは全体を鈍重に見せる虞れもあります。無しで正解?
・連結面間はもう1ポッチ詰められるように見えます。詰まってるほうがリアルですから。


 それにしても、国内外共に新幹線作品は充実してきましたね。
 この作品が刺激になり(その力はありましょう)、ますます盛り上げることを期待したいものです。
 
 
posted by 関山 at 16:34| Comment(5) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再掲【イベント】第18回の運転会、12月17日(土)

<12月11日追記>
開催まで一週間切りましたので、再掲します。
今のところ、普通に「いつものところ」で出来そうな見込みです。

参加表明は12月15日(木)までにお願いします(不確定・保留も含)。
========================================


<第17回でのPeachTree様の作品より。イメージ写真ということで>

 次回の東京での定例運転会、もう二週間後に迫ってきていますので正式告知と致します。
 年の暮れも迫り、ご多忙の中ですがご参加の検討いただければ幸いです。

●開催日:12月17日(土)
 ※12月18日(日)は予備日とします。途中参加および退場自由。
 予備日は参加者多数の場合。扱いについては後述。
●場所:都内某所。参加者には別途お教えします。
 ※何時もの場所です(9月と同じ)。但し参加者数多数の場合は後述。
●参加資格:高校生以上のどなたでも(中学生以下は応相談)。トレインジャンル以外のレゴファンの方、一般の鉄道模型・鉄道玩具ファンの方も歓迎いたします。
 手持ち車両の無い方にも貸出車両(=管理人の私物)あり。
●参加費:無料。いつもどおり飲食物の寄付歓迎。
●参加方法:このエントリにレス。若しくはメール 極力早めにお知らせ頂ければ幸いです。
●他:レールは基本9Vですが、RCもPowerFunctionも対応します。また、レゴ製品・レゴ作品以外に鉄道おもちゃに鉄道模型、ネタ、ガジェット系の持込も歓迎。

 なお、ご恐縮ですが参加確定された方は必ずこちらへの「コメント」をお願いします。
 どなたかが参加されるか分かったほうがご参加誘致もしやすくなりますので。
(「行けるかも?」「保留」でも書いてくださると助かります)
 

 なお、第17回の模様は以下をご覧ください。
http://legotrain.seesaa.net/article/226653347.html
 速報篇。
http://legotrain.seesaa.net/article/227030041.html
 写真編その1(参加者各位篇)
http://legotrain.seesaa.net/article/227155434.html
 写真編その2(トレイン新作篇)

 また、メインのコースについては 11月25日の臨時運転会の模様も御参考に。
http://legotrain.seesaa.net/article/237379991.html
 記事
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=489785
 写真(並んでいる車両は飽くまで「イメージ」です)

 さて。
 今回は参加者数が6名までならいつもどおり、運転会として17日(土)に単独で行なってしまう予定です。但し、7名を超えていらっしゃるのなら、以前記事にしましたよう
【イベント】運転会の今後、「交流会」との分離案
 「運転会」と「交流会」を分離することにします。

 具体的には土曜日昼〜夕に「交流会」を渋谷のファミレス辺りで行う。
 作品持込はファミレスに持ち込める程度(笑)。「交流会」参加者の中の希望者を、その日の夕方〜夜に「運転会」にお招きする。という流れとなります。
 勿論、希望する全員が運転会にも参加できるようにしますが、時間の都合つく方や近場の方は翌日曜日(か、更に別の日)に来て頂くことになります。
 また、優先順位的にはトレイン作品(特に新作)ある方には優先権をお出ししたいとも考えています。

 参加希望の人数次第で催しの形が変わってしまいますが、ご参加表明お待ちしており
posted by 関山 at 07:46| Comment(16) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする