何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2011年11月13日

【価格情報】ロビーハウス#21010更に値下がり、38%offで16200円に/他

 
 安くなりにくいイメージのアーキテクチャですが、#21010限定ながら(つまり、シリーズ他商品は相変わらずです)、遂に38%offが来ました。云うまでもなく最安値。

 ちなみにパーツ単価は7円12銭4厘。これも最強クラス?
http://www.bricklink.com/catalogItemInv.asp?S=21010-1
 多少の?偏りはありますけれど。ただ、濃赤の1×2プレートは大量に入っていますので、プレート積み上げでのガチなレンガ建築を志す向きにもお勧めです。



 あとは「そろそろ、入手がヤバイかも」を貼っておきます(とはいえ、最近のレゴの絶版タイミングはすごく読みにくくなっていますが)。左から。

 元ザらス限定品の#8404輸送ステーションは在庫が減りつつあるようです。現在マケプレで13000円送料込みが最安値。

 いつ絶版しても不思議じゃない、#10193中世城下町未だ12800円(関東送料無料)で入手可能。お早めに?

 高止まりの感の強い、#10210インペリアルフラッグシップ20500円(+関東送料500円)と、ちょっとだけ落ちてきました。ちなみにモジュールタウン系より30ドルも定価は高いので、20000円ちょっとという価格はそんなに悪くありません。品不足でなかなか価格の落ちないブラックパール号よりも優先すべきはこちらかも。
 ちなみに、歴代のレゴ帆船で甲板が張ってあるのはこの製品だけの(はず)です。

 #21100「しんかい6500」はamazon.co.jp扱い分は終わっています。マケプレでは未だまだ健在ですが。
posted by 関山 at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【鉄道作品(日本型)】京浜急行 デハ230形の改良。折妻はやっぱり折妻で。

[原型2006年・改良2010年8月・再改修2011年11月]


<before>


<after>

 先ほど記事にした、京浜急行デハ230形ですが、前面を2006年に作った時と同じくヒンジプレートでつないだ「折妻」形状に復元してみました。
 やっぱり、後退角のついた折妻形状は折妻形状で表現するのがベストなんだなぁ……と。


 この角度だと、「円筒状」の表現にできたことがわかりやすいです。


 運転台があるような、ないような中途半端な姿だった非パンタ側の前面は思い切って運転台撤去車風の雰囲気に仕立てました。まぁ現状は増結用のこの車を単車で走らせる機会はないですし。
(実物は両運転台か、片運転台で貫通路付きなのでこの姿はフィクションですが)


 車内はロングシートの端に肘掛けつけました。これだけで少し立派に見える?
 なお、内側からのほうが折妻の作りはわかりやすいかもしれません。後退角は半ポッチ分。角度の保持にヒンジだけではなく、上部でクリップとバーで行なっているのがポイントです。
 運転台にはメーターを追加しています。


 例によって、500形を2両従えて。
 昔(1950-60年代)の京浜急行再現では、運行番号表示は欠かせないポイントのような気がしますね何となく。
(ところで、使いにくいレゴのシーサスクロッシング[ダブルクロス]ですが、撮影用には「使える」なぁとしみじみ。手に入るうちに買いだめしとけばよかった……。改良再生産希望です)

 その他の画像はこちらへ(検閲解除済♪)。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=488447
 
  
posted by 関山 at 21:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ニュース】二つのオンラインサービスの終焉。「Design by Me」と「LEGO Univers」

 どちらも2012年、1月末でサービス終了とのこと。情報源以下。
「LEGO Design by Me – Closes on January 16, 2012」
http://toysnbricks.com/lego-design-by-me-closes-on-january-16-2012/
「LEGO Universe Game Game Will Shut Down on Jan 31, 2012」
http://toysnbricks.com/lego-universe-game-game-will-shut-down-on-jan-31-2012/
 どちらにもプレスリリースの引用があります。



 「Design by Me」は理想ほど自由度がなかったこと、オーダーメイドのセットが割高に付いたのが定着しなかった理由でしょうか?
 MOC(オリジナルビルド)のための部品なら、レゴ社以外から購入できるわけですし。


 「LEGO Univers」に関してはオンラインゲームに詳しくないのでコメントしにくいです。ただ、コンコルド錯誤起こる前に止めたのは悪い判断じゃないと思うのですが。
(飽くまで個人的な見解ですが、リアルなレゴの面白さ知ってしまうと、バーチャルなゲームで遊ぼうという気分にはならなうのですね……。無論、車ゲームと車趣味を両立させたり、FPSとサバゲー両立されてる方も居ると思うので、一般論じゃないですが)
 
 どちらも日本ではほぼ無縁のサービスでしたから、日本での影響はあまり大きくはなさそうです。
posted by 関山 at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする