何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2011年11月04日

【レゴ製品】そういえば、あれは来年どうなるの?

 そういえば。
 2012年の前半商品情報も出尽くした感があります。
 既に記事にしたCITYに、新ラインDINOFriends。あとは定番クリエイターにテクニック。バイオニクルに代わって定着しつつあるHeroFactory
 SW系はまだ全部ではないようですが(アミダラの入る大型セット情報まだ?)。版権だとSuperherosも情報は揃った感じ。スポンジボブも(地味に続いてます。定番強し)。carsも頑張りそう。
 アクションテーマではニンジャゴーは無事継続。Ninja側も機械化されて方向は変わりそうですが……。

◆◇◆◇◆◇◆


 ここまで出てくると、今年のラインナップの中で情報でてこないもの今後のほうが気になってしまいます。

「ファラオズクエスト」
 日本では2011夏でしたが、US他では2010クリスマスのリリースでした。この時期に新製品情報がでてこないのは……? 世界の冒険の復活は悪くなかったと思いますし、色彩の渋さは良い雰囲気でしたが。

「パイレーツ・オブ・カリビアン」
 肝心の帆船二つはバカ売れしましたが(少なくとも日本では)、他のアイテムはどうだったのでしょう? ブラックパール号につぐ新製品情報が全くリークされないのが不安を感じさせます。
 商品展開次第では頑張れるシリーズ、長期定番化狙えるシリーズと思うのですが。映画終わっても遊園地(浦安他)のアトラクションは人気定番なのですし。

「ハリー・ポッター」
 一度、ほぼ収束しかけたあとに復活しています。気長に待ちましょう。
 とはいえ、映画が……。原作もどこまで引っ張れるか。

「トイ・ストーリー」
 製品は今のところ、ほぼ全ラインナップの供給が継続されています。収束と見るのはまだ早い? 映画のほうが新展開あれば何かあるのでしょうが。

「エイリアンコンクエスト」
 日本での一般販売がなかったので盛り上がった印象が無いです。あちらでは売れたのかしら?
 ちなみにナローカーブレールは現在比較的廉価です。しかし宇宙人フィグの相場が高い……。

「キングダムス(キャッスル)」
 お城シリーズも新製品のリークが無いですね(#10000代除く。今なお売ってる#10193もそうですが、あれは別物だとおもいます)。堅い「定番」ですから続くとは思います。ただ、現キングダムスの3年目への継続になるのか、新規シリーズ立ち上げになるのか予想がつきません。
 キングダムスは人間の軍勢同士の戦いがテーマで、古きよきお城シリーズの雰囲気を持った世界観ではありました。が、前キャッスル(FantasyEra)のモンスターや異種族出てくる路線のファンも少なくないようなので、次がどちらになるのか、興味尽きません。

「Racers」
 タイニーターボはCarsに吸収ということなんでしょうね。あと、フェラーリやランボールギーニの大型モデルはもう過去のものなのでしょうか。大型車モデルは#10222のような#10000代で出すほうが良いと思うのですがどんなものでしょ? ランボールギーニは敢えて古い型で出せばスーパーカーブームの大人が以下略。


 と……多少無責任に記してみました。
 ただ、その年度後半製品の情報出てくるのは毎年年初のことですから、「いまのところは」それほど焦る必要はないのかもしれません。


◆◇◆◇◆◇◆


 あと、この辺は完全に終わっちゃってますね。

 「アトランティス」
 「パワーマイナーズ」
 「ワールドレーサーズ」


 また、版権系だと短期間で「消費」されるテーマが多いのがいろいろ考えさせられます。「プリンス・オブ・ペルシャ」「インディ・ジョーンズ」「スピード・レーサー」……。

 普段、モジュールタウンやトレインのような製品寿命の長いジャンルをばかりを意識していると、意外な製品サイクルの短さに驚かされたりもするのです。
(その賛否については論じませんが。レゴ社にもフットワークの軽さは必要だと思いますし、どんなものであっても、新テーマに新製品はユーザーの興味を惹くものなのですから)

 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【国内作品紹介】Mugen様の自由形客車。コンパートメントとサロンカー


 欧州調の、自由形客車2両組。

 氏の得意とされる組換モデルではありませんが、「使いにくい」印象の否めない紫色の窓部品を有効活用され、作品の雰囲気もどこか「製品」的。その意味ではとてもMUGEN氏らしい作品になっていましょう。
(実はサムネイル見た地点で、だいたい目星がついたほどです)

 ドア開閉にインテリア付き。ドア部分の凹みや開閉の方法は個人的には嬉しいところです。
 また、パーツの加減で2両で微妙にスタイル違うのも違和感がありません。深屋根片デッキと、浅め屋根で両デッキ。全体の雰囲気が揃っているので好ましい個性になっているのですね。

 あの個性の強い紫色ですが、灰色(銀色?)帯でどこか調和された感じもあります。

  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=488038
 コンパートメントの客車。
 木製を意識した、茶色のインテリアが溜まりません。仕切りにテーブルと優雅な雰囲気。
 トイレの表現もありますが、便器に使っているのは……。なるほど! という表現です。そのために上下逆転入っているのは凝っています。

  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=488039
 バーのある、サロンカー。
 インテリアがずっとモダンに、クリアガラスメインに。統一感あって好ましい雰囲気です。
 バーカウンター廻りは見ていて心が踊る部分(笑)。グラスにディスペンサー。小道具が嬉しい。

 なお、窓割がカウンター部分で変えてあるのも「わかってる」感じがしますね。

 それにしても。
 こんな雰囲気(と密度の)客車2両セットとか公式製品にならないのかしら……(溜息)。無論、色は濃緑とかで。
posted by 関山 at 18:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。