何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2011年10月29日

【考察】日本でのレゴの市場拡大の余地は、如何ほど?(悲観篇)

 名古屋のレゴランド計画、名古屋市長は前向きな方針だそうで。実現するとしたら2015年だそうです。確かにお台場のほうが2012年オープンという話ですから、タイミング的に悪くはないのかもしれません。

 さて。
 名古屋にレゴランド? の記事にツッコミ入れつつ思ったのは、日本におけるレゴ社の市場拡大の余地ってどれほどあるんだろうか? ということ。

 まず少子化。そのうえ、日本では統廃合されたといえ玩具メーカーはまだまだたくさんある玩具ガラパゴス。
 流行りのキャラクターをほぼすべて抑えるバンダイに、男女向けに強力な定番を抱えるタカラトミーはやはり強い! 
 また、子供の関心だって狭義の玩具ばっかりじゃない。テレビゲームやカードゲーム、ファッション雑貨も強敵です(註:だからといってレゴ社が安易にこの市場に参入しちゃいけません)

 そんな中、これ以上にレゴが市場拡大するストーリィというのは「レゴファンの夢想家」であっても実は想像しにくいのですね。レゴがまだまだマイナーな存在なら発展余地だってありますが、既にトイザらスや量販店玩具売場にamazon.co.jpでは結構優遇されてる立場ですよね? それこそバンダイにタカラトミーとがっつり三つ巴になれるくらいには。この辺も既に飽和状態だと思うのです。
 大人市場? 拡大余地は小さくないとは思いますが、やっぱりニッチでしょう。一人ひとりが使う金額大きいのは市場として悪くないのですが。

 とはいえ、飽和状態なら、それはそれで現状を維持するための努力は惜しんじゃいけないのでしょう。
 維持する体力なくなって沈んだ企業なんて他業種で多々あることも忘れちゃいけません。
(構造的に問題多い国内の電機メーカーが思い出されましょうが、NOKIAの凋落はもっと凄いですね。数年前は飛ぶ鳥落とす勢いだったのに)

 やっぱりレゴの拡大路線は必要なのですね。日本においても。


【考察】日本でのレゴの市場拡大の余地は、如何ほど?(妄想篇)に続く
posted by 関山 at 16:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする