何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2011年10月14日

【価格情報】定番特集。当たり前の幸せ。

 定番を価格面で「自信を持ってお薦め」といえる幸せよ……。
 価格での愚痴を延々と書かなくて済むのも幸せ。

 なにより精細な建物系が当たり前に多種類供給されてて、送料無料の通販であっさり買えるのが最高の幸せなのかもしれません。思えば、これが7-8年前は当たり前じゃなかったんですから。
(#10220も建物系といえば建物系ですよね……?)

 やっぱり、今はレゴやっててよかったと言える時期なんだと思います。
 「良いものが売れる」から更に良いものが供給され続けるという好循環なんでしょうね。
(だからこの流れの中でトレインの単品車両もやればいいのに! 7-8年前に比べて今がダメなのはそこだけなんですよね……)

 なにはともあれ。継続は力なり、です(苦笑)。




 この1週間の「定番」#10220/#10222は28%offのまま推移。11月1日の発売までに割引率上がるのか? 或いは「予約終了」になってしまうのかチキンレース状態になって来ました。
 ただ、28%offでも「内外価格差が許容範囲の適切価格」であるのも事実ですから、どっちにしろ有利なレース?ではあります(「予約商品の価格保証」対象ですしね)。

 それにしても、#10220あたりが「おもちゃ」全般の上位ランキングに食い込んでるのは快いものです。売れる実績があれば、amazon.co.jpが10000代の扱いに今以上に本気になってくれるんじゃないかと思うんですよ。

 #4195ツンデレなアン王女は今は微妙なデレ? 36%offの11500円。先日のデレ祭り(39%off時)とは誤差範囲? 御買い逃しの方はぜひ。
 ところで、POCの不人気アイテム群は思い切った値下がりがまだ無いですね……。

 日本のamazon.co.jpでも北米S@Hでも奇跡の復活?果たした#10197消防署は、復活後の尼在庫切れてた時期ありましたが、また在庫復活し35%offで16998円と17000円切りに戻っています。古い製品の相場の上下は絶版前のキケンな流れではあるのですが……。



 #8404 Public Transport Station(輸送ステーション)はマケプレ扱いながら、13500円即納送料込より。

 #10219マースクトレインも赤字だろ!と突っ込みたくなる安値維持。送料込13770円から。
カンザンブリック扱の動力化セットは6300円調達料金なし[10月中])

 #10218ペットショップは箱傷み承知ゆえに「中古品扱(実質未開封新品)」というのがが即納かつ送料込18000円。他は未だ高かったり即納じゃないので、これがお薦め。

 #10223(城門+槍試合)が控えているゆえ絶版が見えてきた?感のある#10193中世城下町は送料込13440円から。ただ、これまでも何ども煽ってきて未だに無くなってないのも事実ではありますが……。でも、何時かは別れの日が来ます?



posted by 関山 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【鉄道作品(日本型)】京浜急行デハ730(デハ600)。麗しき、2つ扉クロスシート車

[制作2010年6-8月頃]


 さりげなく発表機会を逃してきた作品の一つです。
(人には秘密の一つや二つや百も千もあります……ものぐさも秘密のうちですよ。あとは前面とOK台車は5年くらい前に試作したまま、眠っていたものだったこととか)
 或いは、鉄道の日記念?


●実車700形初代(700/730形→600形)について
 1956年登場の京急初の「高性能車」。
 湘南顔の亜流といえる前面二枚窓に、優雅な広窓の並ぶ側面。車内は固定クロスシートが並ぶ。料金不要の電車としては当時の関東私鉄一の車でした。
 デビウ当時は「特急」。後に「快特」に活躍し1986年に退役。琴電に払い下げられた車は未だ健在なはず(原型損なってますが)。他に601号が保存。然しながら現存もさておき、2000形・2100形という素晴らしき後継者に恵まれているのも幸せな車でしょう。

 なお、700(東急製)/730形(川車製)としてデビウしたものの、中途で纏めて600に改番されていますので600形という形式の方が馴染まれているかもしれません。モデルは原型時代の川崎車輌製なので、730としていますが。

 詳細は以下参照。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AC%E6%80%A5700%E5%BD%A2%E9%9B%BB%E8%BB%8A_%28%E5%88%9D%E4%BB%A3%29
 この電車はファンも多いので記録も多く、資料には事欠きませんでした。

 

 資料としてこの本は本気でお勧め。書いてないこと無いんじゃないかしら……。



●モデル化に関して
 1986年の退役までにあれこれ手を加えられている(冷房化など)形式ですが、個人的な好みでデビウ当時の姿に。すっきりした屋根上に、低めの角型テールライトの上品な顔立ちが印象的。


 前面2枚窓はいつもどおりに微妙に寝かして表現。隙間埋めはポチスロの威力。この種の表現は理屈よりも試行錯誤。前面の連結器廻りは胴受や排障器とかでスカスカにならないようにしました。


 側面はまっとうにトレイン窓並べて。この窓のまっとうな使い方?
 ドアは何時もながら開閉。靴摺もアクセント。


 一昔前の京急の電車は妻面(連結面)は独特の折り目と云うか丸みがついていますので、スロープで表現。ここは割と気に入ってます。


 車内は灰色の床と青いクロスシートを表現。シートには肘掛を。

 
 台車は730形特有のOK台車(長腕軸梁式)を再現しました。テクニック部品の「表情」は台車に似合うもんです。軸梁が車体幅からはみ出てしまってますが、標準軌の割に車体は小柄な京急だと台車が大きく見えてもいいかなぁと割りきり。
 床下機器は実物写真睨みながら、抵抗器やエアタンクなど特徴的な目立つ機器を再現。


 屋根は45度スロープで張り上げ屋根表現。その上に換気ルーバー付きの上屋根乗せて。


<その他画像は以下へ[やっと検閲解除……]>
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=486030


●まとめ
 さて。京浜急行(※)はこれだけじゃ終わりません。
 やはり数年前に「試作」したままになっていた、「窓の大きな戦前製電車」「700/730の先代の二つ扉クロス車」、そして「現行の二つ扉クロス車」も2010年夏にまとめて改良・新製しておりますゆえ。
 続けて公開していきますのでお楽しみに! 予告しちゃったからにはモノグサも許されません(苦笑)。

※最近の「京急電鉄」って言い方は許さない。阪急電車を「阪急電鉄」って云うの同様に許せない!



posted by 関山 at 06:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。