何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2011年02月28日

【イベント】2月臨時運転会レポート その3 ベテランの力 AWAZO'S JNRザ・ワールド

 エメラルドナイトにPowerFunction以降、本気でニューウェーブ続くレゴトレインの世界ですがベテランも未だまだ拮抗! AWAZO氏のフルスケールJNR(日本国有鉄道)作品の世界は管理人も含む多くをレゴトレインの世界に引きずり込みましたし、今後もその力を発揮し続けるのでは?
 レゴでここまでリアルな「国鉄」が出来ることは、レゴではなく「鉄道」「鉄道模型」の人達をこの世界に招いてくれると思うのですが……。


 先ずは、この画像を。

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=4900283


http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=4900284

 サモネイルだとまるでNゲージの運転会にしか見えません……(笑)。
 でも、ここに写っているものは皆、レゴなんです……。


 北斗星、キハ82、DE10+50系、C57……。やはり、レゴ!

 以下、画像重めにつき続きを。
posted by 関山 at 21:50| Comment(5) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

【レゴ製品】NYトイフェアの写真より その4。「Cars2」と「ハリポタ」進化か退化か

 引き続き、以下画像はflickrのfbtb殿のフォルダより引用しております。
http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/

 これは既に他のブログなどでも紹介されまくってますね。それだけ注目度は高いのでしょうか。


http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/5443801107/
 色々意見はありそうですが、個人的にはフィグ乗りへの改造を考えます(笑)。流用できるのがフロントフェンダーのみになる可能性はありますが。赤いホイールはかっこいいですよね。


http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/5444403664/
 フロントフェンダー部品が美味しそうすぎます。ぜひとも汎用部品として各色展開(黒・青・赤・白・黄)していただきたい! 上の写真通りトラック的にも使えますし、真ん中の部品次第で古風なスポーツカー的な雰囲気にも使えそうですよね。


http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/5443807957/

 赤いトレーラートラック、というだけで過去……というかこの5年ほどに何点もの製品がリリースされてきました。版権モノであるこの製品が一番真面目で、かつかっこいいような気がするのですね(フェラーリ関係はとにかく大味。最悪なのはスピード・レーサーであれは黒歴史モノ)。
 やはりミニフィグスケール化改造は考えたくなります。世界観的に矛盾しそう(笑)。でも「映画の宣伝車」と割り切れば十分にリアル? 例によって予定は未定ですけど。
 なお、トレーラー部分は7幅というのは画期的です。まぁフェラーリで5幅はありましたけど。


 あと、画像までは揚げませんがスポンジボブが未だシリーズ展開するのですね。息の長い版権製品になる可能性も……。そういえば先日のマクドナルドでのハッピーセットのおもちゃもなくなるの早かったです。


 さて、一旦収束したかと思ったら2010年製品の出来が思いの外に良かったハリーポッター。2011年製品の出来はというと……。


http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/5443865091/


http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/5443865427/


<参考画像 #4755 2004年>

 いや。これはダメでしょ……。
 旧作より劣化しまくっていますから。
 ゴツて大味でバランスも悪い。まぁ一番許しがたいのは初代ホグワーツ急行のごとく窓ガラスを省略するという暴挙ですけど。そこは省いちゃダメだろと。
posted by 関山 at 21:51| Comment(7) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

【イベント】2月臨時運転会レポート その2 Masai様の蒸機、shinichiro様の10幅、イグ様のメカ、等

 先に謝っておきたいのは、nobiinu様の#7597組換の小型蒸機を撮りそこねてしまったこと! セット内組換の秀作でありましたのに本当に申し訳ないです。あとTN-factory様のエメラルドナイト客車のアレンジモデルが良い出来だったのにこれも撮り逃してしまいました(折を見てアップお願いします)。

 それにしても、写真整理してて改めて感じますのはこの世界に確実に新しい流れが起きているということでしょうか。目の当たりにすると【作品紹介】書いている以上のインパクトがあったのです。


 初参加、Masai様のPowerFunctionのEタンク機(右)。ちなみに左は拙作のEタンク(4110形)。このスケール差異も容認されるのがレゴトレインのいいところかも。と言いつつも拙作の方は表現面で「古い」ことを痛感。この世界も日進月歩なんですよね。


 Shinichiro様の10幅の電気機関車群。ずしりと来る重さと存在感! 尋常の6幅トレインがOゲージなら、この作品は1番ゲージに近いのでしょうね。或いは博物館等のディスプレイモデルに近いのか……。


 初参加、イグ様は氏のメインジャンルのメカものを持ってきて下さりました。トレインファン皆も唸るこのクオリティ! 凄い作品というのはジャンルを超えて訴えかけるものがありますね本気で。
(そんなわけで、次回以降参加される方、トレインジャンル以外でも大丈夫ですよ!)


 TN-FACTORY様のEF66。中間台車の調整中とのことで走行叶いませんでしたが……。台車の表現や車体上部のすぼまっている部分の表現に気合が感じられる逸品。この作品もまた、レゴトレインの進化を感じるのです。


 

あとは画像重くなりますので続き参照下さい。
posted by 関山 at 22:24| Comment(4) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

【作品紹介】エフ様のクロコダイル(ロッド駆動)/in81212様の#10183アレンジ/Masai様の客車続報/Mugen様の#7597組換作再び

 運転会の余韻やら、何故か集中する新製品情報やらで作品紹介が遅れ気味です。
 そのお陰で前作サモネイルまたは動画を載せることができましたが。


●エフ様のクロコダイル(ロッド駆動)


 記事
http://blogs.yahoo.co.jp/f1963/8171251.html

 少しづつ改良を加えられていったエフ様のクロコダイル・エンジンも遂にロッド駆動で完成?と相成りました。やはりこういう機関車は動画がサマになりますね。
 
 電気機関車は黒動輪のほうが正解なのでしょうけれど、赤い動輪のお陰て大きいのに可愛らしい♪ 走行性能も見た感じで不安はなさそうですね。
 動力にはPFトレインモータを1個使用。トレインモータ内はギアで繋がってますから、駆動軸の片方からロッドを意図的に外す手法は目に鱗でした。このモーターをスムーズに使う上で有利になるはずです。

 やや気になるのは車高がボンネット部・車体部ともに些か高いかなぁ……ということでしょうか。両者ともに2プレート分(微妙?)低いと印象がガラリとリアルになってくると思うのですが。前面のカーブや先輪から動輪に移るところでのランボードのカーブとか優美な部分も引き立ってくると思うのです。


●in81212様の#10183アレンジ 黄色

 記事
http://blogs.yahoo.co.jp/in81212/22978736.html


http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=458482

 #10183ホビートレイン(カンブリで扱えます。宣伝宣伝♪)のアレンジシリーズも久々ですね。

 で、正直言えば私もこの妙な車のプロトタイプが想像付かないのです。保線用車輌というのが無難な線なのでしょうが、無蓋の貨物気動車という少なくとも日本には存在しなかったし海外でも?な題材にも見えます(余談ですが無蓋の貨物電車なら実例は珍しくないのですが)。やはり無難な線は保線用車輌なのでしょうか。
 そうすると、荷台の組み立て中と思しきトラックヘッドも謎です。うーむ。
 
 何はともあれ、黄色が似あっています。たまには正体の分からないままの不思議な車輌もあっていいかもしれませんよね。


●Masai様の客車続報。2両目も!

 記事
http://blogs.yahoo.co.jp/masai_no_sennsi/1971217.html


http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=455903

 Masai様のエスニックというかコロニアルな味わいの自由形?客車。いつの間にか?2両目が完成していました。1両に手間かかるだけに、増備は大変と思います……。

 なお、インテリアも付いています。7幅の有利さで座席が左右1列づつというのが羨ましいですね。座席ピッチと窓ピッチがあってる細かさも好印象です。この流れで食堂車や寝台車、展望車などもあったらさぞかし楽しそうですよね。そして牽引は何時か目指されているという大型ガーラッドでしょうか。アフリカンな原野が似合いそう(客車だけの編成でも、絵本「きかんしゃウフルー号」のように混合列車の最後に客車付いてる編成でも。どうでもいいですけど、幼い時期の絵本が絶版で表紙さえも画像見つからないと切ないです……。


●Mugen様の#7597組換作の改良




http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=462430

 オールドアメリカンな#7597の組換で作られたヨーロピアンな汽車というのは結構衝撃的でした。その改良作+家畜車1両増結です。

 蒸機が改良のポイント。先輪が付いて、大動輪とのバランスが格段によくなりました。やや気になるのは走行性能ですが、動輪側が可動のようなので問題はないのでしょう。煙突も太くなって正解と。

 家畜車はパーツ制約の中で作られたにしては側面の透かしなどがそれらしい。セットの「馬」が収まっているのもご愛嬌ですね。巧い利用だと思います。
posted by 関山 at 23:59| Comment(7) | TrackBack(0) | セット内組換作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

【レゴ製品】NYトイフェアの写真より その3。「Alien Conquest」関係。可愛いエイリアン。

 NYトイフェアはもはや旧聞ですし、運転会の記事やら作品紹介(エフ様、Masai様、Mugen様、遅れてすいません!)も急がねばならないのですが……体力的限界から書き溜め記事の放出でお許しをば。

 それから余談ついでですが……。


 ログハウス、久々に供給が安定しだしてきました。マケプレではなくamazon.co.jpからで即納、3856円+送料無料。33%offというのが未だ適切かどうかわかりませんけど、すぐに欲しいなtラお勧めです。


======================================

 引き続き、以下画像はflickrのfbtb殿のフォルダより引用しております。
http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/


http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/5444364868/
 2011年の宇宙シリーズの「Alien Conquest」ですが、なんか第一印象よりもエイリアン達が「可愛い」のに驚かされます。スペースポリスの悪役宇宙人たちも可愛らしい存在でさりげなく人気者だったようですが(いくつかのブログを読み歩く限りでは)、こっちのエイリアンも人気者になるのでしょうか。
 で、スペポリは限定流通で割高価格が際立ってましたが、今度は一般流通で頼みますよ! 価格設定云々以前の問題として……。


http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/5444387284/
 勲章とかずらりとつけてる俗っぽさがたまらないです(無論、褒め言葉)
 これだけで世界観的には深刻なものというより、良い意味でのギャグというかコミカルな路線であることが量れますよね。


http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/5444379496/
 キャノピーはさり気なく新部品です。頑張ればトレインビルダーにも使い道が?


http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/5444386912/
 レゴ・ナローゲージ入門セット(笑)。と、言い切るには部品が割と美味しいそうですよ?
 先の俗物提督さんも含まれますし(笑)。あと、かまぼこスロープの上の模様はプリントでないことを祈りたいです。



http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/5443793415/
 一方、地球防衛軍な車輌。東宝的に良い味出してますよね。円谷じゃなくて、東宝(笑)


http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/5443794857/
 新規格窓2×2に、ついに青が登場! 使い途は広そうです。
 

http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/5444397238/
 問題画像(笑)。かわいいエイリアンをいじめるなぁ!
 やはり、レゴ社的には宇宙人は捕縛しないといけない社内規定でもあるのでしょうか? ひょっとしたらビルンドの地下はエリア51(古!)?
 

http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/5443800323/
 義足に義手、雙眼の宇宙人。彼らの医学レベルがさして高度でないことが伺えます……。
 をい、身障者(傷痍軍人?)を苛めていいのか……? 防衛軍(笑)。

 そんなわけで、良い意味でツッコミどころの多いシリーズだと思う由です。
 勿論、このブログ的には「ナローゲージ万歳」に尽きるわけですけど。
posted by 関山 at 20:10| Comment(4) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

【イベント】2月臨時運転会レポート その1「エメラルドナイト祭り」

 去る2月20日の「2月臨時運転会」。写真とか余りに膨大ですので、レポートも数回にわたってお伝えします。
 
 さて。
 今回の「企画」としてあったのは話題の現行製品#10194エメラルドナイトの客車を各自持ち寄って長大編成にしちゃおう……というもの。客車は未改造ではなく、各自解釈の改造もOKと(笑)。

 結果、客車は10両、機関車は3両が集まり、それはそれはえらいことに。


 先ずは客車を棚の上にずらりと並べる。ところでさりげなく改造者の趣味が出てる車が何両かありますね(笑)。


 取り敢えず、5両編成を2本組成。大きな扉の荷物車やら、窓埋めの目立つ食堂車や寝台車も見えます。
 ちなみに機関車の動力は9Vモーターだったり。


 やはり同じカラーリングが揃うと、壮観。でも、展望車は巫山戯過ぎ(苦笑)。テールマークはともかく、飾りアーチにプリントタイルはやり過ぎだったかしらん。お姫様乗せたのも(笑)。
 あと、余談ですがイギリスにはこの種の開放型展望車は殆ど存在してないんですね。まぁ誰もそこは突っ込んでくれませんでしたが(苦笑)。



 ボッタ値のマケプレ業者が表示されていても、amazon.co.jpだと未だ14000円。買えるうちに押さえておきましょう……(ただ、amazonのは未だに届いてないという報告もあるのが難ですが)

 追記:amazon.co.jpでの受注終わってしまいました!

 ダメならカンブリヘ。動力化支援もカンブリヘ。こっちは当面、大丈夫です。


<以下続きは重いので注意願います>


続きを読む
posted by 関山 at 01:20| Comment(5) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

【レゴ製品】新トレイン製品#3637 欧州系のディーゼル機関車

 未だ#10219マースクトレインの、或いはNYショウでの新作群(ここでは版権含めてトレインなし)の興奮冷めないうちですが、まさかの新トレイン発表です(LegoWorld 2011 in Copenhagen)。今年秋予定とか。

 情報源はeurobricksより。
http://www.eurobricks.com/forum/index.php?showtopic=52357
 

 名作#4512(2003)を彷彿させる、欧州スタイルのディーゼル機関車。
 PowerFunction機器は何処に? と思わせますが、どうやらボンネットの長い方に電池BOX(下半部の色が自由に?変えられるのはご存知だと思います)、短い方に受光ユニットが収まっている模様。PowerFunctionゆえのデザイン制約を難なく克服しているのですね。
 機関車の側面ラインと、電池BOXの上半部を揃えているのは憎いです。

 機関車のサイドウィンドウは#10020と同じに見え、ガラス色がスモークになっています。


 編成全景。ホッパ車+有蓋車+作業用車(軌陸車搭載)。営業貨物列車よりも保線列車のイメージなのかもしれません。ホッパ車の車体はロケットのフェアリングの転用。


 機関車形状は欧州系ではありますが、JR貨物のHD300形ハイブリット機関車を思わせるものもありましょう。日本でも人気の出そうな形状だと思います。

 「ほんとうに欲しかったもの」(単品の客貨車とか、機関車クリエイターとか)ではありませんが、トレインジャンルで、昨年に引き続き新製品が出る勢いは嬉しいですね。
 要は、売れている、もしくは「売ろうとしている」ということですから。トレインセットの選択肢が増えるのは望ましいことでしょう。
posted by 関山 at 19:48| Comment(5) | TrackBack(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

【レゴ製品】#10219マークストレインの情報追加。

 取り急ぎ、brickshelfに上がっていた新情報、新画像です。

 grogall殿のフォルダより。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=462458

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=4891697
 パワフルさを感じさせるアングル。
(高解像度!につき、以下サモネのみ)


http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=4891704
 意外や精細な! エンジン部分の表現。

 
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=4891708
 トラクターとコンテナ。積荷の箱まで。

 正直、アメリカ形はちょっと……とか、マークスブルーは使い勝手よくなさそうなので部品取り的にもちょっと……と思う方にも、「これは……いいかも!!」と思わせるだけの力を持っていましょうか。
 かなり、楽しみになってきました。


 rasmusansbjerg様のフォルダには製品現物?の画像が!
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=462454


http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=4891668
 他6点。こちらも高解像度に付きサモネのみ。

 これもまた物欲を刺激しますね。
 この機関車とコンテナ貨車を仲間内で持ち寄ってン重連での長大編成を走らせたら物凄いことになりそう。そういうワイルドな遊び方の魅力もまたアメリカ形の良さでしょうか……。
posted by 関山 at 01:01| Comment(4) | TrackBack(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

【イベント】臨時運転会終了しました。レポートは後日。

 無事、終了しました。設営含めて二日がかりのイベント。

 2007年初の開始以来、総レール長に参加車両数など、最大規模の催しになったのではないでしょうか。余りに画像も情報も多すぎ盛り沢山すぎます。

・長大編成の走れる、直線中心のコース。
・鉄橋を含むシーナリィ。
・日本初の快挙! 電動ターンテーブルに扇形機関庫。

 取り敢えず、上の三行で雰囲気感じてください……。

 で、レポートは後日にさせていただき、取り敢えず今回お手間をおかけしたSuu様、Awazo様、そしてご参加くださった各位への感謝申し上げます。

 正直、次回以降あの規模維持できる自信がないのですが(苦笑)、継続が大事ということで今後もご参加いただけると幸いです。頑張らねば!
posted by 関山 at 23:59| Comment(11) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

【レゴ製品】NYトイフェアの写真より その2。ボードゲーム各種に「7189 Mill Village Raid」


 引き続き、以下画像はflickrのfbtb殿のフォルダより引用しております。
http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/


●ボードゲーム関連

http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/5444281184/
 日本では発売されていませんし、また話題にも殆どなっていないのですが……2009年からのレゴボードゲームは2年目をへてジャンルとして完全に定着しつつあるようですね。
 ボードゲームは日本では一時期カタンが小さなブームになった程度で盛り上がっていませんから、この辺の事情は致し方ないのかも。
(ただ、対人電源不要ゲームが日本ではダメかというとTCGは今なお大きな市場なんですよね。TCGだけが日本で覇権とれた理由はちょっと気になったりしています)

 余談はともかく、上の写真は「3859 HEROICA Caverns of Nathuz」。コンポーネントがガチでレゴ組みですね(笑)。以下まとめ。
http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/sets/72157625919623881/with/5444281184/



http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/5444292090/
 レゴ社的なイチオシ「NinjaGo」もボードゲーム化です。

  3856 Ninjago まとめ
http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/sets/72157626045041554/with/5444292090/



●「7189 Mill Village Raid」風車小屋のある村

http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/5444348388/
 2011年一番の注目製品ですね。今回は風車も納屋も内部が公開されています。羊や鶏の詳細画像も!


http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/5443759287/
 羊!(山羊かも?)


http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/5444350966/
 鶏! いや、この種の便利部品が賛否両論なの分かってはおりますが。でも、個人的には欲しいです。


http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/5444351712/
 納屋の屋根は跳ね上げ式で遊びやすそう。内部構造が木造家屋っぽいのが、非#10000番代にしては凝っていると思う由。


http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/5444360438/
 ひまわりと、アーチ窓の「木戸」。後者は注目の新パーツです。


http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/5443756915/
 風車の内部。きっちりギア仕掛けの素晴らしさ! 

 まとめはこちらより。
http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/sets/72157625919755351/with/5444344450/
 69.99ドルといいますから、この種の製品としては値が張ってしまってますね。ただ、この製品のポジションは価格的にもテーマ的にも、普通の製品と#10000代の間を埋めているような感じもします。
 その意味ではこの流れは歓迎したいもの(価格はともかく)。
 勿論、自分も買いますし、広く売れまくって欲しい。
 でもって、5年後くらいのお城シリーズが民家ばかりになったらそれはそれで素敵じゃないですか(笑)。
posted by 関山 at 13:19| Comment(3) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

【レゴ製品】NYトイフェアの写真より その1「灯台」「射場」など

 やや情報遅れ気味ですが、気になった製品とか。他であんまり紹介されてないものを選んだつもりなのですが……。

 なお、以下画像はflickrのfbtb殿のフォルダより引用しております。


●#5570クリエイター「灯台」。なんと回転ギミックあり!

http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/5443178432/
 ハンドルを回すとライトブロックが回転するギミック。
http://farm6.static.flickr.com/5092/5444267390_890d8587fb_m.jpg
 リンク先は動画。


http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/5442575995/
 インテリア?もあり。開閉構造です。


http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/5442572215/
 灯火部分のアップ。


http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/5443181682/
 カモメの表現が面白いですね。ナルホドというか、あ、この手があったかという感じです。

 この製品のまとめは以下。
http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/sets/72157626042477168/with/5443177268/
 8月に39.99ドルとのこと。為替を反映した日本国内価格に期待したいです。


●#5767 クリエイター 黄色いカブリオレ なんと4座

http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/5442585289/
 クリエイターとしてはお馴染みの題材です。黒とか白とかありましたね。


http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/5443194932/
 リアシートがあるのはちょっと珍しいような気がします。ドアは開閉しそうなのですが他のギミックは不明です。

 まとめは以下に。
http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/sets/72157625917078125/with/5442585289/
 こちらも8月に39.99ドル。「この価格」なら欲しいのですけどね。



●#3368スペースセンター。ロケットは有人宇宙船付。
 

http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/5442815451/
 日本でも3月発売で、カタログ掲載もされていますね。
 で、今まで未公開?だったフェアリングの内部。ファアリングは見事な一体部品でタンク車などへの転用は難しそう(かなり作れる形式選んでしまいそう)。
 で、このセットの疑問。なんで無人っぽい射場のセットなのに、人工衛星だけじゃなくて宇宙飛行士までいるのかなぁ……と。


http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/5443419060/
 疑問氷解。人工衛星と搭載する代わりに有人宇宙機にもなるんですね!

 まとめは以下。
http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/sets/72157626043041522/with/5442808539/
posted by 関山 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

【自動車作品】シトロエンCX セダン・ブレーク・そして……


 先のDSの後継車種がCXです(1974〜1991)。
 実物についてはこちら。

 まっとうにDSの後を継いだやはり流麗な空力特性は良さそうなフォルム。
 製造期間や製造台数でもDSに近い名車! そして1974年の量産車とは思えない、1980年代を先取りした先進的なスタイル。
 これも好きな車なので、レゴで作りたいと思っていましたが直線的なスタイルが意外と難しく(レゴなら直線は簡単でしょ? という訳にはいかないのです意外と)、やはり「宿題」になっておりました。が、DS後期型作った勢いで1台拵えてみました。あとは調子にのって……。

 白のセダン。


 その他写真

 車体の概ねはDSのままで、前面と後部を改修するという作り方としました。前面はDS後期型とはポチスロの組換でイメージ変えられるものです。
 リアはハッチバックのように見えてハッチバックではないトランク周りを開閉ギミック付きで再現。勿論2人乗り。

 車高はDSと変わりませんが、サイドモールのおかげで視覚的に低く見せています。この手法は実物も同じです。

 さて、セダンが1台出来たところで2台目はどうするか?



 その他画像は此方


 ブレーク(バン)を作りました。ファミリアールという如何にもなグレード名の多人数対応車でホイールベースも少し長いんだとか。このモデルはミニフィグ3人乗り可。タクシーという設定です。

 で、CXのブレークのこと調べてみると、なかなか面白そうな題材が。

ロードランナー
新聞・雑誌の長距離輸送用にCXファミリアールを改造して作られた6輪仕様車で、後部荷室容量を拡大するために車体後部を延長し、それを支えるために後輪が4つある。シトロエンが改造したものではないので、ロードランナー(Loadrunner)は通称である。救急車やキャンピングカーなど、改造された目的に応じて形や仕様はそれぞれ異なっている。

以上、wikipediaより引用
 画像探してみて目を疑いました。
http://www.flickr.com/photos/thomasbecker/galleries/72157622316509039/#photo_3055281265
 とか、
http://www.forum-auto.com/automobiles-mythiques-exception/section5/sujet383145.htm
 とか。

 上はまだまとも。
 下の方は「まぁなんでCXという車は改造されまくったのか?」というほどメーカー外の魔改造車の写真だらけ。美醜については敢えて語るまい。
 



 他画像

 でも、こんな面白くて美味しい題材、造らないわけにはいきません(笑)。ボリューム感がもうカオス。
 色は黒ですが、霊柩車じゃないですよ! 用途は史実通りに小荷物などの急送用。
 しかし一体どうしたらセダン形の乗用車改造してトラックにするという発想が生まれ、また少なからぬ数が改造されたのでしょう。まぁフランス車には伝統的に「エクスプレスバン」があり、乗用車の後半に荷台架装した車があるのは分かるのですが、でも後部2軸にするのが信じがたい。
 で、ちょっと気になるのはこんな改造で重量は自重・荷重とも小さくなさそうなのに、よく乗用車のエンジン(+ハイドロ系統)で持ったなぁということ。それだけCXが頑丈で信頼性が高かった?ということかもしれませんが。


 勢揃い。
posted by 関山 at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

【価格在庫情報】クリエイター ログハウス 5766 やっとamazon.co.jpに在庫復活




 やっとマケプレ以外の在庫復活。価格は予約時と同じ33%offの3856円。まぁ買ってもいいかな……という価格ですかね。
 実はカンブリでも輸入考えたのですが、どう考えても国内送料まで加味するとamazon.co.jpにはギリギリで勝てません……。ですから、カンザンブリックでの購入考えられていた方は上のリンクから購入いただけると、正直、助かります(笑)。

 在庫が復活しないというと、以下が未だですね。

 こちらは明らかに並行輸入じゃ勝てない価格なので(苦笑)、やはりamazonでの購入がお勧めです。しかし、在庫がいつまでも復活しない! やっぱりやる気あるんでしょうか?


 なお、余談ですが、カンザンブリック「店主日記」ほぼ毎日何らかの扱い品の価格情報出しておりますので御覧くださいませ。

posted by 関山 at 06:01| Comment(5) | TrackBack(0) | カンブリ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

【鉄道作品】BBB-XLを使ってみる。ドイツ国有鉄道18.4形(バイエルン王立鉄道S3/6)の場合。

[改造:2010年11月]



 他の写真はこちら(検閲解除済)
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=461983

 もう去年の秋の話になってしまうのですが、BBBホイールXLサイズが赤・黒ともに届きましたので、「赤」の方を既存作に組み込んでみました。
 お題は「尖塔形の前面、グラマラスなシリンダ周り、楔形の風きりキャブ」と優雅さと力強さが奇跡の融合したような機関車、ドイツ国有鉄道18.4形(バイエルン王立鉄道S3/6)。


続きを読む
posted by 関山 at 22:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 鉄道作品(欧州形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

【作品紹介】suu様の蒸機用ストラクチャと「?」/Masai様のホッパ車

 そろそろ拙作も発表しようと思って整備していたのですが(蒸機。走行性能の詰めなおしなど)、整備微調整して、解説文書いてて、写真撮る前に力尽きました(苦笑)。
 でも、連休中の?皆様の作品紹介できるので安心です。


●suu様の蒸機用ストラクチャと「?」
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=461664


 給水塔にスポート、そして給炭台! 蒸機には欲しいアクセサリが一揃え。プロトタイプは日本国鉄の二次大戦後から蒸機末期という感じで、C62とかC55とかC11とかが実に似合いそうです。

 給水塔のタンク部分の作り方が面白いですね。不要の?大径ホイールを重ねてタンクに見立てますとは。十分にそれらしく見えるのですね。
 スポートはテクニックコネクタを使いこなして、パイプ感を巧く表現されています。ハンドルや紐も欠かせざる要素。

 給炭台はタイル仕上げなど、凝った造りであるのがわかります。大きさもそこそこあり、立派なものですね。やはり蒸機にはこの種のアクセサリが必要なんだなぁと痛感させられます。
 まぁ、いくらなんでもレゴで製品にしてくれというのは無理ですから(笑)、それこそアィディアブック的にアイディア(+出来ればインスト)の供給だけでもなされればなぁと思うのですが。

 それにしても、背後に映っている黒い、妙に締まった姿の機関車はなんでしょうか? 既存作のC62ではないような???
 正式発表が(その前に週末の運転会?)たのしみすぎます。


●Masai様のホッパ車(砿石車)
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=461795

 アメリカンなスタイルの砿石車(ヲアカー)。といっても類例する形状の車は日本にも存在しています(秩父鉄道のヲキ・ヲキフ:現役など)、西欧のホッパ車はまた違う形状ですが、少なくともロシアではこの種の車を確認しています。
 というわけで、良い意味で無国籍に使える貨車なのですね。
 積荷は黒なら石炭、白なら石灰石でしょうか(笑)。

 それにしても、凝った造形です。側面の横組とリブ表現には惚れ惚れさせられます。取り卸し口周りは言うに及ばず! 車輪の締まった足回りも(車重のある)この種の貨車らしい。取り卸し口とのクリアランスの確保も大変だったのでは? 台車もトレイン車輪そのものを使いつつも、車輪間の表現が貨車用台車っぽいですね。
 
 更に注目は、内部。強度確保という実用も、また模型としてのディテールも兼ねる形で内部補強が再現されているんですよ。これがあるおかげでなんと説得力がましていることでしょうか。

 構造的に量産は難しいかもしれません。でも、このヲアカーが列を連ねている姿はさぞかし素晴らしいものでしょう。増備に期待したいものです。また、この貨車が似合うアクセサリ(積み込み設備・取り卸し設備)なども何時か実現して欲しいものです。それこそ日本のトレインシーンを変えそうではありませんか。
posted by 関山 at 23:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

【作品紹介】Mugen様の#7597組換欧州系蒸機/in81213様のグラスカステン改修/かう゛ぇ様の海賊列車

 2011年も国内レゴトレインビルドの勢い、止まりません。
 なお、ここで紹介しているのは管理人の目に触れたか否かが判断基準です(笑)。ですから、紹介希望の方いらしたら遠慮無くお知らせくださいね。私ももっといろいろな方の作品みたいですからみこぼすのは嫌なのです。

◆◇◆◇◆◇◆


●Mugen様の#7597組換欧州系蒸機
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=461647

 Mugen様のセット内組換作品(Alternate model)の最新作がきました。2011年カタログでも健在なアメリカ型蒸機モデルの#7597をなんと欧州系の蒸機と客車のセットに。
 組換ゆえのパーツの無理でここまで違うものを作られたのには驚かされます。

 やや気になるのは蒸機の煙突が細すぎること。あと、ここまでの大動輪なら先輪や従輪があった方がリアルになるかなぁということでしょうか。それから、余り部品で貨車も行けるかもしれませんね。
 このセットのポテンシャルは、未だまだ引き出せそうです。

◆◇◆◇◆◇◆



●in81213様のグラスカステン、改修
http://blogs.yahoo.co.jp/in81212/22756658.html
 前作では#10183の作例のままの平屋根でちょっと残念な雰囲気でしたが、屋根を改修して見違えんばかりに。カマボコスロープ1×3使用でも屋根部分だけ7幅にすることでディテールつけられるのも面白いです。

 腰板部分にタイル貼ってふくらませているのも(拙作同様ですが)この機関車の目立たないけど特徴的な部分を捉えていると思います(自分もここに気がつくのにずいぶん時間かけた記憶があります)。
 煙突のシルバーバンドも「色気」として凄く効果的ですよね。

 やや残念なのは車高が下がってしまい、実物のユーモラスさというか可愛らしさが減じてしまったことでしょうか。1-2プレートほど車体部分を高くしてみたらかなり印象変わると思うのですが、如何に?
 それから、やはり世界観の揃う客車も欲しいところ……。

◆◇◆◇◆◇◆



●かう゛ぇ様の海賊列車
http://blogs.yahoo.co.jp/kaveve/23363363.html
 快速列車ならぬ海賊列車! 大胆な発想が、心地良い。
 なにより前面が最高にイカしているというか、素直にかっこよく分かりやすい。ここはどこかで見たようなスタイルこそが逆に正解ですね(笑)。全体の形状もまとまりが良いと思います。ちなみに前後に車体があり、中央部が無蓋の凹型の電車というのは資材輸送用に結構存在したんですよ(笑)。

 設定的には、鉄道網が発達した地域で経済システムとかが疲弊してたらこんな連中にも活躍の余地はありそうな気もします(経済破綻してた頃のロシアとか。どーでもいいのですがあの国ではICBMを貨車から打ち上げるという素敵なことやってましたw 戦略原潜の鉄道版ですね)。
 閑話休題、ストーリィ展開も楽しみです。大道具できたところで今後に期待できましょう。

 さて。ちょっと気になるのは後尾の船楼が車両限界を微妙に超えるか超えないか……ということでしょうか。ここで車両限界に合わせて微妙な形状にしたりすると、良い意味で鉄道車両らしくなるかもしれません。
 それから、この「船」に関しては動力系(蒸気か、内燃か、電気か)がみえないのもちょっと残念。でも、ここがしっかりすると説得力が無駄に(無論、良い意味で)出てきそうですね。
posted by 関山 at 21:41| Comment(4) | TrackBack(0) | セット内組換作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再掲載【イベント】2月 臨時運転会のお知らせ

開催まで1週間切りましたので再掲載します。
参加者は順調に埋まっており、会場の都合上、大変恐縮ながらあと1名で〆切させて頂きます。


=============================
 1月15日に第14回運転会を終えたばかりですが、その勢いで?2月にも臨時運転会を行う運びとなりました。日取りが決まりましたので先ずは告知します。

●日時: 2月20日(日)
●場所; 会場は都内某所(いつもとは違う場所です。広い!
●参加資格:高校生以上のどなたでも(中学生以下は応相談)。トレインジャンル以外のレゴファンの方、一般の鉄道模型・鉄道玩具ファンの方も歓迎いたします。
 手持ち車両の無い方にも貸出車両(=管理人の私物)あり。
●参加費:無料。毎度おなじみ飲食物の寄付歓迎。
●参加方法:このエントリにレス。若しくはメール 極力早めにお知らせ頂ければ幸いです。
 ※管理人のほか、主要メンバー3名+ゲスト1名が今のところ参加内定です。
●他:レールは基本9Vですが、IR(RC)もPowerFunction対応します。また、レゴ製品・レゴ作品以外に鉄道おもちゃに鉄道模型、ネタ、ガジェット系の持込も歓迎。

 今回の会場は2010年6月同様の「広い部屋」です。BFT中央駅はありませんが(笑)、広々としたコースをゆったり走らせられる良さはあるかと。
 ご参加ご検討いただければ幸いです。

 なお、ご恐縮ですが参加確定された方は必ずこちらへの「コメント」をお願いします。
 どなたかが参加されるか分かったほうがご参加誘致もしやすくなりますので。
posted by 関山 at 18:00| Comment(13) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

【作品紹介】エフ様のクロコダイルクネクネ動画/M&M様の#10133ショーティ/AP様のオハ35変形/TN-FACTORY様のコンテスト作

●エフ様のクロコダイル。クネクネ動画編
先の【作品紹介】エフ様の新形成田エクスプレスと、#10183再現モデル(クロコダイル)の続報です。


 クネクネコースを行くクネクネ機関車! #10183をリファインした作品もさることながら、この種の関節形電機の楽しさが伝わってくる撮り方もまた素晴らしい。「クネクネ」が凄く良く伝わってくるのです。
 この手の機関車をまた1両造りたくなる魅力があるのですね。


●M&M様の#10133 GP38ショーティ
http://blogs.yahoo.co.jp/ppma002/8624045.html
 #10133のショーティ化+Pf化です。
 ただ全長を詰めるだけではなく、後部ボンネット(エンジンフード)の高さも少し下げてバランスをとっているのですね。おかげで、入換/小運転用の小型ディーゼル機関車っぽい雰囲気を湛えていましょう。良い意味での玩具っぽさはあります。このまま揃いで全長詰めたコンテナ車なども見たくなります。
(電池BOX積んだ貨車……電池BOXはコンテナに混ぜても違和感無さそうですよね)
 また後部(エンジン側)の妻面も#10133のままでは愛想がなかったのを、話題の#10219マークストレインのSD45風にアップデート。こっちを前にして走る姿もサマになりそうです。


●AP様のオハ35ノーヘッダー車
http://blogs.yahoo.co.jp/yakko35_21/51879002.html
 国鉄型丸屋根客車の妻面表現というのは工夫しがいのある部分です。しかしこの表現で、プロトタイプ(先方に写真あります)の妙なツルツル感というか微妙な丸みを再現してきますとは。妻面が折妻になっていることや、ドア部分の微妙なヘコミももの凄い「本物」感!

 今回は特殊車のモデリングですが、この技法でノーマルの丸屋根オハ35が来たら。また戦後折妻タイプのもきたら……期待は大いに膨らみますね。

 それから牽引する機関車も機体したいところです。ひょっとして?


●TN-FACTORY様のお台場コンテスト応募作品
 ネタバレ回避のため今はレビュウ控えますが、実に「編集長敬白」な作品(笑)。
 巧いところから題材を持ってきたものです。車輌の出来そのものは「定番的題材、しかもレゴトレインもとい『レゴ汽車シリーズ』的でありつつ、いつものTN流儀が入った現代的モデル」というところで。
 景色の切り取り方もまた良し。唯一のトレイン題材として本格派の入賞願っております(勿論、1票入れさせていただきました)。
posted by 関山 at 21:10| Comment(6) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

【作品紹介】Masai様のEタンク機関車 続報

 Eタンク蒸気機関車(主に外観)
http://blogs.yahoo.co.jp/masai_no_sennsi/1678500.html

 Eタンク蒸気機関車A (中身!)
http://blogs.yahoo.co.jp/masai_no_sennsi/1712255.html

 brickshelf


 Masai様のメカニカル・マッチョにして、優れたプロポーションを持つタンク機関車についにEタンクも仲間入りです。自由形と称されてますけれど、見事なまでの独逸タイプですね。素晴らしい。
 雰囲気近いのは旧プロイセンのT16.1(DRGの94.5)でしょうか。

(画像wikipediaより)

 ちなみに5軸のタンク機関車というのは日本(国鉄)では4110形(名機)・E10形(こっちは迷機)の2形式しかありませんが、欧州ではよく見られた形状です。


 外形に関してはもう言葉も出てきません。足回りの密度感はEタンクならでは!
 6幅スケールで見ると大柄?なのですが、7-8幅スケールで捉えると見事なバランスです。制作者もこだわられたというスチームパイプとシリンダの位置関係も素晴らしい。また、煙突が適度なボリューム感なのもいいですね。
 キャブの斜め窓はまっとうに独逸流儀です。

 見逃せないのが前梁部分の処理。実物だったらごついところを曲面ブロック多用でスマートかつ優美に仕上げておりますね。よき工業製品の造形美と申しましょうか。

 そして、何にもましてビックリさせられましたのは、やはり中身。
 2モーターと聞いてイメージするのは横置きのPowerFunction小型モーターを前後に配置して……というところですが、なんと双子型に縦置きするとは。加えてモーター同士を背中合わせにすることでトルクで分解しようとする力を抑えこんでいるのでしょう。

 2基のモーターの力を受けるのは、全軸のギアドライブ。製品の#10194もそうですが、蒸気機関車はサイドロッドで動輪が繋がっているため、内部でのギア連動は(実物同様に)必要ないという認識がされてきました。
 が、この作品はギアドライブでも繋がり動作をより確実にしている由です。とはいえ、機械抵抗の影響も気になりますから、ここの得失は気になるところであったりしますが。
(ちなみに1/150の模型の機関車では蒸機でも内部ギア連動しているものが多いです)

 ギア比はPF小型モーターから1:2位で減速しています。スロー効いて牽引力にも余裕がありそうです。
(PF小型モーターは、自分は原則1:1の等速ギア比で鉄道車輌には用いています……。拙作の場合は急行用の電機や、タンク蒸機でも高速型の設定なのでこれでよいのですが。なにはともあれ、ギア比を自由にできるのはPFの面白さです)

 充電池と受光ユニットの配置も極限設計的ですね。
 面白いのは後部コールバンカー部分の「蓋」を開くことで、受光ユニットのチャンネル切り替えが容易にできる配慮でしょうか。

 この機関車が走るさまは、早く拝見したいものです。
posted by 関山 at 23:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月10日

【考察】レゴミニフィグの男女比についにフェミニストからクレームが。

 情報源は2chの現行レゴスレッドの565-566さんです。

565 名前:ぼくらはトイ名無しキッズ[sage] 投稿日:2011/02/10(木) 19:17:44 ID:y45HdAfu0
フェミニストからレゴ好かれてないとさ
男のフィグが多すぎるだって
これに対し、レゴ社は首・髪を取り替えろだって。

566 名前:ぼくらはトイ名無しキッズ[sage] 投稿日:2011/02/10(木) 19:19:01 ID:y45HdAfu0
http://www.aktuality.sk/clanok/181952/komentar-ako-feministkam-vadi-lego/
 リンク先、何語かと思ったらスロバキア語でした。
 機械翻訳(google)したのはこちら

 以下要約です(文章直す余裕なし、でも大意は伝わるかと)。
「フェミニストは、レゴ好きではないとして」
これは、おもちゃの前に表示されることを停止しないフェミニズムは、好戦的。 位置がゲルマンの国は、管理のための女性のクォータの必須配慮を我々に浸透し、レゴされ、心の"専門職の女性の"今すぐ開始する。 小児では固定観念をジェンダーのサポートだそうです。

 クォータドイツの議論は他の関連トピックへの踏み台としてのみ提供しています。 そして、世界の玩具レゴの作品の間の平等! カメラは、2つのフェミニストの知識に変わる前に、このキットには、子供たちのためのものであることと性差別的なジェンダーのステレオタイプを促進する視聴者を説得する。 個々の社会的役割の"レガシー"で動作しているが。 母親としての位置にそこに女性を残したまま、労働者は、宇宙飛行士や警察官は、主が男性である。 フェミニストは、セックスの画一的な表現を感じている。 明らかに脚の女性は、常に中に男性の短い、長い髪を持っています。

 機会が表現し、会社のレゴのドイツ支部の代表を受け取った。 このような警官が女性の頭、警官の突然の文字の交換ならば - 彼女は作品が分離されていることを説明しようとした。 なぜフェミニストの心のおもちゃは簡単です。 子どもたちが一緒にプレイすると、彼らはそれが男性と女性のためには何かのアイデアを持っている子供の頃から成長することができます。

 レゴのミニフィグの男女比は、ウチの【考察】カテゴリとか、或いは新製品情報などでさんざん突っ込んだことですが(笑)、ついに怒られちゃったみたいです(笑)。
 北米とか西欧・北欧ではなく、東欧からというのが意外ではありますけれど、社会への女性進出は共産圏のほうが進んでおりましたから(例えば大型のトラックやトラクターだって女性が運転する。市電の運転士は原則女性の仕事。本線鉄道の車掌も女性率が高い)、むしろ当然なのかもしれません。

 さすがに2011年製品では婦人警官が(やっと)登場しましたし、2010年のシャトルでは宇宙飛行士の一人は女性でした。少しづつ改善は進んでいるけど、その改善の途中で怒られちゃったのかなぁと思います。少なくともこの記事書かれた地点で2011年の警察シリーズは未だ知られてなかったでしょうから。

 でも、お城シリーズとかだと女の子は未だに「お姫様」なんですよね……(居るだけマシ?)。キングレオの頃に居た女騎士だって復活して欲しいと思うのです。遊びの幅だって広がると思うんですけどね。

 あとはしつこくなりますけど、女児向けのミニフィグスケールものも。
 まぁプリキュアみたいなのは、それはそれでフェミニスト的には微妙なのでしょうか……?
posted by 関山 at 23:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする