何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2010年10月31日

【作品紹介】AP様のオハ47形客車。客車の革命?

 「AP通信 43系落成」
http://legoland.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/43-4297.html
 
 brickshelf

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=450541
 ※こちらには内部構造などあり!

 革命と言うには大げさ? いや、美しさ・リアルさではインパクト充分!
 技法は先のマニ36と同じもの(1×2タイルを並べてシルヘッダー作成)ですが、青で広窓だとまた印象が大きく変わるものですね。飽くまで個人的な印象ですが、この表現手法の美しさがマニ36の時よりも際立ってはいないでしょうか? 車体サイズと窓の大きさのバランスも素晴らしい! 正しく国鉄の客車なんですね。
 今後スハフや、或いはオハ35辺りへの展開が楽しみです(車端部の絞り込みという課題をAP氏が如何に克服されるかは実に興味深いです……)。或いは優等車? 既存作のEF61の牽引する急行列車なんて云うのも見てみたいですね。

 ちなみに拙作ではウインドシルヘッダーの表現はドアレール付きプレートを使用しています。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=277472
 上は一例。やや大仰でスケールオーバーなのとドアレール付きプレートの供給に左右されるのが難点。インテリアとの共存が効くのと製作難度が比較的低いのはメリットではありますが。インテリアにこだわるとAP氏の技法が使えない……難しいところです。
posted by 関山 at 22:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

【実物鉄道】10月は用事あって東京〜大阪を2往復してきた……。

 いわゆる「用務」です。仕事出張でもなく観光でもなく、と。
 今月はちょっと週末の更新が滞り気味であった言い訳も兼ねて。久々に雑談的展開にて。

●その1:10月上旬の週末
 新横浜 → 新大阪 「のぞみ」グリーン 運賃料金フルレート
 半ば介護必要な同行者あってのことゆえ、グリーン車にて(グリーン料金は出してもらった)。
 自分ひとりだと絶対に有り得ない選択……(グリーンが、じゃなくて「のぞみ」が)。
 でも、パーサーの乗務であるとか、細やかな車内巡回であるとか、乗車客層(前の席に座っているのが有名人)であるとか良い意味で別世界。これはこれで良かった。同行者も喜んでくれたし。速さも含めてお値段分の価値はあると思う。自腹ではありえないけど。

 大阪駅桜橋口 → 東京駅 昼特急 運賃\6000
 帰りは一人だったので倹約コース。休日の昼便は取りにくいものの前日に「マルス枠」で予約取れた……。2階のA列だが不満なし。昼便はやっぱり2階の窓際がいいな。
 車は西日本JRバスのエアロキング(クレイドルシート車)で快適。渋滞で1時間半遅れるも全く気にならず。また乗りたい何度でも乗りたい。ただ過去の乗車時も含めて必ず渋滞に当たってる気がする。


●その2:10月下旬の週末
 東京 → 新大阪 「こだま」グリーン ぷらっとこだまで¥11500
 今回「至急の要件」にて、新幹線以外の選択ありえず。前日に近所のJTB支店に飛び込み閉まる直前に発券してもらう。それでも希望の朝一番の便(東京7:56)は取れず、次便(同8:56)しかとれない。グリーンは希望であったものの(これでも「のぞみ」の普通車自由席より安いので)禁煙取れず喫煙車(って未だあるのね……)。ちなみに前日じゃ普通車は全滅らしい。
 
 乗ってみるとガラガラ(取れなかった7:56も似た様な状況だったんじゃないか?)。ぷらっとこだま枠の4人だけが並んで座ってるヘンな状況。あと「のぞみ」のようなサービスもないのでやはり格落ち感というか、安いだけのことはあるなぁと。同じ700系なのに。
 幸い喫煙車ながら煙くはない……。
 4時間掛かるのは気にならないけど。普段はバスや普通快速乗り継ぎで8〜9時間かけて移動する距離ゆえ、これでも自分にとっては速い(苦笑)。バランスはよく特に不満はない、取りにくいことを除けば。しかも物理的な供給には余裕があるのに取りにくいという最低最悪の状況で。

 ひとつ言えるのは、絶対にJR倒壊は「ぷらっとこだま」枠の出し惜しみしてる! その上、昔は当日購入もできたのに今は前日縛りだし、ネット購入は5日前迄という非常識さだし。キャンセルや変更に関しても意地悪レベルの融通のきかなさ。意図的に不便にしてるだろ絶対。
 ガラガラの「こだま」に出し惜しみするな。せめて「こだま」は正規でぷらっとこだまの水準に値下げしやがれ(ぷらっとこだま的縛りのキツーい条件なら昼特急並みの水準で十分)。 出来ないなら一度潰れてしまえ! 

 大阪駅桜橋口 → 新宿駅 中央青春エコドリーム 運賃¥4300
 帰りは時間の都合で夜行(もう1泊して前回同様昼特急にするかどうか迷ったけど)。
 青春ドリーム・青春エコドリーム用のエアロキングの1階席はシートピッチが広く(実はドリーム号・昼特急と変わらず。但し4列)そこそこ快適であることは確認済であったが……。
 4列シートでの窓際、隣にちょっと体型に不自由な方という状況では正直キツかった。渋滞どころか30分も早着したのに苦痛だった……。ああ、次はなんとしてでも通路側を取るぞ!
(懲りない自分。3列シートのドリーム号にするという選択はありえず……)
posted by 関山 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 実物鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

【ニュース】訃報:bricklink創設者 Daniel Jezek氏



http://www.bricklink.com/danjezek/
 
 現在、我々世界のレゴファンが
「レゴ社の製造したものなら、どんな過去のどんな製品・部品でも売買できる」
「特定の部品を非常識な分量でも調達できる。即ちパーツ数とビルドの制限がなくなった」
 のは、この方のお陰です。

 2000年にBrickBayとしてスタート。2002年にBricklinkと改称したこのサービスはホビーとしてのレゴを強力にバックアップしてきました。bricklinkのないレゴというのは、ちょっと考えられないのが現状です。

 Bricklinkはwebサービスとしても極めて秀逸であり、UIや反応速度でも不満を感じさせないことも特筆されます。

 それだけのものを作り、育ててくださった氏の、ご冥福をお祈りいたします。
posted by 関山 at 03:02| Comment(2) | TrackBack(0) | LEGOニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

【作品紹介】エフ様の自由形蒸機/in81212様の自由形路面電車

 どちらもプロジェクト進行中ですが……。

●エフ様の自由形蒸機
 赤い車輪の1Cテンダ機関車。派手に見えますが、色を黒と赤だけに揃えていますので落ち着きはありましょう(煙突の先の赤が全体のバランス整えています)。カウキャッチャーや煙突はアメリカ機の雰囲気ですが、全体の骨太なフォルムはドイツ機っぽい感じもありますかね。
 動力構成としては、炭水車に電池とトレインモーター。機関車に受光ユニットというもの。なお受光ユニットはキャブに収め、その代わりにフィグが乗れないということはなく、きちんと見えないところに収まっています。
http://blogs.yahoo.co.jp/f1963/5323650.html
 ロッド(サイドロッド)の取り付けには苦心されたそうですが、その試行錯誤の経験はきっと役に立つと思います……(実は私も「位相」を理解するのに時間かかりました)。次はメインロッドですね?
 

●in81212様の自由形路面電車
 欧州系の、スマートな底床路面電車です。スマートさを強調するための前面の大胆さに目を惹かれますが、車体全体を見回してみると……なんと製作難易度が跳ね上がる5幅です! 
http://blogs.yahoo.co.jp/in81212/19895862.html
http://blogs.yahoo.co.jp/in81212/19899091.html
 実際に街においたら、建物や自動車などとの対比で、更にスマートさが強調されるのでしょう。

 車体の組み方も窓回りの横組などレベルが高いです。ドアの表現もいい感じ。
 灰色ベースのカラーリングも未来的な感じがして、この車体に似合ってます。

 現在2両が出来ていますが、最終的に3輌編成を目指されているとか。楽しみです。
(可能なら動力化にも期待してしまいたいのですが……) 

 追記;brickshelf

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=449700
posted by 関山 at 20:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

【作品紹介】五十川様の「みじかい市街地電車」。大胆な小型連接電車。

 本文(動画あり)
http://www.isogawastudio.co.jp/legostudio/modelgallery_model/b052.html
 ブログ記事
http://isogawa.asablo.jp/blog/2010/10/25/5441332#c23908

 自由形ですが、なかなかリアルティがあります。
 色こそ違いますが、デンマークのS-togの新型電車思い出しました。
http://www.google.com/images?hl=ja&q=dsb%20s-tog&lr=&um=1&ie=UTF-8&source=og&sa=N&tab=wi
http://www.railfaneurope.net/pix/dk/electric/emu/S-tog/pix.html

 そもそも「小型車体を連ねた列車」というのは1950年代以降現在にいたるまで、車輌技術史的にいくども現れています。スペインのタルゴが有名ですが、同種の列車はアメリカでも幾つか試作(エアロトレインやTrain-X)。日本でも小田急ロマンスカーの一部や(現行だとVSE)、JR東日本の試作車E331系がありますよね。
 あと鉄道模型の世界でも、この種の車輌を模した作品は多々造られており、大胆なアイディアが競われてきました。

 カラーリングは欧州にありそうな雰囲気。濃青の屋根が新鮮でもあります。
 幌や連結機構は大胆で興味深いところです。如何にも試作車然とした形状もまた良し。
 また、動力機構もPFモーター縦置き駆動なんですね。テクニックの方のトレインという雰囲気で、作者らしさに溢れた一品と言えましょうか。
posted by 関山 at 22:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】AP様のマニ36 進化するウインドシルの表現

 AP様の国鉄荷物車マニ36が小更新されてきました。小というのは飽くまで見た目の話であり、内部構造はかなり弄られているんじゃないかと推測するのですが。

 更新後。

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=449590

 ちなみに更新前。

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=270828

 大きく変更されたのはウィンドシルヘッダーのうち、上にあるウィンドヘッダーの方。更新前は割愛されていたのが、更新後はきちっと立体表現され、見た目がずっとよくなっています。問題があるとすれば更新前・更新後ともに使用パーツ数が少なくないため簡単に真似・量産ができないということでしょうか……いやまぁその種の孤高さも魅力ではあるわけですが。
 なんであれ、更新後の方を見てからだと更新前はまるでウインドヘッダーなしの変形客車[註:マニ36には居ませんでしたがオハ35等では実存]のようにみえるから不思議です。手間は掛けていますがその価値ありと思う由です。

 内部構造などは、AP様のブログの方に詳しいです。
http://legoland.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-f483.html
posted by 関山 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

【レゴ社への意見? というか雑談】ロシアのレゴ広告。一瞬感動したんですが……。


http://www.gizmodo.jp/i/2010/10/_in_3.html
 セット内の組換でやらなきゃ意味ないと思うんですけど。
 どう考えてもパーツ追加してますよね(特にタージ・マハル)。感動させといて落とされた感じ。

 「箱裏組換作例復活を願う会」々長としては(笑)、これは正直幻滅です。というか余計なことするな!
posted by 関山 at 19:42| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】#7499 RC/PF用直線レール+フレキシブルレール製品化?/フレキに関するメモ


 上記画像引用元(nuno2500様提供)。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=399607

 いやまぁ、議論の余地のありまくりな画像です……。
 
 現状のRC/PFトレイン用レールの問題点は「直線8+曲線8」という抱き合わせパッケージしかなく、或る意味完全にユーザーの需要を無視した供給がされてること。セット買えば強制的に1周分ついてくる曲線レールを追加で購入する需要がどれほどあると思ってるんでしょうか、ビルンドは!

 で、その辺の意見を聞いたか聞かないか、なにやら新しく出てきたのがこの画像#7499。
 フレキシブルレール+直線レール8本のパッケージと見て良いのでしょうか? 見方によっては曲線×8+フレキにも見えるのがなんとも云えませんけれど……。
 直線レールならちょっと欲しい。でも曲線なら余計なもの作るなって感じです。前者であること祈りましょう。そして日本でも通常流通することも。
 

<オマケ>
 フレキシブルレールに関するメモ。
・曲げは自由ですが、最小曲線半径は従来のレゴカーブレールと同じです。つまり過去のどんな車両でも通過できるはず……。
・曲げは特にクリックなど無いので、ふにふに動いてしまいます。平滑な床だと特に……。
・長さ4ポッチなので、1本だけなら9Vトレインモーターは通過可能。つまり9V環境でのギャップレールとして使えます(勿論、実験済)。リバース線や、1本の側線に複数列車留置するなどの使い道が考えられましょうか。

 まぁ使い方次第ということで……。
posted by 関山 at 19:31| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

【レゴ製品】ダークタンという色


 最近妙に充実しつつある新色の一つ。
http://www.bricklink.com/catalogList.asp?v=3&pg=1&colorPart=69&catType=P
 特に小さめのプレートが出まわりよくなってきた感じです。


 この辺があればあとはどうにでもなりますからね(暴論)。

 さて。
 日本の鉄道車両で使われがちなクリーム色には明るいのと、妙に暗い・渋い系統のがあります。

 前者は151系他国鉄特急電車のクリーム色とか、東武のセイジクリーム辺り(1980年代の一色塗り)。

 何を今さらですがこんなの(画像wikipediaより)

 で、後者は151系に似てる東武1720系DRCやら、東武の5700系や6000系辺りのクリーム色です。

 こんな感じの色(画像wikipediaより)。
 
 え、東武ばかりって? 国鉄でも気動車色の古いのは渋い方のクリーム色と紺のツートンでした(1960年以前の話)。あと京福電車(京都・叡電や嵐電)もこの種の渋クリーム色に緑のツートン。


 昔の叡電(画像wikipediaより)。

 他がちょっと思いつかないんですが(苦笑)、その渋いクリーム色こそ、レゴのダークタンに他ならないと(笑)。実は電車向けなんですね。特に1950-60年代の渋い雰囲気にマッチしています。

 実は蒸機(6200)に合わせるため、昔の東武やりたいと思ってて(形式は内緒)、タン+濃赤で検討はしていたんですが、レゴのタン色は如何せん明るすぎて雰囲気がちょっと違うと。

 だから、ダークタンが増えてくれるとちょっと嬉しい……。
 で、最近機会あれば集め出していたりするのです。
posted by 関山 at 20:52| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【実物鉄道】余りにレゴ的なシチュエーション! Bad Doberanの"路面蒸機"(編集長敬白より)

 鉄道系の日々の情報収集で欠かせないのがレイルマガジン誌編集長名取氏のブログ「編集長敬白」。
 レイルマガジン本誌同様の薄め(JR系の「煽り系」)題材から、編集長の個人的趣味と思しき劇濃な海外ナローゲージ情報まで幅が広いのが特徴です(海外が欧州・アメリカ・アジアと全域に渡っているのも鉄道趣味界の傾向から云って特異でしょう!)。誤解なきように記せば、前者の情報も役に立っていますが。

 さて。
 今回はレゴトレインファン的に見逃せない更新です。

北ドイツのナローを巡る。(2)
第2回:Bad Doberanの"路面蒸機"。(上)
http://rail.hobidas.com/blog/natori/archives/2010/10/post_50.html

 欧州の如何にもな中世都市的町並み。
 此処を走るのが市電や、或いは郊外電車の乗り入れでも十分様になりそうなのに……。此処にやってくるのは「全て」蒸機牽引の列車!!

 その凄さ素晴らしさは言葉には出来ませんので、是非先方を御覧くださいませ。

 それにしても。
 赤い動輪の小さめの蒸機にしても、小奇麗なそして大げさではない街並みにしても見事なまでにレゴ的な情景ではありませんか! それもアイディアブック#6000的な。こんな町がリアルに存在するのは驚くほかないのです……。
posted by 関山 at 03:18| Comment(6) | TrackBack(0) | 実物鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

【考察】第二次レゴトレインブームを支えるものと、これから。

 何度か記しましたよう、2009〜2010年になって新潮流のレゴトレイン作品が数々生まれてきています。その背後に「エメラルドナイト」「ウエスタントレイン」、そして「PowerFunctionシステム」もあると。
 やはり今は「第二次レゴトレインブーム」なのだと実感しますし、良い製品やシステムがユーザーの作品においても重要であることも実感させられます。

 何でも自分で作れるのがレゴ、というのは時に詭弁になるとおもうんですよ。
 やはり作り易い環境、作りにくい環境というのは確実にあります。

 もう一つ大事だと実感したのは、「店頭にあること」でしょう。
 通販や個人輸入やオークション(余談ですが、殆どの場合現行品に関しては自分で個人輸入する程度の価格で即決が出ていますね最近は……)は当たり前と思うと麻痺しがちなのですが(苦笑)、最初の一歩はやはり店頭での購入とサポートだと思うんですよ。思えば自分も最初のセットは店頭購入でしたし、初めて数年はやはり店頭購入が殆どでしたから。
(理想は店頭でのデモンストレーションなんですけど、実施してる店が殆ど無い……。動いてるの見せればインパクトあるはずですのに!)

 さて。
 これから必要なのはオープンな「オフ会」のような場ではないかと改めて。
 
 レゴは個人で作品制作する趣味ですが、でもクラフト系趣味は見せる場所・そして技術交換する場所は絶対に必要でしょう。作品公開そのものはオンラインで幾らでも出来ますが、実物と写真の印象が全く異なるのはよくあることですし、その殆どの場合は実物のほうが上です(そこを逆にできるなら、その発表者のカメラテクニックを直にお伺いしたいものです。これも素晴らしいノウハウですからね)。
 それ以前に同好の士の存在こそが趣味を続けるモチベーションになります。

 自分ができる範囲のこととして、定例運転会(東京)は今後も継続します。今年に入って参加者数増えているのも嬉しい傾向ですしね。
 もうひとつの課題は、かつてのEJLTC総会のような大規模イベントの復活。これは準備が相当な手間になりますのでちょっと踏みとどまっている状態です。自分が不得手な仕事を抱え込みますので、どなたか請けてくださる方がいれば宜しいのですが。

 さらにもうひとつは、地方でのオフ会が盛んになること。
 流石にトレインテーマに絞るのは無理がありましょうから「総合オフ」になるのでしょうが、こればかりは各位の思い切りに掛けるしかありませんね。でも、関西くらいなら遠征したいとも。

(ここまで記して気がついたのですが、将来的にはオフ会情報に強いブログや掲示板も必要になってくるのかも)



 最後にもう一つ。
posted by 関山 at 23:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

【作品紹介】AP様の西武鉄道E31電気機関車

 今年に入ってから西武鉄道から大井川鉄道に譲渡されたE31電気機関車。先輩のE851程でないにしろ派手かつまとまりの良いヨーロピアンとジャパネスクを足して割ったようなスタイルは魅力的なものでした。

 そのE31電機をAP氏が制作されています。
http://legoland.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/e31.html


パンタグラフやランボードの浮いた感じは気に入っております。が、これは何年か前に製作したED36型で試した手法。
そもそも車体も7,8年前に製作したEH10型と基本構造は一緒という何とも進歩のないものとなりました。

 いえいえ。
 ベテランならではのご謙遜といいますか……ランボードの取り付けとかパンタ台とかは毎度驚かされるのですが。台車もしかり。その上で、ちんまりした感じを意識されたそうで、そのおかげで十分にあの機関車の魅力を引き出しきっています。小ささ可愛さとディテールの良い意味でのアンバランスがありますね。
 あと、実機もそうですが裾の黒が引き締めているのもいい感じ。インパクトが大きいのはHゴムを表現した側面窓でしょう。テクニック使ったライトケースは名案です。

 ところで、大井川譲渡後の実機はSL列車の補機が予想される仕業。
 派手なE31と茶色の旧型客車との組み合わせは実機もレゴもさぞかし魅力的なものになりましょう! そして、今日のレゴパーツ・動力環境で造られたC11やC56との組み合わせも……楽しみな世界です。
posted by 関山 at 00:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

【ニュース】もう一つ、本社からアンケート依頼のようで。ああ価格に関しては別で(笑)。

 やはり、さいとう氏経由です。先の「日本発のレゴの新テーマを決めよう!」とは別件ですのでご注意下さい(あちらはあちらで一日一票を27日まで受付)。

 詳細は以下参照下さい。
 「レゴ本社からの2010年アンケートです」

 なお、解答に関しては「レゴ社の指定により」上記(さいとう氏のブログ)を経由してお願いします……とのことゆえ、ご協力願います(日本初のレゴ・アンバサダーの顔は立てましょう!)。

 内容に関してはこんな感じ(先方を引用)。

●価格以外で、レゴ社ができることはありますか?
 ■版権もものれたミニフィグ
 ■古いテクニックセットを再発売
 ■シティの拡張や、より多くのモジュールハウスの発売
 ■20年前の商品を再設計して発売してください。
 ■8455のような複雑なテクニックセット
 ■ステッカーを使用するのを止めてください。
 ■大型パーツよりも、基本ブロックをセットに入れてほしい
 ■テクニックのミニフィグを作ってください
 ■オンラインショッピングでのセールや特別セット
 ■UCSのテクニックセット

 他フリーテーマ。
 それにしても、「価格」に関しては勘弁してくれ! というメッセージを感じるのは気のせいでしょうか(笑)。まぁ石油製品に厳しい時代ではありましたが(苦笑)。ちなみに日本に限らず欧州圏でも価格への不満は少なくないようですし(消費税は日本よりずっと高いし……)。

 あとは「こんな声が世界的には上がっているのかな?」という憶測もできます(笑)。大味特殊部品やめろとかステッカーやめてプリントパーツにしろとかテクニックフィグ復活させろ、とか。
 一方で復刻製品であるとか、Shop@homeでのセールや特別セットなどをもくろんでいてその需要を図っているのかな……? と思わせる要素もあります。

 さて。
 個人的には「シティの拡張や、より多くのモジュールハウスの発売」「大型パーツよりも、基本ブロックをセットに入れてほしい」にチェック……とか思ったんですが、いざ手順踏んでアクセスしてみると設問がまるで変わってますよ!
 以下括弧内ツッコミです(笑)。5つまでチェックと。


■bring back the wild west theme and add a ghost town sub theme.
 西部劇テーマの復活と、ゴーストタウンテーマの追加(これはわかる)

■Bring back 9V trains.
 9Vトレインの復活(♪×100!)

■A more even distribution of "rare" colours, both among basic and specialized pieces.
 特殊部品、レアカラーの拡充

■For children: Let creativity guide them, not lincenced products with low complexity, which dictates their play (movie-scences, etc.) -- more generic parts, less prefabs to encourage creative play For AFOLs: Keep on making bigger sets like the SW-UCS+Taj
 子供向け:版権モノよりもよりクリエイティブなセットを。AFOL向けにはSW-UCSやタージマハルのような大型 セットを欲しい(訳すの難しい)

■Open a LEGO store in the Netherlands please.
 レゴストアをオランダに作ってください(えっ? 先に国籍を日本と答えたのに)

■increase the types/kinds of bricks/pieces available from Pick-a-Brick, especially Technic pieces
 Pick-a-Brickの種類を増やしてください。特にテクニック。(日本でもやってくださいクリブリで)

■Ancient world sets - Rome, Greece, Barbarians (Gauls, Vikings, Celts with their blue woad etc)
 古代ヨーロッパをテーマに。ローマ、ギリシャ、ケルト、ヴァイキング、Gaulsなど。(これもわかる。先のアンケートもそうですが、それなりに需要はありそう。非戦闘的なら凄く欲しいけど期待してもなぁ)

■make the chinese plastic better in your army builder sets and magnet sets please
 (訳せません……中国製のブロックような軍隊物が欲しいって云うわけでもなさそうですし)

■Sell the LEGO Collectible Minifigures as individual figures, not in random packages, so that people can buy the ones they want and don't waste money.
 コレクタブルミニフィグ(日本のレゴガチャ)をランダムではなくオープンパッケージにしてくれ
 (気持ちわかるんですが、商品の企画から変わってしまいますよね)

■Less stickers - give us back printed tiles please
 ステッカーやめて。プリントタイルがもっと欲しい。
 (納得)


 ランダムに変えているんでしょうか? よく分からない調査です。
 あとは自由回答欄に
「トレイン単品出せ!」(Release the product separately train theme! Locomotives,Railcars,Trams....)とお約束のように記しておきます(笑)。それから、
「#2150のような精細な駅舎が欲しい」(I want a set of fine railway station,like #2150.)も書き加えました(笑)。
 二つしか追加できないのが実に残念。PowerFunctionのBT/WIFI対応のこととかいろいろ言いたいことありましたのに(苦笑)。
posted by 関山 at 22:36| Comment(5) | TrackBack(0) | LEGOニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

【ニュース】さいとう氏より「日本発のレゴの新テーマを決めよう!」投票始まりました


 10月20日にテーマ募集が締め切られた、アンバサダーミッション「日本発のレゴの新テーマを決めよう!」ですが、30テーマも集まる盛況となりました。

 そして、今度はその中から絞り込む「投票」が開始されました。締切は10月27日です。
 前にも記しましたが、この種の調査では結果もさることながら「投票総数」も非常に重要なファクターとなります。日本発のレゴテーマ実現のため、皆、投票しましょう! 投票先は以下!

 日本発のレゴの新テーマを決めよう!
http://ameblo.jp/lego-news/entry-10683634231.html

 ルールは期間内に「一人一日一票」です。

肝心の投票ルールですが。
1人1票とは、もうしません。
なぜなら、厳選することが目的ではなく、需要を見極めたいからです。
ですが、「じゃ全部」ってのもアレなんで、
1人1日1票……とさせていただきます。
ですから、投票締め切りの10/27まで最大7項目に投票できます。
……とはいえ、実験していないので、1人1票入れたら、
システムが受け付けないかもしれません。
なので、必ず「1番ほしいテーマ」から投票してくださいね。
 欲しいテーマがある人は「今すぐ」投票しましょう! 10月21日はあと1時間半しかありません(をひ)。

 それにしても集まったテーマは興味深いです。
 全部は先方をご覧頂くとして……

・和風系(日本発ということで当たり前といえば当たり前ですが……欲しい!)
・古代ギリシア(ガチャのスパルタ兵大人気ですよね……)
・古代神話に紀元前もの
・人体の神秘(この辺の発想はなかった!)
・音楽(この辺の発想はなかった!!)
・素材[アルミやステンレス](この辺の発想はなかった……)
・学校(肝心のユーザー層考えれば、実に身近!)
・海賊系[ワンピースやパイレーツオブカリビアン](ああ南海は人気。後者はディズニー版権ですからそのうち出てきそう。あと海賊でもブラックラグーンはダメですねやっぱし)
・マクロス(メカデザインの検討にレゴ使われたのは余りに有名。個人的にはFか初代)

 この辺が印象に残りますよ。
posted by 関山 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】in81212様の#10183色変えシリーズ/Masai様の蒸機改良続く/M&M様の旧新橋停車場


●in81212様の#10183色変えシリーズ 路面電車と電気機関車

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=447815
http://blogs.yahoo.co.jp/in81212/19355389.html
 この路面電車インストはオリジナルではちょっと強引な感じがして正直、そんなに好みではなかったのですが……ダークパープル化で見違えった感じです。ぐっと渋く締まった感じになりました。
 さらにコンセプトを詰めたハロウィントラム化♪ こんな遊び方ができるのもレゴトレインなんだなぁとしみじみと。楽しみの幅・可能性を広げた作品でしょう。


http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=448675
http://blogs.yahoo.co.jp/in81212/19638412.html
 凸型の電気機関車。これもインストでの赤を、茶に変えたことでぐっと渋く、そしてリアルティが出てきた好例! スイスの私鉄的な雰囲気でもありますし、また日本のローカル私鉄的でもあります。
 脳内をよぎったイメージはこちら。北陸鉄道ED20形とかの木南系の凸電機。

 ついでに以下。
 http://legotrain.seesaa.net/article/115715928.html
 拙作の南海電鉄の電気機関車。似た様なスタイルということで。



●Masai様のホッパ貨車に、5軸タンク機!
http://blogs.yahoo.co.jp/masai_no_sennsi/163477.html
 ホッパ貨車。自由形として説得力のある形に収まっています。日本形でも欧州形でも似合う雰囲気。荷卸ハンドルなども堪らぬポイント。側面補強のゴツさにもオーバースケール感はありません(アングルではなく、角パイプを補強に使ったようにみえます)
 増備予定とのことで(現在2両)、この車がたくさん連なって走る姿は楽しみです。


http://blogs.yahoo.co.jp/masai_no_sennsi/207722.html
 5軸のタンク式蒸機。赤動輪! ディテールもアップし(サイドタンク下の補強アングルに注目!)更にドイツ蒸機っぽく。独特の煙突も良い感じ。しかもこの大きさで2モーターですからパワーも期待できそうです(ギア比は減速されてるとのこと……いやいったいどれほど強力なのやら……)。また、今までコメント失念しておりましたがサイドタンクのライン処理は効果的です。
 動画では既存のCタンクとの重連です。たくさん貨車造られたい気持ちが伺えますね。


●M&M様の旧新橋停車場
http://blogs.yahoo.co.jp/ppma002/5711209.html
 途中経過とのことですが、魅力的な「旧新橋停車場」らしさが現れてきました。これは期待しなければなりますまい。小さめにディフォルメされているのですが、これがまた小さな一号機関車にベストマッチング♪ 独自の世界観になっています。完成したら改めて記事書き直したいところですね。

 なお、旧新橋停車場は頭端式ですから後世(大正から昭和初期)の私鉄駅的ムードもあります。ここにクラシックな私鉄電車置いて、それこそかう゛ぇ氏の京の街並みと組み合わせても素敵な情景になりそうな予感もします。
posted by 関山 at 20:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

【レゴ製品】珍品! クリアのRC/PFレールとか青/白のバッファとか

 いや、なんでこーいうものが造られ、そして「流通」しているのか分からないんですが……(テストショットの流出というのが有力説)。まぁネタとして。

 赤いレール・曲線

http://www.bricklink.com/search.asp?itemID=1186&colorID=5

 赤いレール・直線

http://www.bricklink.com/search.asp?itemID=226&colorID=5

 クリアのレール・曲線


 クリアに残念ながら直線はない模様……。
 この辺はbricklinkセラーの「商品」ではあり購入可能ですが、値段は……8000円くらいとレアリティに相応しいものがついてしまってます。まぁコレクター?意外に用はなさそうですね。


http://www.bricklink.com/search.asp?itemID=769&colorID=7
 バッファ(連結器)青。


http://www.bricklink.com/search.asp?itemID=769&colorID=1
 バッファ(連結器)白。

 こっちは¥1000-1600。買えなくもない価格ですが需要は限られますよね? それよりは赤い連結器を新型タイプでいいんで量産して欲しいですマジで。


http://www.bricklink.com/search.asp?itemID=1533&colorID=6
 トレイン窓4幅、緑。¥3000! 安けりゃというかトレイン窓の価格なら沢山欲しいと思っている人多そう(笑)。もちろん自分も。過去には茶色も出回った実績あり……。ああどっちも量産しやがれ。

 そんなわけで、ロットは1000個でも10000個でもいいんで、大手セラー向けにレゴ社で特定色のパーツを既存金型で特注生産してくれるサービスやってくれませんかねぇ。なんかトレイン窓あたりはあっさり全色揃いそうな気さえします(笑)。
 とりあえず、緑・濃緑・オレンジ・茶のトレイン窓あれば買いますよ(笑)。
posted by 関山 at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

【ニュース】久々に「RailBricks 第7輯」リリース。木製レゴトレイン? in81212様の作品も

 久々にレゴトレイン情報誌「RailBricks」の第7輯がリリースされました(英文・pdf・無料)。


 ダウンロードはこちらより。
http://www.railbricks.com/railblog-categories/49-new-issues/218-railbricks-issue-7-is-out

Wooden Trains……6
 巻頭小特集はなんと「木製レゴトレイン」。いや、大騒ぎするというよりレゴ社の木製玩具メーカー時代に鉄道題材も扱っていたころの製品群ですが。でも、ここまでまとまって紹介されたのは初めてではないでしょうか。汽車だけでなく、路面電車やディーゼルカーも製品化されていたのに驚かされます。

End of Line Buffer……10
 小インストとして「車止め」が入っています。実際にサスペンションの効く優れもの?です。手近にある部品だけで作れ(1×4プリントタイルは1×1を4枚で代用?)そうなのもいいですね。

Fun With Radii……13
 9V直線レールの弾性で大曲線レールという話は今回も。

What to Do Aft er That Starter Set?……15
 初心者向け記事もありますが、英語圏の情報なんで日本の初心者にはどうか……?

Billund’s Miniland Trains……23
 レゴランド(ミニランド)の大型ビルド(足回りはLGB/1番ゲージの筈)の紹介は今回もあり。スケールは違うものの、積分ビルドで造られた列車は興味深いものです。

Emrald Night Improvements……31
 #10194エメラルドナイトの走行性能上の問題点を改善しようという記事は役に立ちそう。悩み抱えてるなら一見したほうがよいです。

Just Like Clockwork……36
 トレインレール(9V・PF)には走行に有利な方向があるという記事。確かにトレインレールのジョイント部分は点対称ですから、方向によって走行性能が変わってくる可能性は否定できませんが……。

PF and 9V DC Trains……46
 9VトレインとPowerFunctionトレインの共存に関する記事。
 どうやら9Vトレインモーターを使って、PFリチウムポリマーバッテリーに充電しながら走らせることを意図しているようなのですが……。魔改造も伴うので、あんまり一般性はないような気もしますが?

Trainspotting……40
 最後に。作品紹介の「Train Spotting」ではin81212様のダークパープルの路面電車(#10183色変)が取り上げられています。おめでとうございます! やはりあの色のインパクトは大きいのでしょうね。

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=447815
posted by 関山 at 22:04| Comment(3) | TrackBack(0) | LEGOニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

【レゴ社への意見】無線PowerFunction(BlueTooth/wifi)の提案

 まぁ、意見というレベルではなくただの思いつきなんですが。

 マインドストームの問題点って「メインユニットがデカい」ことなんですよね、トレインや街ビルダーから見ると。先代RCXでも車載には大きかったのに、NXTでは更に大きくなってしまいました。
 あと「高い」のも痛い。特殊な実験的動力車にRCX搭載は出来ても、動力車の多くをRCX化で自動運転……なんて無理な話です。

 さて、教育用にはPowerFunctionをUSB接続で動かす?アダプタが2009年より存在します。

【考察】PowerFunction版マインドストーム WeDOシリーズ? そしてエネルギーセット。
http://legotrain.seesaa.net/article/152172158.html


 bricklinkではこちら。#9580に含まれます。
http://www.bricklink.com/catalogList.asp?catType=S&catString=166.59.634

 形状的にはPowerFunctionの受光ユニット+電池BOXをこれに置き換え、USBから給電と制御を受けることができるものです。またPowerFunctionの固定電圧線(※)を使ってセンサー(モーションセンサー・ティルトセンサー)からの入力もUSBに返しています。要はNXTとかRCXの役目を(或る程度)汎用のPCにさせてると。

 ※PowerFunction規格については以下参照。
http://legotrain.seesaa.net/article/151195921.html
 4芯のうち2芯が可変電圧・2芯が固定電圧。

 これが車載とか出来れば面白いのですが……USBには「無線化出来ない」という問題があります。つまり、この製品のままでは車載とかできないと。無線USBの製品はなくもないのですが「高い・遅い・一般的ではない」ですから取り敢えず無視(1万円くらいしますし製品自体少ない)。
 でも、汎用の無線制御規格なんてPC・家電方面では一般的ですよね。BlueToothやWifiなら。

 要は、PowerFunctionの受光ユニットを赤外線受信ではなく、BlueTooth(かWifi)に置き換え、かつ双方向通信できるもの、「無線PowerFunction」にしてほしいと。受光……もとい「無線送受信ユニット」は2chですから、1chをモーターなどの出力でもう1chをセンサーなどの入力に使えれば取り敢えず十分でしょう。もし足りないなら「無線送受信ユニット」を複数使えばいい。
 制御はそこらにあるPCやスマートフォンから専用アプリケーションで行う。レゴ社が造らねばならないのはソフトウェアだけです(商売としちゃ美味しくなさそうですが、その代わりローコストローリスク)。もちろん、専用リモコンが別売りであっても構いませんが。
 価格は……頑張れとしかいいようがありません(苦笑)。でもBTもWifiも組み込み用チップは既に高いものではありませんよね? 赤外線受光ユニット+BTヘッドセット位の価格(25ドル位)でというのは楽観的すぎるかしらん?
 それからセンサーは現行の「モーション」「ティルト」の他、「タッチ」「光学」「音声」も欲しいですね。

 これが出来れば、トレインに限らずPowerFunctionで動くほとんどのものを「自動」「自律」で動かすことが出来るようになるでしょう。しかもNXTのような大掛かりな仕掛けなしに! そして従来のレゴ電気系ともシームレスに! 
 NXTに比べてできることは減るでしょうが、敷居が下がれば普及は見込めましょう。

posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ社への意見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

【ニュース】さいとう氏より「レゴの正式セットのテーマ募集!」とのお知らせ。

 レゴ本社公認「レゴアンバサダー七期生」のさいとうよしかず氏より、重要なお知らせです。
http://ameblo.jp/lego-news/entry-10675879758.html

久々のアンバサダーミッションです!

英文なので読み違えているかもしれませんが、
「みんながレゴ社に出してほしい「テーマ」ってあるかい?
……という募集があります。


 物凄い大胆な調査ですので、何か思うことある向きは先方へコメントお願いします(こっちに書いても無意味ですよ!)。この種の調査は「公式」での盛り上がりとかコメント数そのものも重要でしょうから、是非とも!
 締切は10/20。10/21-27にコメント募集で絞り込むとのことです。

 さて、自分もなんか書きませんと。真面目に考えるか、ウケ狙うか……? ただ「トレイン単品車輌欲しい」とかいうのはちょっとこの企画とは違いますから(トレインという「テーマ」の中での新製品企画ですからね)やはり後者?

 と、いうわけで以下を書き込んできました。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
ハンドル名:関山
商品化したいテーマ:萌えキャラ(オリジナル)
理由:日本発の企画ならコレしか無いでしょ! 今のレゴのキャラクターには萌えがなさ過ぎです。展開は3つに分けて考えられます。
・ミニフィグスケールの製品。ミニフィグ+小物のヴィネットような形で。或いはミニフィグコレクションの一種としても。
・大型立像モデル(ディフォルメモデル。ね○ど○いどみたいなので)
・既存テーマとクロスオーバーする形での萌の導入。城に萌え、海賊に萌え、宇宙に萌え……etc。キャラを立てておいて、テーマごとに「コスプレ」しているという設定。

 重要かつ絶対に妥協してはならないのは、全ての企画・デザインは日本で行うこと! デリケートなテーマですから少しでも文化的ズレあると悲劇です。ここで妥協すると日本(と東アジア)だけではなく、西欧でも売れなくなります。あとレゴ独自で企画行うのも余りに危険ですので、実績・ネームバリューのある企画会社・製作会社とコラボするのが安全でしょう。

 性的要素は抑えるのは云うまでもありません。萌えと云っても日曜朝のバ○ダイ提供東映アニメーション制作作品のようなマルチターゲット戦略(女児と成年男子両方を対象)を意識します。これならレゴ社が苦手な女児向け市場に参戦できます。

 肝心のお題は……戦闘美少女でも魔法少女でも学園モノ(ガールズバンド含)でも何でもいいです。ベルビルみたいに複数テーマを年ごとに入換というのもありだと思いますし。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 書いてて思いました。アホ過ぎる……。というか、萌えレゴに関しては自分よりも語るべき方いらっしゃると思いますので、その意味でもおこがましいかも。
 でも、自分で作れないからこそ製品で欲しいなと思うのも事実です。萌え系に限らずスタチューモデルは苦手ですから、製品であれば欲しい!んですね。
posted by 関山 at 23:56| Comment(3) | TrackBack(0) | LEGOニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

【鉄道作品(その他)】#7938組換その6「三井三池の20噸凸電機風+蓄電池車」

 ああ、そろそろ新作(パーツだけは調達済)に掛からにゃならんのに何やってるんだか自分(苦笑)。でも、それだけ弄り甲斐のあるセットです。

 あと、そろそろ何処かから(日本でも世界でも)#7938組換の対抗作出てくるのを楽しみにもしているんですが。みなさんインスト通りに組まれて満足されているのか、はたまた外道にも部品取りで満足されているのか……(笑)。いや後者的にも良いセットなんですけどね。

 そんなわけで運転会前後の多忙とその後の作品紹介ラッシュで公表機会逃してた#7938組換第6作です(制作は9月末)。



 その他の写真は以下より。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=448429

 さて、この題材はエフ様の小型凸電モデルを拝見し、三井三池炭鉱の20噸凸型機を思い出したのがキッカケ。三井三池の凸電は電源車……バッテリー搭載した貨車を繋げることで非電化区間にも入線しますが(更に昔はリールと電線積んだ貨車もあり、有線電気機関車にもなっていたそうな)、これってレゴの4.5Vバッテリーカーの実物版ってこと。そして4.5V同様にバッテリーを車載しなければならないPowerFunctionにも転用できるアイディアです。実物の特殊な事例をネタにしているだけ汎用性は少ないですが、まぁPowerFunctionで小型車両を自走させるための手法の一つということで。
(え、PF電池BOXはゴツすぎで三井三池の電源車には見えないって? これ以上は電池魔改造しなきゃいけないのでご勘弁を)


 機関車のキャブは受光ユニットでほぼ埋まります。ケーブル出しはやや苦労。
 今回は「組換モデル」故の制約下で遊んでみましたが、純粋にPowerFunctionでバッテリーセパレートの小型車両モデルはいろいろ楽しめそう。これはこれで9Vでは出来なかった楽しみですから。
(とか考えてたらM&M様の一号機関車に先越されてしまいましたが)

 ちなみに……ご想像の通り、大量にパーツ余りました(苦笑)。#7938に連結器がもう一組入ってれば貨車とかもう1両作れるんですけど余裕で。
 でもまぁ、往年の箱裏組換でもパーツ余り酷いのありましたから問題ないですよね?

 それから……7作目も先日の10月運転会でお披露目してます。8作目は流石にネタ切れ勢い切れで今のところやる気ありませんけど(苦笑)。やはり何方かの参戦待ちたいです。
posted by 関山 at 07:29| Comment(2) | TrackBack(0) | セット内組換作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする