何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2009年11月30日

【ニュース】brickshelf復活!?

 とりあえず、11月30日の23時過ぎ、復活していたので速報をば。
http://www.brickshelf.com/

 ただし、新規ファイルの反映はないので、本復活かどうかは定かではありません。また、以前の閉鎖時にあったようななんらかのアナウンスがなされているわけではなく、これが一時的なものかどうかも不明なままです。とりあえず、自作の写真は保存しておいたほうがいいのかもしれません。

 注意:
 先方のサーバに負荷をかける虞れがありますので、ツールによる自動バックアップは自粛しましょう!
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

【ニュース】緊急事態。Brickshelfが落ちてます……。


 http://www.brickshelf.com/
 非公式でありつつも、世界最大のLEGO画像投稿・蓄積サイトであるBrickshelfにアクセス出来ない状態が続いています。

 2週間前ほどから新規ファイル・フォルダの更新がなくなっていました。
 そして11/26(木)より、トップページおよびすべてのフォルダにアクセスが出来ない状態になっています。

 以前、2007年7月にも同様のケースがありました。
http://legotrain.seesaa.net/article/101713718.html
 2007/07/19「brickshelf閉鎖関連」
http://legotrain.seesaa.net/article/101713717.html
 2007/07/20「先ずは、一件落着?「brickshelf継続」

 今回も状況を静観したかったのですが、そろそろ「対策」を考えるべき状況になってきたようです。
(遅すぎたと後悔してもはじまらない……)

 幸いにも、トレイン関係に関しては「Railbricks」からbrickshelfとともにリンクの張られている以下が、退避先になると考えられます。

●Flickr(legotrains)
http://www.flickr.com/groups/legotrains/
●Mocpege
http://www.mocpages.com/directory.php/7

 両者とも、或る程度は作品投稿も溜まっている状態であり、brickshelfの代替として機能しているものと考えられます。コメント機能など、brickshelfに欲しくても実装されてこなかった機能も多々あります。
 また、Flickrは大手のサービス(米Yahoo)ですから、サービス継続などの面で信頼性は高いものと思われます。
 
 以上を弁え……。
 自作の写真群も上記のどちらかへの退避(再アップ)を考えています。
 皆様のご意見やご対応などもお聞かせくだされば幸いです。

<参考。備忘録もかねて>
「Flickrの使い方」(日本語ガイド。非公式)
http://www14.atwiki.jp/flickr_freak/
 WikipediaのFlickrの解説。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Flickr

続きを読む
posted by 関山 at 22:13| Comment(2) | TrackBack(0) | LEGOニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

【ニュース】北米S@Hが明日(11/27 金曜日)限定でセール。100ドル購入で10ドル引き

 ものすごい円高ですね(苦笑)。
 今までは素直に喜んでいられたのに……なんか素直に喜べない規模の円高です。
 まぁ、この趣味やってる分には個人輸入のチャンスとしか考えようはありませんが。

 ちょうどいいことに、北米S@Hが明日(11/27 金曜日)限定でのセールです。

 12月6日までの、99ドル以上の国内(もちろんアメリカのこと)送料無料に加えて、以下のサービス。
「100ドル以上で10ドルoff、200ドル以上で20ドルoff、300ドル以上で30ドルoff」
 10%offのようで、微妙に使いにくい金額設定ですね(苦笑)。レゴって99ドルとか199ドルの製品って結構多いような(笑)。それでもまとめ買い大人買いには威力はあるはず。
(え、10%なんて更にドル安二番底あれば無意味じゃん…って洒落にならない突っ込み禁止)

 また、Sales&Dealsの値引き品も11/27付で追加とのことです。

 重要な注意ですが、明日……といっても、東部標準時での11月27日0:01〜23:59です。日本との時差はマイナス14時間ですので、日本時間では11月27日(金)の14:01から、11月28日(土)13:59までがセール時間となります。
 Shop@Homeは以下から。現地点ではまだ上記情報はあがっていません。
http://shop.lego.com/Default.aspx
 S@Hの日本からの利用に関しては個人輸入代行経由で。詳細は以下より。
http://legotrain.seesaa.net/category/5373691-1.html
 毎回利用してるグッピング
http://www.goopping.jp/GMall/
 個人的には信用してる業者で手数料安めなんですけど、小間物の手数料が不利なんですよねぇ。
posted by 関山 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

【リンク】劇濃のりものエッセイ 「不器量な乗り物たち」

 確か、サンクトペテルブルグの市電の写真を探してたのか、シトロエンDSの写真を探してたら見つけたページだったと思います。

島村英紀が撮ったシリーズ 「不器量な乗り物たち 鉄道・路面電車編」

 鉄道編のページですが、他の「生活圏編」「極地編」「深海編」「日本編」「戦前・戦中編」「その他編」もえらく濃厚なんです。
(いや、極地編深海編なんて普通には接触する機会はないでしょうけど……)

 ここらを一通り眺めて「この方のプロファイルは只者ではない……」と思い、改めてトップページ「島村英紀のホームページ」
http://shima3.fc2web.com/index.html#C
 に移動してみると、島村英紀氏は地球物理学者であると。

 物凄いご専門をお持ちの学者さんによる、物凄くピンポイントを抑えた「のりものエッセイ」であるわけです。その目線も尋常の鉄道ファン・自動車ファンとはまるで違うものであり、新鮮かつユニークな観点に溢れてます。そして時に「こんなのあったのか!」というべき珍しい題材もごろごろ!
 電車や自動車目当てでたどり着いたページでしたが、やはりご専門ならではの「極地編」「深海編」の面白さは群を抜いていますね。雪上車や深海探査艇はレゴのビルドテーマと魅力的であること再認識させられます! 一方で「生活圏編」では世界の人々の現地の生活に心思わせる暖かなもの。これもエッセイ&フォトとして一級のものになっています。
 
 さて。
 発端である「サンクトペテルブルグ市電」やら「シトロエンDS」に関しても、島村氏は尋常な写真で済ませては居ません。前者は冷戦下1970年代の旧型車、後者は後ろ半分ぶった切ったトラック仕様なんですから!
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

【考察】日本形「コンテナ」の難しさ

 RMライブラリシリーズの「濃さ」は今更云うまでもなしですが、最近特にはまったのが以下。
 「国鉄コンテナのすべて(上)」
http://rail.hobidas.com/blog/natori/archives/2009/08/rml121.html
 「国鉄コンテナのすべて(下)」http://rail.hobidas.com/blog/natori/archives/2009/09/post_1097.html
 (リンク先は「編集長敬白」。一部抜粋が見られます!)

 国鉄コンテナ黎明期の木製アルミ製のコンテナの話やら、2.5tハーフコンテナ、クロスバ交換機専用コンテナ……という珍品が目を引きます。しかしその辺抜きにしても、塗り分けや表記の変遷、普通の有蓋コンテナのバラエティやロットによる差異など、更に深く更に濃く……の二冊。

 と、こんな本読んで「コンテナ+コンテナ車(国鉄時代)をレゴで造りたい!」とか思うと難しい問題にブチ当たります。

・国鉄コンテナの王道、黄緑色は未だにレゴでは希少色。
 (1965年までの薄緑色ならレゴ淡緑で再現可? 勿論JR化以降も問題なし)
・幅をどうするか。4幅か6幅か?

 後者は「ゲージ論」なみに厄介な問題になります。
 
 実は日本形以外ならコンテナのスケールは難しくありません。標準軌/広軌の貨車一般はISOコンテナより幅が広いので、4幅でコンテナ作っても全く違和感がありませんから。
 例えば、アメリカのダブルスタックカーの下段は「コンテナを台枠内に落とし込む」ですし、モンゴルで見たコンテナ輸送は大きな無蓋車の函の中にISOコンテナがゆったりと納まる感じ。ロシアのコンテナ車一般も車体幅がコンテナよりも余裕があったりします。
 これならコンテナ車6幅、コンテナ4幅で違和感なく収まります。また、過去のレゴ製品との整合性もとれてます。

 対して、日本のコンテナ車は例外なく「コンテナ幅=車体幅」です。
 コレを再現するならコンテナを6幅にすりゃよい。外国型のコンテナ車との混結を諦めれば割り切りは可能でしょう。今のレゴ製品との整合性も…取れるんでしょうね(苦笑)。
 しかし、個人的には「鉄道は6幅、自動車は4幅」が信条です。
 そうするとコンテナをトラックに積み替えるのに無理が出てきます。というより、ISOフルサイズコンテナより、日本の国鉄コンテナの方が二周りも大きくなってしまうのは心情的に到底納得できません。
(日本のコンテナ車にISOコンテナ積まれる場合も多いですしね。国鉄時代から既に……)

 で、5幅ならOKかと思うと、6幅のコンテナ車に載せた姿もやはり不自然と思われます。
 いっそコンテナ車含めて5幅にする手も考えられます。8幅の機関車が6幅の客貨車牽いて違和感ないのは運転会などで証明済みなので、そのへん整合性に無理はないかもしれません。
 ただ、難易度高い5幅インフラを揃える手間は考えたくないのですけどねぇ。
posted by 関山 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

【レゴ製品】新部品情報?

 情報源は、2chのレゴスレより。
【LEGO】レゴブロック 46ポッチ目【凸】
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/toy/1251801107/

921
http://i276.photobucket.com/albums/kk10/meat1980/P1040506.jpg
横ポッチ付き1x1と新ブラケットは使い勝手よさげ


 この写真に見えるのは、
・横ポッチ付きブロック1x1
・ブラケット2×6(と、いってよいのか?)
・タイル2×4

 の3点。この中でbricklinkで登録されているのは「横ポッチ付きブロック1x1」のみ。
http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?P=87087
 #30008なる、レゴクラブ会員向け配布モデルにのみ見られます。

 他2種は正体不明のまま。
 タイル2×4は外見整えるときに便利かもしれませんが、大味化に繋がる部品でもありますから多用されて欲しくないような……。

 なお、こんな部品も最近出回っています。
http://www.bricklink.com/catalogItemIn.asp?P=7580&in=G
 2×2のセンターポッチプレート。これは意外と便利かも?
posted by 関山 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | LEGOニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

【雑談】魚雷戦ゲームとか野球盤とか、機械的アナログ時代のゲーム

 「レーダー作戦ゲーム」を何故かwikipediaで検索してて(理由は謎)、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E6%88%A6%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0
 ついでに「魚雷戦ゲーム」のことも思い出し、濃い目のサイト見つけてしまいました。

http://www.asahi-net.or.jp/~bv9f-mtzk/index.htm
 野球盤道場 懐かしのアナログゲーム

 「魚雷戦ゲーム」からみつけたのですが、メインコンテンツの野球盤のほか、サッカーゲームにボウリングゲームなどいろいろ。
 アナログゲームといっても金属やプラスチックを多用した「当時なりのハイテク」玩具であるのが実に興味深い。今の日本でもアナログゲームは生き残ってますけど、紙とかカードとか(広く定義すると牌や駒も)プリミティブな方向に戻っちゃってますよね(笑)。
 その点、機械的な方向に進化したアナログゲームというジャンルは何ともいえない懐かしさというか切なさを感じさせます。失われてしまった技術の一系統と言う意味で……。
(現行製品もありますけど、もはやメインラインではないですし)

 なお個人的な思い出話ですが、野球に全然興味なかった幼稚園期に何故か野球板C型は家にありました。友人宅にはA型の普及率が高かったような気がします(それなりに豊かな時代?)。でも、小学校4年生くらいでプロ野球観戦とかしだして、幾らか野球のこと分かるようになってからはこの種のゲームで遊ぶ機会はなくなってしまいました。まぁ世はファミコン時代ですし。
 ボーリングやサッカーのゲームも友人宅で経験があります。お下がりの、当時なりに古臭い印象のするものでした。

 ちなみにレーダー作戦ゲームや魚雷戦ゲームはアナログゲーム(要はTRPGとか、その前史としてのボードシミュレーションゲーム)に趣味的に関心もってから(1990年代以降)、雑誌記事で知ったの云うのが経緯。自分の子供のころには存在さえ知りませんでした。玩具屋でも見かけませんでしたし。
 1970年代後半というのは或る意味平和な時代だったのかもしれません。戦争は宇宙空間で行って時代ですものね(笑)。
posted by 関山 at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

【レゴニュース】日本のレゴユーザーへのオンライン調査

 レゴ本社がアンバダサープログラムの一環として、日本のユーザーへのオンライン調査を行っています。
 アンケートへの入り口はこちら。
http://www.legokidsinnercircle.com/legokids/eFocus/jsp/efocus

 設問は英語ですが、このサイトご覧の方なら自力で読むor翻訳サイト利用で何とかなりますよね……?
 この敷居の高さゆえ、日本の一般のレゴユーザーというより、AFOL(Adult fun of LEGO)対象なんでしょうか?
(これじゃ解答が偏るような懸念はありますが……どんなものやら?)

 情報元は、エッジ氏の「レゴ系」より。
『「日本のユーザーの意見を伝えよう」レゴ本社のユーザーアンケート』(11/12)
http://legojapan.seesaa.net/article/132675332.html

 その更に元は、レゴアンバサダーのさいとう氏の「ビルドしようぜっ!」からです(11/10)。
http://lego.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-a43f.html

 何であれ、こんな形で日本のユーザーの声を聞いてくれるのはうれしい話です。ここをご覧の皆様も、貴重な機会を生かしましょう!

 なお、設問には当然、「レゴ社の改善提案」が含まれます(複数選択および、自由記入)。
Make all products available for all countries at the same price (but NOT with higher shipping for some countries).

 選択肢に「国別の価格差を無くしてほしい」が入ってるのはまぁ完全に「読まれて」いるような(笑)。当然チェック(笑)。
 自由記入のほうには、以下を英語で書いておきました。

 列車シリーズ製品を充実してほしい。
 トータルセットだけではなく、単品の機関車・客車・貨車を製品化してほしい。
 可能ならば、9V列車規格を復活してほしい。
 Cityの対象年齢が低すぎてレベルが低い。Cityと大人向け製品の間を埋める製品がほしい。


 まぁ偶にこのブログで「レゴ社への意見」カテゴリで云ってることの焼き直しですね。

<余談>
 同じくエッジ氏のところからです。『クリブリdeクリスマス』
http://legojapan.seesaa.net/article/132580992.html

 以前、余りの高価さ(¥18.990)に本気でレゴジャパンに抗議メールを送ってしまった#10194「エメラルドナイト(US$99.99)」が次回クリブリ入荷分(11/14)には¥16,990になるそうで。
 ……でも、個人輸入頑張れば¥13,000位にはなると思います、何せ1ドル90円切りっぱなし。個人輸入云々に関しては以下参照と。
http://legotrain.seesaa.net/category/5373691-1.html
 現地小売価格で購入して送料二重に払って高い小口航空便で送ってもらう方が、正規の輸入(原価+コンテナ送料?)よりずっと安くなるカラクリは未だに理解できません……。
posted by 関山 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

【実物鉄道リンク】カラーでみる1970年代の電車

 web時代になって有り難くなったことは現状を追っかけやすくなったこと以上に、過去の大量の資料が「再発見」されることだと思うこの10年です。1960-70年代の「鉄道ファン」「鉄道ピクトリアル」はそこそこ集めているはずなのに、そこから漏れている大量の写真やら情報やら……。
 当時の出版媒体の限界を感じるとともに(カラーは制限され、モノクロも荒い! そもそも紙面の物理的制限あり)、そこがフォローして切れなかった日本の鉄道趣味層の限りなく深きことに改めて驚かされるのです。

 そんなわけで、レゴネタ切れたときに私のブックマークやら、或いは検索して見つかったところから紹介していくことにします。

 月影様の「懐かしのALL COLOR THE電車」
http://www.k3.dion.ne.jp/~mser/index.html
 こちらが素晴らしいのはすべての写真がカラーであるということ!
 1960年代末から1970年代半ばのカラー記録は実に貴重なもの。さすがにこの時代にはカラーフィルム(カラープリント)自体は普及してた筈なんですが、鉄道趣味的にはコストや画質、出版媒体への投稿からまだまだモノクロが主流だった時代です。雑誌だってカラーページはわずかにしかありませんでしたし、カラー中心のムックなんて夢の時代。

 そんな状況下でも電車はカラフルなものですから(特に一部の中小私鉄)、カラーの意義はとてつもなく大きい。

 あと、コーナーのひとつ「欧州の電車」も要注目です。主にスイスの私鉄電車を1974/1979と訪問されての記録ですが、海外サイトでも見つからないような画像がいっぱいです。もちろん、カラー♪

 最後に、個人的な感慨ですが、1970年代半ばというのは自分の「ぎりぎり手に届かなかった時代」なので、奇妙な近さと遠さを感じる時代です。1960年代のように昔と割り切ることも出来ず、1980年代以降のように身近でもない。……でも、電車たちが内外ともに凄く輝いていた時代だったとは思います。

 もうひとつ余談……この時代の音楽も好きなんです。最近或るアニメのEDに使われて妙に有名になってしまった以下の曲。車内も含むクモハ52・サハ75の動画に感動しますよ♪
http://www.youtube.com/watch?v=bFFWXWJkfZM
 絶対にSR71よりクモハ52の方が格好いいです(謎)。
posted by 関山 at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

【イベント】久々に那須ハイランドパーク行ってきました(通算3回目)

 先の土曜日、運転会参加メンバーと(車出してもらう関係で公募できませんでした。オフ会期待されている向きには申し訳ございません…。)那須ハイランドパークのBrickFunTownの「視察」に行ってきました。
 電車+路線バスでは果てしなく不便な那須ハイランドも車だと楽々(…富士急ハイランドみたいに首都圏からの高速バス路線ありいいのに。有料送迎バスでも可)。
天候にも恵まれ、なかなかの日帰り行楽日和。

 それはさておき、那須BFTの現状です。
・あれこれ懸念していた破損や喪失などですが、全体に目だった破損・喪失は全くありませんでした。お客様方のモラルと運営サイドの気配りに感謝しなければなりません。
・個人的にすごく不安だった中央駅の留置車両群も無事。AP氏の保存蒸機も破損していましたが、復旧できる程度でしたので、復元させていただきました。
・中央駅の屋根もかなり際どい組みだったので崩落の不安がありましたが、これも無事でした。
・埃の被害が全体に気になるところですが、殆ど気にならない程度。これも展示側の気配りを感じます。
・土曜日ということもあり、お客さん多数。しっかりレゴスタジアム内の人気コーナーになっていることを確認できたのでした。
(この電車動かないの……? という子供の声に胸を痛めつつ。ああ、それは自分も思ってることなんですよ!)

 余談。
・参加メンバーの中で那須3回目というのは私だけなので、真っ先に退屈して「早く帰りたいよー」になること懸念してたら、まさか一番最後まで「もうちょっと観たいよーーーー」と粘りに入るとは……。でも3回目でも飽きないんですよ! 観れば観るほどに発見のある街です。
・那須ハイランドパークには乗り物以外にも、レゴスタジアムのような無料のイベントコーナーが多々あるんですが、全く気が向かない参加メンバー一同。これはこれで問題あるような無いような……。
・全国唯一と思われる、「ブロックすくい」健在なり。1回600円に値上げされてしまってますけど。

 何はともあれ、楽しく有意義な一日でした。
posted by 関山 at 19:09| Comment(4) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする