何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2021年02月26日

【鉄道作品日本形】国鉄EF62形電気機関車。幸薄な?



 EF62形は1962年から1967年にかけて54両が製造。
 碓氷峠専用機EF63との組み合わせで信越本線の近代化を図ったもの。未だ客車列車・貨物列車も多かった時代ゆえそれなりの両数が要されたのです。
 
 特徴は徹底した軽量化を行ったことで、日本では極めて稀な先従輪なしC-C車軸配置もそれが理由。
 ただ、横圧がどうしても大きかったようです。
 素人目には旧型電機や蒸機の方が固定軸感長そうで線路への影響大きそうなのですが、先輪がアタック角を軽減してくれてたのですね。以前も以後も電機や電気式ディーゼル機関車ではB-B-B車軸配置が日本では標準です。

 スタイルはEF63と揃えられつつ。角張ってたEF63に対して全体に丸みが強調されています。車体裾も下がり気味で客車と揃うのは欧州的処理?
 此処をエレガントと見るか、鈍重に見えるかは難しいところでありますが……。


 ただ。
 EF62。正直言えば、決して好きな機関車ではありませんでした。

 上野口の急行列車群で、東北線や上越線方面はEF58なのに、信越線方面はEF62なのは格落ち感が否めなかったですし。
 そのうえ、信越本線での運用が激減で(碓氷線の貨物全廃などで)1984年から東海道・山陽筋に転用。荷物列車のEF58まで置き換えてしまいました。
 自分だけでなく、当時の鉄道趣味者全般から「嫌われてしまった」感があります。
(また、運転側の評判まで良くなかったようです。足の速いEF58に対して、EF62は山岳用かつ貨物列車も考慮ですから速度が延びなかったと)

 しかし。東海道・山陽筋は1986年11月の荷物輸送全廃と運命をともに。僅か2年余の活躍に終わってしまいます。

 皮肉にも、EF62の信越本線残留組の方は碓氷線廃止まで残りました。
 また、淘汰されるべきEF58も一時は稼働機が61号機・89号機の2両まで減ったものの(1986年11月)、その後122海・150西・157海が復帰してたりします(これも今は昔の話ですが……)。

 今思えば、不当な扱いされてしまった幸薄な機関車だったのかも知れません。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 EF62。作品としてはyamatai様による、2019年のものがありました。


 極めて短時間で速成されたものなので、クオリティとやかく言うのなしです。今のyamatai氏ならもっと凄いもの造られてくるでしょう。
 それよりは、雰囲気の掴み方や割り切りというか思い切りが快い作品でした。


 拙作のEF63に合わせて作ってくださったもの。似合ってます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 今回は、yamatai作品のリメイクを狙いました。側面ルーバーの処理や明かり窓など、多くの部分で参考にさせていただいています。


 前面はEF63より柔和な印象になるよう意識。
 1プレートフェイスリフトして、前面窓も大きめに。
 貫通型ながら傾斜のついた前面窓はEF63同様です。隙間上等でポチスロとプレートの組み合わせで構成。
<<続きを読む>>
posted by 関山 at 13:01| Comment(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月18日

【作品紹介簡易版】2021年2月1日〜2月10日分。mazta-k、JOKER、なかやま、さくりん、ズミ、ひだか、芝浜, tary、ながに様他の作品など

 例によって備忘録な簡易版です。





<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 作品紹介簡易版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【雑記まとめ】「似てる」をNGワードにするな! 作品の鑑賞と感想は自由であるべき。

 「似てる」という感想を嫌う創作者に思うことまとめてます。
 ここに関しては、正直妥協する気はありません。

 作品が無償での公開であるうと、見てくださる鑑賞者にたいして傲慢になっちゃいけないと思うのです。
(同人誌など、何らかの有償ならば以ての外でしょうよ。商業は論外!)。

 なお、作品に対して「似てる」がNGワードになってきたのってせいぜいこの10−15年程度の現象のような気がします。

 自分も少しは知ってる、昔の同人界隈ではそんなこと言われなかった気がするのですけどね。
(作品を発表することの敷居が高かったのは事実でしょう。同人誌作って即売会に出す……しかなかったのですから!)

 似てる……ということは作品の文脈を読み取ることであり、それはすなわち批評の基本でありましょう。
 それが封じられることはまことに窮屈でありますよ。





<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月17日

【作品紹介】ぱんにゃ様の「パンダくろしお」デュプロトレイン♪


https://twitter.com/05_pannya/status/1359794388084248576

 ぱんにゃ様のデュプロトレインシリーズでは、初の「電車」ですね。
 トワイラ、なにわ についでJR西日本の車両 287系電車です。

 287系は2012年から導入されている直流区間用の汎用特急車。
 地味に見えて……結構、質は高い車両です(乗れば分かる感!)。ここらは先輩の681系などの流れなのでしょう。

 阪和線用にも入っておりましたが、車両形状を上手く生かした?パンダラッピングが好評なようです。
 1編成の期間限定のはずが、今は3編成体制。パンダくろしおへの乗車機会も多そうなのですよ?


 こんな感じ。秀逸なデザインでありましょう。普通の人に可愛いとか乗りたいとか思ってもらうのは正義ですよ大正義!


 ラッピング、ただパンダの絵を貼り付けたんじゃなくて、電車の要素をパンダに見せるところが上手い。ライト周りの黒は恰も、パンダの目の周り……ですものね。

 そんな生のパンダ顔、再現しちゃっています。

 かわいらしさも。
 電車としてのリアル感も! 後者大事。


 プラレール的な3両編成。デュプロトレインの大きさなら十分な存在感です。

 下回りの隠し方ですが、新濃灰での処理がスマートですね。上回りが鈍重には見えません。窓は横組み、インテリアよりは強度優先の組みかたですが、イベントなどで子供に触ってもらうこともあるのでしょう。賢明ですね。

 運転台のキャノピ 横に使ってややユーモラスに。この電車・このスケールにはベストな表現でありましょう。

 帯色はダークターコイズが正解ですが……。最近は供給が増えている色ですから、全て揃うことを、願っております。


 かわいい……パンダがまるまるー。ごろごろー。
 鼻の1/4タイルがいい仕事してます。

 ……気を取り直して(笑)。
 スカート部分の表現がなかなか精細です。
<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月16日

【作品紹介】攻玉社レゴ部生徒さんの東急2020系・3000系。

 中学3年の生徒さんの作品だそうです。
https://twitter.com/MroraJLZKCw8SUj/status/1360403088041910275
https://twitter.com/MroraJLZKCw8SUj/status/1360402592606547971


 大学レゴ部……は割と大きな勢力でありますが、近年は高校中学のレゴ部も話題になりつつありますね。その一つです。


 東急2020系。2018年デビウの田園都市線の新型車両。
 しつこく残る8500系への最終勧告的?な車両であり、本格的に増備が続いてる由……(現在2020系20編成に対して、8500系が残11編成です。新型乗れる機会も増えました!)。

 外見では東急のイメージをがらっと変えた白い窓上部分と、スマイルフェイスが特徴でしょう。にっこり顔の電車です。青帯も東急のイメージではないですよね。

 なお、田園都市線以外に大井町線用に6020系・目黒線用の3020系もあります。

 作品は、白い屋根が実に鮮やか。シンプルながら、田都の新型! とわかるフォルムですから。4ドアで省略なしの割付。
 斜めラインは難しいのですが、バー付タイルの側面で処理です。

 前面は……やや惜しい。
 スマイルな感じを強調したら2020系らしく見えるかしら?
 ヘッドライトを「丸目4灯」にしたらかなり「笑顔」な印象になると思うのです。


 都市部の駅の雰囲気で。
 駅名標がJR東仕様なのがもったいない(笑)。此処も東急仕様なら……。

 この角度だと斜めのラインが側面から前面のスカート部分に綺麗に繋がってるのがわかりますね。

 東急2020系は運用範囲も広い。東武線内でも見る機会は多いようです。



 こちらは3000系(二代)。2000年にデビウの目黒線用電車です。
 当初は東横線で暫定使用でしたので、その印象残る方もいるかもしれません。

 目黒線の地下鉄南北線直通化で、運用ががらっと変わった由。

 この作品。紺と赤の二色ライン、巧く再現しています。
 間の白い部分は省略してしまいそうなのですが、あると印象がガラリと変わりますね。この表現で正解でしょう。帯が太くなってしまうこと恐れるよりは良いと思うのです。

 窓上に関しても白の1x1入れて良いアクセントに。これだけで精細感が変わってきます。


 前面はキャノピーの斜めつけで前面の緩傾斜表現しています。
 灯火部分は横組みでこれは良い効果ですね。ただ、隙間が大きいのが惜しいので、乗務員扉の下の1x1ブロック?から巧く隙間埋めのプレート+タイルとかいれたら良い印象になりそうです。

 キャノピー内部に黒い部品で非常口や方向幕などの表現行うと、化けてきそうです。

 全体の印象把握は良いので、仕上げで変わってきそうな作品なのですね。
 
posted by 関山 at 16:06| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月15日

【ニュース】今年も「Brick Train Awawds」開催 応募2月28日まで


https://www.bricktrainawards.com/

 昨年の数少ない明るい話題でありました「Brick Train Awawds」は今年も開催。
 既に2月1日から応募が始まっております。

 締切、2月28日迄です!

 今回は「過去2年に制作したモデル」が対象となります。

 他は前回と同じようです。再確認。

・アメリカ、欧州、アジアの3エリアです

・1カテゴリ3点まで応募可能。ガンガン送りましょう。

・LDDなどCAD作品も可能(ただし入賞しにくいようです)

・一般的な社外品部品は可能。BBBホイール、trix-brix等。
 (なお、TRIX-BRIXは今回もスポンサーです)

・自作シール可能です

・1作品に付き、画像6点か動画6点。

 その他詳細はFQA参照ください
 https://www.bricktrainawards.com/faqs/


 カテゴリは以下の通り。なお、teenの定義は13-18歳です。

Best LEGOR Steam Locomotive
 蒸気機関車。蒸気動車。

Best LEGOR diesel locomotive
 内燃機関車(ディーゼル以外もおそらく)。気動車。

Best LEGOR electric locomotive 
 電気機関車。電車。
 日本人には区別がないのは違和感バリバリですが。

Best Other LEGOR locomotive
 1/40以上のラージスケールモデル。
 マイクロスケールモデル。
 ナローゲージ。おそらくですがデュプロやモノレールも?

Best LEGOR passenger wagon
 客車。動力のない客車。※事業用車除く。

Best LEGOR freight wagon
 貨車。動力のない貨車。※事業用車除く。

Best LEGOR special wagon
 事業用の車両。
 例示されているのが車掌車・除雪車・保線用車両

Best LEGOR stucture
 鉄道に付帯した建築。駅舎・跨線橋・機関庫など。

Best LEGOR individual display
 個人展示。他カテゴリはアメリカ・ヨーロッパ・アジアと3エリアですが、このカテゴリは世界1エリアです。

Best LEGOR group display
 グループ展示。ただし今年は応募しにくそうですね……(苦笑)。
 他カテゴリはアメリカ・ヨーロッパ・アジアと3エリアですが、このカテゴリは世界1エリアです。

Best TFOL LEGOR locomotive
 18歳以下(「aged 13 – 18 years of age only」)。
 各種機関車動力車です。

Best TFOL LEGOR wagon
 18歳以下(「aged 13 – 18 years of age only」)。
 客車・貨車・事業用車。

Best TFOL LEGOR display
 18歳以下(「aged 13 – 18 years of age only」)。
 グループ展示・個人展示、及び、建築

 詳細はこちら参照ください。
https://www.bricktrainawards.com/awards/
 

 さて。蛇足です。

 応募は「数が大事」です。昨年の入賞経験から申せば
「まさかと思った、正直言えば数合わせの作品が評価された!」ですから。

 審査員の方々も、沢山の作品から選べるほうがいいに決まっています。玉石混交であっても、石の中になにか見つけ出すのも大事なのでありましょう。
 読者諸兄の皆様の「ご協力」をお願いいたします。

 
posted by 関山 at 13:46| Comment(0) | LEGOニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月14日

【レゴ製品?】trixbrix-新製品はR56ポイントと「複線分岐」

https://twitter.com/mazta__k/status/1360241319067611139
 情報源 mazta-k様

 最近のtrix-brixの動きです。

 まず、日本への送料140ユーロ以上購入時は無償は継続中です。
 ただ、140ユーロ以上の購入だと関税(正確には内国消費税 10%)取られる可能性が高いのですが。それでも送料(民間宅配)よりは安いですからね。

 定番商品。例えばR56カーブレールは、3DプリントからABS樹脂インジェクションに変更されています。

 その関連かどうか分かりませんが、R72・R88・R104・R120カーブ(3Dプリント品)が一時的に供給止まっているのが気がかり。
 R104はR56以上に定番品でありましょうから、ABS樹脂インジェクションへ置換える過程だとは思うのですが。

 逆に、R24は安定供給ですね……需要、少ないんだろうなぁ(苦笑)。

 一方で新製品導入は続いています。


 R56用のポイントの左右。
 それと繋がる変形クロスレールも左右。

 これが何を可能にするかといえば、今までできそうで出来なかった
「R40とR56の複線分岐」
 が可能になります。




 こういうことですね。
(なお、この組み合わせするためには既存品のR40分岐も必要ですので念の為)

 複線同士の分岐。平面交差が避けられないので日本だと少ないですが(地下化前の調布が思い出されますねぇ)。でもレイアウトとして面白そうではあります。


 欧州型想定だと、複線から分岐して頭端式のターミナルや車両基地へ繋がる配線は考えられましょうか?

 省スペースで凝った配線は可能になります。


 一方で。誰もが考えそうな複線が分岐して複々線へ……はちょっと難しそうです。

 上の図では1/4のR40カーブ(フレキシで代用可)と、3/4直線レール(これもフレキシ代用可)を使ってなんとか辻褄合わせてみましたが、これでも複々線部の線路間隔が揃いません。細かいこと気にしないか、ものすごく細かい調整を前提にすれば不可能ではありませんけども。車両基地などにするときも考えなくても良いかも? 設営にはフレキシ必須ですよ?
 
 ともあれ、不可能が年々可能になってくという楽しい状況には代わりありません。
 

 
Trix-brix製品はカンザンブリックで取り扱い可能です(手数料12%+900円+国内送料)。ぜひ、ご用命ください。

 
posted by 関山 at 23:05| Comment(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月13日

【作品紹介】新しき北海道形。アイン様のマヤ35形客車と、H100形気動車

先方の記事です(マヤ35)。
https://ameblo.jp/ainchan2019/entry-12655606023.html
https://ameblo.jp/ainchan2019/entry-12655958638.html


 マヤ35形客車(軌道検測車)は2017年に導入された軌道検測車。
(軌道試験車という名称は使っていないようです)

 近年は高速軌道試験車も客車タイプの導入は珍しい中、運用の都合か客車扱いでの導入です。独特の低重心の車体はJR東日本のE491系電車のフォーマットなのだとか。

 北海道配置の「高速軌道試験車」としては三代目で、1967年ころに渡ってきたマヤ34 2501 (-1986年)が初代。マヤ34 2008(1978-2017年)が二代目。

 今のところはキハ40のプッシュプルがメインの模様。DE10や、JR貨物のEH800牽引も見られるようですね。
 残念ながら、最高速度110km/hのスペックが生きるのはEH800牽引時に限られるようです。



 窓の殆どない姿は特異。

 今の検測機器に光は禁物なのでしょうか? また乗務員の目視はほぼ考慮されていません。目視も重視されてか展望窓やベイウインドウ持っていたマヤ34とは隔世の感です。

 もちろん、3台車などは無用です。

 アイン様の作品、独特の車体断面を最下部をタイル横張りにすることで表現しています。JR東の特急車などで観られる、台枠の上で車体が膨らむあの断面なのですよね。

 この端面では、車端部のジャンパ受けは良いポイントです。


 作品としては窓がない分、塗分の再現が肝となりましょう。すっきり美しい。


 ルーバーの配置など、結構印象の異なる両側面です
<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月12日

【作品紹介】ぬで様のCAD作品より(2) 383系「しなの」。117系「銀河」。阿佐海岸ASA-100形。JR四1500形。JR東E130。キハ40。

 取り上げたい作品数多いので、引き続き。→前回


 日本に戻って。JR東海383系電車「しなの」「ちくま」。

 窓まわりのグレーアウトが今見ると上品な処理です。

 一番手前の貫通型先頭車。角落としした2x2プレートや新型のカーブブロックとか、今どきのパーツ駆使されています。下げた顎の辺が、低重心の383系らしさを強調しておりましょう。


 流線型先頭車。キャノピー使った無難な表現に見えつつ、5幅に絞った前面下部や、斜めに取り付けた丸形ライト。濃ゆい表現にバランス取りが光ります!

 車体はレンガ裏面でステンレスリブ再現。あの時代の車体らしく、ですね。

 足回りはやや腰高? ひょっとして振り子式の再現前提でありましょうか?



 117系「銀河」。側面のマーキング類も。


 117系の前頭部表現がなかなか画期的でもあります。
 185系もそうですが、80系湘南顔の流れなのですよね。


 阿佐海岸鉄道の気動車。ASA-100形(ASA-200形)
 土佐くろしお鉄道との同型車です。バリエーション展開できますね。
<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:57| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする