何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年08月26日

【鉄道作品日本形】札幌市電 2題。A830形改良と、雪1形8号

 JAM終わって未だ一週間も経っていないのですが、次のイベントが迫っています。それも割と多くを巻き込んだ規模の大きなものが。9月4日札幌! 2016年市電フェスティバル!

 札幌の事ゆえ、無論送付のみの参加ですが、それでも参加できなかったらちょっと悲しい。

 頑張って二題を仕上げました。


 往年の連接車。A830形(1964-1977)。
 言わずと知れた北欧スタイルの名車。

 過去作が有りますが、その改良です。いやもっと全面改良も考えたのですが「不可能」そして「蛇足」という判断で。

 上半部の色をダークタンに。
 屋根肩部分をポチスロに。

 ダークタンは迷いました。オリーブグリーンと。しかしオリーブグリーンは肝心のパーツが何種類かてにはいらないこと、ストックが皆無のため発注忘れなどが致命傷になるのでダークタンに。
 腰回りはサンドグリーンのままです。

 普通の緑に差し替えようとして、途中までやって不気味さに断念。色相がダークタンと余りに合わなすぎる。
 ダークグリーンも実は本命であり、これも現物テストしました。似合っては居るのですけど余りに「重すぎる・暗すぎる」。やはり札幌市電のイメージではありません。


 札幌市電の旧塗装は非常に微妙な色であり、今後も悩みが続きそうです。
(自分では今度の配色は割と気に入ってますけども。A830が活躍してた当時の色褪せたカラー写真の色……でしょうか?)


 サイドビュウ。動力のPF化を行っています。
 ほぼ一車体に動力系全て納めています。状況に応じて再9V化の可能性は有りますが。

 実は窓の横組化も本気で考えていましたが、強度が余りにヤバそうなので断念と


 機器の完全収容は諦めました。台車真上に電池boxという理想的配置?
 屋根肩は修正して大正解でした。


 非パンタ側より。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆




 もう一つのお題が、ササラ電車こと排雪車。雪1形の中で最後まで木造車体を残していた雪8号。1971年に廃車されたものの、交通資料館で保存されています。

 この車、古風な車体が可愛らしい。
 いつか作ってみたいと狙っていた題材なのでした。しかし、技術的難度は言うまでもなく高い! 作りながら何度か諦めかけました……。


 肝心のササラは回転します。ここが最大の難関。

 最初、マイクロモーターでサラッといけるかと思ったら速度が低すぎて全然それらしくない。あのササラ、実物では結構高速回転させてますから。
 車内にpf-Mモータ搭載。ギア1段落としてボンネット内のベベルギア介してゴムベルトでササラ軸に伝達。これでそれらしい速度に。音も良い感じ(笑)。
 ゴムベルトは耐久性が心配ですが他に良い方法も思いつきません……。


 いわば木造車体の小型電車ですから(函館の排形と同じく)、可愛く、萌える姿なのですよ! エンジと黄色のツートンも良い。

 台枠・台車枠の表現は頑張りました。車輪むき出しだと萎えますから。


 小さなボンネットも堪りません。


 さて。今回の妥協点。
 反対側のササラがダミーで動力なし。それは良いとして伸びてるケーブルはて?


 あーあ。
 動態保存用のパワーサプライ車を牽引して走りますというか走らざるを得ません。

 PF動力系の完全内装は最初考えましたがどう考えても実物の可愛らしさが損なわれます。しかし、今度のイベントではPFが求められる。

 どうせ運行頻度も高くはない車でしょうから(笑)、車庫などでのデモンストレーションのほうが多い? それならケーブル伸ばして外部電源だってありといえばあり。


 で、その据置外部電源に足つけて引っ張りゃ自走もできるじゃん? と。

 実物が連結器つけてて貨車でも牽いてくれてたらその再現に出来たのですが、札幌市電ではそういうわけには行かないのですね。

 無論、9V環境があれば単体で自走とササラ回転が可能です。
 但し、その場合はササラの単体回転・停止はできませんが。


 サイドビュウ。


 並び。A830の時代、木造排雪車も現役だったのですよね。

 この二題、札幌の地で如何に評価されるか、気になるところです。
 今回、メインは8幅のリアル系作品ですからウチの娘は埋没しちゃうかも知れませんが。ササラも巧く回転してくれるかどうか怪しい。
(モーターライズの分、形状は犠牲になっていますから)

 それでも参加することに意義があるんでしょう。
 あとは壊れず、到着することを祈りたいと思います。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

【ヒント・アイディア】ミライト。使い捨てLED付リチウム電池という可能性




 先日紹介した社外品ライティングデバイス「Liteupbricks」は既に普及も始まっているようで(国内に扱いショップもあるため)、JAMでも何箇所かで効果的に使われていました。普及は早そうですね。

http://legotrain.seesaa.net/article/439985612.html

 さて、まったく別アプローチのライティングデバイス。
「使い捨て」に割り切ることで小型化を実現した「ミライト」。
 Liteupbrickの極細ケーブルには驚かされましたが、こちらは当然ワイヤレスというか、スタンドアロンです。用途は元来釣りの浮きですが(使い捨てのリチウム電池が数十年前から使われてるハイテク業界釣具)、模型分野で注目されてるとか。


 ラインナップこんな感じ(メーカーページより)。
 
 模型用(レゴ用)に使いやすいのは一番上のミライト316系でしょうか?
 Φ3mm 長さ16mm
 ミライト327系は同じくΦ3mm 長さ27mm ちょっと長い。
 ミライト435系はΦ4mm 長さ35MM用途 選びそうです

 さて。気になる価格と寿命です(ミライト316系)。
 色によって価格と寿命が違いますが。


 赤は1本285円と廉価ですが、寿命7時間です。
 黄色も同じく。ちょっと短いかも?

 一方で白色は……1本673円(送料込)とやや高価。
 但し、「寿命30時間」というパフォーマンス。寿命単価は一番低廉かもしれませんね。

 すごい品が出てるなぁとおもいきや、2011年の製品。
 アンテナの低さ恥じるばかり。でもこれから巻き返せばよいのです。

 ライティング革命、(レゴ社純正品を無視する形で)進んでゆきそうです。

posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

【鉄道作品日本形】EF58、3度目の改修。青い原形大窓機。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆



http://legotrain.seesaa.net/article/101713697.html

 レゴでのEF58。最初に作ったのが2007年です。もう9年も前。
 今思うと恥ずかしい。でも当時は頑張ったのでした。


http://legotrain.seesaa.net/article/258976402.html

 2012年に大改修。車体は随分良くなったものの足回りは妥協を残したまま。


http://legotrain.seesaa.net/article/429506622.html
 2015年秋に、「青大将」こと灰緑色バージョン制作。

 ダミー車輪を使うことで車軸配置を2B+B2でよりリアルに近く。
 そして2M搭載の強力仕様にもなりました。かなり満足できるものに。

 そうなると、あの「青い原形大窓機」もアップデートの必然が湧いてこようもの。
 JAM2016の直前(設営日の前日夕方) に勢いで作ってみた由です。肉体労働と精神労働(破損品の修理)に追われてて、何かが壊れかけてました……(笑)。

 車体に使ったパーツの多くは先代を分解して再利用。
 実物の「更新修繕」にギリギリあたるでしょうか。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆



 作りは基本的に「青大将」と同じです。

 パーツ制約は通常青の分随分ゆるくなるのですが、それ故の修正はしていません。意外と大きな側窓(客車の窓とそれほど変わらないのですよ!)は飛行機窓ではなくクリアブロックです。
 ディテールの一部も車体強度とすっきり感を優先して割愛しています(屋根上に登る側ステップの凹みなど)。

 側ルーバーは青の1x2グリルブロではなく、濃灰のグリルブロでメリハリ。
 これは「青大将」や、ちょっと前の911形ディーゼル機関車と同じです。青のグリルブロックは何故か高いので、この手法はおすすめですよ?


 プロトタイプは原形大窓、SG仕様。1970年代なかばの設定。この時代はEF58はまだHゴム化徹底しておらず、美しい姿も残ってた由と。そして、日本自体が貧しさを過去のものにして一番豊かになりだした時代でもあり……。寝台車や食堂車が庶民のものになり、それら連ねた特急や急行が身近なものになった、良き時代でもあるのですよ!

 なお、前面窓の組み方的に原形小窓やHゴムのほうが難度は高そう(笑)。ヒサシは諸来課題ですかね。

 6幅での台車枠表現はオーバースケールなのですが、個人的には機関車の迫力とか重量感を増すディフォルメ、と割りきってます。


 動力はPFトレインモータx2です。この機関車の配置だと前後ともケーブル出しの方向が自由なので逆転機は不要。ダミー車輪と自作台車枠。
 この台車枠はぶっちゃけ国鉄旧型電機全てに使い回せちゃいます。あぁ茶色のデッキ付のも作りてぇ……。EF16やEF57なら重連もありましたし、EF59でプッシュプル。妄想は広がります。


 パンタは未だ答えが出せません。省略アーム仕様のママとしてます。フルアームにするとシルエットが重くなる懸念が。

 屋根肩も答えが出せません。ポチスロだとなで肩になりすぎて電機らしく見えない懸念あり。タイルも却って角ばってきそう。そんなわけでポッチ出しは現状の割り切りです。

 

 

 やっぱり同型機の仕様違いは並べてみると、いいものですね。
 青大将は使いにくい(専用の客車か、ぎりぎりで20系初期にしか似合わない)のですが、標準青塗なら「何でも曳ける」のはメリットです。最新型だった24系25形とかスニ44、或いはジョイフルトレイン。古いところなら青と茶色が混じったオハ35やスハ43など……。

 あと、ちょこっと記しましたが足回り(ほぼ)共通で重連や後付補機で遊べるEF57、EF59(EF53)辺りへの展開も急ぎたいもの。
 物欲、膨らんでいくのでした。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベントJAM】3日目写真速報編 九州・私鉄・国鉄JR・フリーテーマ

 前回記事
【イベントJAM】1日目写真速報編 外国型・関西中京・国鉄JRテーマ
http://legotrain.seesaa.net/article/441213105.html

【イベントJAM】2日目写真速報編 国鉄JR・私鉄・北海道・外国型・フリーテーマ
http://legotrain.seesaa.net/article/441276927.html
 引き続き写真速報です。解説あり版は後日に展開させていただきます。























<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント(JAM) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

【価格情報】レゴトレイン始めたい方へ! 今は買いどき!

 久々ですが。でも、JAMで刺激を受けられて「始めたい方・欲しい方・買い増ししたい方」は出来たらこちらから購入お願いします。
amazon.co.jpが最安値だと思いますので。幸いにもこのタイミングで在庫潤沢。基本的セットが40%off状態です。


 基本は#60051です。一体前頭はいらない子だけど、他の部品構成は悪く無いです。税抜きなら10000円という価格は大勉強ものでしょう。昔レゴの電動セットが高嶺の花だった時代とは違います。円高マンセーマンセー大マンセー♪
 41%off 税込で10899円。

 アメリカンな貨物列車#60052は割高でオススメできませんが、こちらの貨物#60098は幾らかかお安く 41%offで14462円。ホイールローダのできの良さも注目。

 直線レールは買い足しておきましょう。
 40%off 1609円はめったにない価格です。この機会にドカンと買いだめ。フレキシも大カーブ造ったりできるので要らない子ではありません。



 ポイントも切って加工して渡り線とか造ったり。20%offなら有りです。
 駅も41%off 4427円。好みは別れますが、駅に必要な小物やアクセサリが取れるセットです。
 まちづくりの基本? 60097。路面電車の電装化が困難なのは残念。36%off 17150円。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベントJAM】2日目写真速報編 国鉄JR・私鉄・北海道・外国型・フリーテーマ

 前回記事
【イベントJAM】1日目写真速報編 外国型・関西中京・国鉄JRテーマ
http://legotrain.seesaa.net/article/441213105.html

 引き続き写真速報です。解説あり版は後日に展開させていただきます。





















<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント(JAM) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

【イベントJAM】1日目写真速報編 外国型・関西中京・国鉄JRテーマ

 まずは写真速報です。解説あり版は後日に展開させていただきます。















<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:58| Comment(1) | TrackBack(0) | イベント(JAM) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

【イベントJAM】2016年 設営の速報編 皆で出来ることの、 強さ

 毎年思うのは「JAM参加って引っ越しみたいなもん」。
 大量のダンボールに大量の資材を詰め込む。他のイベントとはぜんぜん違う重労働なのでした。

 そして、沢山の方にものすごい強力をいただき、成立してる。
 皆で出来ることの強さです。

 明日金曜日から。ぜひ、いらしてください。
 入場一般1200円の価値はあることお約束いたします。
(無論、他の精密な模型を直に見られる価値もとてつもなく!)

 画像は本日の退出時、22時のもの。
 思えば2012の初回参加は、設営に徹夜を要されたものでした。
 2013-2014も終電コース。
 昨年はちょっと早く。それでも23時。


 22時にここまで終わったのは画期的なことだったのです。



 公式がレゴ汽車セット(レゴトレイン)50周年を何も祝ってくれないなら、こっちで勝手に祝ってやる! 

 看板作ったのは初めてでしたが、意外と楽しい。
 手書きレタリングの経験は役だったと申しておきます。


 未だごちゃっとしていますが、明日の開場までには片付けましょう。
 貴重なコレクションが集まっているのはわかると思います。

 スペース予定の1.5倍にしたのに、未だ狭い感じ(笑) 嬉しい悲鳴。


 ほぼ半分。
 大幅にPowerアップした旅客駅はpgy167様の作。改良大成功。
 街を飛ぶ、モノレール。
 右方背景には、赤い斜張橋が。


 モノレールのチカラ。


 和風エリア。
 大きな協力・ご支援で成立しています。

 ビューポイントがこちらがわからの1方向なのを幸い。手前に低層、奥に大きな建物を並べてみる。街の重層性を狙いました。

 ここは路面電車より、街が主役です?


 5m斜張橋と、その背景にあるもの。
 大きなコンテナ貨物駅!


 そして、高速道路とサービスエリア。
 スタッフスペースを超えた向こうの、駅ホーム屋根も象徴的です。


 実物ではあり得ない形状ですが、それが非現実的美しさに繋がってる。


 みどころいっぱい。皆様のお越しをお待ちしております。
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

【イベントJAM】2016年、各日のテーマ決定

 皆様の持込状況と、参加状況を考慮して考案しました。
 特にさし使えなければ、これでFIXとします。
(現場での少修正はあり得ます)

 なお、テーマは厳密には考えません。コジツケできればOKです。
 貨物列車やいわゆる「国鉄型」はかなり柔軟に運用できると考えてください。
 国鉄に新幹線が含まれるのは言うまでもありません。JR形も概ねOKです。

 また、今年は各テーマで必ずしも全線使用はしません。
 一番外側の1線は大型作品用に開ける場合有ります。路面区間の複線も「フリー」です。
 なお、各日のフリータイムはネタ列車の走行もOKです。

 用語定義 1-4線 本線
 5-6線 路面電車軌道



<8月19日 金>

1000-1200 欧州の鉄道1
 1−4線 5−6線はフリー。

1200-1330 日本国有鉄道1(レゴスケールメイン)
 1-4線 5−6線はフリー。私鉄等OK

1330-1500 関西の鉄道(含 中京)
 1−6線全線 JR・私鉄問いません

1500-1630 フリー

1630-1800 夜行列車+貨物輸送
 1-4線 5−6線はフリー。私鉄等OK
 


<8月20日 土>

1000-1200 日本国有鉄道2(レゴスケールメイン)
 1-4線 5−6線はフリー。私鉄等OK

1200-1330 リゾート・ロマンスカー1
 2−5線 1線はフリー(貨物等)。6線もフリー(路面等)

1330-1500 北海道の鉄道
 1−4線 5−6線はフリー。私鉄等OK

1500-1630 欧州の鉄道2
 1−6線全線

1630-1800 フリー

<8月21日 日>

1000-1100 九州の鉄道
 2−5線 1線はフリー(貨物・新幹線等)6線もフリー(私鉄等)

1100-1230 リゾート・ロマンスカー2
 2−5線 1線はフリー(貨物等)。6線もフリー(路面等)

1230-1430 日本国有鉄道3(フルスケール中心)
 1-4線 5−6線フリー。私鉄等OK

1430-1530 新幹線/高速鉄道
 1-4線 5-6線フリー。私鉄等OK

1530-1700 フリー
 
1700-
 撤収。

<歴史展示島>
 以下の車両は持込・走行が可能です。

 1991年以前の製品やその改造・再現品。4.5V及び12V
 現在の作品でも、1990年以前の雰囲気を狙った作品。PF可(但し9Vは不可)。
 



posted by 関山 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント(JAM) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする